す だ も ふ 死因。 厚生労働省:死因順位(第5位まで)別にみた年齢階級・性別死亡数・死亡率(人口10万対)・構成割合

厚生労働省:死因順位(第5位まで)別にみた年齢階級・性別死亡数・死亡率(人口10万対)・構成割合

す だ も ふ 死因

死因とは、死んだ原因のことである。 概要 その人が死んだ原因をす言葉。 、、事件、、などを問わず全ての場面で使われる。 の資料によると、時点での死因の第は(がん)で27. が心疾患、3位が疾患となっている。 これにはの進展や医療技術の進歩がしていると考えられる。 や代の死因はとなっている。 以外にを向けると、、の紛争地帯、北を除くの各の最多死因はおおむね「・」や「」となっている。 それ以外のの最多死因は心疾患やがんが多い。 死因を判断するのはでは検察官・検視官・などの専門職の人であり、検察が判断するものは「検視」、が判断するものは「検死」や「検案」と呼ばれることが多い。 ただし、この辺りの言葉の区別については曖昧である。 のでは人が死ぬのがよくあることである場合もあるので、死因もそれに応じて多種多様である。 ニコニコ動画のコメントとしての「死因」 などの死ぬが多いでは、「死因:」というがされることがある。 ニコニコ動画のタグとしての「死因」 ある人物が亡くなった場合、その人物やのあるのに、として「死因」というが付けられることがある。 もちろん本当の死因ではないが、状況によってはとされることもある。 をつける際は「が通用するかどうか」についていったん考えた方がよいだろう。 その他死因に関連する言葉 厳密には直接的な死因ではないものや、的なものも含めた。 関連動画 関連項目•

次の

年齢別死因ランキング 病気、事故、自殺、他殺ほか

す だ も ふ 死因

言うならば、歌舞伎界の頂点の人物こそ市川團十郎といっても過言ではない。 歌舞伎は歴史がある日本伝統文化のひとつですが、市川團十郎の初代は元禄時代から始まりました。 そして2013年に十二代目となる市川團十郎さんがお亡くなりになり、現在は不在となっております。 そんな歴史ある市川團十郎という名跡ですが、歴代の死因を見てみると幾つか不可思議な死にかたをしている。 初代・市川團十郎は舞台で刺殺 狭客だった父の元に誕生した初代市川團十郎は、元禄歌舞伎を代表する人気役者でした。 そして屋号の成田屋の由来は、初代が成田山新勝寺近くの幡谷出身だった事からきているとの事。 そんな江戸で大人気だった團十郎は、人気絶頂の時に生島半六という歌舞伎役者に舞台で刺されて死んでしまいました。 その動機は・・・ 初代團十郎は子供好きで、いつも着物の袖にお菓子を持ち合わせていました。 それを目当てに團十郎の芝居小屋の周りにはいつも子供たちが集まっていたという。 ある日その子供たちの群れに半六の義理の息子がいました。 その子が「おいらにもくれ」というと「てめぇは親父にもらいな」と團十郎は返したそうです。 以前から團十郎は半六を金銭面や仕事の面で援助してました。 そして江戸時代に御法度の性的スキャンダルも團十郎が何とかしたそうです。 それにも関わらず半六は團十郎を裏切りました。 それに呆れた團十郎は半六の義理の息子にはこのような返しをしたそうです。 その事を後に聞いた半六は激怒。 團十郎が舞台『移徙十二段 わたましじゅうにだん 』に出演している最中に、楽屋から壇上に上がり隠し持っていたナイフで脇腹を刺し即死させたという。 一部ネットには半六が自分の息子を團十郎に虐待されたから刺したとあるが、虐待でもないですしその原因は半六にあったようだ。 三代目・市川團十郎は若くして病死 三代目市川團十郎は初代團十郎の弟子の息子。 その後二代目の養子となり、二代目が隠居した事に伴い三代目市川團十郎を受け継いだ。 将来有望視された歌舞伎役者のひとりでしたが、旅先の大阪で病気になってしまい、江戸に戻ったものの翌年22歳の若さで亡くなってしまった。 六代目・市川團十郎も若くして病死 六代目 市川團十郎は五代目の不倫相手の子として生まれた。 そのため一度弟子に引き取らせ、その後自分の養子として迎えた。 だが三代目と同じく22歳の若さで、風邪をこじらせ帰らぬ人となってしまった。 八代目・市川團十郎は謎の自殺 七代目の実子として生まれる。 二枚目役者として有名で、一時期不況になった江戸の芝居を再び活気付けた立役者。 天保の改革によって江戸を追放された父・七代目に会うために大阪に行く。 その大阪では父親と一緒に舞台に立つ事が決まりそのため稽古に励んだ。 だが、舞台初日を迎えた日に旅館で自殺してしまった。 その動機は(諸説あるが一番有力)・・・ 大阪で自分が舞台に立つ事は、江戸でお世話になった座元を裏切る行為。 その義理たてのためだと言われている。 こんな遺書もありました。 「父への慰問のつもりで大阪を訪ねたのに、父の友人である植木屋久兵衛から大坂でも演じてほしいと懇願され、断れなかったので大坂にきてしまい、江戸への不義を感じて死ぬ」 だが、後にこの遺書は創作だと判明した。 そのため義理立ての自殺という説も曖昧。 このように市川團十郎を襲名した歴代の人気俳優は非業の死を迎えてる。 だが、それだけではなく歴代の中には自分には火の粉が降りかからなかったが、自分に近い身内が災難を迎えたパターンもあった。 九代目・市川團十郎の養父や弟子が・・・ 兄であった八代目が自殺によって亡くなったため九代目を引き継いだ。 若い頃は「大根役者」と揶揄されていたが、町人の娯楽でしかなかった歌舞伎を日本の伝統文化とまで言われる芸術的なものに押し上げたのは、この九代目が尽力したからである。 そんな九代目團十郎は30歳の頃、空き巣に入られて養父を殺されてしまった。 自らは納戸に隠れてたため九死に一生を得た。 だが災難は続く。 生前九代目が一番気にしていたのが市川團十郎の後継。 自身には娘が二人で息子はいなかった。 そこで当時弟子で天才と呼ばれていた五代目市川新蔵を養子に迎え、十代目を継がせるために手塩にかけて育てた。 周囲からも「十代目市川團十郎だ」と期待された。 そんな新蔵だったが、眼病にかかり失明してしまう。 眼帯をして舞台にも立っていたが、その病気は悪化。 そして37歳の若さで新蔵は亡くなってしまいました。 十一代目・市川團十郎は息子が・・・ 現在の海老蔵さんのオジにあたる十一代目團十郎。 空前の歌舞伎ブームを巻き起こした戦後の代表的は花形役者。 海老蔵さんは若かりし頃、歌舞伎が嫌で反発していたが、十一代目の演技をフィルムで見て感動し、そこから歌舞伎に真剣に取り組むようになったとの逸話も残されている。 そんな十一代目だが、初婚の時に生まれた子供が夭折する悲劇に見舞われている。 その後離婚し、再婚した妻との間に後に十二代目となる團十郎が生まれた。 だが、自身は市川團十郎を襲名してわずか3年で亡くなってしまった。 死因は胃がん。 今もなお悲劇の名優とされている。 十三代目市川團十郎(襲名予定)は妻が・・・ そして十三代目市川團十郎を襲名するであろう現在の海老蔵さん。 ヤンチャで有名でしたが、結婚後は二人のお子さんにも恵まれ誰もが羨む家族像でした。 が、妻である小林麻央さんに乳がんが発覚。 その後の闘病生活を赤裸々に綴ったブログは話題にもなりました。 そんな闘病生活は3年。 残念ながら麻央さんは天国へと旅立ってしまいました。 死因は乳がん。 お亡くなりになった翌日の海老蔵さんの涙ながらの訃報会見は、見ててとても悲しい気持ちになりました。 参考: 九代目、十一代目、十三代目(襲名予定)市川團十郎は、このように自分ではなく身内に最悪な不幸が訪れたパターンでした。 上記のように今までの歴代を見てみると、死因は違えど若くして不運に見舞われお亡くなりになってます。 『【死因】舞台で刺殺や謎の自殺など市川團十郎にまつわる呪いと悲劇!』・まとめ 今回は市川團十郎にまつわる呪いと悲劇についてまとめてみました。 歴代の團十郎の 死因を見てみると、やはり何らかの呪いがあるのでは?ともおもえてくるほどだ。 この呪いは永遠に続いて行くのでしょうか。 できれば襲名予定の十三代目で終わりにして欲しい。 海老蔵さんもそのおもいで十三代目を襲名するのだろう。 今回も最後までご覧頂き有難うございました。 こちらもオススメです! 参考: 参考:.

次の

【死因】舞台で刺殺や謎の自殺など市川團十郎にまつわる呪いと悲劇!

す だ も ふ 死因

5 30. 1 心疾患 180 745 143. 7 15. 8 脳血管疾患 122 350 97. 2 10. 7 肺炎 112 004 89. 0 9. 8 老衰 38 670 30. 7 3. 4 総数 0歳 先天奇形,変形 及び染色体異常 897 83. 8 35. 1 周産期に特異的な 呼吸障害等 361 33. 7 14. 1 乳幼児突然死 症候群 145 13. 6 5. 7 不慮の事故 124 11. 6 4. 9 胎児及び新生児 の出血性障害等 99 9. 3 3. 9 0歳 1〜4 先天奇形,変形 及び染色体異常 160 3. 8 17. 7 不慮の事故 148 3. 5 16. 4 悪性新生物 87 2. 0 9. 6 心疾患 65 1. 5 7. 2 肺炎 43 1. 0 4. 8 1〜4 5〜9 不慮の事故 138 2. 4 25. 8 悪性新生物 111 2. 0 20. 8 心疾患 39 0. 7 7. 3 先天奇形,変形 及び染色体異常 29 0. 5 5. 4 その他の新生物 28 0. 5 5. 2 5〜9 10〜14 悪性新生物 95 1. 6 19. 5 不慮の事故 92 1. 6 18. 9 自殺 55 0. 9 11. 3 その他の新生物 34 0. 6 7. 0 心疾患 29 0. 5 6. 6 31. 2 悪性新生物 143 2. 4 9. 7 心疾患 71 1. 2 4. 8 脳血管疾患 38 0. 6 2. 6 15〜19 20〜24 自殺 1 474 22. 1 49. 8 不慮の事故 568 8. 5 19. 2 悪性新生物 222 3. 3 7. 5 心疾患 170 2. 5 5. 7 脳血管疾患 42 0. 6 1. 4 20〜24 25〜29 自殺 1 739 23. 9 48. 8 不慮の事故 507 7. 0 14. 2 悪性新生物 339 4. 7 9. 5 心疾患 207 2. 8 5. 8 脳血管疾患 84 1. 2 2. 4 25〜29 30〜34 自殺 2 003 23. 9 40. 6 悪性新生物 802 9. 6 16. 3 不慮の事故 546 6. 5 11. 1 心疾患 412 4. 9 8. 4 脳血管疾患 177 2. 1 3. 6 30〜34 35〜39 自殺 2 474 25. 9 31. 8 悪性新生物 1 694 17. 8 21. 8 心疾患 774 8. 1 9. 9 不慮の事故 722 7. 6 9. 3 脳血管疾患 478 5. 0 6. 1 35〜39 40〜44 悪性新生物 2 792 33. 1 26. 9 自殺 2 418 28. 7 23. 3 心疾患 1 240 14. 7 12. 0 脳血管疾患 862 10. 2 8. 3 不慮の事故 729 8. 7 7. 0 40〜44 45〜49 悪性新生物 4 762 61. 8 32. 7 自殺 2 470 32. 1 16. 9 心疾患 1 850 24. 0 12. 7 脳血管疾患 1 348 17. 5 9. 2 不慮の事故 843 10. 9 5. 8 45〜49 50〜54 悪性新生物 9 084 118. 7 40. 0 心疾患 2 791 36. 5 12. 3 自殺 2 763 36. 1 12. 2 脳血管疾患 2 047 26. 8 9. 0 不慮の事故 1 099 14. 4 4. 8 50〜54 55〜59 悪性新生物 19 036 210. 1 45. 4 心疾患 5 050 55. 7 12. 0 脳血管疾患 3 501 38. 6 8. 3 自殺 3 325 36. 7 7. 9 不慮の事故 1 748 19. 3 4. 2 55〜59 60〜64 悪性新生物 29 858 319. 1 48. 5 心疾患 7 450 79. 6 12. 1 脳血管疾患 5 074 54. 2 8. 2 自殺 3 050 32. 6 5. 0 不慮の事故 2 262 24. 2 3. 7 60〜64 65〜69 悪性新生物 39 360 471. 8 48. 0 心疾患 10 089 120. 9 12. 3 脳血管疾患 6 763 81. 1 8. 2 肺炎 3 264 39. 1 4. 0 不慮の事故 2 733 32. 8 3. 3 65〜69 70〜74 悪性新生物 47 866 695. 8 43. 7 心疾患 14 226 206. 8 13. 0 脳血管疾患 10 128 147. 2 9. 2 肺炎 6 477 94. 2 5. 9 不慮の事故 3 625 52. 7 3. 3 70〜74 75〜79 悪性新生物 59 945 1 035. 1 37. 6 心疾患 22 611 390. 5 14. 2 脳血管疾患 16 887 291. 6 10. 6 肺炎 13 206 228. 0 8. 3 不慮の事故 5 117 88. 4 3. 2 75〜79 80〜84 悪性新生物 59 587 1 411. 7 29. 6 心疾患 32 497 769. 9 16. 1 脳血管疾患 23 318 552. 4 11. 6 肺炎 23 000 544. 9 11. 4 不慮の事故 6 203 147. 0 3. 1 80〜84 85〜89 悪性新生物 40 706 1 752. 3 21. 4 心疾患 35 558 1 530. 7 18. 7 肺炎 26 498 1 140. 7 14. 0 脳血管疾患 24 021 1 034. 1 12. 6 老衰 7 666 330. 0 4. 0 85〜89 90〜94 心疾患 28 397 2 939. 6 20. 3 肺炎 22 166 2 294. 6 15. 9 悪性新生物 20 367 2 108. 4 14. 6 脳血管疾患 17 848 1 847. 6 12. 8 老衰 12 144 1 257. 1 8. 7 90〜94 95〜99 心疾患 14 188 4 547. 4 20. 9 肺炎 11 174 3 581. 4 16. 5 老衰 10 459 3 352. 2 15. 4 脳血管疾患 8 209 2 631. 1 12. 1 悪性新生物 6 398 2 050. 6 9. 4 95〜99 100歳以上 老衰 3 938 8 204. 2 26. 3 心疾患 2 914 6 070. 8 19. 5 肺炎 2 451 5 106. 3 16. 4 脳血管疾患 1 475 3 072. 9 9. 9 悪性新生物 818 1 704. 2 5. 5 100歳以上 注:1 [1] 乳児(0歳)の死因については乳児死因簡単分類を使用している。 [2] 死因順位は死亡数の多いものからとなっているが、同数の場合は、同一順位に死因名を列記し、次位を空欄とした。 [3] 死因名は次のように省略した。 4 33. 9 心疾患 85 543 139. 5 14. 0 肺炎 59 889 97. 6 9. 8 脳血管疾患 59 293 96. 7 9. 7 不慮の事故 22 588 36. 8 3. 7 総数 0 歳 先天奇形,変形 及び染色体異常 484 88. 2 33. 6 周産期に特異的な 呼吸障害等 214 39. 0 14. 9 乳幼児突然死 症候群 86 15. 7 6. 0 不慮の事故 73 13. 3 5. 1 胎児及び新生児 の出血性障害等 51 9. 3 3. 5 0 歳 1〜4 不慮の事故 91 4. 2 18. 4 先天奇形,変形 及び染色体異常 75 3. 4 15. 7 7. 5 肺炎 25 1. 1 5. 1 1〜4 5〜9 不慮の事故 95 3. 3 32. 4 悪性新生物 56 1. 9 19. 1 心疾患 20 0. 7 6. 8 先天奇形,変形 及び染色体異常 15 0. 5 5. 4 3. 8 5〜9 10〜14 不慮の事故 61 2. 0 21. 6 悪性新生物 49 1. 6 17. 4 自殺 34 1. 1 12. 1 その他の新生物 22 0. 7 7. 8 心疾患 16 0. 5 5. 7 10〜14 15〜19 不慮の事故 348 11. 3 35. 0 自殺 297 9. 7 29. 9 悪性新生物 96 3. 1 9. 7 心疾患 52 1. 7 5. 2 脳血管疾患 19 0. 6 1. 9 15〜19 20〜24 自殺 1 029 29. 9 50. 3 不慮の事故 452 13. 1 22. 1 心疾患 133 3. 9 6. 5 悪性新生物 127 3. 7 6. 2 その他の新生物 21 0. 6 1. 0 20〜24 25〜29 自殺 1 224 32. 9 51. 7 不慮の事故 369 9. 9 15. 6 心疾患 162 4. 4 6. 8 悪性新生物 153 4. 1 6. 5 脳血管疾患 55 1. 5 2. 3 25〜29 30〜34 自殺 1 433 33. 6 44. 0 不慮の事故 410 9. 6 12. 6 悪性新生物 367 8. 6 11. 3 心疾患 312 7. 3 9. 6 脳血管疾患 122 2. 9 3. 7 30〜34 35〜39 自殺 1 853 38. 3 36. 6 悪性新生物 706 14. 6 13. 9 心疾患 578 11. 9 11. 4 不慮の事故 539 11. 1 10. 7 脳血管疾患 344 7. 1 6. 8 35〜39 40〜44 自殺 1 815 42. 6 26. 6 悪性新生物 1 201 28. 2 17. 6 心疾患 949 22. 3 13. 9 脳血管疾患 619 14. 5 9. 1 不慮の事故 578 13. 6 8. 5 40〜44 45〜49 悪性新生物 2 237 57. 7 23. 3 自殺 1 951 50. 3 20. 3 心疾患 1 474 38. 0 15. 3 脳血管疾患 933 24. 1 9. 7 不慮の事故 651 16. 8 6. 8 45〜49 50〜54 悪性新生物 5 012 131. 1 32. 7 心疾患 2 232 58. 4 14. 6 自殺 2 180 57. 0 14. 2 脳血管疾患 1 390 36. 4 9. 1 肝疾患 843 22. 1 5. 5 50〜54 55〜59 悪性新生物 11 745 262. 0 40. 3 心疾患 4 082 91. 1 14. 0 自殺 2 650 59. 1 9. 1 脳血管疾患 2 477 55. 3 8. 5 不慮の事故 1 322 29. 5 4. 5 55〜59 60〜64 悪性新生物 19 825 433. 4 45. 8 心疾患 5 759 125. 9 13. 3 脳血管疾患 3 500 76. 5 8. 1 自殺 2 338 51. 1 5. 4 不慮の事故 1 637 35. 8 3. 8 60〜64 65〜69 悪性新生物 26 602 667. 7 46. 9 心疾患 7 310 183. 5 12. 9 脳血管疾患 4 664 117. 1 8. 2 肺炎 2 517 63. 2 4. 4 不慮の事故 1 945 48. 8 3. 4 65〜69 70〜74 悪性新生物 32 370 1 016. 6 44. 3 心疾患 9 314 292. 5 12. 7 脳血管疾患 6 661 209. 2 9. 1 肺炎 4 783 150. 2 6. 5 不慮の事故 2 396 75. 3 3. 3 70〜74 75〜79 悪性新生物 39 584 1 572. 0 39. 3 心疾患 13 277 527. 3 13. 2 脳血管疾患 10 184 404. 4 10. 1 肺炎 9 264 367. 9 9. 2 不慮の事故 3 161 125. 5 3. 1 75〜79 80〜84 悪性新生物 36 135 2 192. 7 32. 0 心疾患 16 010 971. 5 14. 2 肺炎 14 592 885. 4 12. 9 脳血管疾患 12 092 733. 7 10. 7 慢性閉塞性肺疾患 3 570 216. 6 3. 2 80〜84 85〜89 悪性新生物 19 609 2 785. 4 24. 4 肺炎 13 220 1 877. 8 16. 4 心疾患 12 708 1 805. 1 15. 8 脳血管疾患 9 145 1 299. 0 11. 4 慢性閉塞性肺疾患 2 594 368. 5 3. 2 85〜89 90〜94 肺炎 8 882 3 747. 7 19. 5 悪性新生物 8 161 3 443. 5 17. 9 心疾患 7 642 3 224. 5 16. 8 脳血管疾患 5 172 2 182. 3 11. 4 老衰 2 778 1 172. 2 6. 1 90〜94 95〜99 肺炎 3 351 5 585. 0 20. 7 心疾患 2 990 4 983. 3 18. 4 悪性新生物 2 064 3 440. 0 12. 7 老衰 1 823 3 038. 3 11. 2 脳血管疾患 1 654 2 756. 7 10. 2 95〜99 100歳以上 肺炎 532 7 600. 0 22. 3 老衰 495 7 071. 4 20. 7 心疾患 405 5 785. 7 16. 9 脳血管疾患 211 3 014. 3 8. 8 悪性新生物 197 2 814. 3 8. 6 25. 9 心疾患 95 202 147. 6 17. 9 脳血管疾患 63 057 97. 8 11. 8 肺炎 52 115 80. 8 9. 8 老衰 29 369 45. 5 5. 5 総数 0 歳 先天奇形,変形 及び染色体異常 413 79. 3 37. 0 周産期に特異的な 呼吸障害等 147 28. 2 13. 2 乳幼児突然死 症候群 59 11. 3 5. 3 不慮の事故 51 9. 8 4. 6 胎児及び新生児 の出血性障害等 48 9. 2 4. 3 0 歳 1〜4 先天奇形,変形 及び染色体異常 85 4. 1 20. 7 不慮の事故 57 2. 7 13. 9 悪性新生物 50 2. 4 12. 2 心疾患 28 1. 4 6. 8 肺炎 18 0. 9 4. 4 1〜4 5〜9 悪性新生物 55 2. 0 22. 8 不慮の事故 43 1. 6 17. 8 心疾患 19 0. 7 7. 9 その他の新生物 18 0. 7 7. 5 インフルエンザ 16 0. 6 6. 6 5〜9 10〜14 悪性新生物 46 1. 6 22. 4 不慮の事故 31 1. 1 15. 1 自殺 21 0. 7 10. 2 心疾患 13 0. 5 6. 4 5. 9 10〜14 15〜19 自殺 160 5. 5 33. 8 不慮の事故 109 3. 7 23. 0 悪性新生物 47 1. 6 9. 6 4. 0 15〜19 20〜24 自殺 445 13. 7 48. 7 不慮の事故 116 3. 6 12. 7 悪性新生物 95 2. 9 10. 4 心疾患 37 1. 1 4. 0 脳血管疾患 22 0. 7 2. 4 20〜24 25〜29 自殺 515 14. 5 43. 2 悪性新生物 186 5. 2 15. 6 不慮の事故 138 3. 9 11. 6 心疾患 45 1. 3 3. 8 脳血管疾患 29 0. 8 2. 4 25〜29 30〜34 自殺 570 13. 8 34. 0 悪性新生物 435 10. 5 26. 0 不慮の事故 136 3. 3 8. 1 心疾患 100 2. 4 6. 0 脳血管疾患 55 1. 3 3. 3 30〜34 35〜39 悪性新生物 988 21. 0 36. 3 自殺 621 13. 2 22. 8 心疾患 196 4. 2 7. 2 不慮の事故 183 3. 9 6. 7 脳血管疾患 134 2. 9 4. 9 35〜39 40〜44 悪性新生物 1 591 38. 2 44. 7 自殺 603 14. 5 16. 9 心疾患 291 7. 0 8. 2 脳血管疾患 243 5. 8 6. 8 不慮の事故 151 3. 6 4. 2 40〜44 45〜49 悪性新生物 2 525 66. 0 50. 9 自殺 519 13. 6 10. 5 脳血管疾患 415 10. 8 8. 4 心疾患 376 9. 8 7. 6 不慮の事故 192 5. 0 3. 9 45〜49 50〜54 悪性新生物 4 072 106. 4 55. 3 脳血管疾患 657 17. 2 8. 9 自殺 583 15. 2 7. 9 心疾患 559 14. 6 7. 6 不慮の事故 263 6. 9 3. 6 50〜54 55〜59 悪性新生物 7 291 159. 2 56. 9 脳血管疾患 1 024 22. 4 8. 0 心疾患 968 21. 1 7. 6 自殺 675 14. 7 5. 3 不慮の事故 426 9. 3 3. 3 55〜59 60〜64 悪性新生物 10 033 209. 8 54. 7 心疾患 1 691 35. 4 9. 2 脳血管疾患 1 574 32. 9 8. 6 自殺 712 14. 9 3. 9 不慮の事故 625 13. 1 3. 4 60〜64 65〜69 悪性新生物 12 758 292. 8 50. 5 心疾患 2 779 63. 8 11. 0 脳血管疾患 2 099 48. 2 8. 3 不慮の事故 788 18. 1 3. 1 自殺 785 18. 0 3. 1 65〜69 70〜74 悪性新生物 15 496 419. 4 42. 5 心疾患 4 912 132. 9 13. 5 脳血管疾患 3 467 93. 8 9. 5 肺炎 1 694 45. 8 4. 6 不慮の事故 1 229 33. 3 3. 4 70〜74 75〜79 悪性新生物 20 361 621. 9 34. 7 心疾患 9 334 285. 1 15. 9 脳血管疾患 6 703 204. 7 11. 4 肺炎 3 942 120. 4 6. 7 不慮の事故 1 956 59. 7 3. 3 75〜79 80〜84 悪性新生物 23 452 911. 5 26. 5 心疾患 16 487 640. 8 18. 6 脳血管疾患 11 226 436. 3 12. 7 肺炎 8 408 326. 8 9. 5 不慮の事故 2 735 106. 3 3. 1 80〜84 85〜89 心疾患 22 850 1 411. 4 20. 9 悪性新生物 21 097 1 303. 1 19. 3 脳血管疾患 14 876 918. 8 13. 6 肺炎 13 278 820. 1 12. 1 老衰 5 538 342. 1 5. 1 85〜89 90〜94 心疾患 20 755 2 847. 1 22. 0 肺炎 13 284 1 822. 2 14. 1 脳血管疾患 12 676 1 738. 8 13. 5 悪性新生物 12 206 1 674. 3 13. 0 老衰 9 366 1 284. 8 9. 9 90〜94 95〜99 心疾患 11 198 4 443. 7 21. 7 老衰 8 636 3 427. 0 16. 7 肺炎 7 823 3 104. 4 15. 2 脳血管疾患 6 555 2 601. 2 12. 7 悪性新生物 4 334 1 719. 8 8. 4 95〜99 100歳以上 老衰 3 443 8 397. 6 27. 4 心疾患 2 509 6 119. 5 20. 0 肺炎 1 919 4 680. 5 15. 3 脳血管疾患 1 264 3 082. 9 10. 1 悪性新生物 621 1 514. 6 4. 9 100歳以上.

次の