ネーサン・チェン。 ネイサン・チェンの熱愛彼女がスゴイ!三原舞依との関係と大学もヤバイ

フィギュア世界王者が統計学と医学を。ネイサン・チェン、エール大入学へ。

ネーサン・チェン

ネイサン(ネーサン)・チェンの彼女はアメリカの美女スケーター、アンバー・グレンだった 2016-17シーズンのシニアデビューから多種多様な四回転ジャンプでいきなり世界のトップクラスに名を連ねたアメリカのネイサン・チェン選手。 ジャンプの技術だけではなく、バレエで鍛えた表現力の高さ、そして同じアジア系ということもあって日本でも大人気の選手ですよね。 そんなネイサン選手。 スケートだけでなく恋愛の方も充実しているようです。 まずご紹介するのが、ネイサン・チェン選手のおそらく元カノであろう美女、アンバー・グレン。 blogspot. jp 彼女もまたアメリカのフィギュアスケート選手です。 アンバー・グレン選手はネイサン選手と同じ1999年生まれ。 昨シーズンの全米選手権では8位になりました。 過去には全米選手権のジュニアクラスで優勝したこともあり将来が期待される実力者です。 なによりアンバー選手はとってもかわいくて美人ですね。 instagram. com 日本ではあまり馴染みがない選手かもしれませんが大きな国際大会に出場することになれば一躍人気に火がつきそうな美しさです。 instagram. instagram. instagram. 二人はかなりラブラブな様子でした。 自分が男だったらネイサン選手がうらやましいです(笑) ネイサン・チェンとアンバー・グレンは別れた?? 2016年にはアンバー選手のインスタグラムにラブラブ写真がたびたび上げられていたし、twitterではネイサン選手を応援したり彼に関する記事などをたびたびリツイートしていました。 そして私の記憶が正しければ、ネイサン選手のインスタグラムにも愛のメッセージを添えた2ショット写真が数枚あったような気がしたんですが、今は無いので削除されたのか私のただの記憶違いだったのか・・・。 とにかく、そんな二人のつながりを現すものが今年の2月ごろから一切見られなくなったんです。 これは破局したと考えるのが自然ではないでしょうか。 ネイサン・チェンは三原舞依が好き?! おそらく現在は彼女がいないだろうネイサン・チェン選手に新たな恋の噂が・・・ なんとそのお相手は我らが日本の三原舞依選手です。 といっても、二人が付き合っているという証拠は無いんですが、すくなくともネイサン・チェン選手が三原選手のことを気に入っているのは間違いないようです。 ネイサン選手は三原選手との2ショット写真をインスタグラムに複数枚ポストしています。 instagram. instagram. instagram. ) フィギュアスケート選手は国や性別問わず仲がいいので、選手のSNSに異性の選手との2ショット写真を載せることは全然珍しくありません。 ですが、この3枚の2ショット写真はここ2ヶ月足らずの間に連投されたものです。 さらに注目なのは2017年以降の女性との2ショット写真が三原選手以外にポリーナ・エドモンズ選手と実のお姉さんだけということ。 目がハートの絵文字もありません。 三原選手との写真だけこんなに連投するのには何かしら理由があるとしか考えられません。 普通に考えたらネイサン選手が三原選手のことをかなりお気に入り(好き)なのではないかと。 なんといっても三原選手は性格も良さそうだし、大和撫子ですし。 それに二人とも 同い年で同じ時期に病気や怪我を乗り越え、その翌シーズンにシニアデビューをして四大陸選手権では優勝し、一躍世界トップクラスの選手に仲間入りしたという山盛りの共通点があるため、たとえ恋愛どうこうではなくてもお互いに共感したり他の選手とは違った親しみを感じたりしているのかもしれません。 twitter. ですがファンサービスという意味合いもあるかもしれません。 三原選手とのツーショット写真は特別にファン受けがいいようです。 ネイサン選手のインスタには 「カワイイ&カッコイイ」 「プリンス&プリンセス」 「ナイスカップル」 「二人はデートしてるの?」 「二人が付き合ってくれたらいいなぁ」 などの絶賛コメントが大量に寄せられていました。 そんな反応を受けて、ネイサン選手は三原選手との写真を多く投稿したのかもしれません。 ちなみに、コメントの中には友人でもあるナム・ニューエン選手からのものもありました。 「結婚式に招待してね」 「結婚へ一歩前進だね」 など毎回欠かさず冗談交じりのコメントを残すナム選手。 そのコメントにネイサン選手がいいね!を返すこともあったのでMaiシリーズは若干ネタ化している気がしなくもないですが… とはいえ、スケーター仲間から見ても二人はよほどお似合いに見えるんでしょうね。 今後ふたりの関係に進展はあるのでしょうか(っていうかすでに付き合っているんでしょうか)? 欧米の選手は交際をオープンにしますが、日本選手はあまりオープンにしないどころか現役中は恋人を作らない人も珍しくないようですし、そのうえ今年はオリンピックシーズン。 ・・・どうなんでしょうね。 とにかく二人ともこれからのフィギュアスケート界を担っていく重要な選手であることは間違いないでしょう。 だからこそ恋愛関係とか抜きにしてもお互いに高めあっていけるすばらしい関係を築いて欲しいなと思います。 そしてまた二人揃って表彰台の頂点に立つ日を期待しています。 <おまけ> 最後にこんな動画をご紹介します。 関連する記事• 2015. 06 フィギュアスケート2015-16シーズンが始まりました!個人的に本郷理華選手に期待してるんですが、今年の彼女のプログラムは去年以上にヤバイと絶賛さ[…]• 2016. 01 努力のかたまりのフィギュアスケーター宮原知子選手ですが、体は筋肉のかたまりでした。 他のアスリートと比較して宮原知子選手の体がいかに鍛え上げられたも[…]• 2015. 17 フィギュアスケートグランプリファイナル2015で宇野昌磨選手が男子史上初、初出場でメダルを獲得しましたね。 羽生選手の快進撃が続いていますが着々と実[…]• 2015. 18 エフゲニア・メドベージェワ(メドベデワ)選手と言えば、フィギュアスケート界の次世代世界女王と呼び声も高い若干15歳の選手です。 2014-15シーズ[…]• 2016. 30 男子フィギュアスケートの絶対王者・羽生結弦選手。 高難度のプログラムのカギは安定感のある4回転ジャンプ。 流れるような美しい4回転にはどんな秘密が隠さ[…]• 2017. 17 フィギュアスケート好きの間では、カナダのケヴィン・レイノルズ選手が親日家であり日本語が堪能なことは有名です。 そんなケヴィン・レイノルズ選手が先日日[…]• 2015. 12 5度目のグランプリファイナル出場を果たしたアシュリー・ワグナー選手。 力強い迫力のある演技は他の選手にはない魅力があります。 リンク上ではとても気の強[…].

次の

ネイサン・チェン選手が本当は2試合目は大学の関係でフランス大会...

ネーサン・チェン

チェンにとって、「羽生に勝つ」とはどんな意味を持つのか。 彼に聞きたくて、4月の世界国別対抗戦で取材を申し込んだが、体調不良のため急きょキャンセルになった。 シーズンオフを挟み、大会3連覇を達成したスケートアメリカから一夜明けた20日、朝日新聞の取材に応じてくれた。 単刀直入に聞いた。 なぜ「勝った」という表現を使わなかったのか、と。 「結弦は驚くような選手であり、僕が何をやろうとも、彼が今まで成し遂げてきたことを奪い取ることはできない。 彼はもう、このスポーツに自分の地位を確立した。 そして、特定の選手に勝ったと口にすることは少し失礼な気がします。 勝敗は自分が決めるものではなく、ジャッジ(審判)が決めたものなので」 チェンの心の中に「羽生に勝つという領域は存在しない」と表現した。 常に尊敬する対象であり、目標とすべき選手であるという。 しかし、スポーツに勝負はつきものだ。 その点について聞くと、チェンは言葉を選んだ。 「競技に出ている限り、勝ちたいという気持ちは当然あります。 ただ、誰か一人の選手を負かしたいというような気持ちで挑むことは、自分のやりたいことの妨げになる。 自分の集中を失わないようにして、できる最高の演技を目指してやっていくように、毎回、試合で心がけています」 昨季のチェンは世界選手権、グ….

次の

ネイサン・チェンの熱愛彼女がスゴイ!三原舞依との関係と大学もヤバイ

ネーサン・チェン

より 選手情報 生年月日 1999-05-05 (21歳) 代表国 出生地 166cm 、、演奏 在学中 元コーチ カール・コバール サミュエル・シュイナード 元振付師 ナディア・カナエワ ラファエル・アルトゥニアン ステファニー・グロスカップ 所属クラブ Salt Lake City FSC 練習拠点 、 週間練習時間 30~23 開始 2002 1 , 1 , 1 , , サイト ISU パーソナルベストスコア 合計スコア 335. 30 WR 110. 38 2019 GPファイナル 224. 92 WR 2019 GPファイナル 国内競技会成績・シングル 優勝 2017年-2020年• 史上初 4F-3Tのコンビネーションジャンプ成功 2018年世界選手権で金メダル 幼少期~2012シーズン [ ] 1988年、父がから留学生として渡米して科学の博士号を取得。 母は医療系の通訳で中国出身。 姉と兄が2人ずついる5人兄弟の末っ子である。 3歳でスケートを始め 、バレエや体操、ピアノといった習い事も行っていた。 特に10代半ばまで続けていた体操の経験から来る空間認識能力、体幹、力の使い方は、軸のぶれない回転を生み出し、ジャンプやスピンに大いに役立っているという。 2010年と2011年には全米選手権ノービスクラスで連覇。 2011年12月にはをメインコーチに変更。 2012年の全米選手権はジュニアクラスで優勝。 当時の年齢が12歳でISUの大会には出場できないため、の代表には選ばれなかったが、のノービスクラスで国際大会デビューし優勝を果たした。 2012-2013シーズン [ ] に参戦。 オーストリア大会ではSPでもFSでも1位で、2位に30点以上の差をつけ優勝。 クロアチア杯ではSPの後に脚の怪我のために棄権した。 2013-2014シーズン [ ] 全米ジュニア選手権で優勝した時のネイサン・チェン(2014年) では2大会ともに優勝し、に進出。 ファイナルでは3位となる。 全米選手権のジュニアクラスでは2年ぶりに優勝。 では銅メダルを獲得した。 2014-2015シーズン [ ] は最終戦のクロアチア杯で2位。 全米選手権の予選で初めて4回転ジャンプに成功した。 全米選手権はシニアクラスに初出場し8位だった。 に問題 いわゆる成長痛 を抱えた試合であり、予定していたジャンプを跳ぶことはできなかった。 2015-2016シーズン [ ] のコロラドスプリングス大会で、国際大会では初めて4回転ジャンプに成功し、2位以下に30点近くの大差をつけ優勝。 続くログローニョ大会でも優勝。 は2年ぶり2度目の出場で金メダルを獲得した。 全米選手権ではFSで4本の4回転ジャンプに成功し銅メダルを獲得した。 ところが、FS直後のエキシビションで3回転を着氷した際に左股関節を痛め、演技を取りやめた。 1月27日に手術を行った。 8週間から10週間の間は氷上に戻るまでに制限がかかるため、シーズン残り予定していたとは欠場となった。 2016-2017シーズン [ ] ラファエル・アルトゥニアンに加え、振付師のをコーチに迎えた。 で4位入賞。 では銀メダルを獲得し、シニア1年目での出場が決定。 グランプリファイナルでは、SPで2本入れた4回転ジャンプにミスが出てしまい5位となったが、FSで4本入れた3種類の4回転ジャンプを含むすべてのジャンプを成功させ1位となり、総合2位で銀メダルを獲得した。 全米選手権ではSP、FSともに1位で優勝。 では、SPでISU公式大会史上3人目となる100点超えを果たし、FSでは5本の4回転ジャンプ全てを成功させて優勝。 ではFSで4回転ジャンプ6本という構成に挑むも転倒などのミスにより表彰台を逃した。 2017-2018シーズン [ ] USインターナショナルクラシックでSP、FSともに1位で優勝。 FSでは自身初となる4回転ループを成功させる。 ではSPで1位発進、FSでは羽生結弦に次ぐ2位になるが、SPの点差で逃げ切り優勝。 続くでも優勝。 今季GPシリーズは2連勝でも初制覇。 更に全米選手権では2位に40点以上の大差を付けて優勝し、連覇を果たす。 シーズン全戦全勝で迎えたの団体戦では、SPで滑走するも全てのジャンプでミスが出てしまい10人中4位。 しかし、アメリカチームとして団体戦で銅メダルを獲得する。 続く個人戦でもSPにて全てのジャンプを失敗し、17位発進とメダルは絶望的となった。 しかし、FSで4回転ジャンプ6本に挑戦し、5つのジャンプを成功させ、215. 08点を叩き出してFS1位、合計5位入賞となった。 尚、このFSで叩き出した技術点127. 64点は、技術点としては歴代1位である。 更にこのFSにおいて、ジャンプのエレメンツスコア8個が全て10点を超えた史上初の選手となった。 世界選手権ではSP、FSともに1位で、SPが終わった時点のインタビューでは、リスクがあるのでFSでは4回転は5本の構成にすると語っていたが、本番では6本(4Lz、4F-2T、4F、4T、4T-3T、4S)に挑戦し、最後の4Sにステップアウトのミスが出たものの残り5本は全て成功。 2位以下に47点以上の差をつけての優勝を果たした。 2018-2019シーズン [ ] 今季からアメリカの名門に進学、統計学と医学を学びながらスケートと両立させる決意をした。 これまで練習してきたカリフォルニアは西海岸、イェール大学は東海岸に位置する。 チェンは大学と近くのリンクで自主練習を続けながら、大学の授業の合間をぬってラファエル・アルトゥニアンの指導を受けるというかたちになった。 SPは昨季好評だった「ネメシス」に続きが振り付けた「キャラバン」。 FSは「Land of All」でアイスダンスコーチでもあると、これまでなどの振付も手掛けてきたサミュエル・シュイナードが共同制作した作品。 GPシリーズ第1戦スケートアメリカは合計280. 57点で、2位に40点以上の差をつける圧勝。 「演技の完成度を高めてほしい」というルール改正の意図をしっかりと読み取って、SPの構成は4回転ジャンプはフリップの1本のみ。 FSでも、3本跳んだ4回転ジャンプを含むいずれの要素もプラスが付く出来栄えで悠々と制した。 GPフランス杯に参戦。 SPは四回転ジャンプ2本の構成の中で、4フリップで転倒、3位という予想外のスタート。 フリーでは、三本の四回転ジャンプを含め全体をよくまとめた演技で、総合271. 58で逆転優勝を飾り、GPシリーズ2連勝で、GPファイナルの進出を勝ち取った。 GPファイナルがカナダ・バンクーバーで行われた。 SPで2本4回転ジャンプ(4F、4T3T)、FSで4本入れた3種類の4回転(4F、4Lz、4T、4T3T)の構成に挑戦し、ジャンプのミスで、本人のベストな演技ではなかったものの、SP、FSともに1位で、合計282. 42点をマークし、男子シングル史上四人目の連覇を果たした。 世界選手権ではSP、FSともに高難度ジャンプを組み込みつつ、更にGOEで大幅な加点を得る圧巻のノーミスの演技で、SPは107. 40と2位に約10点の点差をつけ首位に。 翌々日のFSでもノーミスの216. 10という世界最高得点を更新し、合計も323. 42点と世界最高得点を更新して優勝、連覇を達成した。 10代での連覇はアレクセイ・ヤグディン以来の快挙。 国別対抗戦では、大学の勉強に集中しなければならなかったという理由から、SP、FSの両方で普段よりも4回転ジャンプの本数、難易度を落としての参加となったが、SP、FSともに1位となった。 2019-2020シーズン [ ] シリーズ初戦となるGPスケートアメリカでは2位と40点以上の大差を付け金メダル。 続くGPフランスでも2位と30点以上の差を付けて金メダルを獲得し、GPファイナルへの出場権を獲得。 GPファイナルではSPでは110点を超え、FSでは5回の4回転ジャンプ全てをクリーンに降り、全ての要素でGOEで大幅な加点を得る演技で世界最高得点を更新し、金メダルを獲得。 3連覇を果たした。 スケート技術 [ ] による略称: T S Lo F Lz A 5種類の4回転ジャンプ(トウループ、サルコウ、ループ、フリップ、ルッツ)をいずれも非常に高いレベルで飛ぶ事ができ、その時の体調に合わせて自由に構成を変える事ができるのが最大の強みである。 一方でアクセルジャンプを苦手としており、大半の男子選手はFSでは3Aを2本飛ぶ構成にしているが、ネイサン・チェンはそれを1本に減らし、その分4回転ジャンプを増やす構成にする事がある。 2016年のグランプリシリーズフランス大会のSPでは4Lz-3T、4Fの両方を成功。 ISU公式大会のSPにおいて4Lz、4Fの2種類の4回転ジャンプを成功させたのは史上初である。 2016年NHK杯のSPでは4F-3Tのコンビネーションジャンプを成功させた。 ISU公式大会で4F-3Tのコンビネーションジャンプを成功させたのは史上初。 2017年四大陸フィギュアスケート選手権のFSでは 4回転ジャンプを5本組み込む超難度の構成に挑戦し、全て成功(4Lz-3T、4F、4T、4T-2T、4S)。 ISU公式大会でFSで5本の4回転ジャンプに成功したのは史上初の快挙。 平昌オリンピック、2018年世界選手権においては、FSで6本の4回転ジャンプに挑戦し、うち5本の4回転ジャンプに成功した。 2017年では4回転ループを成功させ、これでアクセルジャンプを除く5種類の4回転ジャンプ全てを成功させた最初の選手となった。 ジュニア時代まではビールマンスピンも使っていたが、シニアデビュー以降は腰の負担を考慮し、封印している。 その他 [ ] 最初にスケートを始めた時には姉のお下がりのスケート靴を使っていたが、成長とともに新しい靴が必要になった時にその靴を買うお金がなかったという。 その際に父親が、アメリカのが将来有望な若者に奨学金援助をする為に設立したマイケル・ワイス財団に助けを求めに行き、本来であればまだ幼すぎる為に年齢制限で申請ができなかったが、特別に200ドルを援助をしてもらい新しいスケート靴を購入。 その後、目覚ましい進歩により、マイケル・ワイス財団は10年間で約75,000ドルを援助したという。 この事についてネイサン・チェン本人は2018年の全米選手権後のインタビューにおいて「マイケルがスケートを続けるお金を与えてくれた」「彼がいなければ私が今どうなっていたかはわからない」と語っており、更に「いつかはマイケル・ワイスが自身にしてくれたように、自身も若いスケーターを助けたい」と語っている。 N - ノービスクラス• J - ジュニアクラス 詳細 [ ] 2019-2020 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2020年1月20日-26日 2020年() 2019年12月5日-8日 () 1 110. 38 1 224. 92 1 335. 30 2019年11月1日-3日 () 1 102. 48 1 194. 68 1 297. 16 2019年10月18日-20日 () 1 102. 71 1 196. 38 1 299. 09 で金メダル 2018-2019 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2019年4月11日-14日 () 1 101. 95 1 199. 49 1 団体 (301. 44) 2019年3月18日-24日 () 1 107. 40 1 216. 02 1 323. 42 2019年1月19日-27日 () 1 113. 42 1 228. 80 1 342. 22 2018年12月6日-9日 () 1 92. 99 1 189. 43 1 282. 42 2018年11月23日-25日 () 3 86. 94 1 184. 64 1 271. 58 2018年10月19日-21日 () 1 90. 58 1 189. 99 1 280. 57 で金メダル 2017-2018 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2018年3月22日-24日 () 1 101. 94 1 219. 46 1 321. 40 2018年2月14日-23日 () 17 82. 27 1 215. 08 5 297. 35 2018年2月9日-12日 (団体)() 4 80. 61 - 3 団体 2017年12月28日-2018年1月7日 () 1 104. 45 1 210. 78 1 315. 23 2017年12月7日-10日 () 1 103. 32 2 183. 19 1 286. 51 2017年11月24日-26日 () 1 104. 12 2 171. 76 1 275. 88 2017年10月20日-22日 () 1 100. 54 2 193. 25 1 293. 79 2017年9月13日-17日 () 1 91. 80 1 183. 24 1 275. 04 2016-2017グランプリファイナル銀メダル 2016-2017 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2017年4月20日-23日 () 2 99. 28 4 185. 24 3 団体 (284. 52) 2017年3月27日-4月2日 () 6 97. 33 4 193. 39 6 290. 72 2017年2月14日-19日 () 1 103. 12 2 204. 34 1 307. 46 2017年1月14日-22日 () 1 106. 39 1 212. 08 1 318. 47 2016年12月8日-11日 () 5 85. 30 1 197. 55 2 282. 85 2016年11月25日-27日 () 2 87. 94 2 180. 97 2 268. 91 2016年11月11日-13日 () 2 92. 85 4 171. 95 4 264. 80 2016年10月6日-9日 () 2 87. 50 1 168. 94 1 256. 44 金メダル 2015-2016 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2016年1月15日-24日 () 4 86. 33 2 180. 60 3 266. 93 2015年12月9日-13日 () 1 78. 59 1 146. 45 1 225. 04 2015年9月30日-10月4日 () 1 77. 94 2 158. 43 1 236. 37 2015年9月2日-6日 () 1 77. 13 1 159. 63 1 236. 76 2014-2015 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2015年3月2日-8日 () 9 69. 87 4 143. 98 4 213. 85 2015年1月17日-25日 () 8 76. 20 8 154. 79 8 230. 99 2014年10月8日-11日 () 2 72. 57 2 135. 59 2 208. 16 2013-2014 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2014年3月10日-16日 () 6 69. 65 3 142. 38 3 212. 03 2014年1月5日-12日 ジュニアクラス() 1 79. 61 1 144. 32 1 223. 93 2013年12月5日-8日 () 3 71. 52 3 143. 09 3 214. 61 2013年9月25日-29日 () 1 69. 96 1 141. 15 1 211. 11 2013年9月4日-8日 () 1 74. 22 1 144. 40 1 218. 62 2012-2013 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2013年1月20日-27日 ジュニアクラス() 3 63. 60 4 117. 71 3 181. 31 2012年10月3日-7日 () 4 55. 85 - 棄権 2012年9月12日-16日 () 1 75. 15 1 146. 85 1 222. 00 2011-2012 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2012年4月12日-15日 ノービスクラス() 2 44. 03 1 85. 42 1 129. 45 2012年1月22日-29日 ジュニアクラス() 2 63. 15 1 130. 75 1 193. 90 2010-2011 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2011年1月23日-30日 ノービスクラス() 1 52. 47 1 110. 93 1 163. 40 2009-2010 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2010年1月15日-17日 ノービスクラス() 1 51. 24 3 85. 80 1 137. パーソン・ジェームス 振付:ネイサン・チェン 2015-2016 曲: 振付:ナディア・カナエワ 作曲: 振付: Dream On 曲: 振付:ネイサン・チェン 2014-2015 夏と冬 『』より 作曲: 振付:ナディア・カナエワ スマイル スムーズ・クリミナル 曲:マイケル・ジャクソン 振付:ナディア・カナエワ 作曲: 振付:ナディア・カナエワ Best Day Of My Life 曲: 振付: 2013-2014 夏と冬 『四季』より 作曲:アントニオ・ヴィヴァルディ 振付:ナディア・カナエワ 演奏: 歌劇『』 作曲: 振付:ナディア・カナエワ Home 曲:フィリップ・フィリップス 振付: 2012-2013 前奏曲とアレグロ 作曲: 振付:、ナディア・カナエワ 映画『』 サウンドトラックより 作曲:ポール・ハスリンジャー 振付:ステファニー・グロスカップ 2011-2012 映画『』 サウンドトラックより 作曲: 振付:ステファニー・グロスカップ 映画『』より 作曲: 振付: Stereo Hearts 曲: featuring 2010-2011 テレビドラマ『』 サウンドトラックより 作曲: 振付:エフゲーニヤ・チェルニシェワ ハンガリー狂詩曲第2番 作曲: 振付:エフゲーニヤ・チェルニシェワ テレビドラマ『ローハイド』サウンドトラックより 作曲:バーナード・ハーマン 振付:エフゲーニヤ・チェルニシェワ 2009-2010 映画『』 サウンドトラックより 作曲: 振付:ステファニー・グロスカップ 作曲: 振付:エフゲーニヤ・チェルニシェワ ピーターと狼 作曲:セルゲイ・プロコフィエフ 振付:エフゲーニヤ・チェルニシェワ 脚注 [ ] [] 1896:• 1897:• 1898:• 1899-1900:• 1901-1905:• 1906:• 1907-1911:• 1912-1913:• 1914:• 1922:• 1923:• 1924:• 1925-1928:• 1929:• 1930-1936:• 1937-1938:• 1939:• 1947:• 1948-1952:• 1953-1956:• 1957-1959:• 1960:• 1962:• 1963:• 1964:• 1965:• 1966-1968:• 1969-1970:• 1971-1973:• 1974:• 1975:• 1976:• 1977:• 1978:• 1979:• 1980:• 1981-1984:• 1985:• 1986:• 1987:• 1988:• 1989-1991:• 1992:• 1993:• 1994-1995:• 1996:• 1997:• 1998-2000:• 2001:• 2002:• 2003-2004:• 2005-2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2010:• 2011-2013:• 2014:• 2015-2016:• 2017:• 2018-2019:• 1914:• 1918:• 1920-1924:• 1925:• 1926:• 1927:• 1928-1934:• 1935-1939:• 1940-1941:• 1942:• 1943:• 1946-1952:• 1953-1956:• 1957-1960:• 1961:• 1962:• 1963:• 1964:• 1965:• 1966:• 1967:• 1968-1970:• 1971:• 1972:• 1973-1975:• 1976:• 1977-1980:• 1981-1984:• 1985-1988:• 1989:• 1990-1991:• 1992:• 1993-1994:• 1995:• 1996:• 1997-1998:• 1999-2000:• 2001:• 2002:• 2003:• 2004-2006:• 2007-2008:• 2009-2010:• 2011:• 2012:• 2013:• 2014:• 2015:• 2016:• 1980: (非開催)• 1981-1982:• 1983:• 1984: (非開催)• 1985:• 1986:• 1987: (非開催)• 1988-1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994-1997:• 1998-1999:• 2000-2001:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2010:• 2011:• 2012:• 2013-2014:• 2015:• 2016:• 1988:• 1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1996:• 1997-2001:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007-2008:• 2009:• 2010:• 2011:• 2012:• 2013:• 2014:• 2015:• 2016-2017:•

次の