卵 雑炊 レシピ。 卵のレシピ

冷や飯で作れるレシピ13選|チャーハン・ドリア・雑炊・リゾットなど、冷や飯で作れる簡単人気料理レシピ集!

卵 雑炊 レシピ

冷や飯で作れる人気の料理レシピを、幼児誌『ベビーブック』『めばえ』 小学館)に掲載された中から13品ピックアップしました。 チャーハン・ドリア・雑炊・リゾットなど、簡単&人気のおすすめ料理レシピを幅広くご紹介します。 冷や飯で作れる簡単人気レシピ【チャーハン】 【1】卵チャーハン 具材は卵とねぎだけでみんなが好むシンプルな味に。 【2】ねぎを加えて香りが出たら、ごはんを入れてすぐに粗塩をふり、米粒表面の水分を飛ばすように弱火で7~8分炒める。 【3】強火にしてしょう油を回し入れ、香りが出たら全体にからめ、こしょう、ごま油で香りづけする。 教えてくれたのは ウー・ウェンさん 北京生まれ。 1990年に来日。 雑誌で紹介した「北京の小麦粉料理」が評判となり、料理研究家に。 東京と北京でクッキングサロンを主宰。 『めばえ』2018年6月号 【2】しらすチャーハン しらすの塩気がちょうどいい和風チャーハンです。 溶き卵に入れたマヨネーズが隠し味。 【2】フライパンに油を熱して【1】を炒め、火が通ってきたら、しらす干しを加 えてサッと炒める。 【3】にご飯を加えて混ぜ、しょうゆと塩で味を調える。 *お好みで、枝豆を散らしても。 教えてくれたのは ほりえさちこさん 栄養士、フードコーディネー ター、飾り巻き寿司インストラクター1級。 男の子のママ。 育児経験を生かした簡単で栄養バランスのとれた料理やかわいい レシピが人気。 『ベビーブック』2017年4月号 冷や飯で作れる簡単人気レシピ【ドリア】 【1】焼きカレードリア かぼちゃの甘みを加えたカレーが新しい。 チーズを載せて焼くだけでカレーがドリアになって、いつもと違う味わいに。 【2】フライパンにサラダ油を熱して玉ねぎとにんじんを炒め、玉ねぎに色がついたら、ひき肉を加えて炒める。 肉の色が変わ ったら【A】を加えて炒め、香りが立 ったらかぼちゃと水を加え、【B】で調味し、汁けがなくなるまで煮詰める。 【3】耐熱容器にご飯を敷き、【2】のカレーをかけて、チーズを散らす。 温めておいたオーブント ースターで10分ほど焼く。 教えてくれたのは 鈴木薫さん シンプルで、おいしくて、センスのいいレシピが人気。 双子の女の子と男の子のママ。 『めばえ』2014年4月号 【2】ほうれん草入りトマトクリームドリア トマトを加えていつもの味に変化球。 こんがり焼けたチーズといっしょにどうぞ。 トマトは皮を湯むきして1cmの角切りにする。 ハムも同様に切る。 【2】鍋にバターを入れて中火にかけ、溶けてきたら、ほうれん草とハムを加えてサッと炒める。 小麦粉をまんべんなくふり入れて軽く混ぜ、牛乳を加え、混ぜながらとろみがつくまで加熱する。 トマトを加え、塩、こしょうで調味する。 『めばえ』2015年1月号 【3】すりおろしれんこんとえびのドリア すり下ろしたれんこんは、加熱することでとろみが出るので、だし汁で煮て和風の味わいをプラスし、ドリアのクリームソースの代用に。 ブロッコリーは粗く刻む。 れんこんは皮をむいてすりおろす(すりおろして長くおくと褐変するので注意)。 【2】鍋にだし汁を沸かして塩をふり、えびとブロッコリーを加えてサッと火を通す。 れんこんを加えて手早く混ぜ、とろみがつくまで加熱する。 教えてくれたのは 上田淳子さん ヨーロッパや日本のレストランなどで修業後、料理研究家として雑誌、書籍、テレビなどで活躍。 双子の男の子の母。 近著に『共働きごはん』(生活の友社)など。 『めばえ』2015年1月号 【4】和風さばみそドリア さばのみそ煮を洋風アレンジしてドリアに!みそと生クリームでコクを出せば、ボリュームが出ます。 【2】鍋に【A】を入れて中火にかけ、へらでかき混ぜながら、とろみがつくまで加熱する。 【3】耐熱容器に混ぜ合わせた【B】を入れ、【1】、【2】、チーズの順にのせ、オーブントースターで焼き色がつくまで焼く。 しょうがは皮つきのまま薄切りにする。 【2】フライパンにしょうがと【A】を入れて中火にかけ、ひと煮立ちしたらさばを加え、ときどき煮汁をかけながら10分ほど煮る。 混ぜ合わせた【B】を加えてとろみをつける。 教えてくれたのは YOMEちゃんさん 女の子のママ。 愛情たっぷりの育児日記と日常のアイデアあふれる献立を綴ったブログ「よめ膳@YOMEカフェ」 が毎月200万アクセスを誇る。 『ベビーブック』2013年10月号 【5】緑黄色野菜ドリア ごはんの上に野菜やチーズをトッピングした簡単ドリア。 免疫力アップに主食もとれるバランスのいい一品を。 トマトは1cm角に切る。 【2】【A】は混ぜ合わせて、塩、こしょうで軽く味をつける。 【3】耐熱容器にオリーブ油を薄く塗り、ご飯を敷き詰める。 上にミートソース、【1】、【2】、チーズの順にのせ、オーブントースターで焦げ目がつくまで焼く。 教えてくれたのは 阪下千恵さん 栄養士。 ふたりの女の子のママ。 家族のために作り続けてきたおいしくて、栄養バランスのいいレシピが人気。 子どもの食物アレルギーをきっかけに、アレルギー料理にも力を入れている。 『ベビーブック』2013年11月号 【6】カラフル野菜ドリア 手間のかかるホワイトソースは電子レンジで時短調理。 【2】ピーマンは粗く刻み、ブロッコリーは小房に分け、ベーコンは1cmの角切りにする。 ピーマンとブロッコリーを熱湯で1分ゆで、ベーコンを加えて、一緒にざるに取る。 【3】ホワイトソースを作る。 20cmぐらいの耐熱ボウルに1cm角に切ったバター(冷えたまま)を広げ入れ、小麦粉をふり入れて軽くまぶす。 ラップなしで電子レンジ(600W)で1分加熱する。 取り出して、泡立て器で30秒ほどしっかり混ぜる。 【4】【3】に牛乳200㏄を少しずつ(大さじ1~)加え、なじんできたら量を増やしながら全量混ぜる。 そのまま電子レンジで3分30秒~4分加熱し、取り出して泡立て器で混ぜる。 【A】と残りの牛乳を加えて滑らかになるまで混ぜる。 【5】ご飯に【2】としょうゆを加えて混ぜて耐熱の器に敷き、【1】、【4】、チーズをのせ、オーブントースターで焼き色がつくまで、5~8分焼く。 教えてくれたのは 青木恭子さん 小田真規子主宰のスタジオナッツ所属。 2つの保育園に7年間、栄養士として勤務。 0歳児の離乳食~5歳児の給食とおやつ作りを担当。 現在は、雑誌やWEBなどで活躍。 『ベビーブック』2014年7月号 冷や飯で作れる簡単人気レシピ【雑炊】 【1】きのことツナのレンジ雑炊 色々きのことほぐしたツナを入れて。 えのき茸は3cm長に切る。 【2】大きめの耐熱ボウルに【1】、【A】、ツナを入れて混ぜる。 ラップをかけ、電子レンジで2分30秒ほど(600Wの場合)加熱する。 教えてくれたのは 松尾みゆきさん 管理栄養士・料理研究家・フードコーディネーターとして、テレビや雑誌、書籍等、幅広く活躍。 自身も母として「食育」を実践している。 『めばえ』2016年5月号 【2】ブロッコリー入り卵雑炊 さらりと食べられる雑炊は、風邪で食欲がないときにもオススメ。 ブロッコリーでビタミンCも補給。 ブロッコリーは穂先を粗く刻む。 【2】鍋にだし汁、ご飯、長ねぎを入れてふたをし、弱火で5分ほど煮る(途中、煮汁が少なくなったら、だし汁か水を足す)。 ブロッコリーを加えて2分ほど煮、【A】で味を整える。 【3】仕上げに溶いた卵を加え、煮立ったら火を止め、ふたをして蒸らす。 教えてくれたのは 阪下千恵さん 栄養士。 2人の女の子のママ。 家族のために作り続けてきたという、おいしくて、栄養バランスもいいレシピが人気。 『ベビーブック』2012年1月号 冷や飯で作れる簡単人気レシピ【リゾット】 【1】トマトリゾット 鶏肉も煮込んでやわらかく仕上げる。 玉ねぎはみじん切りにする。 【2】鍋にバターを弱火で熱して玉ねぎを炒め、透き通ってきたら、鶏ひき肉とトマトを加えて炒める。 トマトが崩れてきたら【A】を加えて半量になるまで煮、ご飯を加えて、汁けが少なくなるまで煮詰める。 粉チーズを加え混ぜ、塩で味を調える。 *好みで、ゆでて小口切りにしたいんげんをのせる。 教えてくれたのは 鈴木 薫さん おしゃれで実用的なレシピが人気。 双子の女の子と、男の子の母。 『ベビーブック』2012年5月号 【2】チキントマトリゾット 鶏肉もトマトと一緒に煮込んでやわらかく仕上げるのがポイントです。 ブロッコリーは細かく裂く。 【2】鍋にサラダ油を熱して玉ねぎを炒め、しんなりしたら、鶏肉を加えて炒める。 【3】肉の色が変わったら、解凍したミックスベジタブル、ブロッコリー、トマトジュースを加えて煮、2~3分したらご飯を加えて軽く煮、【A】で調味する。 教えてくれたのは 尾田衣子さん 「ル・コルドン・ブルー」やイタリアにて料理を学び、 OLから料理研究家に転身。 現在、「料理教室Assiette de KINU」を主宰。 男の子のママでもある。 『ベビーブック』2013年5月号 【3】とろ~りチーズリゾット 長いものシャキシャキした食感が絶妙。 5cm幅の斜め切りにする。 【2】ベーコンは粗みじんに切る。 長いもは皮をむいて叩いて粗くつぶす。 【3】鍋に【A】を入れて煮立て、酒、しょうゆ、【2】、ご飯、チーズを入れ、かき混ぜながらとろみが出るまで3~5分煮る。 【4】器に盛って、【1】をのせる。 教えてくれたのは 井澤由美子さん 旬の食材を使い、食べ合わせによる体への相乗効果を大切にしたレシピが人気。 食育にも力を注いでいる。 一児の母。 『ベビーブック』2015年5月号.

次の

卵のレシピ

卵 雑炊 レシピ

鍋の翌日の卵雑炊と付け合せおかずの献立レシピ 前日、しゃぶしゃぶをして豚の旨味がたっぷり出たお出汁ができました。 だいたい、その日の〆に雑炊やうどんを作る方が多いと思いますが、 ayumi家ではお腹いっぱいお鍋を食べるので、〆はあまり作りません。 でも、捨ててしまうのは勿体ないので、 翌日に雑炊にしました。 味の付いているお鍋はそのままご飯を入れれば十分美味しいですが、 今回はしゃぶしゃぶで 水炊きだったので、 お肉や野菜から出た出汁をベースに味付けしてみました。 ayumi家の献立• しゃぶしゃぶ鍋の後の卵雑炊• イサキとマグロの刺身• 焼き鳥 ネギま)• ジャガイモの煮っころがし• (具材が残っていても大丈夫です。

次の

卵のレシピ

卵 雑炊 レシピ

冷や飯で作れる人気の料理レシピを、幼児誌『ベビーブック』『めばえ』 小学館)に掲載された中から13品ピックアップしました。 チャーハン・ドリア・雑炊・リゾットなど、簡単&人気のおすすめ料理レシピを幅広くご紹介します。 冷や飯で作れる簡単人気レシピ【チャーハン】 【1】卵チャーハン 具材は卵とねぎだけでみんなが好むシンプルな味に。 【2】ねぎを加えて香りが出たら、ごはんを入れてすぐに粗塩をふり、米粒表面の水分を飛ばすように弱火で7~8分炒める。 【3】強火にしてしょう油を回し入れ、香りが出たら全体にからめ、こしょう、ごま油で香りづけする。 教えてくれたのは ウー・ウェンさん 北京生まれ。 1990年に来日。 雑誌で紹介した「北京の小麦粉料理」が評判となり、料理研究家に。 東京と北京でクッキングサロンを主宰。 『めばえ』2018年6月号 【2】しらすチャーハン しらすの塩気がちょうどいい和風チャーハンです。 溶き卵に入れたマヨネーズが隠し味。 【2】フライパンに油を熱して【1】を炒め、火が通ってきたら、しらす干しを加 えてサッと炒める。 【3】にご飯を加えて混ぜ、しょうゆと塩で味を調える。 *お好みで、枝豆を散らしても。 教えてくれたのは ほりえさちこさん 栄養士、フードコーディネー ター、飾り巻き寿司インストラクター1級。 男の子のママ。 育児経験を生かした簡単で栄養バランスのとれた料理やかわいい レシピが人気。 『ベビーブック』2017年4月号 冷や飯で作れる簡単人気レシピ【ドリア】 【1】焼きカレードリア かぼちゃの甘みを加えたカレーが新しい。 チーズを載せて焼くだけでカレーがドリアになって、いつもと違う味わいに。 【2】フライパンにサラダ油を熱して玉ねぎとにんじんを炒め、玉ねぎに色がついたら、ひき肉を加えて炒める。 肉の色が変わ ったら【A】を加えて炒め、香りが立 ったらかぼちゃと水を加え、【B】で調味し、汁けがなくなるまで煮詰める。 【3】耐熱容器にご飯を敷き、【2】のカレーをかけて、チーズを散らす。 温めておいたオーブント ースターで10分ほど焼く。 教えてくれたのは 鈴木薫さん シンプルで、おいしくて、センスのいいレシピが人気。 双子の女の子と男の子のママ。 『めばえ』2014年4月号 【2】ほうれん草入りトマトクリームドリア トマトを加えていつもの味に変化球。 こんがり焼けたチーズといっしょにどうぞ。 トマトは皮を湯むきして1cmの角切りにする。 ハムも同様に切る。 【2】鍋にバターを入れて中火にかけ、溶けてきたら、ほうれん草とハムを加えてサッと炒める。 小麦粉をまんべんなくふり入れて軽く混ぜ、牛乳を加え、混ぜながらとろみがつくまで加熱する。 トマトを加え、塩、こしょうで調味する。 『めばえ』2015年1月号 【3】すりおろしれんこんとえびのドリア すり下ろしたれんこんは、加熱することでとろみが出るので、だし汁で煮て和風の味わいをプラスし、ドリアのクリームソースの代用に。 ブロッコリーは粗く刻む。 れんこんは皮をむいてすりおろす(すりおろして長くおくと褐変するので注意)。 【2】鍋にだし汁を沸かして塩をふり、えびとブロッコリーを加えてサッと火を通す。 れんこんを加えて手早く混ぜ、とろみがつくまで加熱する。 教えてくれたのは 上田淳子さん ヨーロッパや日本のレストランなどで修業後、料理研究家として雑誌、書籍、テレビなどで活躍。 双子の男の子の母。 近著に『共働きごはん』(生活の友社)など。 『めばえ』2015年1月号 【4】和風さばみそドリア さばのみそ煮を洋風アレンジしてドリアに!みそと生クリームでコクを出せば、ボリュームが出ます。 【2】鍋に【A】を入れて中火にかけ、へらでかき混ぜながら、とろみがつくまで加熱する。 【3】耐熱容器に混ぜ合わせた【B】を入れ、【1】、【2】、チーズの順にのせ、オーブントースターで焼き色がつくまで焼く。 しょうがは皮つきのまま薄切りにする。 【2】フライパンにしょうがと【A】を入れて中火にかけ、ひと煮立ちしたらさばを加え、ときどき煮汁をかけながら10分ほど煮る。 混ぜ合わせた【B】を加えてとろみをつける。 教えてくれたのは YOMEちゃんさん 女の子のママ。 愛情たっぷりの育児日記と日常のアイデアあふれる献立を綴ったブログ「よめ膳@YOMEカフェ」 が毎月200万アクセスを誇る。 『ベビーブック』2013年10月号 【5】緑黄色野菜ドリア ごはんの上に野菜やチーズをトッピングした簡単ドリア。 免疫力アップに主食もとれるバランスのいい一品を。 トマトは1cm角に切る。 【2】【A】は混ぜ合わせて、塩、こしょうで軽く味をつける。 【3】耐熱容器にオリーブ油を薄く塗り、ご飯を敷き詰める。 上にミートソース、【1】、【2】、チーズの順にのせ、オーブントースターで焦げ目がつくまで焼く。 教えてくれたのは 阪下千恵さん 栄養士。 ふたりの女の子のママ。 家族のために作り続けてきたおいしくて、栄養バランスのいいレシピが人気。 子どもの食物アレルギーをきっかけに、アレルギー料理にも力を入れている。 『ベビーブック』2013年11月号 【6】カラフル野菜ドリア 手間のかかるホワイトソースは電子レンジで時短調理。 【2】ピーマンは粗く刻み、ブロッコリーは小房に分け、ベーコンは1cmの角切りにする。 ピーマンとブロッコリーを熱湯で1分ゆで、ベーコンを加えて、一緒にざるに取る。 【3】ホワイトソースを作る。 20cmぐらいの耐熱ボウルに1cm角に切ったバター(冷えたまま)を広げ入れ、小麦粉をふり入れて軽くまぶす。 ラップなしで電子レンジ(600W)で1分加熱する。 取り出して、泡立て器で30秒ほどしっかり混ぜる。 【4】【3】に牛乳200㏄を少しずつ(大さじ1~)加え、なじんできたら量を増やしながら全量混ぜる。 そのまま電子レンジで3分30秒~4分加熱し、取り出して泡立て器で混ぜる。 【A】と残りの牛乳を加えて滑らかになるまで混ぜる。 【5】ご飯に【2】としょうゆを加えて混ぜて耐熱の器に敷き、【1】、【4】、チーズをのせ、オーブントースターで焼き色がつくまで、5~8分焼く。 教えてくれたのは 青木恭子さん 小田真規子主宰のスタジオナッツ所属。 2つの保育園に7年間、栄養士として勤務。 0歳児の離乳食~5歳児の給食とおやつ作りを担当。 現在は、雑誌やWEBなどで活躍。 『ベビーブック』2014年7月号 冷や飯で作れる簡単人気レシピ【雑炊】 【1】きのことツナのレンジ雑炊 色々きのことほぐしたツナを入れて。 えのき茸は3cm長に切る。 【2】大きめの耐熱ボウルに【1】、【A】、ツナを入れて混ぜる。 ラップをかけ、電子レンジで2分30秒ほど(600Wの場合)加熱する。 教えてくれたのは 松尾みゆきさん 管理栄養士・料理研究家・フードコーディネーターとして、テレビや雑誌、書籍等、幅広く活躍。 自身も母として「食育」を実践している。 『めばえ』2016年5月号 【2】ブロッコリー入り卵雑炊 さらりと食べられる雑炊は、風邪で食欲がないときにもオススメ。 ブロッコリーでビタミンCも補給。 ブロッコリーは穂先を粗く刻む。 【2】鍋にだし汁、ご飯、長ねぎを入れてふたをし、弱火で5分ほど煮る(途中、煮汁が少なくなったら、だし汁か水を足す)。 ブロッコリーを加えて2分ほど煮、【A】で味を整える。 【3】仕上げに溶いた卵を加え、煮立ったら火を止め、ふたをして蒸らす。 教えてくれたのは 阪下千恵さん 栄養士。 2人の女の子のママ。 家族のために作り続けてきたという、おいしくて、栄養バランスもいいレシピが人気。 『ベビーブック』2012年1月号 冷や飯で作れる簡単人気レシピ【リゾット】 【1】トマトリゾット 鶏肉も煮込んでやわらかく仕上げる。 玉ねぎはみじん切りにする。 【2】鍋にバターを弱火で熱して玉ねぎを炒め、透き通ってきたら、鶏ひき肉とトマトを加えて炒める。 トマトが崩れてきたら【A】を加えて半量になるまで煮、ご飯を加えて、汁けが少なくなるまで煮詰める。 粉チーズを加え混ぜ、塩で味を調える。 *好みで、ゆでて小口切りにしたいんげんをのせる。 教えてくれたのは 鈴木 薫さん おしゃれで実用的なレシピが人気。 双子の女の子と、男の子の母。 『ベビーブック』2012年5月号 【2】チキントマトリゾット 鶏肉もトマトと一緒に煮込んでやわらかく仕上げるのがポイントです。 ブロッコリーは細かく裂く。 【2】鍋にサラダ油を熱して玉ねぎを炒め、しんなりしたら、鶏肉を加えて炒める。 【3】肉の色が変わったら、解凍したミックスベジタブル、ブロッコリー、トマトジュースを加えて煮、2~3分したらご飯を加えて軽く煮、【A】で調味する。 教えてくれたのは 尾田衣子さん 「ル・コルドン・ブルー」やイタリアにて料理を学び、 OLから料理研究家に転身。 現在、「料理教室Assiette de KINU」を主宰。 男の子のママでもある。 『ベビーブック』2013年5月号 【3】とろ~りチーズリゾット 長いものシャキシャキした食感が絶妙。 5cm幅の斜め切りにする。 【2】ベーコンは粗みじんに切る。 長いもは皮をむいて叩いて粗くつぶす。 【3】鍋に【A】を入れて煮立て、酒、しょうゆ、【2】、ご飯、チーズを入れ、かき混ぜながらとろみが出るまで3~5分煮る。 【4】器に盛って、【1】をのせる。 教えてくれたのは 井澤由美子さん 旬の食材を使い、食べ合わせによる体への相乗効果を大切にしたレシピが人気。 食育にも力を注いでいる。 一児の母。 『ベビーブック』2015年5月号.

次の