フライデー オベーション。 フライデーオベーションとは意味は?いらない!なんて声が多い理由「最近何やっても文句ばっかだね」

福岡市が金曜日正午の「フライデーオベーション」を提言。新型コロナウイルス対策で最前線で働くすべての方々に感謝の拍手を。 : フクオカーノ!

フライデー オベーション

本当に拍手で感謝の気持ちが届くのか 現在はコロナ騒ぎの中でも、休まずに仕事をしてくださっている交通機関や流通機関で働く人のためにもフライデーオベーションは行われているようです。 実際には、金曜日の正午に人々が感謝の気持ちを込めて、一斉に拍手をします。 もともとは海外で始められた行動が、コロナ騒ぎが長くなるにつれて日本国内でも行われるようになりました。 特に医療従事者の方々は日夜自分が感染するかもしれないという危険と隣り合わせで仕事をしています。 本人だけでなく、医療従事者を家族に持つ人は、きっと不安なことでしょう。 自分と無関係の誰かを助けるよりも、家族のために仕事を辞めて家にいて欲しいと考えることもあるのではないでしょうか。 それに、医療従事者の家族は、いわれのない差別を受けることもあるそうです。 そんな話を聞くにつけ、最前線で働く方のために何かをしたいと考えるのは当然のことだと私も思います。 でも、フライデーオベーションよりももっと先にやることがあるはずです。 まずは不足品を解消して! まずは消毒液、マスク、フェイスシールドや防護服の不足を解消することが必要だと思います。 最低限、身を守るために必要なこれらのものが揃わない中で、いくら励まされても、それは最前線で働く方々に届くでしょうか。 使い捨てのマスクを何回も洗って使う、防護服の代わりに雨合羽やゴミ袋を使うというのではあまりにも気の毒です。 この状態のまま、いくら励まされたところで何の足しにもならないでしょう。 政治家の人たちは国民のフライデーオベーションを見て、これだけではダメだ、まずは不足品を届けよう、とは思わないのでしょうか。 医療従事者の方々だけでなく、交通、流通などテレワークができない、私たちの生活に欠かせない職業の方々には、最低限自分の身を守れるようにするのが政府の努めだと思います。 人間らしく仕事ができて、初めて励ましの拍手が皆さんの心に届くことでしょう。 一個人にできることがなぜ政府にできないのか、私にはわかりません。 私たちに必要なのは、拍手をすることでなく、政府を動かすことなのかもしれません。 政府を動かす、そんなことはなかなかできそうもありません。 でも、働く方々に負担をこれ以上かけないようにすることはできます。 それは体調に気を付け、医療機関のお世話にならないように生活することです。 買い物や玄関先の応答にはできる限りマスクを着けて、店員さんや配達員の方への感染リスクを減らすことです。 そして差別的な発言があったら、見て見ぬ振りをしないことです。 フライデーオベーションはよいことに違いはありませんが、今のままでは私は違和感しか覚えません。 実のある本当の励ましを届けるためにはどうしたらよいか、考えてみませんか?.

次の

金曜正午は医療従事者に拍手を 国内でも拡大 「フライデー・オベーション」

フライデー オベーション

本当に拍手で感謝の気持ちが届くのか 現在はコロナ騒ぎの中でも、休まずに仕事をしてくださっている交通機関や流通機関で働く人のためにもフライデーオベーションは行われているようです。 実際には、金曜日の正午に人々が感謝の気持ちを込めて、一斉に拍手をします。 もともとは海外で始められた行動が、コロナ騒ぎが長くなるにつれて日本国内でも行われるようになりました。 特に医療従事者の方々は日夜自分が感染するかもしれないという危険と隣り合わせで仕事をしています。 本人だけでなく、医療従事者を家族に持つ人は、きっと不安なことでしょう。 自分と無関係の誰かを助けるよりも、家族のために仕事を辞めて家にいて欲しいと考えることもあるのではないでしょうか。 それに、医療従事者の家族は、いわれのない差別を受けることもあるそうです。 そんな話を聞くにつけ、最前線で働く方のために何かをしたいと考えるのは当然のことだと私も思います。 でも、フライデーオベーションよりももっと先にやることがあるはずです。 まずは不足品を解消して! まずは消毒液、マスク、フェイスシールドや防護服の不足を解消することが必要だと思います。 最低限、身を守るために必要なこれらのものが揃わない中で、いくら励まされても、それは最前線で働く方々に届くでしょうか。 使い捨てのマスクを何回も洗って使う、防護服の代わりに雨合羽やゴミ袋を使うというのではあまりにも気の毒です。 この状態のまま、いくら励まされたところで何の足しにもならないでしょう。 政治家の人たちは国民のフライデーオベーションを見て、これだけではダメだ、まずは不足品を届けよう、とは思わないのでしょうか。 医療従事者の方々だけでなく、交通、流通などテレワークができない、私たちの生活に欠かせない職業の方々には、最低限自分の身を守れるようにするのが政府の努めだと思います。 人間らしく仕事ができて、初めて励ましの拍手が皆さんの心に届くことでしょう。 一個人にできることがなぜ政府にできないのか、私にはわかりません。 私たちに必要なのは、拍手をすることでなく、政府を動かすことなのかもしれません。 政府を動かす、そんなことはなかなかできそうもありません。 でも、働く方々に負担をこれ以上かけないようにすることはできます。 それは体調に気を付け、医療機関のお世話にならないように生活することです。 買い物や玄関先の応答にはできる限りマスクを着けて、店員さんや配達員の方への感染リスクを減らすことです。 そして差別的な発言があったら、見て見ぬ振りをしないことです。 フライデーオベーションはよいことに違いはありませんが、今のままでは私は違和感しか覚えません。 実のある本当の励ましを届けるためにはどうしたらよいか、考えてみませんか?.

次の

【あすらや荘】~フライデーオベーション~

フライデー オベーション

コロナ禍の最前線で戦う医療従事者に感謝の気持ちを届けるもので、福岡市では発案した高島市長ら市職員がベランダで正午の時報に合わせて数分間拍手し、その様子がテレビのニュースで流れていた。 通常の外科手術を受けた患者が実は感染者だったことが後に判明。 医師、看護師が感染したケースも驚きではなくなった。 ある病院では緊急でない手術の8割はやむなく延期しているという。 「患者全員が感染者だと思って対応しないと大変なことになる。 決してオーバーではない」と話す医師もいる。 病院はまさに戦場だが、週末の街は場所によっては人出は変わらない。 休業要請のない茨城県内のパチンコ店に東京など県外から車で客が集まり、対象から漏れた都内のメイド喫茶にも客はいた。 感染しているとは知らずに出歩き広める人がいて医療現場の混乱に拍車がかかる。 緊急事態とは何なのかと首をひねりたくなる。 そんな折、歌手の星野源が自身のインスタグラムに投稿した「うちで踊ろう」に合わせ安倍晋三首相が自宅でくつろぐ動画を投稿した。 「ステイホーム」はわかるが、愛犬を抱いたり読書したりする様子はこの緊迫下には違和感たっぷり。 「不眠不休で戦っている医療従事者が見たら絶望する…」などとネットで批判が相次いだのもうなずける。 欧米ではマンションのベランダから拍手が自然発生的に起きているという。 ささやかだが、誰でもどこからでも感謝の念が届けられる「フライデーオベーション」も全国に伝播し、人々の連帯感が強まることを願うばかりだ。 (今村忠).

次の