藤原 家。 藤原道長の先祖と子孫を家系図で簡単に説明

藤原清衡の家系図は、現在まで辿れるの?

藤原 家

概要・歴史・観光・見所 藤原家住宅(南木曽町)概要: 藤原家住宅は中山道(木曽路)のとの間宿である大妻籠近くの上平集落に位置しています。 建築年代は棟札や古文書などが無く不詳ですが、工法や間取り、意匠などから17世紀中頃(1650年代前後)に建てられたと推定され長野県内に現存する古民家の中では最古級の古さを誇ります。 「にわ(床の仕上げは土間、玄関からの動線や作業場として利用されたと思われます)」、「かって(床の仕上げは板、板間の作業空間、囲炉裏があり現在でいう居間のような役割を持ち一家団欒が行われた思われます)」、「ねま(床の仕上げは板、1間幅の小部屋、個室として利用されたと思われます)」などの部屋があり、天井が無く梁や桁、束などの構造材が現し、囲炉裏や火棚、神棚、竈などが備えられていました。 藤原家住宅は随時、快適な生活が出来るように間仕切りや仕上げなどが改変されきましたが、昭和60年(1985)度と61年(1986)度の2ヵ年をかけて解体復元工事が実施され、現在は往時の姿に戻り、希望者は内部を見学することが出来ます。 案内板によると「 ・・・(前略)・・・この住宅は改造が大であったが、当初部分は県内民家で最も古いクラスで、建築年次は、間取り・構造・仕上がりから、17世紀半ばまでさかのぼると考えられる。 昭和53年7月27日に県宝に指定された。 昭和60年度と61年度の2ヵ年をかけて解体復元工事が実施され、往時の姿がよみがえった。 希望者は内部を見学することが出来る。 」とあります。 藤原家住宅は江戸時代初期の古民家建築の遺構として貴重な事から昭和53年(1978)7月27日にに指定されています。

次の

藤原氏の家紋は藤紋?牡丹紋?藤原鎌足に由来する五摂家を家系図付きで解説

藤原 家

藤原家の名字の由来について 「藤」という漢字がつく名字で、例えば「佐藤」や「伊藤」などがありますが、その由来とされているのが、藤原姓でして、日本を代表する姓ともいえます。 藤原姓は中臣鎌足が天智天皇から「藤原」姓を賜り、文武天皇の時代には、鎌足の次男の不比等だけが藤原氏を名乗る事を許され、彼が藤原の名前の由来とされています。 地名にもあり、信濃国(現在の長野県)にも存在しています。 呼び方も「ふじわら」だけでなく「ふじはら」と呼ぶ地域もあるそうです。 藤原不比等とは 飛鳥時代から奈良時代初期の公卿で、正二位右大臣となり活躍しました。 藤原鎌足の次男で、藤原姓の祖とされています。 不比等とは、「史」という役職名からきているとも言われている他に「比べて並ぶ者がいない」という意味合いで字があてられたとされています。 不比等の息子4人が、南家・北家・式家・京家の藤原四家となり、藤原氏は太政管という官位を独占していたそうです。 藤原の分布ランキング 藤原の流れは、全国にみられますが、東北地方や中国地方に多く、島根県出雲地方でもよくみられる名字です。 1位 岡山県 2位 島根県 3位 秋田県 4位 岩手県 5位 兵庫県 スポンサードリンク 藤原さんの家紋について 「藤」という名字がつくのには「藤紋」と呼ばれる家紋が多く使われたそうです。 藤原さんの代表紋:「八つ藤」 代表紋として「八つ藤」があり、「藤」は長寿で繁殖力があり、めでたい植物とされていました。 藤原氏は、その氏にちなんで衣服の文様に好まれて使用され、やがて家紋としても用いられるようになったそうです。 藤原さんの家紋その2:「下がり藤」 他にも「下がり藤」があります。 他の藤系の家系にもよく使用されています。 これも上記と同じく、藤の木の縁起を担いだ家紋です。 まとめ 藤原という名字は、日本の歴史に広く知られており、家紋も支流へと受け継がれています。 藤のつく名字のルーツも藤原から受け継いだ名字が多く、 家紋も「藤紋」を中心としていて、時代の中での力強さを感じ、栄光の時代があったのが伺えます。 スポンサードリンク 他にもあるぞ!超人気家紋コンテンツ.

次の

家紋を探る

藤原 家

概要 [ ] の代表的なものの一つとして・・とともに「源平藤橘」(四姓)と総称され、その筆頭氏族である。 がの功によりに賜った「藤原」のが、子のの代に認められたのに始まる。 鎌足がの出身であるため、祖は中臣氏と同じくと伝える。 に・・・の四家に分かれ、には北家がと姻戚関係を結んでを行った。 藤原氏の一族は、奈良時代から平安時代までは本姓の「藤原」を称したが、以降は姓の藤原ではなく、「」「」「」「」「」などのに相当する家名を名のり、公式な文書以外では「藤原」とは名乗らなかった。 これらをあわせると特に朝廷における比率は圧倒的であり、地方に散った後裔などもふくめ、においては(およびその流れを汲むなど)に次いで大きな広がりと歴史を持つ家系である。 江戸時代の朝廷において大臣就任の資格を持つ上位公卿17家系(摂家、清華家、大臣家)のうち14家系が藤原氏、残り3家系が源氏であり、徳川をはじめとした主要武家の多くも源平や藤原流を称していることを併せると、皇統と藤原氏の二つだけの血流が支配階級をほぼ独占するという世界でも稀な状態であった。 ただし全国に散らばる藤原氏同族とされる雄族の多くが、藤原氏と氏神を共有せず、地方への赴任事情が不明であり、系図上でも親子関係などで疑問が残るものも存在する。 これらの事情には、他の氏族の後裔が藤原氏の一族の養子・猶子となるか、先祖の系図を藤原氏に無理矢理接続させたという類例が武家では非常に多いためとされる。 また地方の古族(やなど)で先祖が不詳になったものには、中央の権門勢家にかこつけ藤原氏一族と称したものも数多く存在したと見られ、佐藤・斎藤・伊藤・加藤・後藤・武藤・近藤・安藤・尾藤・遠藤などはその多くが本来藤原氏とは無関係であったとも見られる。 出自 [ ] 藤原氏の祖である は、中大兄皇子()とともにからに至る諸改革に携わった。 その後功績を称えられ、死の直前に天智天皇から 藤原姓を与えられたとされる。 藤原の名は鎌足の生地・藤原(のちの地帯、現 )にちなむ。 通説では、鎌足の子である不比等がその姓を引き継ぎ、以後不比等の流が藤原朝臣と認められたとされる。 他方、この時に与えられた藤原の姓は鎌足一代のものであり、後に改めて鎌足の遺族に藤原朝臣の姓が与えられたとする説 もある。 この見解は、鎌足の死後を率いた・がで大友皇子()方について敗北し処刑されたため、乱とは無関係の鎌足流も一時衰亡の危機を迎えたことを一因とする。 乱平定ののち、13年()にが定められた際には、朝臣を与えられた52氏の中に「藤原」の姓は登場せず、鎌足の嫡男である不比等を含めた鎌足の一族は「中臣連(後に朝臣)」と名乗っていたとする。 そして『』に鎌足没後最初に「藤原」が登場する翌天武天皇14年()9月以前に、鎌足の遺族に対してあらためて「藤原朝臣」が与えられその範囲が定められた、とするものである。 いずれにしても、当時不比等がまだ若かったこともあって不比等以外の成員にも藤原朝臣が与えられ、鎌足の一族であった中臣大嶋や(鎌足のでもある)が、不比等が成長するまでの中継ぎとして暫定的に「氏上」(うじのかみ)に就いていたとみられている。 のちに不比等が成長して頭角を現すと、藤原氏がを、中臣氏がを領掌する体制とするため、2年()8月鎌足の嫡男である不比等の家系以外は元の「中臣」姓に戻された。 藤原氏分離後の中臣氏 [ ] 中臣意美麻呂は中臣姓に復帰後に不比等の推薦でとなり、その七男のは右大臣まで昇った。 そのため、以後はこの子孫が中臣氏のとされて特に「」と称されるようになった。 以降になると他の中臣氏も大中臣氏を名乗るようになるが、清麻呂の系統が嫡流であることは変わらず、としてに列する。 歴史 [ ] 飛鳥時代 [ ] 末年頃に少壮官僚であった は、元年()8月に持統天皇の譲位により即位した軽皇子()に娘のが夫人となっており、中央政界に台頭する。 藤原不比等は、らとともにを編纂しての確立に貢献した。 さらに宮子が首皇子(後の)を産むと、のにも娘の光明子(後の)を入れて、天皇の姻戚としての地位を確立した。 文武天皇以降、天皇のほとんどの后・妃が藤原氏の娘となる。 なお、不比等の出生について『興福寺縁起』には「公避くる所の事有り」とあり、これは不比等がの御であることを意味するとされる。 『』、『』、『』にはその旨が明記される。 奈良時代 [ ] 不比等の死後、外孫である首皇子(聖武天皇)が皇位に就くと、不比等の男子である・・・のと天武天皇の孫であるらを中心とする一派の対立が深まっていった。 (元年)、が起こり長屋王は自害する。 これは、藤原四兄弟が自分達の異母妹で天皇の妃であるを史上初の皇族以外出自のに立てるため、反対する長屋王を讒言により陥れた陰謀事件であったとされる。 なお、光明子の立后によって藤原氏の地位が向上することは、藤原氏を母方の実家とする聖武天皇にとっても好都合であることから、天皇の意向を受けた政変であったとも解される。 藤原四兄弟は、それぞれの、の、の、のの4家に分かれ、 の祖となった。 (天平3年)、役人達の投票によって四兄弟全員がに昇った。 これは藤原氏が単に政策のみならず、不比等以来編纂に関わってきた実績をもって組織を掌握していったことの証でもあった。 この中で、京家は最も振るわず早々に政治の舞台から姿を消すこととなる。 (天平9年)、の大流行で藤原四兄弟が相次いで病死する。 それを受けて、、らが藤原氏の突出を抑えようと努めたが、の信任を得た南家・(武智麻呂の子)の台頭により抑えられた。 仲麻呂は(元年)には諸兄の子・も排除した()。 仲麻呂は独裁的な権力を振るうが、の寵愛を得たが台頭し、(天平宝字8年)ので敗死した。 藤原仲麻呂の失脚で藤原氏は沈みがちであったが、式家の・や北家・の尽力で再興する。 以降は南・北・式の3家が競い合うが、やがて政争や一族の反乱で南家・式家は前期には衰退し、が最も栄えることとなった。 平安時代 [ ] 以降の歴史はも参照。 中期以後は、 のみが栄えた。 はのとなり、人臣で初めてのとなった。 そして、良房の養子・もまた、の外戚として摂政とを務めた。 と姻戚関係を結んで他氏の排斥と権力増強を行う路線は代々引き継がれ、(9年)から(2年)に至る一連の事件で藤原北家の他氏排斥が完了する。 ・父子の代になるとの最盛期を極めた。 平安後期になると、藤原氏と姻戚関係を持たないによるが始まり、さらに両氏のと移行するにつれ藤原氏の権勢は後退した。 但し、その後も末期に至るまで摂政・関白は(を除き)藤原北家のこの系統に限られていくようになる。 藤原北家以外で関白となったのはただ一人(秀吉は藤原秀吉として)であり、以外からの摂政は例がない。 鎌倉時代以降 [ ]• 789-796• 796-812• 812-818• 818-826• 826-843• 843-872• 872-891• 891-897• 897-909• 909-949• 949-970• 970-972• 972-974• 974-977• 977-986• 986-990• 990-995• 995• 995-1017• 1017-1064• 1064-1075• 1075-1094• 1094-1098• 1098-1121• 1121-1150• 1150-1156• 1156-1158• 1158-1166• 1166-1179• 1179-1183• 1183-1184• 1184-1186 鎌倉時代• 1186-1196• 1196-1202• 1202-1206• 1206-1221• 1221• 1221-1228• 1228-1231• 1231-1235• 1235-1237• 1237-1242• 1242-1246• 1246-1247• 1247-1252• 1252-1261• 1261-1265• 1265-1267• 1267-1268• 1268-1273• 1273-1274• 1274-1275• 1275-1287• 1287-1289• 1289-1291• 1291-1293• 1293-1296• 1296-1299• 1299-1305• 1305-1308• 1308-1313• 1313-1315• 1315-1316• 1316-1318• 1318-1323• 1323-1324• 1324-1327• 1327-1330• 1330• 1330-1333 南北朝時代• 1600-1604• 1605-1606• 1606-1608• 1608-1612• 1612-1615• 1615-1619• 1619-1623• 1623-1629• 1629-1635• 1635-1647• 1647• 1647-1651• 1651-1653• 1653-1664• 1664-1682• 1682-1690• 1690-1703• 1703-1707• 1707-1711• 1711-1722• 1722-1726• 1726-1736• 1736-1737• 1737-1746• 1746-1757• 1757-1778• 1778-1787• 1787-1791• 1791-1795• 1795-1814• 1814-1823• 1823-1856• 1856-1862• 1862-1863• 1863• 1864-1867• 1868-1871 その他、著名な藤原姓の人物に関しては を参照。 特に摂政・関白については を参照。 現代の藤原氏 [ ] 現在の研究では、庶民の苗字は明治初めにもともと先祖伝来のものをに載せた場合が多いとされる。 また、藤原氏の公家諸家は平安末期・鎌倉時代以降、公式文書以外で「藤原」を使わず「近衛」「九条」「鷹司」「二条」「一条」など各家の名称を名乗り、維新後もそれを名字とした。 現代の藤原氏は親類やゆかりのある人間と考えられている。 真偽はともかくとして、明治の元勲ではが「藤原朝臣利通」、が「藤原朝臣永敏」と公文書に姓(カバネ)と諱(いみな)を記載している。 現代の藤原氏の家紋も下がり藤である。 「藤裔会」として、年1回秋頃に全国の藤原氏の末裔がのに集合し、親睦を兼ねた会合などが執り行われている。 藤原氏由来の苗字 [ ] 藤原氏由来とされるの代表例を以下に示す。 十六藤 (じゅうろくとう) - 以下の16の苗字の総称(読みは「とう」または「どう」、人口の多い順)• 01佐藤 - ・/• 02伊藤 - ・• 03斎藤 -• 04加藤 -• 05後藤 - ・/藤原氏後裔• 06近藤 - /• 07遠藤 -• 08工藤 -• 09安藤 - ・・・・下野国安蘇郡• 10内藤 - ・• 11須藤 - 下野国• 12武藤 - /• 13進藤 -• 14新藤 -• 15神藤 -• 16春藤 - 十六藤以外で、藤原氏由来とされる苗字。 藤を「とう」と読まない場合もある。 江藤 - ・• 衛藤 -• 海藤 -• 紀藤 -• 岡藤 -• 左藤 -• 信藤 - 信濃国• 首藤 - 主馬• 周藤 -• 尾藤 -• 兵藤 - 参考文献 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 () 元は「多武峯妙楽寺」という名の寺院。 鎌足の子・の創建。 伝・鎌足墓所、伝・不比等墓所が所在。 (奈良県) は下記4柱で、合わせて「」と呼ばれ、藤原氏からとして崇敬を受けた。 全国のは、当社や藤原氏子孫によるに由来する。 (祭神) - 出身のに由来• (祭神) - 上に同じ• (中臣氏祖神)• (天児屋根命妻)• () - 元春日• (大原野) - に伴い春日大社から分祀• (京都市) - 遷都に伴い春日大社から分祀 寺院• (奈良県奈良市) - 藤原氏の その他• 『』 - 奈良時代に成立した藤原氏の家伝書• - 藤原氏による平安時代の.

次の