三菱ufj 配当推移。 三菱UFJリース(8593)リース業の高配当株:減配リスクはあるのか?業績の推移や株主優待を紹介

三菱UFJ FG(8306)の配当金推移や権利確定日など|MUFG

三菱ufj 配当推移

三菱UFJフィナンシャルグループとは 三菱UFJフィナンシャルグループとは名前にフィナンシャルグループとあるように金融持株会社になっています。 事業は有名な三菱UFJ銀行を筆頭に信託銀行や証券業務、リース事業やクレジットカード・貸金業務など多岐にわたります。 また海外展開もしていてアユタヤ銀行やアメリカの地銀ユニオン・バンクを傘下に置いているのも特徴です。 株価の推移 続いては株価の推移です。 年初の下落が激しかったですが最近は戻してきていて11月には年初来高値を更新しました。 しかし長期的にみるとアベノミクスで上がった分はなくなり2014年の水準まで戻されてしまいました。 株価が下落していることで後で紹介する配当利回りはかなり高くなっています。 またPBRは0. 45倍とこれほどの大型株ではありえないほど安い水準になっています。 三菱UFJフィナンシャルグループ の業績推移 経常収益 まずは経常収益です。 経常収益は一般企業でいうところの売上です。 単位100万円 経常利益 経常収益は6兆円を超えています。 年々経常収益が増加しているのはいい傾向ですね。 単位100万円 経常利益は漸減傾向です。 2015年の1兆7000億円を頂点に2019年には1兆4000億円弱まで減ってしまいました。 これには後述する日銀のマイナス金利が影響しています。 当期利益 単位100万円 2015年には1兆円を超えていた当期利益は今は9000億円弱になりました。 日銀のマイナス金利政策により利ザヤが取れなくなってしまったため当期利益も漸減傾向にあります。 ちなみに当期利益が1兆円を超えたことがあるのは三菱UFJフィナンシャルグループ以外ではトヨタ自動車やホンダ、東芝・ソフトバンクグループの4社しかありません。 EPSの推移 EPSはあまり変化していません。 年々利益が減少している一方自社株買いによるEPSの押し上げがあるためです。 配当の推移 今の配当利回りは4.30%となっていて非常に高い水準です。 一株配当は最近増配をはじめました。 リーマンショックなど大きな金融危機があれば減配する可能性が高いですがそのようなことがなければ今後も徐々に配当は増えると思います。 配当性向は35%以下と余裕のある水準です。 将来的には配当性向を40%まで引き上げるといているので株主還元意識があるといえます。 業績悪化による配当性向の上昇じゃないといいですけどね・・・ 業績悪化の原因 今金融セクターは全体的に業績が下がっています。 まず1つ目の理由としては日銀のマイナス金利政策が続いているからです。 その政策によって利ザヤが急速に縮小し銀行の本業である安く借りて高く貸すということができなくなっていしまいました。 2つ目の理由は過去の負の遺産の解消です。 過去に出店した店舗の統廃合や人員整理などに費用がかかりました 3つ目は様々なシステムの減損です。 今回紹介したMUFGは三菱UFJニコスに関するシステムで1000億円弱の減損を行いました。 また国内三番手のメガバンクのみずほFGはリテール事業にかかわるシステムで5000億円弱の減損を行いました。 このような理由によってメガバンクは業績が悪化しているのです。 まとめ 成長性はない 株価が低く抑えられているため高配当 株主還元には積極的.

次の

三菱UFJ[8306]株価分析!メガバンクの配当利回りが魅力的|かぶづけ

三菱ufj 配当推移

今回の記事の内容 ・三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の株価の状況は? ・三菱UFJ銀行(8306)の配当と株主優待は? ・三菱UFJの株価は下落?|株価の推移(チャート)は? ・三菱UFJの株価の見通しは?株は買い時? 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の株価の下落に関して以下のツイートをしました。 金融グループ最大手の三菱UFJ。 2016年のマイナス金利導入による収益悪化で株価は下落傾向です。 ただ、このような厳しい状況でも減配なく増配する方針を打ち出しているんですね。 配当利回りは4. 6%で増配傾向。 さすがに最近の株価は売られ過ぎの感が強いです。 業界首位で長期的には欲しい銘柄ですね。 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)はどんな会社なの? 三菱UFJフィナンシャル・グループは、三菱UFJ銀行や三菱UFJ証券ホールディングス、三菱UFJニコスなどを傘下に持つ、国内最大手の総合金融グループです。 特に中核である三菱UFJ銀行は、日本最大の商業銀行であり3大メガバンクの一角ですね。 都市銀行として、全国主要都市に支店を展開しているので利用したことのある方も多いはず。 日本の都市銀行はバブル崩壊後に大合併時代を迎えました。 以下の図のように、三菱銀行、東京銀行、東海銀行、三和銀行が合併を繰り返して2006年1月に「三菱東京UFJ銀行」が発足。 その後、2018年1月に銀行名が変更となり現在の「三菱UFJ銀行」となりました。 三菱UFJフィナンシャル・グループの大きな特徴の一つは海外の事業費率が大きいということですね。 海外の収益比率は40%近くにのぼっています。 リーマンショックの際には、倒産の危機にあった米国の名門モルガン・スタンレーに出資するなど世界的な存在感を高めましたね。 今回は、そんな国内最大手の金融グループである三菱UFJについて取り上げます。 三菱UFJ(8306)の株価の状況は? では早速ですが株価データ(2019年10月11日現在)を見て行きましょう。 三菱UFJフィナンシャル・グループの株価データ• 株 価: 547円• P E R : 7. 8倍(予想)• P B R : 0. 42倍(実績)• R O E : 5. 60%(予想)• 配当利回り:4. 配当利回りは4. 57%と日本株の中ではかなりの高配当ですね。 PERの目安は13~15倍ぐらいですから7. 8倍というのは割安な水準ですかね。 他の金融グループのPERと比較してみると• みずほフィナンシャルグループ:8. 三井住友フィナンシャルグループ:7. りそなホールディングス:6. 5倍 となっていて、同業と比較すると平均レベルですね。 必ずしも割安な水準にあるとは言えないです。 都市銀行などの金融銘柄は業績が安定していて配当も高いですが、将来的に高い成長がそれほど期待されないセクターですよね。 三菱UFJの配当実績は? 続いて配当実績を見ていきますね。 以下が三菱UFJの配当金の実績です。 出典: 配当金は増配傾向ですね。 さすがにリーマンショックの時は減配してますけど、その後は一度も減配がありません。 高配当銘柄であることや企業規模を考えると、悪くないパフォーマンスといえます。 直近5年間の配当性向は22%〜32%程度となっていて、まったく無理のない範囲ですかね。 2019年3月期の配当性向は約32%であることや最近の配当金が増加傾向であることを考えると、今後の増配は十分に期待できるといえます。 配当利回りも高く、増配期待が十分。 三菱UFJはそんな銘柄といえます。 三菱UFJの株主優待は? 総合金融グループ最大手の三菱UFJ。 株主優待はどうなっているのでしょうか? やはり金融系の銘柄だとカタログギフトなどが定番ですかね。 関連記事>> しかし現在のところ、 三菱UFJは 株主優待を実施していません。 以前はピーターラビットのタオルなどを株主優待にしていて、家族で愛用していたんですけどね。 2016年に公平性の観点から株主優待は廃止になってしまいました。 実に残念です…。 配当金を増配していることもあり、利益還元は配当金によって投資家の期待に応えるということなのでしょう。 三菱UFJの株価の推移(チャート)は?10年&短期チャート 続いてチャートを確認していきましょう。 3大メガバンクの一角を担う三菱UFJですが、これまでの株価推移はどうなっているのでしょうか? ここでは過去10年の長期チャートと短期チャートを見ていくとともに、チャートから株価の予想・見通しも確認します。 三菱UFJの長期チャート 以下は過去10年のチャートです。 長期的に株価があまり上がっていないですね。 チャイナショックの影響があった2015年ごろや米中貿易摩擦が顕在化した2018年以降に株価は大きく調整しています。 2014年初頭まで350円程度だった株価が、アベノミクスもあり2015年に900円程度の水準まで上昇。 この時期は1000円の大台到達も時間の問題と言われていたぐらい、株価に勢いがあったんですけどね。 しかし、その後は1年足らずの2016年中頃に450円程度まで下落。 株価は半分にまで落ちたわけなので、かなりの調整です。 こうして長期のチャートを見ると景気や経済の動向に敏感な金融株らしい値動きとも言えると思います。 三菱UFJの短期チャート。 株価の見通し・予想は? 以下が2018年からの短期チャートです。 2018年から 株価は綺麗な下落傾向ですね。 26週移動平均線を抵抗線にして教科書どおりの下げになっています。 ・2018年1月19日:894. 4円 ・2019年8月30日:490. 5円 となっていて 1年半 程度で45%程度の減ですからかなり大きな落ち込みですね。 暴落と言って良いレベルです。 チャート的には 2016年中頃に付けた500円がサポートラインとなっているので、この水準を維持することができるかどうかですね。 最近の株価も500円を割り込んだところで反発しています。 この水準を明確に割り込むようだと、もう一段安の400円あたりを目指していくことになりそうです。 もっとも、2018年以降に大きく調整していることもあり、株価の回復には時間がかかるかもしれません。 株価が上昇傾向から大幅に下落している三菱UFJ。 なぜ株価は下落しているのでしょうか? 次に三菱UFJの業績を見ていきます。 三菱UFJの株価が下落する理由とは? 三菱UFJの株価が下落するのは、 経常収益 経常利益 当期利益 2014年度 56,384. 0 17130. 0 10337. 6 2015年度 57,144. 2 15394. 9 9514. 0 2016年度 59,795. 7 13607. 7 9264. 4 2017年度 60,680. 6 14624. 2 9896. 6 2018年度 66,974. 0 13480. 4 8726. 9 経常収益は増収を重ねていますが、利益は減少傾向ですね。 特にマイナス金利政策が導入された2016年には1800億円近くも経常利益が吹き飛んでいます。 これだけ利益が減少すると株価が上がらない理由もわかりますね。 日銀のマイナス金利政策 三菱UFJの利益が減少傾向なのは、2016年1月29日に日銀が決定したマイナス金利の導入であることは間違いないですね。 他の銀行と同様に預かった貯金額の大半を国債で運用していますから。 マイナス金利の導入で国債の金利が大幅に下がったため運用成績が悪化し、収益が上がらないということです。 以下が10年国債の金利チャートですが、日銀がマイナス金利を導入してから大幅に下がっているのがわかりますね。 これって 三菱UFJの株価チャートの形とほぼ同じなんですよね。 以下が5年チャート。 10年国債の金利が下がるところでは、三菱UFJの株価も大幅に下がる。 世界的な金利低下の流れで日本の10年国債の金利も下がっているので、三菱UFJの株価も下がっています。 これってみずほ銀行や他のメガバンクも同じ傾向なんですよね。 国債金利が上がらない状況下では、金融銘柄の株価は上がらないということです。 日本の経済成長が低い状況が続いている中、マイナス金利やゼロ金利政策が転換される見込みは立っていないですね。 三菱UFJの株価や収益が上がらない傾向はしばらく続きそうです。 参考記事 >> 株価が下落傾向の三菱UFJ。 株価は買い? 国債の金利低下で採算が軟調な三菱UFJ。 株は買い時でしょうか? インカム狙いの長期投資を前提とするのであれば、三菱UFJ株の買いを検討しても良いのではと考えいます。 理由を端的に言えば、 ・総合金融グループ最大手 ・メガバンクでよほどのことがない限り経営破綻しない ・利益が減少傾向でも配当は減配せず増配 ・最近の株価はちょっと売られ過ぎ ・高配当銘柄、配当性向40%まで増配方針 ということですかね。 今は世界経済の減速懸念から各国の中央銀行は金融緩和、政策金利引き下げ方針に傾いています。 しばらくは経営環境が厳しい状況が続くことは間違いないです。 株価が上昇に転じるのは、もう少し先の話になりそうですね。 ただ利益が大幅に減った状況でも減配はなかったし、メガバンクなんで経営破綻することはまずありえないです。 増配方針をしっかりと明記しているので、高いインカム収入を得つつ気長に株価上昇を待っていれば良いのかと。 「三菱UFJの株価が下落」まとめ 今回は三菱UFJの株価ということで、株価の推移、配当実績や株主優待、今後の株は買いかなどについて述べてきました。 高配当銘柄として人気の三菱UFJ。 マイナス金利政策による国債利回りの低下により収益が圧迫、世界的に金利低下傾向の中、株価の低迷はしばらく続くものと考えます。 他方、利益が減少傾向の中、リーマンショック以降は減配はなく増配傾向です。 株価の大幅な値上がりは期待できませんが、配当利回りが高いこともありインカム目的の長期投資であれば、十分に購入を検討しても良いと考えます。 配当金によるインカム目的で、長期に保有する。 三菱UFJはそんな銘柄といえます。 それでは。 関連記事です。 さらに銀行株の特徴について知りたい方はコチラをどうぞ。 銀行株の特徴と今後の見通しに関する内容になっています。 おすすめ記事です。 Tポイントによる投資を売りにした SBIネオモバイル証券。 ネオモバなら三菱UFJも1株単位で投資可能。 自分も投資しました。 資金が少なくても購入できるんです!詳細は以下の記事にまとめてます。 しかも 期待利回りは 3. 5%〜7. 5%!詳細は以下の記事へ。 日本株の通常の取引単位は100株(1単元)。 失敗したときのダメージが大きくなるし、そもそも投資資金が豊富でないと買えません。 少額からリスク控えめに投資したいなら、で1株から少額投資を活用すると良いです。 ネオモバなら 格安な月額定額手数料で1株から何度でも売買できるからです。 ネオモバは2019年4月に営業開始した新興ネット証券。 しかし、ネット証券最大手のSBI証券とCCC(TSUTAYAやTポイントの運営会社)の合弁会社で、 信頼感もあり安心して利用することができます。 詳細は以下をクリック!.

次の

配当利回り4.7%!三菱UFJの投資価値を見直す。3大メガバンクの最新評価

三菱ufj 配当推移

[8306]三菱UFJフィナンシャル・グループ 企業情報 企業概要 [8306]三菱UFJフィナンシャル・グループは、 三菱UFJ銀行などを傘下に収める金融持株会社です。 日本の3大メガバンクの1つであり、国内最大の銀行である三菱UFJ銀行が代表企業です。 本社は東京都千代田区。 三菱東京UFJ銀行本店(東京都千代田区) メガバンクとは 日本の 3大メガバンクとは、• [8306]三菱UFJフィナンシャルグループ傘下の 三菱UFJ銀行• [8316]傘下の 三井住友銀行• [8411]傘下の みずほ銀行 の3銀行のことを言います。 巨大な資産や収益規模を持つ銀行および銀行グループ。 2000年4月のみずほグループの誕生で国内メガバンク時代が幕開けし、01年末までに三井住友、三菱東京、UFJが誕生。 その後、メガバンク同士(三菱東京とUFJ)の統合を経て、3大金融グループに集約された。 1970年代には大手金融機関は25行あったが、90年代はバブル崩壊に伴う不良債権が銀行の経営を直撃、経営破たんが相次ぎ、金融不安が表面化。 政府は不良債権処理促進のために大手行にも巨額の公的資金を投入。 各行は収益力向上と規模の利益を追求、合従連衡が一気に進んだ。 コトバンクより引用 日本の銀行資産額ランキング 日本の銀行の資産高ランキングを見てみます。 [8306]三菱UFJフィナンシャル・グループは、堂々の 第1位です。 順位 銀行 資産額(兆円) 1 三菱UFJフィナンシャル・グループ 269. 7 2 203. 7 3 170. 7 4 農林中央金庫 93. 6 5 49. 5 6 43. 5 7 三井住友信託銀行 40. 2 8 信金中央金庫 34. 4 9 横浜銀行 15. 4 10 ふくおかフィナンシャルグループ 15. 2 [8306]三菱UFJフィナンシャル・グループ 株価 ( 2020/07/11時点) [8306]三菱UFJフィナンシャル・グループの 株価は、 410円です。 売買単位が100株のため、最低購入金額は、 約4.1万円です。 1年チャート 5年チャート [8306]三菱UFJフィナンシャル・グループ 配当金・配当利回り・配当落ち月・配当金支払い月 [8306]三菱UFJフィナンシャル・グループの配当金関係の基本情報です。 ( 2020/07/11時点) 配当金 [8306]三菱UFJフィナンシャル・グループの 1株当たりの配当金は、 25円です。 100株保有の場合、 年間2500円の配当金が支払われます。 配当利回り [8306]三菱UFJフィナンシャル・グループの 配当利回りは、 6.1%(税引き前)です。 税引き後の配当利回りは、 6. 79685= 4. 86% となります。 権利確定月、次回の権利確定日 [8306]三菱UFJフィナンシャル・グループの 権利確定月は、 3月・9月です。 配当性向 [8306]三菱UFJフィナンシャル・グループの 配当性向は、 0%です。 [8306]三菱UFJフィナンシャル・グループ 配当金まとめ 株価 410円 年間配当 25円 最低購入額(100株) 約4.1万円 年間配当(100株) 2500円 利回り(税引き前) 6.1% 実質利回り(税引き後) 4.86% ( 2020/07/11時点) [8306]三菱UFJフィナンシャル・グループ 配当金 ・利回り・配当性向の実績 配当金の支払い実績 [8306]三菱UFJフィナンシャル・グループの 配当金支払い実績です。 配当金は、ここ4年は、30円以上で推移しています。 あまり明確な増配傾向はみられません。 配当利回りの推移 [8306]三菱UFJフィナンシャル・グループの 配当利回りの推移です。 利回りは、比較的大きく上下しています。 できれば5%台の時に購入していきたいところです。 配当性向の推移 [8306]三菱UFJフィナンシャル・グループの 配当性向の推移です。 ここ4年は、配当性向が50%を超え、100%に近づいています。 これ以上の増配は難しいことを示しています。 [8306]三菱UFJフィナンシャル・グループ 業績 経常収益 [8306]三菱UFJフィナンシャル・グループの 経常収益です。 (単位:百万円) 業務純益 [8306]三菱UFJフィナンシャル・グループの 業務純益です。 (単位:百万円) 経常利益益 [8306]三菱UFJフィナンシャル・グループの 経常利益です。 (単位:百万円) 純利益 [8306]三菱UFJフィナンシャル・グループの 純利益です。 (単位:百万円) まとめ [8306]三菱UFJフィナンシャル・グループは、日本のNo. 1銀行である三菱UFJ銀行を傘下に収める国内最大の金融企業です。 配当自体は4%以上でありますが、安定的な配当・増配傾向はみられないということがわかりました。 おすすめの証券会社 証券口座は、まずは 松井証券 と SBI証券 の2つを開くのがおすすめです。 (投資を続けていくと、それぞれの証券口座の特徴が分かってくるので、色々な口座で売買をしていくことになりますが、 まずはじめに持っておきたいのは、この2つです。 ) 松井証券 は、 売買 手数料「無料」が魅力です。 50万円以下 で売買できる銘柄は、 取引手数料なしで、 上場銘柄の90%以上が対象となります。 SBI証券は、 情報収集のしやすさがバツグンで、将来的に 米国株を始めたい際にも必須となります。 の記事では、 口座開設の手順を解説しました。 かなり詳しく書いたので、 準備するもの、入力時の注意すべき点、解説にかかる日数など、疑問となることを解消していただけると思います。 > 口座を開くのは、株式投資で現状を変える 【第一歩】です。 まだの方は、これを機会に、ぜひどうぞ。 (素人の手作り感が満載ですが) いけやん自身も 会社の給料だけに依存しない 配当生活を目指して、日々投資をがんばっています。 株式投資は、初めはとっつきにくいですが、 少しでも早く始めた人が有利なゲームです。 そして、投資の勝ち負けに「絶対」はありませんが、 失敗の可能性を下げる情報を集めることは大切だと思います。 このサイトが、 株式投資を始めよう・続けようとしている方に向けて、少しでも 有益な情報を提供できるよう、がんばります! <こちらもどうぞ>.

次の