トリッキーなポケモン。 ポケモンGO「トリッキーポケモン」イベント開始。マッギョ初登場、やることリストと優先順位

強いマイナーポケモンでメジャーポケモンを倒す!戦い方とおすすめの育成論

トリッキーなポケモン

なので、耐久に努力値を回すくらいなら攻撃に振って少しでも「ふいうち」の威力を上げることにしました。 基本は特殊技なので、Cに252振って、Sは最速としました。 持ち物 器用な動きをできるようにしたいので、 行動保障がある「きあいのタスキ」を採用しました。 タスキカウンターや、ゾロアークより素早さが高い相手への切り替えしに有効です。 技構成 いろいろと迷いましたが、タイプ一致で無振りドラパルトを確1で持っていける「ナイトバースト」とタスキと相性がよく、面白い動きができる「カウンター」をまず確定としました。 残りの2枠はタイプ一致先制技の「ふいうち」と環境に刺さる相手が多い「かえんほうしゃ」を選択しました。 「かえんほうしゃ」以外の候補は ゾロアークのHPでは、ダイマエースバーンをカウンターで一撃では倒せないので注意してください。 また、環境に多いドラパルトに強くでれます。 さらに、恐らく増えるであろうエアームドやジバコイルなどの鋼ポケモンにも強く使えるように「かえんほうしゃ」を入れています。 特性イリュージョンで相手を翻弄して、相手の予想外を作り出すのがゾロアークの役目です。 それをするのに十分なトリッキーな型で、広く対応できます。 一緒にパーティーを組むポケモン次第でどこまでも強くなれるのがゾロアークの強みでもあるので、どんどん試して最高の組み合わせを見つけてみてください! 個人的なオススメは、弱点を補い合えるゴーストタイプやエスパータイプです。

次の

ポケモンGO「マッギョ」とかいう進化しない薄いトリッキーポケモンがきた|えまちブログ

トリッキーなポケモン

なので、耐久に努力値を回すくらいなら攻撃に振って少しでも「ふいうち」の威力を上げることにしました。 基本は特殊技なので、Cに252振って、Sは最速としました。 持ち物 器用な動きをできるようにしたいので、 行動保障がある「きあいのタスキ」を採用しました。 タスキカウンターや、ゾロアークより素早さが高い相手への切り替えしに有効です。 技構成 いろいろと迷いましたが、タイプ一致で無振りドラパルトを確1で持っていける「ナイトバースト」とタスキと相性がよく、面白い動きができる「カウンター」をまず確定としました。 残りの2枠はタイプ一致先制技の「ふいうち」と環境に刺さる相手が多い「かえんほうしゃ」を選択しました。 「かえんほうしゃ」以外の候補は ゾロアークのHPでは、ダイマエースバーンをカウンターで一撃では倒せないので注意してください。 また、環境に多いドラパルトに強くでれます。 さらに、恐らく増えるであろうエアームドやジバコイルなどの鋼ポケモンにも強く使えるように「かえんほうしゃ」を入れています。 特性イリュージョンで相手を翻弄して、相手の予想外を作り出すのがゾロアークの役目です。 それをするのに十分なトリッキーな型で、広く対応できます。 一緒にパーティーを組むポケモン次第でどこまでも強くなれるのがゾロアークの強みでもあるので、どんどん試して最高の組み合わせを見つけてみてください! 個人的なオススメは、弱点を補い合えるゴーストタイプやエスパータイプです。

次の

【育成論】相手を騙して勝て!トリッキー型両刀ゾロアーク!【ポケモン剣盾】

トリッキーなポケモン

/『でんき』タイプの野生のポケモンと出会いやすくなる。 『でんき』タイプの技を受けるとダメージが無効化され、自分の『とくこう』ランクが1段階上がる。 またダブルバトルの時、自分以外の全てのポケモンの『でんき』タイプの単体攻撃技の攻撃対象が自分になる。 攻撃対象が複数の技の場合はそのまま /『でんき』タイプの野生のポケモンと出会いやすくなる 第8世代から。 5倍になる。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 第8世代からは、音系の技。 この技は『ダイウォール』の効果も受けない。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダイマックスしている相手には無効。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 自分の『とくぼう』ランクが1段階上がる。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、『ねむり』『あくび』 ねむけ 状態にならず、また『でんき』タイプの技の威力が1. 3倍になる 第7世代までは1. すでに『ねむり』状態の場合は回復しない。 道具『エレキシード』を持ったポケモンは『ぼうぎょ』ランクが1段階上がる。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、『ねむり』『あくび』 ねむけ 状態にならず、また『でんき』タイプの技の威力が1. 3倍になる 第7世代までは1. すでに『ねむり』状態の場合は回復しない。 道具『エレキシード』を持ったポケモンは『ぼうぎょ』ランクが1段階上がる。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 1倍未満は40、2倍未満は60、3倍未満は80、4倍未満は120、それ以上は150。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 3倍の効果もさらに加わる。 25 XY〜GBA ,Lv. 相手が『ゴースト』タイプの時、『ノーマル』『かくとう』タイプの技が当たるようになる。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 最大102。 最大102。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技が第7世代のZワザの場合は失敗する。

次の