イヤホン メーカー おすすめ。 イヤホンのメーカーランキング ベスト10!どれがオススメ?!

ワイヤレスイヤホンおすすめ26選【2020年】防水・高音質などランキングで発表!

イヤホン メーカー おすすめ

フリーライター 1980年代後半よりフリーライターとして活動。 現在注視しているフィールドはIT、IoT、AV機器、モビリティ、クラウドファンディングなど。 1971年生まれ。 元Kotaku Japan編集長。 1980年代後半よりフリーライターとして活動。 現在注視しているフィールドはIT、IoT、AV機器、モビリティ、クラウドファンディングなど。 1971年生まれ。 元Kotaku Japan編集長。 イヤホンおすすめ一覧 本記事で紹介したおすすめのイヤホンを一覧表で比較!ぴったりな商品を見つけてみてください! 注目ポイント 不要な振動を抑えて迫力ある音を演出 安定したフィット感を提供 広大なサウンドと低音の表現力が抜群 ストレスフリーな音楽体験を 装着すれば瞬時につながる 超軽量な完全ワイヤレスの進化系 圧倒的利便性で快適な音楽を届ける クリアでタイトな音を実現 音響工学と心理学に基づいた音質設計 あるがままのサウンドを徹底追求 より静かな環境でよりクリアな音を ノイズレベルを自在にコントロール 好きな音楽だけに没頭できるサウンド シームレスに操作して音楽を楽しむ 外れにくくスムーズに音楽を再生 ぴったりと安定したフィット感 激しい動きにも耐えるデザイン クリアな重低音を楽しめる 小型化と奥行きのある重低音の両立 相手の声をクリアに伝える 公共の場でも通話をしっかりサポート 商品画像 世の中にあふれるモノや情報にアンテナを張り巡らせ、心も生活も豊かになりたい、美容も健康も手に入れたいと欲張りな願望を抱いている不届き者。 ワークアウトが趣味で、家には筋トレグッズやストレッチグッズがゴロゴロ。 気分によってグッズを使い分けてます。 基本的には"まごわやさしい"食生活を送っていますが、珈琲とパンが大好き。 好きな映画は「The Godfather Part II 」と「ラストエンペラー」。 世の中にあふれるモノや情報にアンテナを張り巡らせ、心も生活も豊かになりたい、美容も健康も手に入れたいと欲張りな願望を抱いている不届き者。 ワークアウトが趣味で、家には筋トレグッズやストレッチグッズがゴロゴロ。 気分によってグッズを使い分けてます。 基本的には"まごわやさしい"食生活を送っていますが、珈琲とパンが大好き。 好きな映画は「The Godfather Part II 」と「ラストエンペラー」。

次の

【2020年最新】イヤホン有名メーカー6社の特徴&おすすめ20選|人気の完全ワイヤレスタイプも!

イヤホン メーカー おすすめ

おすすめのイヤホンメーカーはどんなメーカー?? 今回はオススメのイヤホンメーカーをいくつか紹介したいと思います。 メーカーごとに音の傾向があるということはあまり知られていない事実です。 これを知っておくと家電量販店などでイヤホンを選ぶ際に非常に楽になりますし、失敗することも減ると思います。 また、今回紹介するイヤホンメーカーの中でもおすすめのイヤホンもいくつか紹介しております。 詳しく書くことを心がけていますが、今回の紹介文を読んで、気になったメーカーのイヤホンがありましたら、実際にお店に足を運んで、是非その音を堪能してみてください! おすすめできるイヤホンメーカーとは? soundPEATS soundPEATSのイヤホンは最近は通販サイトなどでよく見掛けますね。 後述の「低価格帯イヤホンに強みがあるメーカー」としてもご紹介していますが、soudPEATSの特徴である 低価格なBluetoothイヤホンの製品群は他メーカーを圧倒しています。 そんなsoundPEATSの最新の売れ筋イヤホンを一つご紹介させて頂きます。 画像をクリックするとAmazonに移動します soundPEATS Q30というイヤホンです。 筆者はこちらのイヤホンを愛用しているのですが、 3,000円程度の超低価格ながらその価格からは想像も出来ないほどの低音を鳴らしてくれます。 後述しますが他にもより高音質なイヤホンを所有しているにも関わらず、Bluetoothの便利さとある種壊れてしまっても仕方無しと思えるくらいのコストパフォーマンスからこのsoundPEATS Q30を持ち出す機会が最も多いです。 高級過ぎるがゆえに扱いに気を使い過ぎて外に持ち出すのをためらってしまうようではイヤホンそのものの役割を果たせませんからね。 このQ30は、後述でおすすめとしてご紹介しているQ12と言うイヤホンの実質後継イヤホンなのですが、Q12もそのコストパフォーマンスの高さから未だに売れ続けている大ヒットモデルとなっており、soundPEATSのイヤホンがいかに人気があるか伺えます。 shure こちらも後述の各項目で細かくご紹介していますが、特にshureのSE215というイヤホンは音楽プレイヤーやスマートフォン付属のイヤホンから更なる高音質を求めてステップアップされる際のひとつのベンチマークとなる、言わば ザ・高音質イヤホンの入門機であり、ある意味ではゴールともなり得る逸品です。 実はこちらが筆者のもうひとつの愛用イヤホンなんです。 このSE215以外にも下位モデルであるSE112は実勢価格5,000円以下ながら、クラスを超える低音域の表現力を持ち、ワンランク上のSE315はSE215とはドライバーの違いから単純なランク違いではなく全く方向性の違う音作りとなっています。 総合評価: 更にツーランク上のSE425においてはまるでアーティストのレコーディングブースの目の前で聴いているかのような、ある種全く味付けのなされていないフラットかつネイティブなバランスのリスニング体験をさせてくれます。 画像をクリックするとAmazonに移動します そう、shureのイヤホンにはいわゆる ハズレモデルが無いのです。 もちろん筆者の経験上からと言う狭い範囲ではありますが、高音質イヤホンを欲しい!と思われている方にはまずおすすめしたいメーカーです。 「音質の違いに気付く自信はないよ!」 という方でも恐らくほとんどの方に音楽プレイヤーやスマートフォン付属のイヤホンのそれとは明らかに違うことを実感してもらえるのではないでしょうか? おすすめできないイヤホンメーカーとは? エレコム 正直なところ特段おすすめできないイヤホンメーカーって無いんです。 強いて言えば100均イヤホンなどは価格なりの音質と耐久性ですが、購入される方もそこは承知の上で買われてると思いますので、ある意味ではコストと品質のバランスは保たれたイヤホンであるとも言えます。 そんな中、筆者が強いて挙げるとするならばエレコムです。 多くの方がご存知かとは思いますが、エレコムはもともとはパソコン周辺機器メーカーです。 国内でもBUFFALO、IO・DATEと並びPC周辺機器サプライヤーとして確固たる地位とシェアを有しています。 そんなエレコムですが、意外にも実は音楽リスニング向けのイヤホンを販売しています。 家電量販店などでは試聴コーナーもあったりしますのでご興味のある方は是非お試し頂ければと思います。 ではそんなエレコム製イヤホンのどこがおすすめできないか?と言うと、 ・大手ならではの優等生スペック過ぎて非はないが優もない この一点に尽きます。 当然ながらこれは優劣の表裏一体で、非がないと言うことは万人におすすめ出来るイヤホンであるとも言えます。 しかし、人におすすめする時に 「エレコムのイヤホンは良いよ!」 とは伝えないと思うのです。 すると、とてもバランスのとれた平均点的なイヤホンは人にはおすすめしなくなるわけです。 裏を返すとつまり、 より多くの人にとって平均値、あるいは平均値をやや超えるバランスの取れたイヤホンは特筆する付加価値や絶対的な尖った特徴がないのでおすすめとして挙げづらいと言う非常に残念な側面を持ってしまうのです。 筆者は決してエレコムのイヤホンが悪いとは思いません。 しかしながら他メーカーと比較した時に特筆出来るような個性が薄いのもまた事実かと思います。 低価格帯イヤホンに強みがあるメーカー TaoTronicsの紹介、TaoTronics製のイヤホンの紹介 TaoTronicsは2008年から本格的に始動したニューカマーのメーカーです。 イヤホンだけでなく、加湿器やカメラレンズキットなど幅広い商品を取り扱っています。 イヤホンを含め、TaoTronicsの商品は 比較的リーズナブルであるにも関わらず、 その価格に見合わないハイクオリティーな商品が数多くあります。 たとえば、おすすめのイヤホンの一例を挙げますと、TT-BH07 Bluetooth 4. 1ステレオイヤホンは非常にリーズナブルなBluetoothのイヤホンで解像度が高く、非常に音の良いイヤホンとして世間の注目を集めました。 総合評価: BOSEの紹介、BOSE製のイヤホンの紹介 BOSEもイヤホン業界では老舗のような立ち位置にいるオーディオメーカーです。 ヘッドホンやスピーカーを得意としてきましたが、最近のトレンドなどもしっかり汲み取り、直近のニュースとしては2017年下期に左右独立型イヤホンも発売しました。 現在、かなりの注目を集めている商品です。 音質に関してはほかの高級イヤホンが高音域や中域、重低音域それぞれのバランスを意識しているのと比較して、 重低音域に重点を置いた音作りをしています。 BOSEの重低音域はただただズンズンドンドン鳴らすだけではなく、深みのあるリスニングしていて心地よい音に仕上がっています。 この音を求めてBOSEの商品を選び続ける客層も多いです。 総合評価: 様々な価格帯のイヤホンを出しているメーカー JVCの紹介、JVC製のイヤホンの紹介 JVCのイヤホンはこれまであまりオーディオ業界で注目されてきませんでしたが、近年注目されるようになりました。 それは左右独立型イヤホンの発表がきっかけとなっています。 JVCはイヤホンなどのオーディオ製品だけでなく、さまざまな商品を開発してきた伝統あるメーカーです。 なので、幅広いジャンルにおける技術を併せ持っているので、トレンドに乗って発表される商品を調べてみると、その完成度に驚くことが少なくありません。 先ほど述べた左右独立型イヤホンの特徴を述べますと、まだまだ左右独立型イヤホンは開発途上であるのにも関わらず、 他社製品よりも充電の持ちが良かったり、音質にも妥協がありません。 このような細かい努力が信頼につながっているのかもしれません。 その中でもおすすめのイヤホンが 画像をクリックするとAmazonに移動します このBeoplay E8です。 実勢価格こそ29,000円台とやや高価なイヤホンではありますが、このBeoplay E8は左右独立型のBluetoothイヤホンとは思えない解像感タップリの音を鳴らしてくれるのです。 なかなかBluetoothイヤホンでは有線に対して音質のアドバンテージは得られづらく、また左右独立型ともなると接続が悪かったりするものも多々あるのが現状なのですが、このBeoplay E8は左右接続の安定感が抜群なんです。 音楽プレイヤー本体とイヤホンとがワイヤレスというだけでなく、イヤホンの左右もワイヤレスだと、例えば服やバッグに引っかかって耳から外れてしまったり、ジョギングなどの運動の際にもイヤホンの存在を意識することなく好きな音楽を楽しめます。 音質の傾向としては中〜高音域よりの音作りとなっていて、やや低音域が弱めです。 とは言え、余程の低音がズンズン響くイヤホンがお好みの方でなければ多くの方が大満足されるであろう味付けだと思います。 最近一気に増えた感のある左右独立型Bluetoothイヤホンですが、このBeoplay E8以上の音質と価格のバランスの取れたイヤホンはそうそう出てこないんじゃないかな?と思える製品です。 重低音に強みのあるおすすめイヤホンメーカー SENNHEISER 重低音に定評のあるメーカーと言うとshureやBOSEを挙げられる方も多いと思いますが、筆者は敢えてこの SENNHEISERをおすすめしたいと思います。 SENNHEISERはドイツの老舗イヤホンメーカーです。 そのSENNHEISERのイヤホンラインナップの中でも非常に高い人気を誇っていたIE8と言うイヤホンの血統を受け継ぐ最新モデルが昨年発売されました。 画像をクリックするとAmazonに移動します このIE80SはこれまでのIE8やIE80と比べると明らかに解像感が増しています。 もちろんSENNHEISERイヤホン群の特徴である際立った重低音はそのままです。 IE80Sはイヤホンファンでない方から見るとかなり高級なイヤホンと感じられるかと思いますが、SENNHEISERのイヤホンは下位モデルから上位モデルまで重低音に重きを置いた一貫した音作りが特徴です。 ですので重低音が響くイヤホンがお好きな方でしたらSENNHEISERのイヤホンを是非一度お試し頂く事をおすすめします。 デザイン性に優れたおすすめイヤホンメーカー RHA RHAは2011年に創業したばかりのスコットランドのイヤホン専門メーカーです。 RHAのおすすめのイヤホンはこちらです。 画像をクリックするとAmazonに移動します このMA750、シンプルながら高級感溢れるデザインで、男女問わずにおすすめしたいイヤホンです。 ゴテゴテしておらずかと言って無骨過ぎず、 デザインの美しさと括ると音質云々以上に人それぞれの好みは分かれるとは思いますが、このMA750のシンプルかつエレガントなデザインは街中で見掛けたらきっと多くの方が美しいと思ってもらえるのではないでしょうか? デザイン自体がシンプルですのでカジュアルな服装にも、スーツルックにもとても合わせやすいと思います。 また肝心の音質も折紙付きで、お手頃な高音質イヤホンの入門機としても非常に高い評価を得ています。 壊れにくくて断線しにくい耐久性を誇るおすすめイヤホンメーカー PHILIPS イヤホンの断線はその多くがイヤホン本体とケーブルとの付け根部分で起こります。 ですのでこの付け根部分のケーブルが太くなっていたり補強されているイヤホンは相対的に壊れにくいと言えるかと思います。 その観点から筆者はPHILIPSをおすすめします。 PHILIPSのイヤホンは家電量販店などでも広く見掛けますので、出先でいざという時のリカバリー性も高いと言えます。 ですので壊れにくいことも大切ですが、 壊れてもすぐ代わりになるものが手に入ると言う事もある意味では性能のひとつと言えるのではないでしょうか? そんなPHILIPSのおすすめイヤホンはこちらのモデルです。 オリジナリティの高いおすすめイヤホンメーカー Anker Ankerはモバイルバッテリーなどを主力製品とするメーカーです。 そんなAnkerですがイヤホンやBluetoothスピーカーにも力を入れていて、特に今おすすめしたいのがこのZolo Libertyです。 画像をクリックするとAmazonに移動します Zolo Libertyは左右独立型のBluetoothイヤホンなのですが特筆すべきはその超時間再生能力です。 フル充電のイヤホン単体で約3. 5時間、そして充電機能付きのケースを持ち運ぶことでなんと24時間の再生能力を発揮するのです。 流石はモバイルバッテリーメーカーです。 さらにはセールスポイントの一つでもあるPUSH AND GO機能により、充電ケースに入れるとBluetoothを解除し、ケースから取り出すと再び自動でペアリングしてくれます。 Bluetoothイヤホンなありがちなペアリングの煩わしさを解消した非常に扱いやすいイヤホンと言えます。 音質は特段低音から高音までどこかに寄る感じではなく、非常にフラットで高音質です。 音にクリア感がありますのでそれほど耳へのストレスもなく、疲れを感じづらいのではないでしょうか。 ケース込みでの連続再生24時間と言うバッテリースペックと非常に相性の良い音作りで、なかなかのオリジナリティであると言えるかと思います。 【コラム】「三角」と呼ばれるイヤホンメーカーとは一体何? ところで皆さん、イヤホンファンから「三角」と呼ばれるメーカーをご存知でしょうか? 「三角」から連想されるもの… ロゴマーク… そう、オーディオテクニカの事なんです。 オーディオテクニカは日本の音響機器メーカーなのですが、中国や台湾にも工場を持っておりあちらでも人気の高いメーカーです。 あちらでは「鐵三角」と呼ばれているとか。 そんな多くのイヤホンファンから愛されるオーディオテクニカですが、近年では回転寿司用の寿司製造機も作っていて、実はそちらでもトップシェアメーカーなんです。 肝心のイヤホンに置いてもBCNランキングで7年連続国内シェア1位と、まさに日本を代表する音響機器メーカーであることが伺えます。 ここで紹介できていないイヤホンメーカーも無数にあることに注意 ここまで様々なイヤホンメーカーをご紹介してきましたが、この記事で取り上げられているイヤホンメーカーはほんの一部に過ぎません。 イヤホンメーカーは国内外合わせて100社を超え、近年のBluetoothイヤホンなどの需要増と高音質を求めるニーズを受け、増加傾向にあります。 中にはOEM販売のみで、自社生産をしていないと思われる格安イヤホンメーカーもあるようですが、またその全てが悪いとも言えません。 ですが我々日本人は音質や品質はもちろんのこと、アフターフォローもしっかりとしているメーカーを選ぶ傾向があることもまた一理で、出来ることならその方が安心して購入出来るのもまた事実です。 先述の通り、メーカー自体も増加傾向にあることから本記事の執筆時にはお伝え出来ていないメーカーも出てくることでしょう。 そして本記事で触れることの出来ていないメーカーのイヤホンの中に、もしかしたらあなたにぴったりのイヤホンが隠れているかもしれないという可能性も多々あります。 まるで音質のそれを語るようではありますが、より多くの方に、極力偏ることなくイヤホンメーカーと製品をご紹介したつもりではありますが、最終的にご判断されるのはあなたご自身です。 本記事が少しでもこれからイヤホンを購入される方のご参考になれれば幸いです。 おすすめのイヤホンメーカー まとめ いかがでしたでしょうか。 今回紹介したメーカーはどれも確かな技術力を持った実力派です。 しかし、やはり音作りの傾向はかなり違ってくるので、自分の好みにあった音、デザインを模索していく必要があります。 イヤホンやヘッドホンに関しては、是非店頭に足を運んでみてそのメーカーによる違いについても意識しながら試してみてください。

次の

【2020年版】高音質イヤホンのおすすめランキング25選。コスパ最強モデルを比較

イヤホン メーカー おすすめ

外出先で音楽を聴くのに欠かせないイヤホン。 中でも現在主流になっているのがワイヤレスイヤホンです。 有線のイヤホンに比べて便利な点が多いことから、近年利用者が徐々に増加。 2018年にAppleから登場したiPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRからはイヤホンジャックが廃止されており、iPhoneを使用している人のワイヤレスイヤホンへの需要はますます大きくなっています。 そこで、ガジェットライターの折原一也さんに、おすすめのワイヤレスイヤホンを紹介してもらいました。 ワイヤレスイヤホンには、音質、防水性、装着性などさまざまな選び方があります。 さらには、完全独立型や左右一体型、ネックバンド型など、形状の種類も豊富。 まずはどのような種類があるのかを把握し、自分にぴったりな選び方で運命の1台を見つけてみてくださいね! オーディオ&ビジュアルライター、AV評論家 1979年生まれのオーディオ&ビジュアルライター。 薄型テレビやワイヤレスイヤホンは年間100製品以上の実機をテストして製品評価を手掛けている。 2009年より全国の家電量販店や専門誌と共にオーディオ・ビジュアルの優れた製品を表彰するアワード「VGP」の審査員も務める。 1979年生まれのオーディオ&ビジュアルライター。 薄型テレビやワイヤレスイヤホンは年間100製品以上の実機をテストして製品評価を手掛けている。 2009年より全国の家電量販店や専門誌と共にオーディオ・ビジュアルの優れた製品を表彰するアワード「VGP」の審査員も務める。 ワイヤレスイヤホンおすすめ一覧 なぜこのワイヤレスイヤホンが選ばれたのか 水中に沈めても大丈夫な「IPX8」に対応した防水イヤホンの業界最高モデルの完全ワイヤレスイヤホン。 音楽プレイヤーを内蔵しているため、イヤホンだけで音楽を聴けるうえに陸上スポーツだけでなく水泳しながらの音楽リスニングも想定されています。 とにかく防水の優秀さで選ぶなら文句ナシ。 スポーツ用イヤホンとしても優秀機として選びたいモデルです。 形式 型式 密閉バランスド・アーマチュア型 電源 DC3. 3g(片側) 通信方式 接続 Bluetooth標準規格 Ver. 0 なぜこのワイヤレスイヤホンが選ばれたのか 完全ワイヤレスとしての全性能を見たうえでコスパを重視するなら、こちらがイチオシです。 音切れのしやすさをを大幅に改善した「QCC3020」という最新チップを採用。 バッテリーは10時間駆動、「IPX7」と業界トップ級の高性能を備えています。 音質は特に中高域に厚みを出しつつ、耳につく音が出ない絶妙なチューニング。 日本のブランドでこれだけの性能が揃いながら8,000円台とは、驚きの出来栄え。 ベストバランスのハイコスパモデルです。 6g(片側) 通信方式 接続 Bluetooth 5. 0 なぜこのワイヤレスイヤホンが選ばれたのか 完全ワイヤレスイヤホンに求めるものは「音切れのなさと音質!」という人に絶大な支持を集めるこちら。 「QCC3026」という最新チップを搭載することで、混雑した電車や街中でも途切れない安定性を持っています。 日本人向けにチューニングされた「Japan Tuned」を採用することで非常に高音質。 音楽の埋もれていた音も聴こえるうえ、重低音のパワーも水準以上です。 同じ「QCC3026」搭載の他機種には2万円近いモデルもある中、1万円台前半で購入できる本機はハイコスパと呼ぶ他ありません。 形式 型式 密閉ダイナミック型 電源 - 連続音声再生時間 約4時間 重量 約4. 6g(片側) 通信方式 接続 Bluetooth 5. 0 なぜこのワイヤレスイヤホンが選ばれたのか プロの審美眼にかなった間違いないアイテムだけが受賞できる国内最大級のオーディオビジュアルアワード「VGP」にて金賞を獲得した優秀モデル。 完全ワイヤレスに機能性も求めたいという人におすすめです。 最大の特徴は、装着したまま外の音を聴ける「Multi-communication Mode」に対応していること。 1万円以下の他機種でも、同じ機能はほとんど搭載されていないと言われています。 日本のブランドという安心感や耳にフィットするデザイン、小型の充電ケースと魅力が満載の1台。 形式 型式 密閉ダイナミック型 電源 - 連続音声再生時間 約3時間 重量 (片側)約5g 通信方式 接続 Bluetooth 5. 0 なぜこのワイヤレスイヤホンが選ばれたのか コンパクトでありながら明瞭感のある高域と透明度のある中域、豊かな低域をバランスよく再生する1台。 3,000円台で購入できる価格でありながらパワフルな低音とダイナミックなサウンドは、有線イヤホンから乗り換える人も納得のクオリティです。 データ転送時の音源圧縮による音質劣化や高音域の減衰が少ない「aptXコーデック」にも対応。 Androidのスマートフォンならば、より高音質に聴けます。 「IPX6」の防水機能も装備。 形式 型式 密閉ダイナミック型 電源 - 連続音声再生時間 8時間 重量 15g 通信方式 接続 Bluetooth標準規格 Ver4. 1 なぜこのワイヤレスイヤホンが選ばれたのか あえて価格度外視で挙げるなら、極めて強力な磁束密度の「テスラテクノロジー」を特徴としたマニア御用達の高音質ブランド「ベイヤーダイナミック」が手がけるこちらがベストでしょう。 サウンドパーソナライゼーション機能「MOSAYC」を搭載。 非常に微細な音まで緻密に鳴らし、空間の広がりまで同じ価格帯のモデルを超えるほどの高音質です。 なかなか手を出せる価格ではないものの、ワイヤレスイヤホンでもこんな音が出せるのだと驚かされます。 2 なぜこのワイヤレスイヤホンが選ばれたのか プロ御用達ブランドとして有名なゼンハイザーが、満を持して発売した完全ワイヤレスイヤホンがこちら。 音質の評価が非常に高く、特に中高域では極めてクリアで明瞭なサウンドを届けてくれます。 本体には2つの「消音機能付きビームフォーミングマイク」と高性能な「外音取り込み機能」を搭載。 低音はタイトに締っていて情報量志向を極めています。 とにかく高音質な完全ワイヤレスイヤホンを探している人は、ぜひとも使ってみてほしいモデル。 形式 型式 密閉ダイナミック型 電源 - 連続音声再生時間 4時間 重量 右:約6g、左:約7g 通信方式 接続 Bluetooth 5. 0 なぜこのワイヤレスイヤホンが選ばれたのか 音途切れの防止と長時間再生を両立し、高音質だと評判な完全ワイヤレスイヤホン。 最大の特徴は「クアルコム社」の「QCC3026」チップの搭載や独自に開発した「グラフェンドライバー」、「HDSS技術」によるサウンドチューニングです。 音の情報量とクリアさのバランスが抜群。 リモコン操作や音量調節、高速充電、耐水性能など、使い心地においても抜かりはありません。 圧縮率や遅延の少ない「aptXコーデック」を搭載したスマートフォンやデジタルオーディオプレーヤーを使用することで、より高音質な音楽再生を実現します。 0 ワイヤレスイヤホンおすすめランキングTOP3【通話に便利】 なぜこのワイヤレスイヤホンが選ばれたのか ソニーモバイルコミュニケーションズが展開するのは、独自の設計で周囲の音と音楽の両方が聴こえる「デュアルリスニング」を採用したワイヤレスイヤホン。 Android専用アプリと連動する機能が搭載されています。 通話の発信はもちろん、独自のボイスアシスタントやLINEのメッセージとも連携。 ボイスとタッチパッドによるコントロールにも対応しています。 形式 型式 オープンエアダイナミック型 電源 DC3. 6g(片側) 通信方式 接続 Bluetooth標準規格 Ver. 2 ワイヤレスイヤホンおすすめランキングTOP4【スポーツに最適】 なぜこのワイヤレスイヤホンが選ばれたのか スポーツのなかでも特に屋外でランニングをしている人にとって無視できない要素が、外の音が聴こえるという安全の確保です。 「SBH82D」はイヤホンと耳に隙間があり、外の環境音も同時に聴ける「デュアルリスニング」を特徴としています。 防水対応ではないのが弱点ですが、音楽を流しながらランニングしても高音質に音楽を聴けるので、ジムのランニングマシンなどで使いたい方におすすめです。 形式 型式 オープンエアダイナミック型 電源 DC3. 7V:リチウムイオン電池 連続音声再生時間 最大7. 5時間 重量 25. 5g ケーブル含む) 通信方式 接続 Bluetooth標準規格 Ver. 2 なぜこのワイヤレスイヤホンが選ばれたのか 世界中で愛されているAfterShokzシリーズのAeropex。 耳をふさがない骨伝導式で、音楽を聴きながら周囲の環境音も聞き取れます。 振動は顔に対して30度の傾きになるように設計された特殊構造。 これにより、深みのある低音を再生しながらも振動を抑えています。 特に中音域から高音域周波数の再生クオリティを高くし、人の声がよりクリアに。 形式 型式 骨伝導 電源 - 連続音声再生時間 最大8時間 音量を上げると短くなります 重量 約26g 通信方式 接続 Bluetooth 5. 0 本記事で紹介したおすすめのワイヤレスイヤホンを一覧表で比較!ぴったりな商品を見つけてみてください! 注目ポイント 雨の中でも、水中でも音楽を楽しめる あらゆる方向からの水をガード 潜水艦からヒントを得た防水構造 汗や雨を気にすることなく使用可能 低価格でも機能と音質の良さを両立 こだわりの音を手の届きやすい価格で 音切れしない最新チップを搭載 低価格でありながらプロも認める1台 低価格でもパワフル低音サウンドを 最大20時間の連続再生を実現 低価格なのに長時間使用できる! 長時間移動も安心な大容量バッテリー 至高の高音質を小型モデルに搭載 ハイレゾサウンドを実現したイヤホン 極めてクリアで明瞭なサウンドを体験 独自の技術でクリアな音に iPhoneとの連携が強力なイヤホン 業務用レベルのノイズキャンセリング 周囲の音を楽しみながら通話が可能 外音とプレーヤーからの音をブレンド 振動を抑えながら深みある低音を 音楽を聴きながらワークアウトに集中 スポーツ中の使用に特化した1台 人気イヤホンの次世代モデル 軽量なのに耳から落ちにくい! 自分好みの重低音が楽しめるイヤホン 商品画像 ビューティー、グルメ、ライフスタイル用品など、ジャンルを問わず執筆。 お菓子の家に住むことに憧れる夢見がちな食いしん坊ライター。 ファッションや美容にお金を使いすぎる傾向あり。 ハマったらとことん追求するが、冷めた瞬間驚くほど興味がなくなりすべての記憶をなくしてしまう性格を治したいと思い続けて十数年。 ほかにもアイドルやアニメ、動物、深海生物、古いもの、お菓子づくりなど、いろいろなことに興味津々。 ビューティー、グルメ、ライフスタイル用品など、ジャンルを問わず執筆。 お菓子の家に住むことに憧れる夢見がちな食いしん坊ライター。 ファッションや美容にお金を使いすぎる傾向あり。 ハマったらとことん追求するが、冷めた瞬間驚くほど興味がなくなりすべての記憶をなくしてしまう性格を治したいと思い続けて十数年。 ほかにもアイドルやアニメ、動物、深海生物、古いもの、お菓子づくりなど、いろいろなことに興味津々。

次の