洗面 所 水垢。 水垢にサヨナラ!洗面所をピカピカにするたった2つの簡単掃除法【CaSy(カジー)】家事代行サービス

頑固な水垢を一掃♪お風呂や洗面所の鏡の掃除方法とキレイを保つコツをご紹介

洗面 所 水垢

洗面所の普段のお掃除方法から、黒ずみやカビ、水垢がある場合の掃除方法、適切な掃除頻度や排水口掃除の方法などを詳しくご紹介します。 ご家庭でできる簡単な方法をご紹介していますが、ひどいカビや蓄積した水垢などはなかなか落とすのが難しいです。 しばらく掃除をしていない、掃除をしたけれど落ちない汚れがある、という場合は、プロのを利用するのもおすすめです。 1)洗面台につく汚れの種類 毎日何度も使う洗面台は、主に以下のような汚れが付着します。 黒ずみ• 赤カビ• 手垢や化粧品などの油汚れ 黒ずみ 洗面台と壁を繋ぐコーキング材の部分やタイルの目地などにつきやすく、掃除を怠っていると洗面台の陶器全面に広がることもあるのが黒ずみです。 黒ずみは空気中に浮遊しているカビ菌が洗面台に落ちて、洗面台についている石鹸カスや皮脂などの汚れを栄養源に繁殖したものです。 水垢と結合している場合が多く、一度こびりついてしまうとなかなか落とせない厄介な汚れです。 赤カビ お風呂でもよく見かける赤カビは、「ロドトルラ」という酵母で、繁殖スピードが速いのが特徴です。 掃除してもすぐに発生してしまうのが厄介ですが、スポンジでこするだけで簡単に除去することができます。 水垢 蛇口や鏡によく付着する、白いうろこ状の汚れが水垢です。 掃除を怠った洗面台の陶器がざらついている場合も、堆積した水垢が石化している状態です。 水垢は、 水道水に含まれているミネラルやカルシウムといった物質が残って固まったものです。 ちゃんと掃除をしている場合でも、残った水道水が蒸発するとミネラルやカルシウムが残り水垢となってしまいます。 手垢や化粧品などの油汚れ 洗面台は毎日手を洗う場所なので、蛇口や鏡にはどうしても手垢がついてしまいます。 また、整髪料や化粧品も洗面台で使用する方が大半だと思いますが、使用時に飛んだ細かい飛沫も、放っておくと汚れの元となります。 2)洗面所の適切な掃除頻度 洗面所は、家族全員が1日に何度も使用するので汚れやすい場所です。 そんな洗面所を清潔に保つためには、毎日の掃除が必要です。 毎日掃除する暇なんてない!という方も多いと思いますが、 毎日の洗面所掃除は、洗面ボウルや排水口から髪の毛などのホコリを取り、スポンジや雑巾などで洗面ボウルをさっと掃除をするだけでOK。 こんな簡単な作業でも、汚れが蓄積しづらくなるので、毎日数分掃除するだけで洗面所がひどく汚れることはそうそうないはずです。 ただし、取り切れなかった汚れのせいでカビが生えたり、水滴によってどうしても水垢ができてしまったりはするので、以下で紹介する 汚れ別の掃除方法と排水口掃除を、月に1回は行いましょう。 つまり、さっとお掃除は毎日、念入り掃除は月に1回が洗面所掃除の適切な頻度です。 3)洗面所の汚れ別の掃除方法 洗面所の汚れに気づいて一生懸命掃除したけど、うまく汚れが落ちない……なんて経験はありませんか? ひょっとすると掃除の仕方が汚れに合っていないためかもしれません。 実は、汚れの種類に合わせて掃除方法や洗剤の種類を変えると、今までの苦労が嘘のように簡単に落ちることがあるのです。 汚れ別に効率的な掃除の仕方を紹介します! 3-1)準備するもの• クエン酸• スポンジ• 使い古しの歯ブラシ 汚れ別に掃除方法を変える必要はありますが、道具はこれだけ揃えれば十分です。 クエン酸と重曹は、洗面所以外のさまざまな場所に使えますし、この2つがあれば家中のほとんどの汚れに効くのでおすすめの掃除グッズです。 また、地球にも体にも優しい成分でできているので安心して使用できます。 3-2)黒ずみ・水垢の掃除の仕方 黒ずみは水垢と混ざって付着している場合が多いので、たいていの場合は水垢と黒ずみは同じ掃除方法で落とすことができます。 水垢はアルカリ性の汚れなので、ここで役に立つのは逆の性質を持つ酸性のクエン酸です。 スプレーボトルに入れる• 汚れに吹きかけて5分~10分ほど時間を置く• スポンジで汚れをこすり落とす• 洗い流して乾いた雑巾で水気を拭き取る また、タイルの目地や洗面台の淵などの細かい部分は、歯ブラシを使ってこすると落ちやすいです。 もし、これでも取れないような頑固な黒カビや水垢の場合は、下記の記事を参考に掃除してみてください。 3-3)赤カビの落とし方 赤カビは厄介な水垢とは違い、比較的簡単に除去することができます。 スポンジでこするだけで大部分は落とすことができますが、それでも落ちなければ市販のカビ用洗剤を使えばきれいにできるでしょう。 しかし、赤カビは掃除してもすぐに発生してしまうのが悩みの種です。 発生してしまったものを掃除するよりは、日ごろから発生させないように気を付けた方が手間が省けます。 1日1回、以下の簡単な作業を行って赤カビの発生を防ぎましょう。 洗面台を45度以上のお湯で洗い流す• 残った水分はなるべくふき取り、窓やドアを開けて洗面所の換気をよくする 赤カビの発生条件は汚れと湿気と適度な温度です。 高温のシャワーは汚れも流れやすい上に、45度以上なら赤カビの菌は不活性化するので一石二鳥です。 また、 湿気をためないためには洗面台からできるだけ水分をなくすことです。 いらないタオルなどで水分をふき取り、窓やドアをこまめに開けて換気に気を付ければ、赤カビに発生する隙を与えないでしょう。 3-4)油汚れの落とし方 手垢などの皮脂や、化粧品に含まれる油分による酸性の油汚れには、アルカリ性の重曹を使います。 重曹水(水100mlに対して小さじ1杯の重曹)を作ってスプレーボトルに入れて、汚れた個所にまんべんなく吹きかけてください。 軽い汚れの場合はそのまますぐにスポンジでこすってもいいですが、ひどい汚れの場合は10分ほど放置して油汚れと重曹が十分に反応するまで待ちましょう。 重曹と油汚れが中和されたら、 スポンジや歯ブラシなどで磨いて洗い流し、乾いた雑巾で水気をふき取ります。 このとき、 重曹が残ってしまうと乾いたときに白くなってしまうので十分にすすいでください。 重曹を使ったのに油汚れが取りきれない、という場合は以下の記事を参考にしてみてください。 4)洗面所の排水口の掃除の仕方 洗面所の排水口掃除は、上述した通り、普段は髪の毛やホコリなどの溜まったゴミを除去し、月に一度念入り掃除をするのがおすすめ。 念入り掃除の詳しいやり方は、以下の通りです。 準備するもの• クエン酸• 汚れてもいいスポンジ、使い古しの歯ブラシなど 汚れ別の掃除方法でも使った重曹・クエン酸が排水口掃除にも大活躍します。 それぞれアルカリ性と酸性で性質は真逆ですが、排水口にはさまざまな種類の汚れが付着するので、両方必要です。 また、排水口は多くの雑菌やカビが繁殖しているため、汚れを取るために使うスポンジや歯ブラシは、使用したら捨てられる使い古しのものがおすすめです。 排水口掃除の仕方• ホコリや髪の毛をスポンジや歯ブラシで取れるだけ除去する• 粉のままの重曹1カップを排水口にまんべんなくふりかける• 重曹の上から1カップのお湯にクエン酸小さじ2杯を混ぜたものをかける• お湯をかけて泡と汚れを洗い流す• この方法で見える部分の汚れだけでなく排水口奥にこびりついた汚れも落ちるはずです。 また、重曹とクエン酸には消臭作用もあるため、排水口から立ち込めていた異臭の解消・予防にも効果があります。 5)プロの洗面所クリーニングとは 洗面所クリーニングとは 洗面所クリーニングとは、 汚れやすい洗面ボウルはもちろん、排水口や床まで専用の洗剤や道具を使ってきれいに洗浄するプロのクリーニングのことです。 手垢や水垢、繁殖してしまった赤カビ・黒カビなど、洗面所に溜まってしまう汚れを、専門の洗剤と道具を使って徹底的に落とします。 プロに聞く!洗面所クリーニングのメリット 洗面所クリーニングは、家庭では落としづらい水垢や黒カビ、排水口奥のヘドロなどを除去・洗浄します。 徹底洗浄により一度新品のような状態になれば、そのあとのお手入れが簡単に。 洗面所をきれいなまま使い続けるためには、1年に一度プロによるクリーニングの実施をおすすめします。 洗面所クリーニングの料金相場と所要時間• 汚れの度合いによって使用する洗剤を変更したり所要時間が異なる場合もあるため、事前に汚れの状態や気になるところはクリーニングのプロに伝えておきましょう。 また、年末の大掃除の時期には予約が集中するので、早めに予約をするのがおすすめです。 プロに聞きました!洗面所クリーニングのよくある質問 Q 水垢やカビは完全に取れるの? A ほとんどの場合除去可能ですが、時間経過によって定着してしまったカビや、あまりに蓄積した水垢の場合、クリーニングで薄くするのが限界の時もあります。 また、洗面台の素材に変質や変色が起こっている場合、クリーニングでは元に戻りません。 Q 臭いは取れるの? A 汚れによる臭いはほとんどの場合除去可能です。 ただし排水口の奥底や下水から臭ってきている場合は、排水管洗浄をしないと臭いがなくならないこともあります。 6)写真で見るプロの洗面所クリーニング• 洗面所クリーニングは特に事前の準備は必要ありませんが、当日は車1台でいらっしゃるので、駐車場の有無だけは事前確認が必要だそうです。 駐車不可の場合は近くのコインパーキングに停めてくれるとのことでした。 提供サービスのページに「ハウスクリーニングの豊富な知識でお役に立てるアドバイスもさせて頂きます」との記載が。 日頃の掃除の仕方についてもアドバイスもらえるかしら?と期待が高まります。 時間ぴったりに来てくださいました さて作業当日。 「ハートクリーン」のハウスアドバイザー、青山さんが約束の時間ぴったりにいらっしゃいました。 「ハートクリーン」の青山さん 清潔感のある服装で礼儀正しく挨拶してくださったので、安心感がありました。 きれいなスリッパも持参してくださいました。 クリーニングが終わったときに、小物類を掃除前と同じ場所に戻すためだそうです。 次に、ビニールシートを敷いて床などが汚れないようにケアをしてくれます。 準備が整ったら、歯ブラシなどの小物類をどけて清掃スタート。 洗面所クリーニングできれいにしてくれるのは以下の6箇所です。 まずは整髪料などを置いている小物入れをスポンジでしっかり洗ってくれました。 ピカピカになって嬉しい! ピカピカになった小物入れ 次は照明と鏡のクリーニング。 電球は普段あまり気にしていなかったので、うっすらとホコリが…… 自分で触らないところもピカピカにしてくれるのはうれしいですね。 洗面台の鏡を掃除する時は、洗剤を使わないそう。 マイクロファイバーの布を使うと拭きムラがつきにくいので、きれいになりやすいそうです。 プロはどうやって掃除するの? お次は本命の洗面ボウルです。 普段自分で洗面ボウルを掃除するときは、洗剤を何回かスプレーしてスポンジでこすっていました。 今回初めてプロに依頼してみて驚いたのは、使う洗剤の量。 磨く場所すべてに十分に洗剤がいきわたるよう、丹念にスプレーをした後、泡でこするようにして全体を磨きます。 水を流すときは飛び散らないように気を配ってくれていたのも好印象! 髪の毛などのゴミを取るストッパーもきれいに。 そして一番気になっていたのが蛇口の汚れ。 ヘラでこそげるようにして汚れを落としてくれました。 しつこくて固まってしまった汚れは、細かなヘラで削るそうです。 はた目にはもうピカピカなのでは……と思うほど一瞬にしてきれいになった洗面ボウルですが、青山さんは少し時間を置いて何度も角度を変えて見ています。 写真ではうまく伝えられないのが残念ですが……角度を変えることによって、水垢が残っているのが見えるのだそう。 私も一緒に見せてもらったのですが、絶対に気付かないようなうっすらとした水垢が。 徹底的に汚れを落としてくれるんだ!と感動。 洗面ボウルのクリーニングが終わったら収納庫のドアも磨いてくださって、全体を見直して終了!所要時間は約50分でした。 石鹸カスがついていた鏡は、あとがなくなってピカピカに。 電球もきれいに!ホコリが落ちたことで洗面所全体が明るくなった気がしました。 排水口は、周りについていた黄ばみが取れて、中まで真っ白に。 一番気になっていた蛇口の汚れは、目のつまりもなくなって、茶色い水垢もすっきり落ちています。

次の

洗面所・洗面台の掃除方法。汚れの溜まった洗面台をキレイに!

洗面 所 水垢

しかし、お風呂の洗剤を使ってもその汚れは、なかなか落ちません。 水垢汚れを落とすには、クエン酸を使ってまずはつけ置きを行ってみてください。 クエン酸を使って洗面台の水垢を取る方法• 洗濯洗剤のスプー15杯くらいのクエンを入れます。 手でかきまぜながら、クエン酸を溶かします。 そのまま朝まで、つけておきます。 柔らかいスポンジでこすり洗いをし、乾いた雑巾で拭いて終了です。 クエン酸を使って蛇口の水垢を取る方法• 蛇口の水垢汚れの部分に、ほんの少しクエン酸をふりかけます。 その上から濡らしたキッチンペーパーで蛇口付近を覆います。 1時間くらい放置しその後、スポンジなどで磨きます。 乾いた雑巾で汚れを拭き取り完了です。 水垢の汚れがなかなか落ちなくて困っているお悩みの方は、まずこの方法から試してみるようにしてください。 洗面台の水垢にクエン酸を吹きかける落とし方 前の記事では、クエン酸を使ってつけ置きをして水垢を取る方法を説明しましたが、ここでは洗面台の水垢にクエン酸を吹きかける落とし方についての掃除の仕方のお役立ち情報をお伝えしていきます。 洗面台を隅々までよく見ると、水垢と一緒に黒ずみの汚れも付着していることがあると思います。 水垢と黒ずみ汚れはクエン酸で落とす• まず、スプレーボトルを用意します。 クエン酸小さじ半分くらいの量を水100mlに溶かします。 汚れのついた水垢部分に吹き付けて、15分程度放置します。 スポンジなどで磨き、乾いた雑巾で汚れを拭き取り完了です。 細かい溝などの部分は、使い古しの歯ブラシなどで、こすってみると良いでしょう。 黒ずみの汚れって、一度ついてしまうと、なかなかキレイに落ちないですよね。 上記で説明したクエン酸スプレーをいつも常備しておき、洗面所を使うたびにさっとひと拭き吹きかけ、楽に掃除を行いたいものですね。 メラミンスポンジを使った水垢の落とし方 ここ数年の間に「メラミンスポンジ」という洗剤を使わなくても水だけで汚れを落とすことのできる、魔法のようなスポンジを目にしたり、耳にしたり、実際に使っていると言う方もいるのではないかと思います。 「メラミンスポンジ」は水だけで水垢を取ることのできるスポンジ サイズも大きなものから、小さなサイズのものがあります。 切って使えるお得なサイズのものもあります。 しかし、頑固にこびりついてしまった水垢は、そうそう簡単に落とすことはできません。 クエン酸を拭きかけて、汚れを落としたあとに汚れのある箇所を擦ってみると、きれいに汚れを落とすことができますよ。 注意点としては、洗面台の素材によっては「メラミンスポンジ」を使うと傷ができてしまうものもあるようなので、使用する前には必ず注意事項をきちんと読んでから使用するようにしましょう。 蛇口に付いた頑固な水垢を取る方法 上記の方法を試してみたけど、頑固な水垢汚れを落とすことができない場合には、クエン酸の他に、重曹をプラスして汚れを落としましょう。 蛇口に付いた頑固な水、クエン酸と重曹できれいに• 蛇口の水垢汚れの部分に、クエン酸をふりかけます。 その上から重曹をふりかけ、少しずつ水をかけていきます。 シュワシュワと泡が発生し汚れを落としてくれます。 15分ほど放置したあと、スポンジなどで磨き、乾いた雑巾で汚れを拭き取り完了です。 洗面台に一度、頑固な汚れがついてしまうとその汚れは蓄積されてしまい、万能な洗剤を使っても汚れがなかなか落ちなくなってしまうことがあります。 そうならない為にも、普段からこまめに掃除をするようにすることが大切です。 お子さんが小さかったり仕事が忙しいと、掃除をすることも大変ですよね。 毎日、洗面台を掃除することはできなくても、使ったあとに乾いた雑巾で水分を拭くだけでも、掃除が楽になるでしょう。 関連する記事• 2018. 11 毎日毎日家の掃除をしていると、「今日は掃除をするのが面倒」と思う事もありますよね。 とはいえ、日々の生活を送る家は綺麗な状態で保っておきたいものです[…]• 2018. 08 片付けを始めたものの捨てるべきものがよくわからないという事はありませんか。 最近流行りの「断捨離」や多くの物を持たない「ミニマム生活」。 いら[…]• 2018. 11 子供が中学生にもなれば、勉強に集中できるように部屋をきれいにしてあげたいと思いますよね。 でも小学生の時とは違って、なかなか親には掃除をさせ[…]• 2018. 09 掃除や片付けをしたら気分スッキリ!のはずなのに…。 掃除をしても全然すっきりしないのはどうしてなのでしょうか? 部屋はきれいになったの[…].

次の

自分でできる洗面所掃除の方法とプロのクリーニングを徹底解説

洗面 所 水垢

洗面台の汚れとその原因とは? そもそも、洗面台ってどうして汚れるのでしょうか? 「水を使うから?」 それもあります。 でも、洗面台を汚す犯人は、水以外にもあるのです。 洗面台に付く汚れには、大きく分けて4つの種類があります。 水垢 水玉模様やうろこ状になっている汚れです。 水の中に含まれる「ミネラル分」が原因で発生します。 手垢 蛇口付近には、手垢による汚れが多く存在します。 カビ 浴室も近く、常に水気があるため、湿気でカビが生えやすい環境になっています。 黒ずみ カビやホコリが、水垢や石鹸カスと固まってできる汚れです。 これらの汚れはそれぞれ、落とし方が異なります。 すべての汚れを同時に完璧に落とせる魔法のアイテムが欲しい……! ですが、現代にはまだ発明されていないので、汚れの性質に合わせた落とし方をしましょう。 洗面台のお掃除には「クエン酸」と「重曹」が活躍 アルカリ性の汚れにはクエン酸、酸性の汚れには重曹が相性抜群! 水拭きしたあと、乾拭きする 濡れたまま放っておいてしまうと、新たな汚れの原因になってしまいます。 布巾で綺麗に水拭きして、そのあと乾拭きをしましょう。 「きれいに乾かすまでが、洗面台のお掃除」です! ちなみに、 鏡の下の隙間に溜まったホコリや歯磨き粉の汚れは使用済みのプラスチックカードでキレイに掻き出すことができます。 簡単な方法なので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 鏡の掃除〜日頃のお手入れ編〜 先程はしっかりとした鏡のお掃除方法をご紹介しましたが、ここからは日頃のちょっとしたお掃除方法を見ていきましょう! メガネクロスで掃除する 洗顔などの後鏡に水分が付いてしまった時、タオルやティッシュなどで鏡を拭くとどうしても拭いた後が残ってしまいますよね。 しかし、そんな時はメガネクロスで拭き取ると拭いた後が残らず水垢が付かないのでおすすめです。 拭き方1つでお掃除の完成度が高まるので、ぜひ試してみてください! 新聞紙で掃除する 「えっ、新聞紙!?」とびっくりするようなお掃除方法ですが、新聞紙でも鏡がキレイになります。 やり方は簡単。 まず新聞紙を丸めて濡らします。 それで鏡を拭き、その新しい後乾いた新聞紙で水分を拭き取ります。 なぜ新聞紙で鏡がキレイになるかというと、インクが鏡のくすみ汚れを吸収してくれるためだそうです。 拭き取るだけの簡単な方法なので、日頃のお手入れにおすすめですよ。 蛇口の気になる手垢・水垢を掃除しよう 使うたびに必ず触る場所、蛇口。 濡れた手で触るので、水垢と手垢の両方に悩まされます。 両方とも、綺麗に落としましょう! 布巾で拭き取る 最後に、乾いた布巾で拭き取ります。 乾いた状態にできたら、終了です。 照明やキャビネットも掃除をしよう 洗面台や蛇口を掃除したら、ついでに 照明やキャビネットの掃除もしてしまいましょう。 普段、なかなか掃除が行き届かないところではありますが、毎日使う物ですので、簡単でも定期的に掃除することをおすすめします。 化粧道具でも洗面台は汚れていく 洗面台で化粧をする人も多いと思います。 毎日使えば使うほど、当然ですが洗面台も汚れていきます。 しかも、洗面台についた化粧道具は、なかなか落ちませんよね。 整髪料や化粧道具での洗面台の汚れは、油汚れになりますので、 重曹とクエン酸を使って歯ブラシでこすればきれいに落ちますよ! キャビネットを掃除しよう! まずはキャビネットをお掃除していきます! 床掃除の王道商品、クイックルワイパーです。 洗面台の下は水が飛び散ったり、髪の毛が落ちたりして、実は結構汚れています。 こうした汚れをサッと一拭きで、綺麗にできるのでぜひ使ってみてください。 床まできちんと綺麗にできたら、洗面台のお掃除も無事終了です! 洗面台の汚れを予防するには? 洗面台のお掃除方法がわかったところで、最後に洗面台の汚れの予防方法を見ていきましょう。 洗面ボウル シリコン入りの髪用リンスを乾いた布に含ませ、洗面ボウルに塗りつけます。 シリコンがボウルをコーティングし、ある程度汚れを防止してくれますよ。 鏡 曇り止めや撥水剤をスプレーすると、水垢のこびりつきを防ぐことができます。 お掃除のプロに聞いてみた!洗面台をお掃除するときの注意点 ここまで、洗面台を綺麗にする方法をご紹介しました。 水垢や黒ずみ、手垢など、様々な汚れに悩む方の参考になれば幸いです。 最後に「あなたのマイスター」では、洗面所クリーニングのプロに「」と聞いてみました。 たくさんのプロの方の意見の中から、一部を紹介します。 水垢が取れないからといって硬いもので擦ると、陶器もそうですが、蛇口は傷だらけになってしまいます。 そうなると、さらに汚れが付きやすくなり見た目も悪くなってしまうので、気をつけてください。 それから、陶器は硬い鈍器のようなものを落とすと割れてしまうので、ご注意を。 プロの業者さんが特に共通して言っていたのは、とにかく「強くこすらない」ということ。 確かに、汚れがなかなか落ちないと、力を入れてゴシゴシしたくなりますよね。 しかし、それは絶対にNG。 傷がつかないよう、配慮して行ってくださいね。 「あなたのマイスター」では、もっとたくさんのプロに、他にもいろいろな疑問に答えてもらっています。 そんなプロの声を「」に集めました。 自分でお掃除するときも、ハウスクリーニングをお願いするときも、役に立つこと間違いなしです! まとめ 洗面台が綺麗だと、1日の始まりを気持ちよく迎えることができますね。 そんな洗面台に関する掃除は、 クエン酸や 重曹を使えばバッチリです。 サビや頑固な汚れは、重曹の研磨作用を使って削り落とすこともできますよ! 毎日使う場所である以上、時間が経てばどうしても汚れはたまってしまいます。 綺麗な状態を保つには、 定期的なお掃除が必須です。 どうしても落ちない汚れがある場合は、ハウスクリーニングの業者さんに依頼することもできます。 決して無理して強くこすったりせず、プロの技に任せるのがおすすめですよ。 洗面所は綺麗になりましたか? 1箇所がピカピカになると、他の場所の汚れが逆に気になったりしますよね。 お掃除して汚れが落ちると、やっぱり気持ちが良いので、ぜひいろいろなところをお掃除してみましょう! 日本には 「大掃除」という素敵な習慣があります。

次の