君 が 笑う ただ それだけ で。 WaT 僕のキモチ 歌詞

ラブレター feat. 春茶 / コバソロ

君 が 笑う ただ それだけ で

あらすじ [ ] 誠人は、成長したある女性と再会するためにニューヨーク・ブルックリン橋の側で立っていた。 大学生の誠人には大きなコンプレックスがあった。 誠人は子供のころから腹部に病気を抱えていてずっと塗り薬を使っていた。 その塗り薬の匂いは無臭にも関わらず、誠人は臭い匂いがすると勘違いしていた。 それが原因で誠人は他人と接することができないでいた。 ある日、誠は静流と出会う。 静流は信号のない横断歩道を渡ろうとして佇んでいた。 静流は片手を高くあげて渡る意思を表していたが、車はなかなか止まってくれない。 そんな姿を見かねた誠人が静流に話しかけてこう言った。 「もうちょと先に押しボタン式の信号があるよ」と。 静流は不思議そうな顔をして誠人を見つめた。 静流の不思議な行動が気になった誠人は思わずカメラのシャッターを切った。 これが誠人と静流の最初の出会いだった。 静流も、誠人といつもいっしょにいたい気持ちから、カメラを手にするようになる。 そんな二人は毎日のように森へ写真撮影に出掛けていく。 しかし、誠人は同級生のみゆきに想いを寄せていた。 いつも一緒にいるのに静流のことは女の子として見ていない誠人。 そして、静流は「誕生日」プレゼントの代わりとして、誠人に「キスして」とお願いをする。 それは「生涯ただ一度のキス、ただ一度の恋」になる事を静流は分かっていた。 概要 [ ] 同じ市川拓司原作である『』に興行成績では及ばなかったが、作品の完成度や観客の満足度は高い評価を受けている。 特に登場から結末までの成長と変化を演じきったの演技は評価が高く、原作者の市川拓司も「宮﨑あおいさんには、自分の脳を探られたんじゃないかと思った。 それか私が、宮﨑あおいが演じている姿を予知して小説にしたんじゃないかと思った。 」と絶賛している。 宮﨑自身もこの作品の原作を読んで、すぐに静流がどんな人間なのか頭に浮かんだと語っている。 企画当初は「 天国の森で君を想う」という仮題であったが、主題歌「恋愛写真」のサビの歌詞をヒントとして「ただ、君を愛してる」という題名となったと関係者は語っている。 本編公開当時に発売されたナビゲートDVDは、「天国の森の恋物語」という副題となっており、部分的に原題が復活している。 ) キャスト [ ]• 瀬川誠人 -• 里中静流 -• 関口恭平 -• 井上早樹 -• 白浜亮 -• 矢口由香 -• 薬屋の主人 -• 葛西修 -• 富山みゆき - スタッフ [ ]• 監督 - 新城毅彦• 製作者 - 、坂上順、千葉龍平、、渡辺純一• 脚本 -坂東賢治• 撮影 -小宮山充• 音楽 -• 主題歌 - 『』()• 製作委員会 - 、、、、、、SWANフィルムパートナーズ• 支援 -• 製作賛助 - インディペンデント・フィルム・ファンド• 特機 - NK特機• 配給 - 東映 ロケ地 [ ]• - 誠人達が通う明京大学。 - 静流が渡ろうと試みる横断歩道。 - 「天国の森」に通じる入口(実際にも私有地で立入禁止)。 - 「天国の森」。 - 誠人やみゆき達が行った海水浴場。 - 誠人が静流を駅まで送る通り道。 - 誠人の通学途中にある橋。 - 誠人と静流の通学路。 - 誠人の自宅周辺の道。 - 誠人とみゆきが行ったウェディング展会場。 - 誠人が入院した病院。 誠人と静流が初めて自己紹介しあう食堂。 - 誠人とみゆきが2年ぶりに再会する場所。 - 静流とみゆきが住んでいた場所。 - 誠人がニューヨークで写真を撮った場所。 ブルックリン橋 その他 [ ]• 誠人が使用するカメラは、。 静流が使用していたカメラは。 劇中で重要なアイテムとして登場する「ドーナツビスケット」はスタッフによる手作りである。 設定としては「小麦で作った直径3センチぐらいのドーナツにシロップがついている感じ。 さくっとした食感で、甘くておいしい」(松橋プロデューサー談)としてある。 上映当時、「」で知られるとして限定発売された。 2008年8月にの朝番組「」番組サイト内の投票サイト「めざましランキングシアター」の「 思いっきり泣ける映画」部門において本作が「」 2位)「」(3位)を抑えランキング1位となった。 ネットを通じた投票で「 上位にランキングされた映画を映画館(「ユナイテッド・シネマ豊洲」)で15日間限定で上映する」という旨が当初の発表であったが、「思いっきり泣ける映画」として実際に上映されたのは3位の「ニュー・シネマ・パラダイス」であった。 コミカライズ [ ]• 作画:• 2006年10月20日初版発行• 映画シナリオを基に漫画化。 「」8・9月号付録として掲載後、同社プチコミフラワーコミックススペシャルより単行本化。 脚注 [ ] [].

次の

○○○○○

君 が 笑う ただ それだけ で

あらすじ [ ] 誠人は、成長したある女性と再会するためにニューヨーク・ブルックリン橋の側で立っていた。 大学生の誠人には大きなコンプレックスがあった。 誠人は子供のころから腹部に病気を抱えていてずっと塗り薬を使っていた。 その塗り薬の匂いは無臭にも関わらず、誠人は臭い匂いがすると勘違いしていた。 それが原因で誠人は他人と接することができないでいた。 ある日、誠は静流と出会う。 静流は信号のない横断歩道を渡ろうとして佇んでいた。 静流は片手を高くあげて渡る意思を表していたが、車はなかなか止まってくれない。 そんな姿を見かねた誠人が静流に話しかけてこう言った。 「もうちょと先に押しボタン式の信号があるよ」と。 静流は不思議そうな顔をして誠人を見つめた。 静流の不思議な行動が気になった誠人は思わずカメラのシャッターを切った。 これが誠人と静流の最初の出会いだった。 静流も、誠人といつもいっしょにいたい気持ちから、カメラを手にするようになる。 そんな二人は毎日のように森へ写真撮影に出掛けていく。 しかし、誠人は同級生のみゆきに想いを寄せていた。 いつも一緒にいるのに静流のことは女の子として見ていない誠人。 そして、静流は「誕生日」プレゼントの代わりとして、誠人に「キスして」とお願いをする。 それは「生涯ただ一度のキス、ただ一度の恋」になる事を静流は分かっていた。 概要 [ ] 同じ市川拓司原作である『』に興行成績では及ばなかったが、作品の完成度や観客の満足度は高い評価を受けている。 特に登場から結末までの成長と変化を演じきったの演技は評価が高く、原作者の市川拓司も「宮﨑あおいさんには、自分の脳を探られたんじゃないかと思った。 それか私が、宮﨑あおいが演じている姿を予知して小説にしたんじゃないかと思った。 」と絶賛している。 宮﨑自身もこの作品の原作を読んで、すぐに静流がどんな人間なのか頭に浮かんだと語っている。 企画当初は「 天国の森で君を想う」という仮題であったが、主題歌「恋愛写真」のサビの歌詞をヒントとして「ただ、君を愛してる」という題名となったと関係者は語っている。 本編公開当時に発売されたナビゲートDVDは、「天国の森の恋物語」という副題となっており、部分的に原題が復活している。 ) キャスト [ ]• 瀬川誠人 -• 里中静流 -• 関口恭平 -• 井上早樹 -• 白浜亮 -• 矢口由香 -• 薬屋の主人 -• 葛西修 -• 富山みゆき - スタッフ [ ]• 監督 - 新城毅彦• 製作者 - 、坂上順、千葉龍平、、渡辺純一• 脚本 -坂東賢治• 撮影 -小宮山充• 音楽 -• 主題歌 - 『』()• 製作委員会 - 、、、、、、SWANフィルムパートナーズ• 支援 -• 製作賛助 - インディペンデント・フィルム・ファンド• 特機 - NK特機• 配給 - 東映 ロケ地 [ ]• - 誠人達が通う明京大学。 - 静流が渡ろうと試みる横断歩道。 - 「天国の森」に通じる入口(実際にも私有地で立入禁止)。 - 「天国の森」。 - 誠人やみゆき達が行った海水浴場。 - 誠人が静流を駅まで送る通り道。 - 誠人の通学途中にある橋。 - 誠人と静流の通学路。 - 誠人の自宅周辺の道。 - 誠人とみゆきが行ったウェディング展会場。 - 誠人が入院した病院。 誠人と静流が初めて自己紹介しあう食堂。 - 誠人とみゆきが2年ぶりに再会する場所。 - 静流とみゆきが住んでいた場所。 - 誠人がニューヨークで写真を撮った場所。 ブルックリン橋 その他 [ ]• 誠人が使用するカメラは、。 静流が使用していたカメラは。 劇中で重要なアイテムとして登場する「ドーナツビスケット」はスタッフによる手作りである。 設定としては「小麦で作った直径3センチぐらいのドーナツにシロップがついている感じ。 さくっとした食感で、甘くておいしい」(松橋プロデューサー談)としてある。 上映当時、「」で知られるとして限定発売された。 2008年8月にの朝番組「」番組サイト内の投票サイト「めざましランキングシアター」の「 思いっきり泣ける映画」部門において本作が「」 2位)「」(3位)を抑えランキング1位となった。 ネットを通じた投票で「 上位にランキングされた映画を映画館(「ユナイテッド・シネマ豊洲」)で15日間限定で上映する」という旨が当初の発表であったが、「思いっきり泣ける映画」として実際に上映されたのは3位の「ニュー・シネマ・パラダイス」であった。 コミカライズ [ ]• 作画:• 2006年10月20日初版発行• 映画シナリオを基に漫画化。 「」8・9月号付録として掲載後、同社プチコミフラワーコミックススペシャルより単行本化。 脚注 [ ] [].

次の

「君を不幸にできるのは宇宙でただ一人だけ」と歌っちゃうスピッツ『8823』

君 が 笑う ただ それだけ で

あらすじ [ ] 誠人は、成長したある女性と再会するためにニューヨーク・ブルックリン橋の側で立っていた。 大学生の誠人には大きなコンプレックスがあった。 誠人は子供のころから腹部に病気を抱えていてずっと塗り薬を使っていた。 その塗り薬の匂いは無臭にも関わらず、誠人は臭い匂いがすると勘違いしていた。 それが原因で誠人は他人と接することができないでいた。 ある日、誠は静流と出会う。 静流は信号のない横断歩道を渡ろうとして佇んでいた。 静流は片手を高くあげて渡る意思を表していたが、車はなかなか止まってくれない。 そんな姿を見かねた誠人が静流に話しかけてこう言った。 「もうちょと先に押しボタン式の信号があるよ」と。 静流は不思議そうな顔をして誠人を見つめた。 静流の不思議な行動が気になった誠人は思わずカメラのシャッターを切った。 これが誠人と静流の最初の出会いだった。 静流も、誠人といつもいっしょにいたい気持ちから、カメラを手にするようになる。 そんな二人は毎日のように森へ写真撮影に出掛けていく。 しかし、誠人は同級生のみゆきに想いを寄せていた。 いつも一緒にいるのに静流のことは女の子として見ていない誠人。 そして、静流は「誕生日」プレゼントの代わりとして、誠人に「キスして」とお願いをする。 それは「生涯ただ一度のキス、ただ一度の恋」になる事を静流は分かっていた。 概要 [ ] 同じ市川拓司原作である『』に興行成績では及ばなかったが、作品の完成度や観客の満足度は高い評価を受けている。 特に登場から結末までの成長と変化を演じきったの演技は評価が高く、原作者の市川拓司も「宮﨑あおいさんには、自分の脳を探られたんじゃないかと思った。 それか私が、宮﨑あおいが演じている姿を予知して小説にしたんじゃないかと思った。 」と絶賛している。 宮﨑自身もこの作品の原作を読んで、すぐに静流がどんな人間なのか頭に浮かんだと語っている。 企画当初は「 天国の森で君を想う」という仮題であったが、主題歌「恋愛写真」のサビの歌詞をヒントとして「ただ、君を愛してる」という題名となったと関係者は語っている。 本編公開当時に発売されたナビゲートDVDは、「天国の森の恋物語」という副題となっており、部分的に原題が復活している。 ) キャスト [ ]• 瀬川誠人 -• 里中静流 -• 関口恭平 -• 井上早樹 -• 白浜亮 -• 矢口由香 -• 薬屋の主人 -• 葛西修 -• 富山みゆき - スタッフ [ ]• 監督 - 新城毅彦• 製作者 - 、坂上順、千葉龍平、、渡辺純一• 脚本 -坂東賢治• 撮影 -小宮山充• 音楽 -• 主題歌 - 『』()• 製作委員会 - 、、、、、、SWANフィルムパートナーズ• 支援 -• 製作賛助 - インディペンデント・フィルム・ファンド• 特機 - NK特機• 配給 - 東映 ロケ地 [ ]• - 誠人達が通う明京大学。 - 静流が渡ろうと試みる横断歩道。 - 「天国の森」に通じる入口(実際にも私有地で立入禁止)。 - 「天国の森」。 - 誠人やみゆき達が行った海水浴場。 - 誠人が静流を駅まで送る通り道。 - 誠人の通学途中にある橋。 - 誠人と静流の通学路。 - 誠人の自宅周辺の道。 - 誠人とみゆきが行ったウェディング展会場。 - 誠人が入院した病院。 誠人と静流が初めて自己紹介しあう食堂。 - 誠人とみゆきが2年ぶりに再会する場所。 - 静流とみゆきが住んでいた場所。 - 誠人がニューヨークで写真を撮った場所。 ブルックリン橋 その他 [ ]• 誠人が使用するカメラは、。 静流が使用していたカメラは。 劇中で重要なアイテムとして登場する「ドーナツビスケット」はスタッフによる手作りである。 設定としては「小麦で作った直径3センチぐらいのドーナツにシロップがついている感じ。 さくっとした食感で、甘くておいしい」(松橋プロデューサー談)としてある。 上映当時、「」で知られるとして限定発売された。 2008年8月にの朝番組「」番組サイト内の投票サイト「めざましランキングシアター」の「 思いっきり泣ける映画」部門において本作が「」 2位)「」(3位)を抑えランキング1位となった。 ネットを通じた投票で「 上位にランキングされた映画を映画館(「ユナイテッド・シネマ豊洲」)で15日間限定で上映する」という旨が当初の発表であったが、「思いっきり泣ける映画」として実際に上映されたのは3位の「ニュー・シネマ・パラダイス」であった。 コミカライズ [ ]• 作画:• 2006年10月20日初版発行• 映画シナリオを基に漫画化。 「」8・9月号付録として掲載後、同社プチコミフラワーコミックススペシャルより単行本化。 脚注 [ ] [].

次の