お邪魔無効。 【パズドラ】目覚めスキルを持つキャラの一覧と効果|ゲームエイト

Microsoft Teamsが邪魔だと思ったら無効化してしまえ

お邪魔無効

Microsoft Edgeをとりあえず無効にする方法はありますか? 操作ミスでWindows 10にバージジョンアップしてしまったののですが、Microsoft Edgeが優先されてしまいます。 職場のPCは、Windows 7ですからInternet Explorerです。 そのことがありますから、Windows のバージョンアップは控えていました。 立ち上げるたびにバージョンアップの画面は無視していましたが、誤操作でWindows 10になってしまいました。 そのことはいいのですが、私はInternet Explorerの操作に統一したいのです。 Microsoft Edgeは邪魔をしていますから、とりあえず使えなくしたい。 ただ、職場の環境が変わったらすぐ復活したいというのも条件です。 ただ、職場の環境が変わったらすぐ復活したいというのも条件です。 windows 10 標準の microsoft edge が扱いにくい場合は、ブラウザの右上にあるX 閉じるマーク の下にある ・・・ をクリックし【Internet Explorer で開く】をクリックすると、Internet Explorer 11 を起動させる事が出来ます。 関連事項.

次の

ノートPCのタッチパッドを無効に設定する方法(Windows10)

お邪魔無効

「OneDrive」とは まずは 「OneDrive」がどういったサービスなのかについて簡単に解説しておきたいと思います。 「OneDrive」というのは、 オンラインでデータの出し入れを行うことができる貸倉庫のようなもののことです。 WindowsOSでもおなじみの Microsoftが提供しているサービスで、アカウントさえ作成すれば誰でも 無料で利用することができます。 ちなみに利用できる容量としては 「5GB」までとなっていますが、有料プランなどに切り替えることで最大 「1TB」までのストレージを使うことができます。 ただ、ユーザーによってはこういった オンラインストレージが必要ないケースも多いかと思います。 その場合、 「OneDrive」は無駄にネットにアクセスしたり、メモリを消費してしまうだけの存在になってしまいます。 使ってもないのに 更新のポップアップが出てきたり、 サービスの案内が表示されたりするのは確かに邪魔ですよね。 というわけで、使っていないし使う予定も無いのであれば 「OneDrive」は無効化しておきましょう。 「OneDrive」を無効化する方法 では 「OneDrive」を無効化する方法についてご紹介していきたいと思います。 具体的には以下のような手順です。 タスクバーを開く。 「OneDrive」アイコンをクリックする。 「その他>設定」を選択する。 「設定」タブを開く。 「~OneDriveを自動的に開始する」のチェックを外す。 「アカウント」タブを開く。 「このPCのリンク解除」をクリックする。 「アカウントのリンク解除」を選択する。 これで、 「OneDrive」を無効化することができます。 もちろん復旧も可能 上記の無効化手順を実施することで、 一旦そのPC上ではサインアウトした状態となります。 また改めて 「OneDrive」を使用する際に復旧が必要な場合は、同じ手順でタスクバーから 「OneDrive」の画面を表示してください。 そこから、 再度自分のMicrosoftアカウントでサインインし直すだけでOKです。 PCとの同期を切っているだけですので、 「OneDrive」上に保管してあるデータがあるのであれば、以前と同じようにアクセスすることもできるはずです。 まとめ 今回は 「OneDrive」を無効化する方法について色々と情報をまとめてみました。 特に使ってもいないし、使う予定も今のところ無いって方は、ご紹介した内容を参考に一旦無効化しておくといいかもしれません。

次の

【Windows10】F1を押したら表示される「windows 10でヘルプを表示する方法」を無効化して非表示にする方法 ≫ 使い方・方法まとめサイト

お邪魔無効

駒鳥です。 以前、P10でアプリが落ちたり、通知が来なかったりするときにどう解決するかを記事にしました。 それとは別で、もう一つ困っていたことがあります。 Googleアシスタントです。 これ、思わぬタイミングで画面上に出てきて、正直邪魔だなあと思っていました。 (Googleさんごめんなさい) 完全に無効化する方法がわかったので、手順をまとめておきます。 注意)この記事は、P10の画面をベースに解説を行っています。 機種によって画面や操作が異なることがあるので、ご注意ください。 (時間が経ったことによってスクリーンショットが古くなってしまっていたので、2019年1月時点で画像を取り直しています。 ) 目次• Googleアシスタントの機能をオフにする方法 まずはGoogleアシスタントの機能をオフにしましょう。 ホームボタンを長押しして、Googleアシスタントを表示させます。 ちなみに、僕が使っているP10は、画面外のナビゲーションボタンがあり、そちらを使用しています。 その場合、画面の下から上に引き上げるモーションで、Googleアシスタントの画面が(オンでもオフでも)起動します。 フリック入力の途中で触ってしまうと出てくることがあり、正直かなり邪魔です。 右上に コンパスのようなアイコンが出ているのでこれをタップしましょう。 右上のメニューアイコンから、 「設定」を選択します。 オフにしているのに画面に出てきてうざい。。 これでGoogleアシスタントをオフにすることができました。 立ち上げと同様、ホームボタン長押しをしてみましょう。 ・・・ん? そう、 Googleアシスタントがオフになる、というのは、どうやら中身の機能がオフになるということのようです。 Googleアシスタントは、ユーザの位置情報や行動パターンから、移動のルートを検索してくれたり、様々な提案を行ってくれます。 その機能自体がオフになるのです。 Googleアシスタント自体は常に控えている状況ですね。 でもそうじゃないんです。 オフにしているんだから画面自体が出てこないでほしいんです。 ホームを長押ししても、Googleアシスタントが起動しないようにしたい。 要するに 完全に無効化したいんです。 Googleアシスタントを完全に無効化、非表示にする手順 ここからは、Googleアシスタントを完全に無効化する手順をご紹介します。 基本的に考え方は、「アシストアプリのデフォルトアプリからGoogleアシスタントを外す」ことになります。 「アシスタント機能と音声入力」をタップします。 「アシストアプリ」を「なし」にします。 これで完成です。 ホームの長押しをしても、Googleアシスタントの画面が表示されなくなります。 スポンサーリンク Googleアシスタントを無効化するデメリット さて、気になるデメリットについても、念の為確認をしておきましょう。 当然ながら、Googleアシスタントの機能は使えません。 一番不便なのは、「OK,Google」と声をかけて、音声認識で操作をすることができなくなることでしょうか。 スマホを触らず天気を検索したり、アプリを起動したりすることはできなくなりますので、注意が必要です。 Googleアシスタントでできることは、こちらで確認してみてください。 参考リンク: この辺りは、トレードオフと考えるべきでしょうね。 でも、スマートスピーカーは便利! この記事では、AndroidスマートフォンのGoogleアシスタントを無効化する手順を紹介してきました。 現時点でスマホのUIは画面をタップする前提で作られているので、思わぬタイミングでボイスコントロールが開始されてしまうことが不便さの原因では、と考えています。 しかし、音声で操作するスマートスピーカー自体は非常に便利です。 市場も絶賛拡大中です。 シェアとしては、例えばイギリスではAmazonが強いとのことです。 2019年、スマートスピーカーは日本国内でもよく伸びるだろう、と思います。 家電やストリーム配信アプリなどと連携でき、何より声による直感的な操作は非常に魅力的ですね。 これを機に試してみてはいかがでしょうか。 【2018年以前版】Googleアシスタント無効化手順 (2019年1月追記) こちらは、2018年以前の手順とスクリーンショットです。 ご注意ください。 ここでさらに 「設定」 を開きます。 「デフォルトアプリの設定」 を選択しましょう。 「アシスタント機能と音声入力」 を選択します。 ここで 「アシストアプリ」を「なし」 に設定します。 それでは。

次の