折り紙 鯉のぼりの折り方。 こどもの日におすすめの折り紙をまとめました!鯉のぼりや兜など

簡単な鯉のぼり2種類|こどもの日の折り紙の折り方

折り紙 鯉のぼりの折り方

こいのぼりを折り紙で作る難易度は簡単?子供・大人向け? 鯉のぼりを折り紙で作る難易度は簡単で子供も楽しめる 鯉のぼりの折り紙の難易度は簡単なものが多く、子供でも鯉のぼりを作って楽しむことができます。 鯉のぼりといえばこどもの日を象徴するものなので、小さな子供でも簡単に鯉のぼりが折れるのは嬉しいですよね。 少し子供には難しい折り方があった場合は大人が手伝ってあげてみてください。 鯉のぼりはこどもの日に飾るのが日本の伝統となっていますが、こどもの日の由来についてご存知でしょうか。 以下の記事ではこどもの日の由来や料理についてまとめていますので、併せてご覧になってみてください。 折り紙の鯉のぼりはインテリアとしても可愛い 折り紙の鯉のぼりはインテリアとして飾っても可愛いという魅力があります。 簡単に折れるので子供も楽しめますが、可愛い折り紙の鯉のぼりは大人が作ってインテリアにしても楽しむことができます。 折り紙で平面の鯉のぼりや立体の鯉のぼりが作れるので、壁面飾りにしたり机の上に飾ったりとインテリアにもおすすめです。 平面のこいのぼりですがハサミや糊を使わずに子供でも簡単に折ることができます。 柄のある折り紙で折っても可愛いですし、無地の折り紙で折ってペンで模様を描いてみるのもおすすめです。 壁面飾りにしてもおしゃれですよ。 簡単な平面こいのぼりの折り方・作り方• 1折り紙を三角に折って折り筋を付けます。 2真ん中の線に合わせて両端を折り、反対側も同様に折ります。 3細長いひし形になったら半分に折って折り筋を付けます。 4袋を開いたら折り筋に合わせて潰します。 5折り紙の真ん中で半分に折り、真ん中の角を中心に合わせて折ります。 6左側の角を中割り折りし、右側の角は先端が少し出るように中割り折りして出来上がりです。 1折り紙を半分に折って対角線に折り筋を付けます。 2左右の辺を真ん中に合わせて折り、角を反対側の角に合わせるように折って戻します。 3右側の辺を真ん中に合わせて折り、ひし形を作ります。 4ひし形の角の部分を開いて潰したら、1度折り紙を軽く開きます。 5右の角を真ん中に合わせて裏側に折り、斜めの折り筋に合わせて両端を折りたたみます。 6折り紙を真ん中で半分に折り、真ん中の角を下に向けて折ります。 7尻尾の部分を中割り折りしたら出来上がりです。 8ペンでこいのぼりの顔を描いたり、折り紙で目を作ったりしてみてください。 こいのぼりの顔に折り紙の白い面がくるのでマジックなどでこいのぼりの目を描きやすいのが特徴です。 和柄など華やかな柄の折り紙で折ってみると可愛いこいのぼりが作れますよ。 顔が白いこいのぼりの折り方・作り方• 1折り紙を四角に折って十文字に折り筋を付けます。 2上下を真ん中の線に合わせて折って折り筋を付けます。 3左右も真ん中の線に合わせて折って折り筋を付けます。 4折り紙を裏にしたら上側を折り筋に合わせて折り、下側は両端を真ん中に合わせて折って折り筋を付けます。 5裏返したら折り筋に合わせて角を折り、折り紙を横にして上下を中心に合わせて折ります。 6右側は軽く開いて折り目に合わせて潰します。 7上下を中心に合わせて折り、形を整えたら出来上がりです。 顔の部分が白くなるのは先ほどご紹介した折り方と同じですが、尻尾が上に向かって三角になっているのが特徴の可愛らしいこいのぼりです。 画像のように沢山作って並べて飾ってみても可愛いですよ。 尻尾が三角のこいのぼりの折り方・作り方• 1折り紙を四角に折って十文字に折り筋を付けます。 2折り筋に合わせて左右を折って折り筋を付けます。 3折り紙を裏返したら一番端の折り筋に沿って折り、裏返します。 4上下を中心に合わせて折り、尻尾の部分を斜めに折って折り返します。 5折り紙を真ん中で半分に折り、こいのぼりの顔を描いて出来上がりです。 鯉のぼりの尻尾の部分が袋になっているので、実際に箸袋として活用することができる折り紙です。 折り紙の柄や紙の種類によっては高級感ある箸袋が作れますよ。 箸袋になるこいのぼりの折り方・作り方• 1折り紙を四角に折って十文字に折り筋を付けます。 2下の部分を真ん中に合わせて折り、裏返したら上下を真ん中に合わせて折って折り筋を付けます。 3右下の角を折り筋に合わせて折り、右上の角を中心の線に合わせて折ります。 4上下を中心に合わせて折ったら折り紙を真ん中で半分に折ります。 5上の折り紙を隙間に差し入れ、裏返したら出来上がりです。 立体のこいのぼりなので机の上などに飾ることもできますし、箸置きとしても活用できる便利な折り紙です。 折り方は初級編でご紹介した「箸袋になるこいのぼり」と似ていて、難しい折り方はなく簡単に作ることができますよ。 コロンと四角いフォルムが可愛い立体の鯉飾りで、もちろん鯉のぼりとしても可愛い折り紙です。 色々な柄の折り紙で作ってみると楽しめますよ。 丁寧に折り筋を付けて四角い形に折っていくのがポイントになります。 尻尾やヒレの部分もリアルに再現されたこいのぼりで、豪華な柄の折り紙で作ると存在感あるこいのぼりが作れます。 作り方は少し難しいですが、尻尾の部分とヒレの部分を丁寧に折って仕上げるのがポイントです。 こいのぼりの折り方の中では難易度が高くなっていますが、尻尾やヒレの細かい折り目が美しいこいのぼりに仕上がります。 難しい折り方なので大人が挑戦するのもおすすめで、尻尾とヒレが扇型になるよう折るのが折り方のポイントです。 こどもの日の折り紙としておすすめの金太郎はこいのぼりと一緒に作って飾り付けをしてみると豪華になります。 画像のように金太郎とこいのぼりでリースを作ってみるのもおすすめです。 以下の動画の作り方を参考にして作ってみてください。 こいのぼりの折り紙の折り方・作り方をマスターしよう! こいのぼりの折り紙の折り方・作り方をご紹介しました。 こどもの日の折り紙として人気のこいのぼりは子供向けの簡単に折れるもの、大人向けの難しいものなど色々な折り方があります。 平面や立体のこいのぼりもあり、箸入れや箸置きとして活用できる折り方もあるので折り方をマスターしておくと便利です。 こいのぼりの折り方をマスターしたら座布団や金太郎の折り紙にも挑戦して、豪華で可愛らしい飾り付けを楽しんでみるのもおすすめです。 こどもの日に合わせるのはもちろん、5月の飾り付けとしても折り紙のこいのぼりが大活躍します。 ぜひお気に入りのこいのぼりを折り紙で作ってみてくださいね。

次の

折り紙で鯉のぼりの折り方。ポールも作って飾ってみよう♪

折り紙 鯉のぼりの折り方

折り紙でこいのぼりの簡単な折り方 簡単に作るには、どんな風に仕立てていくと良いでしょうか。 こちらでは、 3つの手順に分けてご紹介していきます。 鯉を4匹作る• 風車を作る• 表を上にしたら、左端から顔の幅分めくってたたみましょう。 上下の端をつまんで三つ折りにしたら一度裏返し、付いた線に沿ってたたみます。 表に返して上の1枚をめくって右端から三角を作ったら一度広げ、三角を折ってできた線が内側に来るようにすぼませ、裏面に返して三角を作れば出来上がりです。 色を変えてもう3匹分作りましょう。 横線を作ったら線と上下の線を合わせてたたみ、左右の端を真ん中に持ってきて正方形になるようにしましょう。 真ん中に持ってきた2辺を4つの三角ができるように左右の端に合わせてたたんだら、三角形を外に引っ張り出すように開いてたたみます。 右上と左下の先端をそれぞれ上と下に曲げてたためば風車の出来上がりです。 茶色い長方形の紙で棒を作ったら、上から風車、鯉4匹をのり付けして仕上げあましょう。 動画で確認したい方は、こちらからぜひチェックしてみてください。 折り紙で難しいこいのぼりの折り方 難しい仕立て方は、どんなものでしょうか。 こちらでは、 5つの手順に分けてご説明していきます。 斜めの線に沿って右上と左下をたたみ右下の裏を中心に持ってくる• 右下部分の作業をして顔を作る• 尻尾の上を中割りにしたら右端の線に平行になるように線を付けてから元に戻し右上の点から細かく折っていく• 線に合わせて尻尾を作る• 右上と左下の端は、内側の線に向けてたたみ、右下の裏は表側に持ってきて三角を作りましょう。 右下の三角を開いて線に合わせて2回たたみ、さらに同じ線に合わせて細く2回たたみましょう。 斜めの線の所で半分にたためば顔の出来上がりです。 右上の端から半分より下の位置になるように折ったら付けた線を元に中割りにして、さらに1枚めくりましょう。 めくった時に見える下の紙の右端の線と平行になるように線を付けたら元に戻し、右上の端の近くにできている線の所で下に曲げます。 さらに上の線に沿って曲げたらもう一度上に曲げて裏に回してたたみましょう。 表に返して軽く開いたら、尻尾の部分に付けた線に沿って蛇腹になるように折り合わせ、もう一度開きましょう。 右上の中心から1番目の線の所に向けて両端から長い三角形を作ったら、鯉の形に戻して尻尾は蛇腹になるように中割りします。 上の1枚だけめくってたたむと、立派な尻尾ができるでしょう。 お腹部分の下の1枚を表に回したら、下に少しはみ出るように返してたたみ、左側の点を軸にして何度かたたみ、ヒレを作りましょう。 最後に全体の形を整えたら出来上がりです。 細かい流れを動画で確認したい方は、ぜひこちらをご参考にしてみてください。 折り紙でおしゃれなこいのぼりの折り方 おしゃれに仕立てるにはどうすればよいでしょうか。 こちらでは、 3つの手順に分けてご説明していきます。 立体に作ってから目とうろこを描く• 小箱を作る• 縦と横の半分の所に線を付けたら、表側を上にして横線と下の線を合わせましょう。 裏返したら、また横線と下の線を合わせ、上の線も同じように横線に合わせます。 一度上と下の合わせた線を開いたら、右上の端と右下の端を付いた線に持ってきて三角を作りましょう。 一番上の線から数えて2番目の線と、一番下の線を合わせてから開き、一番上の線と下から数えて2番目の線を合わせてから開き、表面から上と下の端を引っ張ってきて合わせます。 白い正方形の部分が重なり合うようにすれば外側が出来上がりです。 目とうろこの模様を描き込んだら、次の工程に進みましょう。 縦と横に線を付けたら、横の線に沿って上と下の線を合わせてたたみます。 さらに真ん中の線に合わせて半分にたたみましょう。 紙を広げたら、縦の線に沿って半分にたたんだら、付けた線と端の線を合わせてたたみます。 反対側も同じ作業をしたら、さらに両端からもう1回真ん中に向けてたたんでいきます。 4隅からたたんだ線に向けて三角を作って広げたら、真ん中の面に向けて立体的な箱に仕立てましょう。 小箱をこいのぼりの口に入れて引き出せるようにすれば、おしゃれな菓子入れに仕立てられます。 小箱を作る紙は両面ともに白いものにすることで、より統一感のある見た目になるのもポイントです。 動画で流れを確認したい方は、ぜひこちらからご覧になってください。 こいのぼりを上手に作るポイント3選 上手に作るには、どんなことに気をつけるとよいでしょうか。 こちらでは、 3つのポイントに分けてご紹介していきます。 線をしっかり付ける• 複数作る時は色を変える• 線をしっかり付けて折ることで、端をピンとさせることができ、スムーズに作業しやすくなります。 鯉は複数大きさを変えて作ることで、より本格的な見た目に仕立てやすくなるでしょう。 目は丸シールを使ったりカラーペンを使うとかわいい印象になります。 うろこはペンで模様を描くことでより鯉らしく見せやすくなるでしょう。

次の

折り紙でガーランドの作り方。可愛い鯉のぼりを飾ってみよう♪

折り紙 鯉のぼりの折り方

端午のお節句には、男の子のいるご家庭では鯉のぼりや五月人形を飾りますよね。 また、この時期全国各地では、河川敷に鯉のぼりが優雅に泳ぐ姿も見ることができます。 世界に一つだけのオリジナル鯉のぼりを作って、子供の日に飾りましょう。 ・折り紙 ・マジック ・割りばしやストローなど(立てて飾りたい場合) 作り方 作り方は、こちらの動画を参考にしてみてください。 いかがでしょうか? これなら子供と一緒に鯉のぼりが作れそうですね。 他にも、折り紙でできる鯉のぼりの作り方があります。 こちらもあわせてご覧ください。 鯉のぼりを立てて飾りたい時は、鯉のぼりの裏側に当たる部分に割りばしやストローをあててセロハンテープでつけてくださいね。 パパやママが少しお手伝いをしてあげれば、子供と一緒に鯉のぼり作りを楽しめそうです。 幼児でも作れそうな鯉のぼりですよね。 割りばしにボンドでつけてから、セロハンテープで補強してくださいね。 nifty. カッターなどの使用には注意してください。 いかがでしょうか? パパやママが協力すれば、かなり簡単に作れそうですよね。 型紙のダウンロードと作り方の詳細は、をご覧ください。 blog. fc2. これなら子供でも簡単に作れそうですね。 スポンサードリンク 最後に… いかがでしたか? 今回は、子供と一緒に楽しめる簡単手作り鯉のぼりの作り方をご紹介しました。 是非子供と協力して作ってみてくださいね。 手作りの鯉のぼりをお部屋に飾れば、端午のお節句の雰囲気を楽しめますね。 パパやママと一緒に作った鯉のぼりは、きっと子供にとってかけがえのない思い出になることでしょう。 普段一緒に子供と遊ぶ時間がないお父さんも、こういった機会に子供とスキンシップをとってはいかがでしょうか? 何時間もかからずに簡単にできますので、子供と一緒に作ってお部屋を鯉のぼりで飾ってください。 最後までありがとうございました。

次の