特急かいじ。 あずさの座席位置と車両編成は?進行方向とおすすめ指定席を検証

新宿駅の特急「かいじ」乗り場は何番線ホーム?

特急かいじ

スーパーあずさとあずさとかいじの座席位置と車両編成 予約するのが「スーパーあずさ」か「あずさ&かいじ」によって、指定席が変わってきますので、よくご確認ください。 スーパーあずさの車両編成(E351) 車両:E351系 12両編成 1号車:指定席 2号車:指定席 トイレ 3号車:自由席(3両目も指定席になることがあります) 4号車:自由席 トイレ 5号車:自由席 6号車:自由席 トイレ 7号車:指定席 8号車:指定席 トイレ 9号車:グリーン席 10号車:指定席 トイレ 11号車:指定席 12号車:指定席 トイレ あずさ・かいじ(11両編成)の車両編成 車両:E257系 11両編成 1号車:指定席 トイレ 2号車:指定席 3号車:自由席 トイレ 4号車:自由席 5号車:自由席 トイレ 6号車:指定席 7号車:指定席 トイレ 8号車:指定席 7号車寄りの半分)+グリーン席(9号車寄りの半分)トイレ 9号車:指定席 10号車:指定席 トイレ 11号車:指定席 あずさ・かいじ(9両編成)の車両編成 車両:E257系 9両編成(1・2号車は接続なし) 1号車:接続なし 2号車:接続なし 3号車:自由席 トイレ 4号車:自由席 5号車:自由席 トイレ 6号車:指定席 7号車:指定席 トイレ 8号車:指定席 7号車寄りの半分)+グリーン席(9号車寄りの半分)トイレ 9号車:指定席 10号車:指定席 トイレ 11号車:指定席 スポンサーリンク スーパーあずさとあずさとかいじの座席番号と進行方向 新宿方面へ向かう場合(上り) 上り列車の場合は、 1号車1番座席が先頭(新宿側)になります。 ただし、あずさ&かいじの9両編成の場合は1号車・2号車は接続されていませんので、3号車が一番前の車両です。 最後尾(松本側)は、スーパーあずさの場合は12号車13番座席、あずさ&かいじの場合は11号車16番座席になります。 松本方面へ向かう場合(下り) 下り列車の先頭(松本側)は、 スーパーあずさは12号車13番座席、あずさ&かいじは11号車16番座席になります。 最後尾(新宿側)は、1号車1番座席(あずさ9両編成の場合は3号車1番座席)になります。 スーパーあずさとあずさとかいじの座席でおすすめはココ! それでは、スーパーあずさ・あずさ・かいじで、 もっともおトクで景色がよい席はどこなのでしょうか?こっそり教えちゃいます! 車両の前・真ん中・後ろ、どこがよい? 各車両内での座席位置の良いところはそれぞれです。 前:足元が広い、前の人がリクライニングして来ない。 真ん中:揺れにくいので、酔いにくい。 後ろ:座席と壁の間に荷物を置ける。 逆に、車両連結部である前と後ろは揺れやすいですし、真ん中は前後に人がいてリラックスできないという方もいます。 いずれも一長一短なので、状況に合わせてお選びください。 富士山やアルプスの景色を楽しむなら 座席はA・B・C・Dの4列です。 A側は、八ヶ岳 D側は、富士山、南アルプス、相模湖、諏訪湖、北アルプス などが見れます。 景色を楽しむならD側がオススメです。 上りでも下りでも常にD側です。 (上りは右側がD、下りは左側がDになります。 ) 時間帯と方向によっては太陽がまぶしいなどあるかもしれません。 先頭は新幹線のように窓ではなりませんので、 一番前だから景色が見えるということはありません。 座席は回転する? 4人で向かい合って座りたい場合に、座席を回転させることは可能なのでしょうか? 座席が回転しないと、 全員後ろ向きで松本へ行くことになるので、もちろん回転します。 足元のレバーを押せば、簡単に回転させることができます。 すべての座席が回転させることが可能ですので、4人でもピクニック気分で楽しめます。 JRに確認したところ、 車両番号と進行方向によって変わることがわかりました。 間違えた情報を記載してしまい、大変申し訳ございません。 窓枠の位置については、こちらの別記事に記載しましたので、よろしければご参考にしてください。 2017年3月22日追記 あずさ座席まとめ 景色を楽しめるおすすめの座席は、スーパーあずさでもあずさ・かいじでも、進行方向にかかわらず すべてD席側となります。 ただし、スーパーあずさの場合は窓枠がかなり太いので注意です!ぜひ窓枠の記事もチェックして、よい席をゲットしてくださいね。 それでは、信州へ良い旅を楽しんでください^^.

次の

えきねっと(JR東日本)|えきねっとトクだ値>JR東日本の特急列車(在来線)の対象列車・区間・価格

特急かいじ

JR中央本線を走り、東京と甲府・松本間を結ぶ 特急あずさ・かいじの予約方法はどうされていますか? 2019年3月より新たな着席システムの導入に伴い、自由席が廃止され全車指定席となり料金が統一化されました。 それに関連して スマホと クレジットカードさえあれば座席予約がネットでお得にできるようになりとても便利になったんです。 しかも普段お使いのSuicaなどの利用で チケットレスに! 今回は あずさ・かいじの予約が簡単にできるチケットレス申込の方法を画像付きで解説します。 信州への旅行や帰省や出張時に未だにみどりの窓口や券売機に並んで面倒なチケット購入をされている方は必見です。 コンテンツ• 特急あずさ・かいじの乗車料金と着席方法 特急あずさ・かいじは車両が E353系へと一新され、2019年3月よりダイヤ改正・新着席システムが導入され以前よりも便利で快適な乗車へとなりました。 先ずはその料金と着席方法を確認していきます。 特急券の新料金 以前の普通車では自由席と指定席で特急券のチケット料金が分かれていましたが、全席指定可能になったことにより料金が一律化されています。 えきねっとのチケットレスサービスを利用しての予約だと通常料金よりも 100円安くなるのでお得です。 ちなみに普通車の特急券は車内でも購入することができますが、通常料金よりも 260円高くなるのでおすすめしません。 えきねっとチケットレスサービスを利用した場合、新宿から主要駅までの特急券料金は下記のようになります。 車両 普通車 グリーン車 八王子 660円 1,180円 大月 920円 1,440円 甲府 1,480円 3,050円 小淵沢 2,140円 3,710円 松本 2,450円 5,070円 上記の 特急券の料金と 運賃の合計が 乗車料金となります。 新しい着席方法とは? 特急券の利用で全席指定可能となりましたが、実は列車・座席を指定しない 座席 未指定券というものもあります。 但し、途中駅からその席の指定席券を購入した乗客が来た場合は 直ちに移動しなければなりません。 また、満席の場合は座れないので注意が必要です。 座りたい席が空席かどうかの確認は、座席の 天井部にあるランプの色で判別します。 スマホからあずさ・かいじの座席予約をする方法 それでは実際に指定席の予約から決済までの流れを見ていきましょう。 先ずはJR東日本が運営する えきねっとへの会員登録をしてから予約申し込みを行います。 チケットレスサービスは スマホから のみ申し込みが可能です。 スマホと クレジットカードを準備しておきましょう。 えきねっとへ会員登録 から登録開始です。 「えきねっとの会員登録」をタップする。 利用規約をよく読み同意にチェックをしたら「同意する」をタップする。 本登録ページでID、パスワードの設定とクレジットカードの登録をすれば完了です。 座席指定予約と特急券を買う方法 会員登録が完了したら、続いては実際に予約と決済を行います。 スマホからえきねっとのHPへ入りましょう。 へ 「チケットレス申込」をタップする。 ログインしていない方は上図の画面へ切り替わるのでパスワード等を入力してログインする。 「あずさ・かいじ・~」をタップする。 希望条件に合う列車一覧が出るので選択する。 搭乗する人数を選択したらシートマップで座席を選択する。 「-/+1号車」をタップすると列車の号車が選択できる。 ちなみに甲府・松本方面だと先頭が12号車、最後尾が1号車。 東京方面になるとこれの逆となります。 座席指定が完了したら「決定」をタップする。 乗車日程・列車、人数、座席番号を確認して間違いなければ「以上の内容で申込む」をタップする。 (まだ完了ではありません) 上図の最終確認ページで内容を再確認したら注意事項に同意にチェックを入れて「以上の内容で新規購入する」をタップして完了する。 これで 座席予約と同時に チケットレスサービスの購入と決済が 完了です。 簡単ですよね! チケットレスの手続きは無事終わったかにゃ!?次は当日の乗車の流れをチェックしよ~🐡 改札から乗車までの流れ チケットレス申込が完了したらみどりの窓口や券売機に並ぶ必要はありません。 スマホの中に特急券の代わりとなる予約画面を保存してあるので文字通り特急券は不要となります。 改札へ入場する際は、在来線と同様に普段お使いのSuicaなどの 交通系ICカードを改札機にタッチ!そのままホームへ向かい乗車するだけです。 改札から出場する際も、入場と同じくICカードを改札機にかざすだけでOKです。 これで運賃の精算は完了。 着席方法 予約した列車の車両、座席番号を探して着席するだけです。 上図の例でいうと12号車10番のD席ですね。 チケットレス申込予約の変更・払戻 キャンセル チケットレス申込後の予約内容の変更、払戻(キャンセル)をしたい場合は下記の公式ページで方法を確認できます。 変更内容によっては手数料がかかる場合があるので確認しましょう。

次の

特急「あずさ」「かいじ」は全車指定席に 中央線特急の料金改定、新たに「座席未指定券」設定

特急かいじ

運転日 基本的に毎日運転しています 運転区間と時刻表• JR中央本線 新宿 から 甲府 または 竜王まで運転します 【甲府方面行き】 〈〉基本的に 9〜20時台は毎時30分新宿発(17時台はあずさ。 また一部は東京発) 〈〉基本的に 9時以降は1時間に1本程度 【新宿方面行き】 昼間の時間帯は1時間に1〜2本程度運転しています(主に甲府発) すべての時刻についてはこちらの〈〉で乗車駅を入力すると確認できます。 停車駅は 〈(東京)・新宿・三鷹・立川・八王子・大月・塩山・山梨市・石和温泉・甲府・(竜王)〉です。 列車の特長 新宿方面から山梨をむすぶ特急列車です。 『特急あずさ』『特急スーパーあずさ』同様に甲府方面へ走る列車です。 広告 料金と購入方法• 【料金】 乗車には乗車料金 + 特急料金がかかります。 【購入方法】 指定券は窓口・券売機および主要旅行会社などで購入できます。 またJRのWEBサイト『』でも 予約や 空席照会ができます。 割引詳細・条件などについては〈〉から確認できます。

次の