イラレ 埋め込み。 イラストレーターで画像を埋め込む方法

イラストレーターで画像を埋め込む方法

イラレ 埋め込み

1.モノクロ印刷に関する予備知識 変換手順の説明に入る前に、まずは最低限これだけは知っておきたい予備知識を紹介します。 初歩的な内容もありますが、あくまでも大前提となる基礎知識なので確認しておきましょう。 印刷物の色は、全て塗料(=インキ)の三原色+黒である「CMYK」で表現されるので、RGBで作成すると実際の印刷物を見た時に色味が変わってしまいます。 したがって印刷物のデータ作成時は、ドキュメントのカラーモードがCMYKになっているか必ず確認しましょう。 つまり、他色が混ざっていてはモノクロデータではありません。 それ以外の場合は、仮に黒に見えてもモノクロデータではない場合があるので注意しましょう。 いずれにしても、実際の印刷物をみて思わぬ色味の変化に後悔しない為にも、モノクロ印刷のデータを作成時は、必ずカラーモードを「CMYKのK1色」にしたうえで進めましょう。 それでは、いざ変換手順になります。 2.グレースケールへの変換手順 Illustratorでは、4色で作成されたデータや、RGBカラーで作成されたデータでも、一括操作でグレースケールに変換することができます。 ここでは、ドキュメントに配置した画像をIllustrator上でグレースケールに変換する手順を紹介します。 3.変換時に注意すること Illustrator上でグレースケール変換を行う際は、次の点について十分に注意しましょう。 ドキュメントのカラーモードはCMYKで行うこと• 配置画像は必ず埋め込みにしてから行うこと• グレースケール変換後に保存すると元のカラーには戻せない• バージョンによって、一括操作ではグレースケール変換できない機能がある 3-1.ドキュメントのカラーモードはCMYKで行うこと カーラーモードがRGBになっていると、モニター上での見え方が異なり、印刷物の色味が異なります。 必ず、CMYKであることを確認してから変換を行いましょう。 3-2.配置画像は必ず埋め込みにしてから行うこと すべてを選択してグレースケール変換を行っても、リンクのまま配置している画像は変換されません。 3-3.グレースケール変換後に保存すると元のカラーには戻せません グレースケール変換を行うと、変換前にオブジェクトが持っていたカラー情報は、全て破棄されますので、変換後に保存して一度でもファイルを閉じると、再び元のカラーに戻すことは出来ません。 いずれも手順はほぼ一緒で、「オブジェクト」メニューの「分割・拡張」や「アピアランスを分割」で個別のオブジェクトにしてから、グレースケールに変換する必要があります。 4.まとめ いかがでしたでしょうか?グレースケール変換を行う為の方法と注意点を紹介しました。 ・モノクロ印刷のデータは、黒1色である必要がある ・黒1色とは、カラーモード「CMYK」の「K1色」のことである ・Illustrator上で一括操作でグレースケールへ変換する手順 ・CS2以前のバージョンでは一括操作で変換できない機能がある ・レジストレーションはトンボ以外に使用しない 上記5点を理解していれば、全く問題のない完璧なモノクロデータが作成できると思います。 また、Photoshopで元画像をグレースケールに変換する方法もあるので、興味があればそちらも確認してみましょう。

次の

イラレのファイルを開く時の「埋め込まれたプロファイルの不一致」の意味

イラレ 埋め込み

リンクファイルのメリットは、「データが軽くなる」ということです。 aiデータ内に画像データを取り込むよりも、リンクファイルの方がデータが圧倒的に軽くなります。 リンクファイルは、「aiデータの「ここの画像」は「フォルダA」の「xxx. jpg」を読み込んで配置する」というようなものです(語彙力に欠けていてすみません)。 その為、画像のデータを別のフォルダに移動したり、削除したりすると、リンク切れを起こし、画像のファイルが表示されなくなります。 リンク切れ この リンクファイルをaiデータに埋め込む方法は、「リンクウィンドウの右上のハンバーガーメニュー」>「画像を埋め込み」で埋め込みが可能です。 画像ファイルの埋め込み ・「リンクウィンドウ内の埋め込みたい画像を選択」or「ワークスペース内の埋め込みたい画像を選択ツールで選択」 ・リンクウィンドウ右上のハンバーガーメニューをクリック ・画像を埋め込み 画像を埋め込み 埋め込む際には、どの画像を埋め込むかあらかじめ選択しておく必要があります。 選択ツールで選択しておくパターンとリンクウィンドウ内で埋め込む画像を選択する方法がありますが、「リンクウィンドウ内で埋め込みたい画像を選択」する方法をオススメします。 その理由は、「画像の埋め込み漏れを無くす為」「他のオブジェクトを選択ツールで選択していると埋め込みができない為」です。 他のオブジェクト(例:埋め込まれた画像)が選択されていると埋め込みが出来ない リンクウィンドウパネル内で操作を行うと、ヒューマンエラーを回避できるので、パネル内で操作をしましょう。 画像埋め込みの確認 リンクウィンドウを見ると画像がリンクファイルか埋め込みされているかを確認できます。 また画像を選択すると、「リンクファイルは画像の対角線が表示され」、「埋め込まれた画像は通常のオブジェクトと同様の表示」になります。 上記2つの方法で画像ファイルが埋め込まれているかを確認することが可能です。 埋め込みをする理由 画像の埋め込みをする理由は、 「印刷時に画像のリンク切れなどのリスクを回避する為」です。 先ほど説明したように、 「リンクファイルは、ディレクトリ構造の中からファイルを表示」するものです。 そのため、 印刷用にファイルを入稿する際、リンクファイルを添付し忘れると、画像が表示されません。 本来あるべき画像が、印刷時には表示されない為、印刷したものが、作成した時のデータと違うイメージのものになってしまいます(完全に失敗)。 その為、印刷をする際には画像を埋め込むのが一般的です。 また、画像のメタデータの影響で、想定していた角度と違う角度で印刷されてしまう可能性があります。 様々なトラブルを回避する為に「印刷の際に画像を埋め込むことが一般的」なんです。 今回は、画像の埋め込みに関しての解説でした。 印刷の際は、テキストのアウトライン化もお忘れなく。

次の

イラレのファイルを開く時の「埋め込まれたプロファイルの不一致」の意味

イラレ 埋め込み

この記事の目次• 基本的な方法は3つあります。 画像を配置してからillustrator上でサイズを調整する• 配置画像が極体に大きい場合、アートボード illustratorの作成サイズ の外まで写真がはみ出してしまいます。 illustrator上でサイズを調整するにもここまで大きな画像だと調整するのも大変です。 配置した画像はマウス操作でサイズを調整したり、数値入力をして任意のサイズを指定します。 illustrator上でサイズを調整する必要もないのでピタリと配置できます。 この時点では高さは画像比率に沿って変動します。 画像サイズが作業途中で変わらない場合はこの方法が良いですが、 画像サイズを変更することはよくあるので勝手が良い方法とは言えません。 写真を大きくしたい• 写真の一部をトリミングして拡大して見せたい など このような修正作業を想定すると、 クリッピングマスクを使って画像を枠内におさめる方法 が対応しやすいでしょう。 まず、画像を配置します。 あらかじめPhotoshopなどで適当なサイズに調整しておいた方が作業はしやすいでしょう。 マスクするボックスを作ります。 ここではわかりやすいようにボックスの色を青にしています。 マスクするボックスを画像の前面に出します。 画像をボックスの中央に配置したいので、ボックスと画像の両方を選択し「整列パネル」で中央に配置します。 整列パネルの使い方は、 の記事で詳しく紹介しています。 クリッピングマスクを使った画像配置はよく使うので、しっかり覚えたいですね。 illustratorで画像を配置する時の「リンク」と「埋め込み」の違い illustratorに配置された画像は、2つの方法でファイルに取り込まれています。 リンク• 埋め込み データ作成する際に2つの理解はとても重要です。 ざっくり言うと、 リンクはプレビュー画像を配置する方法、埋め込みは画像データそのものを配置する方法 です。 もう少し詳しく紹介しましょう。 リンクでの画像配置の方法と特徴 リンクの特徴はプレビュー画像を使用することです。 修正や変更が予想される作業途中では「リンク」で画像を配置するのがおすすめです。 写真の配置方法は特別変わりません。 画像を選んだ後、「リンク」にチェックを入れるとリンク画像として配置されます。 「リンク」のチェックボックスが出ない場合はオプションのボタンをクリックして表示させます。 リンクの特徴• illustratorのファイルを軽くできる• 画像を再編集するとその結果が反映される• 元データの保存場所を変えたり削除するとリンク切れをおこす 基本的に画像を配置したillustratorのファイルは重くなります。 その点で、プレビュー画像を使用するリンクはファイルが軽く扱いやすいです。 リンク画像を修正した時もその結果が反映されます。 作業途中はリンク状態で進めた方が効率が良いでしょう。 欠点としては、 配置画像の保存先が変わったり、ファイル名の変更でおきる「リンク切れ」です。 あやまって画像ファイルを削除してしまった場合も同様なので、画像管理に注意しましょう。 埋め込みでの画像配置の方法 画像データそのものを埋め込む配置方法です。 そのためリンク切れのような問題はおきません。 埋め込みの特徴• 画像データがillustratorファイルに埋め込まれる• illustratorのファイルサイズが重くなる• 配置した元画像を再編集しても反映されない• リンク切れなどの問題がおきない• データの受け渡しをする時に使用 リンクと違い配置画像を再編集しても反映されません。 作業中はリンク状態にしておき、 仕上がり時点で画像を埋め込むのが一般的 です。 また、illustratorデータを他の作業環境へ受け渡しをする時も画像を埋め込みます。 リンク状態はプレビュー画像が配置されているだけです。 リンク状態でデータの受け渡しをする時は、illustratorのファイルと画像ファイルをまとめて渡す必要があります。 その点、埋め込みをしたillustratorファイルは画像データも保有していのるで、illustratorのファイルだけで受け渡しが可能です。 画像を埋め込む方法は2つあります。 画像を配置する時点で埋め込む• リンク画像を埋め込む 画像を配置する時点で埋め込む方法 通常の画像配置の方法と同じです。 リンクさせる時は「リンク」にチェックを入れましたが、 埋め込む時は「リンクのチェックを外して」配置します。 次に、埋め込みたい画像をクリックします。 リンクパネルのオプションメニューから「画像を埋め込み」を選択すると画像がillustratorファイルに埋め込まれます。 最後に、今回のまとめ illustratorに画像を挿入する3つの方法と、データ管理上に必要なリンクと埋め込みについて紹介しました。 画像の挿入方法は、• 画像を直接配置してillustrator上でサイズを調整する• Photoshopなどで任意のサイズにリサイズしておく• 直接配置した後、クリッピングマスクで任意のサイズにおさめる この3つが基本です。 また、配置される画像は• リンク• 埋め込み の2種類で管理します。 作業途中は「リンク」で進め、最終データが完成した時や他の作業環境にデータを移す時に「埋め込む」のがやりやすいでしょう。 それでは、今回はこのへんで。 illustratorで画像を配置する時に、オブジェクトの整列をよく使います。 詳しくはこちらの記事で紹介していますので、参考にしてくださいね。

次の