ジャック・オー。 ジャック・オーとは (ジャックオーとは) [単語記事]

ジャック・オー・ランタンの由来と起源は2通りあった

ジャック・オー

ジャック・オー・ランタンといえば、ハロウィンイベントのイメージがありますが、その起源や由来を知っている人はあまりいません。 ジャックオーランタンは英名で 「Jack-o'-Lantern」と表記され、日本語に訳してみると「ジャックのランタン」となります。 誰もがカボチャを表情を込めてくり抜いたランタンをイメージしますが、元々のジャック・オー・ランタンの起源は現在の「カボチャ」ではなくて、「カブ」だったことはご存知でしょうか。 この記事では、ジャック・オー・ランタンの由来やアイルランド起源のハロウィンとアメリカ起源のハロウィンについてとても詳しくご紹介します。 ジャック・オー・ランタンの誕生由来なども、2国で間で物語も異なっているのでその物語もお話していきます。 ジャックオーランタンの由来と起源アイルランド編 ハロウィンは元々の起源がアイルランドであり、アメリカはハロウィン文化発信の起源という位置づけで解釈すると理解しやすいです。 多くの方がアメリアがハロウィンの起源であると思っているおりますが、一番古いハロウィンの起源はアイルランドでることをご存知でしょうか。 では、ハロウィンにおけるジャック・オー・ランタンの面白い誕生秘話や今のカボチャではなく、大昔はカブであったことをアイルランドの伝承をもとにご紹介しょう。 ジャック・オー・ランタンとは 既に多くの方がご存知のハロウィンの象徴となっている様に、ハロウィンで飾られるカボチャの顔を「ジャック・オー・ランタン」と呼んでいます。 日本のショップで販売されているハロウィン雑貨などでは、ポップでキュートなデザインでとても可愛らしく作られていることが多く、ハロウィンキャラクターとして親しみを感じている人は多いかもしれません。 ジャック・オー・ランタンとは、もともとアイルランドに古くから伝わる鬼火のような存在で、「ランタン持ちの男(Jack-o'-Lantern)」を意味します。 今では世界的にジャック・オー・ランタンはカボチャが定着していますが、もともとはカブをくりぬいて作ったものだったといわれています。 ではなぜ、ジャックオーランタンの起源が「カブ」であるのに、「カボチャ」としてイメージが定着したのでしょうか。 それは、アメリカの野菜の生産事情にありました。 かつてアイルランド人がアメリカに移住した際に、カブよりもアメリカでの生産が比較的多かったカボチャを使ってジャック・オー・ランタンを作るようになったということが理由でカボチャでのジャック・オー・ランタンが定着しました。 アイルランドからアメリカに移住したアイルランド人も、本当はカブでジャック・オー・ランタンを作りたかったでしょうが、当時アメリカでカブの生産があまりされていなかったため、渋々カボチャをカブの代用として活用しました。 そしてジャック・オー・ランタンは、悪霊を寄せ付けない魔除けのような存在であり、今ではすっかりハロウィンの象徴となっています。 当時アメリカでカブの生産がカボチャよりも多かったら、今では世界中のジャックオーランタンが「カブ」だと思うと、なんだかハロウィンのイメージが凄く激変していたように感じますね。 ジャック・オー・ランタンの由来となった伝承物語 ジャック・オー・ランタンが魔よけのような存在になった理由としては、古くから伝わっているアイルランドで伝承がとても影響しています。 はるか昔、ジャックという名前のずる賢くて悪いことばかりしている男がいました。 そのジャックという男が突如地獄から出てきた悪魔と出会い、その悪魔は悪さばかりするジャックの魂を取ろうとしました。 しかしピンチになったジャックは悪魔に魂を取られないようにと、色々悪知恵を働かせて悪魔から「二度と魂を取らない」と約束させることに成功します。 この時のジャックが考えた様々な悪知恵が面白すぎるので少しお話してみようと思います。 まず、自分の魂を狙う悪魔をジャックは捕獲しようと罠を作り出しますが、悪魔を捕まえるという発想が衝撃的ですよね。 ジャックが悪魔を捕まえようと考えた作戦は、持前の悪知恵を働かせてまんまと悪魔を高い木に登らせます。 悪魔が高い木に登った状態になると、木に悪魔の苦手な「十字架」を飾り身動きが取れなくなった悪魔に対して「ジャックの魂を二度と取らない」という契約を条件に悪魔を解放して、ジャックは魂を取られずに済みました。 やがて時がたつと、人間のジャックはとうとう寿命でこの世を去ります。 しかし、ここでジャックにとって想定外の悲劇に直面してしまいます。 ジャックは、生前から悪い行いを頻繁にしていた理由から天国に入れてもらうことができず、仕方なく自業自得ということで地獄に行こうとしました。 ところがジャックはその地獄でジャックの魂を取ろうと試みたあの悪魔に再び出会い、悪魔から「二度と魂を取らないと約束したから地獄に連れて行くことができない」と言われてしまいます。 自分の魂の行き場がなく困り果てたジャックは自分が辿ってきた道を引き返そうと試みますが、そこは恐ろしいくらいに暗く闇が永遠と広がる空間となっていました。 そこでジャックは、悪魔に対して灯りをくれとお願いし、地獄の炎の小さな塊を分けてもらいました。 ジャックは、唯一のこの明かりが風などで消えてはいけないと考え、道端にたまたま転がっていた「カブ」をくりぬき、その中に悪魔からもらった炎の塊を入れ、カブをランタンとして活用しました。 ジャックはこの唯一の灯りとなるランタンを手に、天国にも地獄にも行けずに今でもなお生と死の間を彷徨っているという伝承がアイルランドにあります。 このようなアイルランドでの言い伝えがジャック・オー・ランタンの物語ですが、伝承には諸説あるともいわれています。 ジャックオーランタンの由来と起源アメリカ編 今ではカボチャがハロウィンのイメージとして、世界中で認知されていますが、元々は「カブ」という野菜が一般的なハロウィンのイメージでした。 しかし、アメリカでの野菜の生産事情からカブではなく、カボチャで代用したことによって、ハロウィンがカボチャというように定着しました。 では、そんなハロウィンの由来をアメリカ起源の話しでお伝えしようと思います。 もともとの発祥はアメリカではなくてアイルランド 今では目や口などのパーツ部分を切り抜いたカボチャは、ハロウィンの飾り物としてあちこちで見られるほか、ジャック・オー・ランタンのかぶり物をして仮装を楽しむ人も多いものです。 けれども実際にアイルランドでジャック・オー・ランタンは元々カブを切り抜いて作られていましたが、アメリカにハロウィンが伝わってから、野菜の生産事情によってカブからカボチャへと変わります。 現在のハロウィンはアメリカから伝わった要素が大きいですが、そもそもハロウィンの発祥の地はアイルランドです。 移民としてアメリカで働いていたアイルランド人がカボチャをたくさん作っていたことが、カボチャに切り替わったことと関係しています。 ジャックオーランタンの由来となるアメリカでの提灯ジャックの物語 ハロウィンイベントの象徴のひとつでもあるジャック・オー・ランタンですが、実は古きアメリカでの一人の男の物語が由来となっています。 それが、悪魔との契約を交わした「提灯ジャックの物語」です。 その昔、ハロウィンの日にはあの世とこの世を行き来する門が限られた時間だけ開くとされていました。 そんなハロウィンの日に、酒場で楽しくお酒を飲んでいた日頃から悪い行いをするジャックは、あの世から来たという恐ろしい悪魔と出会うのです。 ジャックは、あろうことか自分の魂をあげる代わりに酒代を払って欲しいと悪魔に交渉を持ち掛けます。 その悪魔は魔法でコインに変身しますが、ジャックは悪知恵を働かせて悪魔が変身したそのコインを自分財布にしまってしまいます。 財布に閉じ込められて困り果てた悪魔は「10年間はお前(ジャック)の魂を取らないことにしてやる」とジャックに約束して、ジャックは魂を一定期間取られないことを条件に悪魔を財布から解放します。 そうして時が過ぎ、ちょうど10年目のハロウィンの日に再びあの時の悪魔がジャックの魂を奪いに来ます。 当然ながら約束の10年目が来てもジャックは、魂を取られたくないのは言うまでもありません。 そして、ジャックはその悪魔をあの手この手でやつけようとして、悪魔を撃退するある作戦を思いつきました。 自分を追ってくる悪魔に対して、今度は「人生の最後にあの木の上のリンゴを取ってきて欲しい」と悪魔に頼みます。 木に実っているリンゴを取ろうとした悪魔に対して、ジャックはここぞとばかりに十字架をかかげるとまたもや悪魔は動けなくなってしまいます。 行動を封じ込まれた悪魔はまたもや困り果てて「もうお前(ジャック)の魂は取らない」とジャックに断言するのです。 そうしてジャックは長生きしますが、あの世に行ったときに生きていたときの行いを咎められて、当然ながら天国に行けません。 仕方なく地獄へ行こうとするとそこでまたあの悪魔に出会い、「お前の魂はもう取れない」と言われて地獄にも入れません。 結局ジャックは自分の行いが悪かったことから天国にも地獄にも行けなくなったので、悪魔から1つの灯をもらい、カブを切り抜いてその灯でランタンを作ります。 ジャックはランタンを灯しながら、あの世に行けずにひたすらさまよい続ける羽目になってしまいました。 道に迷った人に道案内をする灯役に! 今では道端や家の玄関などに明るくモニュメントとして輝くジャック・オー・ランタンは、ハロウィンの街のイルミネーションのように美しいものとなっています。 また暗い中、ハロウィンの仮装行列をする人たちにとって、明るいジャック・オー・ランタンの光は道に迷わないための手助けともなっています。 ジャック・オー・ランタンは、道案内役のような役割を担っているとも言えるのです。 日本国内でも定着したハロウィン ハロウィンといえば、日本には馴染みが少なくアメリカの民間行事として大きく定着していたイメージがありました。 現在のように毎年10月31日に大々的に盛り上がる日本のハロウィンが本格的に定着したのは、2010年代頃とされております。 この頃から、日本の街中でハロウィン仮装をした人たちが街中をねって歩く姿が放送されています。 また、国内各地でハロウィンイベントも行われるようになり、もはやクリスマスなどと並ぶ国民的な行事となりつつあります。 そのようなハロウィンでよく見かけるのが、カボチャで作られたジジャック・オー・ランタンですが、その名前や由来など詳しいことを知っている人は意外と少ないので、この記事で知ったハロウィンの起源やジャックの物語などをハロウィン中の話しのネタとしてご活用ください。 また、ハロウィン専門サイトの「」ではジャック・オー・ランタンの起源紹介の他にもハロウィンについての豆知識やお役たち情報などもたくさんご紹介しております。 さらには、カボチャに関する料理などもバリエーション豊富にまとめておりますのでご参考としてご覧ください。

次の

ジャック・Oとは (ジャックオーとは) [単語記事]

ジャック・オー

ハロウィンってどんなもの? まずは、ジャック・オー・ランタンが出てくるハロウィンについてご紹介します。 つまりハロウィンは、万聖節の前夜祭の事。 万聖節 ばんせいせつ キリスト教の祭日。 11月1日 東方教会では聖霊降臨祭後の最初の日曜日。 全聖人と殉教者を記念する。 「諸聖人の日」「全聖人の日」ともいう。 ハロウィーンはこの前夜祭。 どんなことするの? もともとは、毎年10月31日に行われる、ヨーロッパを発祥とする祭り、収穫感謝祭。 秋の収穫を祝って、農作物に悪さをする悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事だったそうです。 発祥の地は、アイルランドだと言われています。 アイルランドでは、10月最後の月曜日から11月2日まで学校が休みになるハロウィン休日があるのだそうです。 学校がお休みになるくらいの国民的なイベントなんですね。 その由来とは? ハロウィンの由来は、古代ケルト民族のドゥルイド教で行われていたサウィン祭が起源といわれているそうです。 古代のケルトでは、11月1日から10月31日までが1年間とされていました。 その新年の11月1日の前日、つまり大晦日にあたる10月31日には、先祖の霊や亡くなった人の魂が家族の元へ帰ってくると信じられていました。 しかし、その反面悪霊や魔女なども一緒に人間界にやってきて、作物に悪い影響を与えたり、子供をさらってたりして、生きている世界の人間に悪影響を及ぼすといわれていました。 そこで人間たちは、悪霊などが悪さをしたり自分たちの家に入らないよう、仮面をかぶったり、仮装して驚かせたり、 魔除けのかがり火(魔除けの提灯)をたいたりしたと言われています。 ハロウィンとジャック・オー・ランタンの関係 さて、ではハロウィンとかぼちゃのお化けとの関係ってどういうものなのでしょう。 ハロウィンに悪さをする悪霊や魔女の 魔除けとして使っていたかがり火が、今ではカボチャの提灯となったといわれています。 子どもや農作物、家畜などを守るために、カボチャをくり抜いて怖い顔をつくり、それに火をともす事で悪霊や魔女の魔除けなると考えたようです。 そして時代を経て、この魔除けとして飾るようになったカボチャの提灯が、やがてハロウィンのシンボルとなっていったとされています。 そのカボチャの提灯は、 ジャック・オー・ランタンと名付けられました。 そのまま直訳すると「ジャックのランタン(提灯)」ですが、日本語では「ちょうちん持ちのジャック」「ちょうちん持ちの男」「ちょうちんジャック」と言われています。 その由来とは? これにはある物語が関係していると言われています。 アイルランドの伝承物語昔々、あるところに ジャックという、怠け者で嘘つきで酒好きのずる賢い男がいました。 ジャックは悪い事をしては、いつも嘘ばかりついて人々を騙していました。 あるハロウィンの夜のこと。 ジャックは、地獄からこの世に来ていた悪魔と遭遇しました。 そして悪魔に命を取られそうになった時のこと、ジャックは言葉巧みに悪魔を騙し「今後10年間は魂を取りに来ない」と約束させてしまいました。 その後10年が経ち、約束通り悪魔はジャックの魂を取りに来たのですが、またもやジャックは悪魔を言葉巧みに騙し、今度は「ジャックの魂は取らない」と約束させてしまいました。 あきらめた悪魔は言われた通り約束を守り、二度とジャックの前には現れませんでした。 やがて、月日は経ち、とうとうジャックが一生を終える日がやってきました。 魂となったジャックは、すぐさま天国へと向かいました。 しかし、生前悪い事ばかりをしていたジャックが天国に入れてもらえる事などありえません。 天国の門は固く閉ざされてしまいました。 あきらめたジャックは、仕方なく今度は地獄へ向かう事にしました。 地獄へと到着したジャックは、驚きました。 なんと、そこで待っていたのは、あの時ジャックが騙した悪魔だったのです。 悪魔は、ジャックにこういいました「約束した通り魂は取れないので、地獄に入れる事も出来ない」と。 困り果てたジャックは「それじゃあオレは、どこへ行けば良いんだ。。 」真っ暗な闇の中に立ちつくすジャック。 それを見かねた悪魔は、 ジャックに地獄で燃えている小さな炎の塊を与えました。 それは消えそうな位の小さな炎だったため、 ジャックは道端に転がっていた カブをくり抜いて炎を入れて、ランタン 提灯 にしたのでした。 行く当てもなく、永遠にひとり彷徨い続けるジャック。 その手には カブで作ったランタンがしっかりと握られていたそうです。 え?カブ?カボチャじゃないの? 本当はカボチャじゃなかった! アイルランドの伝承からもわかる通り、そもそも現代に伝わっているシンボルのカボチャのランタンは、 カブで作られたものだったのです。 さらに調べると、古代のケルト人たちは カブの一種「ルタバガ」という根菜をくり抜いて、提灯にして魔除けとしていたそうです。 こちらがカブで作ったランタンだそうです。 めちゃくちゃ不気味ですよね。 やがて、いつのまにか ジャックの持つ提灯のカブが、死んだひとの魂のシンボルとなり、死者や悪霊が戻ってくるハロウィンと結びついていったのです。 そして、その伝承がアメリカへ伝わると、あまり馴染みのないカブではなく、手に入りやすいカボチャへと変わったというわけです。 『鍛冶屋のウィル』むかしむかし、あるところに鍛冶屋のウィルという男がいました。 彼は口は上手いが暴力的でいつもトラブルばかり起こしていました。 そんなある日の事、ウィルは喧嘩が災いして、とうとう殺されてしまいました。 死んで魂となったウィルは「死者の門」に辿り着き、天国に行くのか地獄へ行くのかを判定をする聖ペテロという裁定人の前に引き出されました。 ウィルはここで持ち前の口の上手さを利用して、まんまと聖ペテロを言いくるめ、また人間界へ戻る事に成功しました。 しかし、そんなウィルの気質は変わる事はなく、二度目の死を迎える事となります。 そんなウィルの姿を見ていた聖ペトロはこう言い放つのでした。 「お前をせっかく人間界に戻したのに、ちっとも心を入れ替えてはいないではないか!お前のような人間は地獄にすら入れるのがもったいない。 天国でも地獄でもない煉獄(れんごく)を彷徨い続けるがいい!!」死者の門は目の前で閉ざされてしまったのです。 天国でも地獄でもない「煉獄(れんごく)」を永遠に彷徨う運命となったウィル。 そんなウィルの姿を見ていた悪魔は、同情し、地獄の劫火の中で燃えさかる石炭をひとつ取り出し、ウィルに明かりとして与えたのでした。 ウィルはその小さな種火を持ち、今も現世と煉獄の間を彷徨い続けているそうです。 時折、ウィルの持っている種火の光だけが、ぼんやりと浮かんでは懐かしそうにうろうろと彷徨った後、再び煉獄へと戻っていくそうです。 本当にジャック・オー・ランタンの伝承物語によく似ていますね。 この二つの逸話は、諸説あるのですが、同一のものであるとも言われています。 ハロウィンと関係の深い映画 ハロウィンやジャック・オー・ランタンはいろいろな映画に登場します。 その中でもおススメの映画をご紹介します。 ナイトメアー・ビフォア・クリスマス この映画は「ハロウィン・タウン」という仮想の街が舞台となっている物語です。 (1993年アメリカ 原案・原作ティムバートン) その主人公の名前がジャック・スケリントンというんですよね。 これはジャック・オー・ランタンからきているみたいですね。 あらすじをご紹介しますね。 「ハロウィン・タウン」の住人達は怖い事や人を驚かせる事が大好き。 その日は丁度「ハロウィン」当日、住人達は大盛り上がり。 だが、「ハロウィン・タウン」の王様であるパンプキン・キング、 ジャック・スケリントンは、毎年毎年同じことの繰り返しでしかない単調な「ハロウィン」に虚しさを感じていた。 そんな時、ジャックは森の奥で不思議な扉の付いた木を見つける。 その一つを開いてみると、恐怖と悪夢に満ちた「ハロウィン・タウン」とは全く違う、陽気で明るい『クリスマス・タウン』の別世界が広がっていた。 初めて見る美しい雪景色の中、色鮮やかな電飾で飾られた街全体が祝う「クリスマス」に心を奪われたジャックは、自分達の力で「クリスマス」を作り出そうと計画を立てる。 そんな中、ジャックに密かに想いを寄せるサリーは、何か悪いことが起きるのではないかという予感にとらわれていた。 サリーの心配を他所に、「クリスマス」の準備は着々と進んでいく。 だが、ジャックも住人達も本当の「クリスマス」が何なのか理解出来ずに暴走していき、事態はどんどんおかしな方向へと転がって行く。 不気味なんだけど、ちょっと可笑しなキャラクターがとてもかわいくて、なんとも言えない魅力のある物語です。 大人から子供まで一緒に楽しめる映画ですよ。 ぜひ家族皆さんでご覧になってみてください。 ハロウィンって、ちょっと思っていたものとはちがいましたね。 ジャック・オー・ランタンがなぜあんなに不気味なのか、ちょっとわかった気がしますね。 まとめ いかがでしたでしょうか?ハロウィンやジャック・オー・ランタンについて知らない事たくさんありましたよね。 今年のハロウィンはちょっと違った見方になりそうですね。 では、まとめです!• ハロウィンの言葉の意味は、万聖節 All-hallow の前の晩に行われる、という意味の「All-hallow-even」を短縮したもの。 もともとはヨーロッパ発祥の秋の収穫祭で、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いがあった。 現代のハロウィンは民間行事のお祭りとして定着しており、トリックオアトリート!仮装を楽しむイベントとなっている。 ジャック・オー・ランタンの由来はアイルランドに伝わる伝承物語である。 ジャック・オー・ランタンはもともとはカブで作られていたが、その伝承がアメリカへ伝わると手に入りやすいカボチャへと変わった。 ウィル・オーザ・ウィスプの「鍛冶屋のウィル」というお話は、はジャック・オー・ランタンの伝承物語とそっくり。 ハロウィンのおススメの映画はナイトメアー・ビフォア・クリスマス。

次の

メンズ ブランド腕時計専門店 通販サイト・ジャックロード

ジャック・オー

お菓子を渡せば大人しいが、渡さなければ……。 特徴 幻獣オーブか、ハロウィンイベント (レイドイベント)の固定報酬および同イベントガチャにて入手可能。 、、に次ぐ、待望の属性攻撃アップ補正を持つ報酬幻獣である。 (補正効果の詳細は「」を参照。 ) 優秀な召喚効果と良好なバランスのステータスも併せ持ち、闇属性PT主体のプレイヤーにとってはメイン使いに相応しい性能を有している。 ……とはいえ、エピッククエストで獲得可能な現在では、他にも強力な幻獣が多数存在している。 メインとして使うのはそれらを獲得するまでの繋ぎとなるだろう。 無論、サブとしては優秀なのは変わっていない。 性能と解説 【幻獣効果】 闇属性単独対象ではあるが、課金SSR幻獣(、)の1回突破状態に並ぶ高水準の補正効果を持つ(最大突破時)。 効果時間の3ターン経過時にPT全員が追加でゲージ15増えている状態となる。 これは合計1~2ターン分のバーストゲージ加速効果に相当するため、地味ながら非常に強力である。 「敵の大ダメージ攻撃前にバーストを撃ちたいがあと一歩間に合いそうにない…」という時などに活用したい。 また被ダメージでアシストアビリティが発動するタイプの神姫である等とは熱狂のペナルティダメージを利用してもアビリティが発動するので相性がよい。 これらがいるならアシストアビリティ狙いで使うのも悪くない。 雷神姫の所持するアビリティ「鼓舞」によって付与される『熱狂』と比較すると効果量は半分となっているが、 そのぶんペナルティダメージも半減されているので初手から気軽に使っていけるだろう。 なお、雷幻獣の"バーストゲージを一度に直接上昇させる"召喚効果や、 風幻獣の"通常攻撃時のバーストゲージ上昇量増加"の召喚効果とは似て非なるもののため注意。 その他 実装時イベントからレイドイベント仕様に大幅な変更があり、イベントガチャ運に左右されることなく最大突破が見込める初めてのレイド報酬幻獣となった。 また、10月~ハロウィン期間中のマイページ背景に鎮座していた謎のペロキャン少女はこのジャックと判明した。 なお、イベントでは闇以外にも少なくとも幻と火の属性を内包していることが判明している。 2019年夏より幻獣の別属性版が本格的に実装され始めているので、彼女の別バージョンもいずれ実装されるかもしれない。 カボチャのランタン(あるいは不気味なカブのランタン)でおなじみの、ケルトの地域に伝わる鬼火的な存在。 死後の世界に行くことを許されない死者の魂が現世を彷徨い歩いている姿とされる。 悪霊除けの灯りとして作られるカボチャのランタンは、ハロウィンの風物詩となっている。 今マイページの左下にいるのって、ちっこいこの娘なんだな。 -- 2016-11-01 火 20:23:42• 熱狂状態……傷つくほど超、エキサイティン!してるってことかな -- 2016-11-02 水 16:35:31• 報酬分貰って後一人で完凸なのに全然引けない…… -- 2016-11-02 水 21:43:05• 報酬分で完凸できるだろ 何言ってるの? -- 2016-11-02 水 21:59:26• ウロボロス持ちなので召喚効果が被ってたアポ生かせなかったけど、こっちは独自効果なのでありがたい。 -- 2016-11-03 木 07:50:29• ハロウィンに始めたばかりなんだけどこういうやつって凸ったほうがいいの? -- 2016-11-03 木 12:40:58• 戦力として運用するつもりがあるなら凸る他ない -- 2016-11-03 木 13:11:05• なるほど・・・今は幻獣がこいつで埋まりまくってる状態なんだよね、凸って最大強化してみるよ。 ありがとう -- 2016-11-03 木 13:17:40• 超初心者なんだけど、報酬でこの娘貰えるじゃん?でも、ワイはまだもらえそうにないからひたすらレイドガチャ回してるんだけど、レイドガチャで当たる確率ってクッソ低いよね? -- 2016-11-03 木 21:19:23• そりゃあこのイベントの目玉賞品だからな。 そんなポンポン出てきたりはしないよ。 -- 2016-11-03 木 22:30:04• この娘、可愛いけど、今回のメンテ&超重力地獄と欠片x2の糞ガチャの所為で、嫌なイメージしか沸かない・・・ -- 2016-11-03 木 21:57:16• ジャックのハーレムってどんな感じよ?詳細オナシャス -- 2016-11-04 金 19:29:58• ANT お菓子くれないといたずらしちゃうぞからの騎乗位 おっぱい 以上 -- 2016-11-04 金 19:35:34• はぇ^~わかりやすい... -- 2016-11-04 金 19:39:39• 「なにー、お菓子がないだとー?それじゃあ、代わりにお前のうまい棒からたっぷりミルクを搾り取ってやるぞ。 夜中の墓地に呼び出された継承者…。 お菓子をよこすんだよあくしろよ。 お菓子を持って ないです。 これです -- 2016-11-15 火 22:41:22• 弱王・ランタン・・・・・・ -- 2016-11-04 金 20:42:03• 効果は弱くないけどね。 -- 2016-11-04 金 20:47:07• ( 興)<はめさせてくれ! -- 2016-11-04 金 22:35:31• うーむ、凸3で時間切れになった、残念 Orz -- 2016-11-07 月 01:06:15• そんな事より、ジャックとディアボロスの「きのこたけのこ戦争」が見たいぜ -- 2016-11-07 月 01:06:54• あ^~今日もエンドレス再生で癒されるんじゃぁ^~ -- 2016-11-21 月 22:14:54• あ^~荒んだ心が浄化されるんじゃ^~ -- 2016-11-30 水 20:57:27• ファ!?再生回数がやばいことになってたんじゃ -- 2016-12-06 火 23:16:24• 幻獣オーブで一気に完凸。 アンフィスとの使い分け用に -- 2017-08-11 金 03:58:58• 俺も取った。 完凸アンフィスと1凸エキドナがあるけど各最大レベルのステと召喚効果を考えると最善手がこいつだった。 もちろん耐性欲しい時はアンフィスにするけど属性5%の違いが結構あるしねー -- 2017-08-11 金 06:57:53• あと開始時期が遅くて武器に難があってアサルト武器が少なかったからデュラハンと悩んだけど余ったポイントで闇SRで半端凸のアサルト武器を完凸させることで一気に戦力事情が変わったからこいつ一択だなっていうのも追記。 -- 2017-08-11 金 06:59:46• 今年に入ってから始めたからこの娘諦めてたけど今日やっとオーブで完凸したぜ 完凸タガミと2凸エキドナいるけどやっぱりこの娘が欲しかったんじゃ -- 2017-10-13 金 23:30:06• おおぉぉ、揺れる、揺れるぞぉぉー貴重の揺れ資源だー感動過ぎてもう白い涙が出てるー -- 2017-08-24 木 01:18:50• オーブ交換でジャック完凸したんだけどフレンド幻獣的にはジャックとアンフィスだとどっちが良い? -- 2017-08-25 金 21:35:14• ジャック。 強い敵相手には野良のウロボロエキドナアヌビスを選択するし、強くない敵にアンフィスのダメカットを使う意味がない。 っていつの質問だよ -- 2017-10-14 土 00:22:33.

次の