高校 野球 茨城 予選。 【2019夏季高校野球】茨城予選大会の優勝候補を予想!注目選手や戦力は?

2019年 秋季茨城大会 水戸地区予選

高校 野球 茨城 予選

高校野球 茨城大会 2020年 《特集》 は8月10日 月 開幕、 (更新) 《特集》現時点で公表されている全国の高校球児の ( 更新) 茨城高野連は6月9日(火)、県独自の代替大会の詳細を発表した。 大会名は「2020年夏季茨城県高等学校野球大会」となる。 組み合わせ抽選会は6月23日(火)に代理抽選で行う。 3回戦に残った32校で、再度組み合わせ抽選を行う予定。 9回制で10回からタイブレークを採用、5回=10点・7回=7点差のコールドも通常通り採用する。 試合間は1時間の消毒時間を実施。 ナイター施設のある球場では、夕方以降もゲームを行うことも検討している。 登録人数には制限は設けず、部員全員が出場可能とする。 開会式・閉会式は行わない。 日本高野連と朝日新聞は、全国の独自代替大会を支援する目的で、総額1億9000万円の財政支援を行う。 感染防止対策ガイドラインを作成し、各都道府県連盟に配布予定。 、 以下では、 直近大会の成績、 注目選手・ドラフト候補、 強豪校等の進路・進学先 を特集する。

次の

高校野球47都道府県/独自大会開催関連一覧

高校 野球 茨城 予選

この記事では、夏の高校野球についてお伝えしていく。 7月8日に開幕を迎える、茨城の夏の予選。 使用される会場は、水戸市民球場、ひたちなか市民球場、日立市民球場、笠間市民球場、茨城県営球場の各球場。 開会式や決勝戦が行われるメイン会場は、恐らく水戸市民球場と思われる。 今年の茨城での予選は、混戦が予想される。 名門・常総学院が常連というイメージも強いが、霞ヶ浦や土浦湖北、明秀日立なども春季大会では好成績を上げており、どこが勝ち進んでもおかしくない状況となっている。 果たして、この混戦を勝ち進み、甲子園の切符を手にするのは果たしてどの高校となるのか。 優勝予想を踏まえ、結果をみていこう。 霞ヶ浦• 下妻二• 【藤代vs土浦日大】の試合は10:00から開始予定。 【下妻二vs霞ヶ浦】の試合は12:20から開始予定。 結果 甲子園出場は土浦日大に決定。 スポンサーリンク 高校野球茨城大会2017優勝予想! 常総学院 やはり有力候補筆頭として挙げられるのは常総学院だろうか。 夏の甲子園出場16回の実力は健在で、前回の夏の甲子園でもスタメンだった陶山や宮里といったメンバーが残っているのは心強い。 しかし、春季茨城大会では明秀日立に7-0と完封負け。 ドラフト候補もいないという、なかなかに切迫したチーム状況ではある。 名門としての意地を、この夏で見せられるのか、注目していきたい。 さて、その春季茨城大会で常総学院を破り、優勝を果たした明秀日立。 関東大会では2回戦で栃木・作新学院には破れたものの、全国クラスの常総学院や霞ヶ浦を破ったその実力は確かなものである。 甲子園出場経験は無いが、年々チームが出来上がってきており、もしかしたら遂に今年、春夏通じて初の甲子園出場となる可能性もある。 注目の選手は増田 陸(遊撃手)。 中学時代は早稲田実業の4番・野村や、大阪桐蔭の中川と同じチームでプレーした経験を持つ、大型遊撃手。 やや荒削りだが、その分パワフルなバッティングを魅せる。 霞ヶ浦高校 続いて霞ヶ浦。 春季関東大会で、栃木の強豪・白鷗大足利に8-1でコールド勝ちし、次の試合では全国クラスの名門・日大三に8-6で敗戦こそしたが、6点を追う5回表から猛追、あと一歩というところまで追い詰めた。 広角に打ち分ける技術を持つ4番・木村をはじめ、粘り強い野球を持ち味に、2年振りの甲子園を目指す。 下妻二高 最後に下妻第二。 県立高校でありながら、甲子園出場実績を持つ。 8年前のセンバツ出場を最後に甲子園から遠ざかってはいるが、去年の秋季大会では明秀日立相手に1-0と惜敗。 5度の甲子園出場実績を持つ藤代に5-0で完封勝利するなど、地力の強さがうかがえた。 去年の夏の予選に4強入りを果たした投手陣3人が全員残っており、投手力も高い。 投打が噛み合えば、大量得点も臨める。 今年の夏、ダークホースになるかも知れない。 まとめ いかがだっただろうか。 どこが甲子園出場してもおかしくない、混戦状態の茨城地区。 春季大会では、他県の名門とも渡り合っており、全国区でも戦っていける実力を存分に発揮していた。 果たして、第99回大会、甲子園の切符を手にするのは果たしてどこになるのか。 要注目である。 夏の高校野球関連記事.

次の

茨城県高野連、独自の大会開催「どこかで区切りを」

高校 野球 茨城 予選

茨城県高野連は26日、水戸市内で臨時理事会を開き、中止された今夏選手権大会に代わり、県独自の大会を無観客で開催することを決めた。 4地区に分かれて予選を行った後、県大会を実施する方針も決めた。 県大会の規模や日程などの詳細は6月9日の理事会で決める。 3年生優先の大会とする。 榎戸努専務理事は「3年生は今年は公式戦が1試合もできていない。 どこかで区切りをつけさせてあげたい」と、県独自の大会を開く理由を語った。 一案として、通常20人のベンチ入りメンバー枠を25人に増やすか、あるいは3年生全員がベンチ入りできるようにすることが検討された。 全員ベンチ入りとなった場合は、密集を防ぐため、ベンチに入りきらない3年生はベンチ裏やスタンドで待機してもらう。 3年生優先は、あくまで県高野連の希望であり、実際のベンチ入りメンバーは各校に委ねられる。 ただ、榎戸専務理事は「できるだけ3年生優先にしていただけると、ありがたい」と話した。 地区予選を導入することで、移動による感染リスクを下げ、県大会の規模を縮小させる狙いがある。 この日は、各地区4校ずつの16校による県大会や、6校ずつの24校による県大会が議論された。 日程も未定だが、案として挙がっているのは、7月11日に地区予選を開幕。 同予選を11、12、18、19日の週末4日間で終え、同23~26日の4連休と8月1、2日の週末の計6日間で県大会を行うというもの。 休校が続き、8月も授業を行う学校もあるため、休日だけで開催したい考えだ。 8月2日までに決勝が終わらない場合は、打ち切りか、複数を1位校とすることなどを検討している。 無観客の範囲についても検討中だが、榎戸専務理事は「学校関係者、保護者は入れていいのでは」と私見を述べた。 プロ野球などのスカウトについては、日本高野連からの指示を待つため、コメントを控えた。 なお、組み合わせ抽選は6月23日前後に代理抽選で行い、開会式は行わない。

次の