フクポン 失業保険。 [B! 保険関連] 失業保険の給付額を計算!直近6カ月間の給与総額で金額が決まる|失業保険ガイド|フクポン

失業保険の給付額を計算!直近6カ月間の給与総額で金額が決まる|失業保険ガイド|フクポン

フクポン 失業保険

例)6、7、8月が給付期間の場合。 7月の認定日に来所できなかった場合、9月が認定にとなって後ろ倒されるといったイメージです。 (実際の給付日数期間は28日ごとなので微妙に期間にズレがありますが、ここでは例え話の為、ザックリと1か月単位で例えています。 ) 認定日までに求職活動が足りなかったからと言って、 失業給付の総支給額が変わる事はありませんのでご安心ください。 前日までなら挽回可能!求職活動の実績2回を作る方法。 そうはいっても、失業保険の給付が1回分先送りされるのも失業中の身としてはなかなか辛いですよね。 求職活動の実績は、認定日の前日でも2回分の実績がつけばOKなので、前日にハローワークに来所して、職業相談+エントリーを行っても2回分の実績を作る事も可能ですが、どうしても足を運ぶのが難しい場合もあるかと思います。 その時「一番早く確実に実績を方法」は インターネットの求人サイトから2社に応募する事です。 登録は無料で時間も5分はかかりません。 登録するサイトは国内最大手のリクナビネクストが求人の案件も豊富で良いと思います。 今回のケースに限らず、どちらにせよ転職活動の際には登録しておいた方が良いサイトです。 エントリー後の合否の結果などは関係ありません。 これだけでOK。 とっても簡単です。 失業保険の申告書には「エントリー済み、合否待ち」のような感じで書くと良いでしょう。 万が一認定日までに求職活動をし損ねた場合には、この方法を使って実績を作りましょう。 ただし、今回の様な事を毎月行ってしまうと職安担当者に怪しまれ、不正受給の抜き打ち検査の対象となってしまったりもするので、やるなら一回限りにしておきましょうね! 注意:虚偽の報告だけは絶対しちゃダメ 念のため、虚偽の報告をしてしまうと、これが後に発覚した場合に不正受給の対象となります。 そうなると、後に受給した分の給付金の返還+追徴金(返還額の最大2倍)の罰金を納めることになります。 最大で受給した額の3倍になり、その後2度と失業保険の受給もできなくなるので、絶対にやらないようにしてください! 毎月半自動的に実績2回を作るワザ 上記の方法で前日までに実績を2回作る方法を紹介しましたが、今後半自動的に求職活動の実績を2回作る方法もご紹介しておきます。 この方法を使えば転職サイトから自分で求人を探さずとも実績を作れてしまいます。 そのやり方は転職エージェントに登録する事。 転職エージェントはあなたの今までの職歴や、今後就きたい仕事の職種や条件を登録する事で、あなたに代わって転職エージェントが条件にマッチする求人を紹介してくれるサービスです。 エージェントに登録しておけば、週1~2回位のペースで電話やメールから求人案件を紹介してくれるようになるので、あなたがする事は提示された案件から気になった案件にエントリーするだけ。 あなたはほぼ待ちの状態で求職活動の実績を作れるようになります。 利点はそれだけではありません、エージェントは登録する事でキャリアカウンセラーがあなたのキャリアから今後の最適な転職プランを考えてくれたり、エージェントはブラック企業に対して厳しい審査をしている為、良質な案件も増えています。 実績を作るだけではなく、転職活動をする上でもメリットが多いんですよね。 きっとこの記事を見ている方は求職活動をしている方のハズなので、本来の意味からしてもエージェントに登録する事は利点だらけです。 退職後、これから本腰を入れて求職活動をしようと思っている人は絶対1社は登録しておいた方が良いです。 エージェントは沢山ありますが、その中で1社をお勧めしておきます。 それは「アイデム スマートエージェント」 ここはリクルートやDODAのような最大手程の知名度はありませんが、求人案件もそれなりに豊富ですし、なんといっても担当エージェントが登録ユーザーの希望を本当に親身になって相談に乗ってくれるので対応がとても丁寧。 僕はアイデムの元エリアマネージャーととある所で話す機会がありました。 その方が「あの会社はみんな人が良すぎて、ユーザーの事を考えすぎちゃって仕事が増えるだよな~~」と評していましたが、本当にその通りの対応をしてもらえました。 ブラック企業を可能な限り避けて健やかな職場を探したいという方は、絶対登録しておいた方がいいエージェントです。 登録はWEBからすぐできますし、無料です。 後から苦労しない為に、今すぐ登録しておきましょう。 あとがき ブラック企業を避け、ホワイト企業を探す方法を分析しました! 今日は• 失業の認定日までに求職の実績が足りない場合にどうなるか?• 認定日前日に求職活動の実績2回分を作る方法• 実績を半自動的に作るワザ 以上をご紹介いたしました! 認定期間に求職活動を行わなかったといって給付金が減るわけではないですが、やはり色々不都合は発生してしまいますし、生活プランに影響を与えない為にも、認定期間中にはしっかりと求職活動を行いましょうね! この記事が参考になれば幸いです。 それではまた!.

次の

失業保険を受給中にハンドメイド作品のネットショップ販売はOKか聞いてきた(収入・申告)|フク業!転職・副業へ一歩踏み出せる気になるブログ

フクポン 失業保険

Contents• 雇用保険受給の説明会の内容 雇用保険の受給資格者決定の手続きを行ったら、 そこで、指定された日程に開催され説明会に参加します。 ここれでは、 流れとしては• 雇用保険受給に関する説明• 初回講習• 職業訓練校の紹介• フリータイム(質問時間) 時間は大体2時間くらいです。 また、この説明会で、 「 雇用保険受給資格者証 」(仮の場合もあり)と「 失業認定申告書 」など、 雇用保険の受給に必要な書類を受け取ります。 以下、それぞれの流れについて簡単に説明していきます。 雇用保険受給に関する説明 雇用保険受給に関してのDVDや、ハローワークの職員の説明を受けます。 DVDを流している間はかなり眠たくなりますが、結構大事な事を話されるので、 気合で起きてくださいw 主なポイントとしては、 ・認定日の説明 受給者は各々指定された「認定日」にハローワークへ行き、 就職活動の実績を申告をし、失業が認定される事で、 雇用保険の失業手当が振り込まれます。 ・不正受給について これにかんしてはかなり強く言われますが、 不正受給をしてしまうと、雇用保険受給額の3倍近い金額を 納付するペナルティにもつながります。 かなりルールも細かいので、よく聞いてください。 初回講習 初回講習背は、失業認定日に行う内容を説明されます。 特に、失業認定日に提出する失業認定申告書の記入の仕方について、 アナウンスが主となります。 就職活動の実績や、受給期間中に行った労働を証明する記入例とか。 貰った冊子に記入例も書いてありますが。 あとから自分で調べると結構めんどいので、ここでしっかり内容を把握しておいてください。 ちなみに、初回の認定日までに行う就職活動の実績は、 この初回講習を受講すると、 必要な実績回数をクリアしたことになります。 職業訓練校の紹介 ここでは、ハローワークと提携している職業訓練校の紹介があります。 IT~工場作業系まで分野は幅広く、 入学すると、雇用保険を貰いながら(通学終了まで雇用保険は延長される) 技能や資格の取得も目指す事が出来たり、 インターンを行ったり、就職の斡旋もあるようなので、 自分が受けたい授業があるなら、結構有効活用できそうな印象を持ちました。 手に職をつけたい、やることが決まってない人などは、 パンフもあるので目を通すといいかもしれません。 フリータイム(質問時間) 上記のプログラムが終了すると、最後にフリータイムで質問時間が設けられます。 ここでは、任意で失業保険に対して担当者に色々質問する事が出来ます。 僕は特定理由離職者になりたかったので、その為に必要な事を聴いたりしました。 初回認定日までにする事は転職の準備! さて、そんな訳で説明会が終わったら、 各々ハローワークで指定された、認定日までに 最低必要な回数以上の就職活動を行ないます。 ただ、初回の認定日に関しては、前述のとおり、初回講習を受講しているので、 初回認定日に最低限必要な就職活動の実績は満たしています。 なので、今回は就職活動を特にする必要自体はありませんが、 (する人は関係なくガンガンやりましょう!) この間に、• 就職エージェントに登録しておく• 派遣会社に登録しておく• 転職サイトに登録しておく• 履歴書、職務経歴書のブラッシュアップ• クリエイター系はポートフォリオ作成• やりたい事を明確にしておく このような就職の為の方針を必要な作業を、 初回認定日までの期間にしておくと、その後の就職活動がやりやすくなると思います。 僕は、クリエイター系なので、この間を使って過去の作品をブラッシュアップしたり、 作品の実績を増やしたりする期間に充てたりしています。 また、 就職のエージェントや派遣会社、転職サイトの登録は 必ずした方が良いと思います。 また、現在は民間にも数々の転職サイトやエージェント等のサービスがあります。 特にエージェントは担当者が利用者と面談を行い、 過去の職歴、性格など、希望などを綿密にヒアリングして、 自分に合った求人をリストアップしてくれます。 なので、• 希望に近い求人を高い精度で見つける事が可能になる• エージェント会社は自社の評価を下げない為に、取引している登録企業の事を十分に調べ、可能な限りブラック企業を排除するように動いている。 上記の事からゼロとは言えませんが、ブラック企業を引き当てる可能性も抑えられ、非常に利用価値があります。 また、転職の段取りもエージェントが代行してくれるため、 在職中の人でも働きながらスムーズな転職活動を行う事が可能になります。 以下に 無料で登録できるエージェントをいくつかまとめましたので、 自分に合いそうなサービスを登録して転職の準備をしておきましょう!.

次の

[B! 失業保険] 求職活動の実績の作り方!転職セミナーや資格受験なども認められる|失業保険ガイド|フクポン

フクポン 失業保険

Contents• 初回認定日の流れ 自分が出席する失業認定日の日にちは、説明会の際に受け取る 受給資格者のしおりに記載があります。 僕の場合は6月5日。 持ち物は• 雇用保険受給資格者証• 受給資格者のしおり• 失業認定申告書• 印鑑 以上の4点 失業認定申告書の記載はしっかり、初回は初回講習を受けていれば活動の実績は必要ない。 職安にに到着したら雇用保険認定係へ向かい、 担当窓口に雇用保険受給資格者証と、失業認定報告書を提出します。 失業認定報告書には、説明会のアナウンス通りに、 就職活動の記録や労働の有無をしっかり書いて提出します。 キチンと書かないと失業給付が認められなかったり、 最悪な場合は不正受給と見なされるケースもあるので、 ここはしっかり。 また、僕の時はそんなに人が込み合っていなかったのですが、 込み合っていたりすると、その場で失業認定報告を書くのが大変なので、 事前に書いておく方が良いと思います。 ちなみに説明会出席時に初回講習を受けている方は(ほぼ全員だと思いますが) これが就職活動の実績と認められ、 この1回で失業給付を受け取る要件は満たしています。 書類が提出し終わると、担当者に名前を呼ばれるまで待ちます。 名前を呼ばれると、担当者より次回の認定日と、 失業保険が給付されるおおよその日にちを伝えられます。 なお、給付金が振り込まれるのはおおよそ1週間程度という事でした。 初回認定日の流れは短いですがこれで終了です! 時間は約15分、自分でも拍子抜けする位、早く終わります。 ただ、これは日によってまちまちであり、 なかには1時間単位で待つこともあるそう。 どちらにせよ、認定日には早めに現場に到着しておいた方がよさそうです! 次回の失業認定日に失業保険の給付に受けるには2回の就職活動実績が必要。 さて、初回認定日も無事終了したら、28日後の次回失業認定日で 失業認定と認められるには、2回の求職活動の実績が必要となります。 活動の実績とみなされるのは• 職安での職業相談• 職安で求人にエントリー• 求人サイトで仕事にエントリー• エージェントからの求人案件にエントリー• 面談を受けた• 就職活動に関してのセミナーを受けた 大体こんな所です。 この実績を2回行わなければなりません! 失業認定をしたら職業紹介コーナーでそのままで求人検索をして求職活動もしてしまおう! そんなワケで2回の就職活動実績をまずは作っておきたいです。 そこでおススメなのは 同じ職安内の職業紹介コーナーで、 そのまま就職活動をしてしまう事です! 職安にある求人検索機から自分の希望に近い案件を見つけたら、 続けて職業紹介の担当窓口で就職相談をします。 これで活動の実績は1回。 そしてそのままエントリーまで行ってしまえば、 これも1回とカウントされるので、 この場で失業認定日に必要な2回の就職活動実績が作れます。 まだ初回認定を受けている段階では、 失業してからの期間も短いので、自分が次の就職へ向けての方針も ブラッシュアップしきれていない事も結構あると思います。 なので、初回の失業認定日に求人検索をして活動する事で、 次回までの失業認定を受ける実績のノルマは達成できますので、 その後じっくりと就職活動に本腰を入れる事が出来ます。 インターネットを利用して効率的に実績を作ろう 今日は初回認定日の流れと、就職活動実績の効率的な作り方について書きましたが、 もう一つ、一番簡単に活動実績が作れるのはネットから求職活動を行う事です。 カウントされる活動としては• 求人サイトから求人へ応募• エージェントサービスなどで職業相談の予約をするor求人エントリーする(登録のみはNG これらはPCやスマホがあれば家でもどこでも活動を簡単に行う事ができる為、 就職活動の実績を作るのに非常に効率的です。 早ければ5分で終わりますからね。 また、今ではネットには沢山の転職サービスがあり、上手く探せば ホワイトな求人を比較的見つけやすくなっています。 特にエージェントは担当者が利用者と面談を行い、 過去の職歴、性格など、希望などを綿密にヒアリングして、 自分に合った求人をリストアップしてくれます。 なので、• 希望に近い求人を高い精度で見つける事が可能になる• エージェント会社は自社の評価を下げない為に、取引している登録企業の事を十分に調べ、可能な限りブラック企業を排除するように動いている。 上記の事からゼロとは言えませんが、ブラック企業を引き当てる可能性も抑えられ、非常に利用価値があります。 また、転職の段取りもエージェントが代行してくれるため、 在職中の人でも働きながらスムーズな転職活動を行う事が可能になります。 以下に 無料で登録できるエージェントをいくつかまとめましたので、 下記から自分に合ったサービスを活用しましょう!.

次の