リオレウス 太刀 ダブルクロス。 『太刀』の下位・序盤のおすすめ武器と強化の流れを解説【モンハンダブルクロス・MHXX】

リオレウス

リオレウス 太刀 ダブルクロス

【飛竜種:火竜】リオレウスの特徴• リオレイアと同時に出現した時の特徴 下記の状態になった時、もう片方のモンスターが駆けつける習性がある。 ・ 気絶状態 ・ 閃光やられ状態 ・ 転倒する ・ 落とし穴にハマる• 1つのエリアに2頭の大型モンスターが揃っている間は、怒りやすくなる特徴があるので、片方を「こやし玉」で追い払いましょう。 疲労時は、火球ブレスが不発になる。 疲労時は、突進終わりに転倒するようになる。 空中にいる時に攻撃して怯ませると、落下して落し物を落とす。 リオレウスの肉質、狙うべき弱点部位 カッコ内の数値は肉質で、数値が大きいほど効果が高い。 掲載しているのは、攻撃が1~2番くらい効果的な部位と肉質。 落し物 2• 部位破壊報酬 部位 下位 上位 G級 頭• 頭にキズがつく。 翼のトゲが折れる。 背中の甲殻がはがれる。 【対処方法】カウンター気味に叫ぶので、耳栓のスキルを推奨。 噛みつき 【予備動作】首を右後方へ引く。 予備動作の後、1歩前進しながら前方を噛みつく。 この際に揺れる尻尾に当たると尻もちを付く。 2回転尻尾攻撃 【予備動作】右後方を向く。 予備動作の後、180度回転しながら、尻尾でなぎ払う攻撃を2回セットで行う。 【対処方法】正面にいる時は、すれ違うように回避すると良い。 火球ブレス 【予備動作】頭を大きく持ち上げる。 予備動作の後、前方のハンター目がけて、1発の火球を放つ。 【対処方法】左右へ回避すれば攻撃のチャンスになる。 突進 【予備動作】なし。 予備動作なく駈け出して、一旦停止してバックジャンプブレスへ移行するパターンと、そのまま突進して最後に噛みつくパターンがある。 バックジャンプブレス 【予備動作】上体を起こして翼を広げる。 予備動作の後、斜め後方へバックジャンプして滞空しつつ、それまでいた場所へ火球ブレスを放つ。 【対処方法】足元にいるなら尻尾側へ回避。 【空中】滑空 【予備動作】空中にいる時に一瞬後方へ身を引く。 予備動作の後、狙ったハンターに向かって滑空する。 【空中】急襲毒キック 【予備動作】空中にいる時に尻尾の位置が高くなる。 予備動作の後、狙ったハンターをホーミングした後にピンポイントでキックする。 当たると毒状態になる。 【対処方法】空中のリオレウスの尻尾の位置が高くなったタイミングに閃光玉を投げても良いし、タイミングを測って緊急回避しても良い。 【行動後】着地するパターンと着地せずに再び滞空するパターンがある。 【空中】炎噛みつきブレス 【予備動作】滞空中に翼を大きく広げて胸を反らせる。 予備動作の後、地上を炎でなぎ払うようなブレスを放つ。 リオレウスの左半身側に攻撃判定が強い。 【空中】3連火球ブレス 【予備動作】滞空中に口から炎を漏らす。 予備動作の後、ハンターの方を向き直しながら3発の火球を放つ。 【対処方法】単発のブレスを組み合わせて合計4発吐くことがある点に注意。 攻略のポイント 閃光玉が非常に有効 閃光玉効果中は、噛みつきか2回転尻尾攻撃か威嚇行動しかしないので、リオレウスには閃光玉が非常に有効。 空中にいるリオレウスの眼前で閃光玉を使うと、落下ダウンさせることができます。 閃光玉を狙いやすいのは、空中からの着地時、急襲毒キック時の尻尾が上昇した後など。

次の

CAPCOM:モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver. 公式サイト

リオレウス 太刀 ダブルクロス

追尾性は低いです。 しかし「突進かみつき」や「急停止」「離陸」などを連携することが多いです。。。 モンスターハンターは、横方向へ移動して避けましょう。 回避したうえで【リオレウスの連携する行動】に対応して戦いましょう。 【リオレウス】が吐く炎ブレス 地上にいるとき。 滞空状態のときから【火竜リオレウス】は、正面へ「炎ブレス」を 吐きます。 ハンターは、いずれも、横方向へ移動すれば 回避しやすい。 しかし、バックジャンプから「炎ブレス」を放つときは、発生が早い。 ですので、右方向、左方向 どちらかへ 素早く移動しましょう。 【リオレウス】の離陸 狩猟中に その場から、あるいは ハンターの側面へ回り込みながら 【リオレウス】は滞空状態へ移行します。 【リオレウス】滞空からの急襲 【リオレウス】は、滞空状態から滑空しながら キックします! 上空からの【リオレウスの蹴り】に比べて、発生は早いが 追尾性は低いです。 遠距離においては「炎ブレス」を吐いてきます。 また、予備動作がない「突進」を、距離を問わずに 何回もやってきます。。。 。-人-。 そんな【リオレウス】と 向き合わないのが大事! それが『側面へ回り込む』こと。 そのうえで【火竜・リオレウスの攻撃】のスキに、頭部を 攻撃します。 【リオレウスの予備動作】を確認したら、モーレツ早く 離れましょう~! 【リオレウスの風圧行動】に気をつけよう 離陸などで【リオレウス】が滞空状態へ移行すると、連続で「炎ブレス」を 吐いてくる。 また、ハンターの側面へ回りこみながら「拘束攻撃」などを行なってくる【リオレウス】。 さらに 攻撃時以外【リオレウスの周囲】へ断続的に「風圧」を 起こします。。。 「風圧」により、行動を邪魔されることにもなり、少々厄介です。 「のけぞり無効状態」になれる攻撃で【リオレウスの脚・尻尾】を 狙っていきましょう! 滞空状態なら『閃光玉』で落下させよう 滞空状態へ移行すると【リオレウス】は、なかなか地上へ 降りてこなくなります。。。 【リオレウス】が落ちてくれば、しばらくの間 ダウンします。 ダウン時に【リオレウスの頭】を 攻撃します。 (素早く接近して、頭部を 攻撃しよう) また、それぞれの部位破壊を 狙いましょう。 部位破壊は、通常では狙いにくい「背中やしっぽ」も 有効です。 突進や滑空攻撃の着地時 倒れてスキが大きくなります。 滞空状態へ移る回数が 少なくなります。 飛竜の代表とも言うべき種族。 雄(オス)と雌(メス)では、体色や体格等が異なり 呼び名が変わる。 赤黒い鱗(うろこ)を持つ オスの方は「リオレウス」と呼ばれている。 そして、緑色に、少々茶色がかった鱗を持つ メスの方は「リオレイア」と呼ばれている。 普段は巣を中心に生活。 (リオレウス原種) 【リオレウス亜種】 火竜リオレウスの亜種。 体色は、赤銅色の原種とは かけ離れた蒼色。 青空の保護色だと されている。 その為、別名は 蒼火竜(そうかりゅう)。 原種同様、優れた飛行能力や火球ブレス、猛毒を含んでいる鋭い爪など メイン武器とする。 しかし、全て原種よりも遥かに強力で 空中での機動力も優れている。 亜種自体は 個体数が少ないが、基本的には 同じ亜種個体の雌「リオレイア亜種、別名:桜火竜(おうかりゅう)」とペアを組むことが多い。 う~ん。 残念無念!! 【リオレウス希少種】 火竜リオレウスの特殊な亜種(希少種)。 金属質同様の光沢を放つ 美しい白銀の外殻を持つ。 白銀の外殻から 別名「銀火竜(ぎんかりゅう)」と呼ばれる。 (リオレウスの特殊な亜種(希少種)) 限られた地域でのみ、極めて稀に目撃情報がある。 (一流のハンターですら 目撃した者も少ないため、非常に 個体数が少ない) 白銀に輝く外殻の由来は 現在分かってません。 しかし 飛竜の祖となる存在から 脈々と受けつがれている遺伝子が 突然変異! それが 体現したという結果という説が、一番 有力です。 また 自然界でも特異な体色なことから「天より授けられた」と考え、神のごとく扱う者も 多く存在します。 【リオレウス希少種】の素材は 月のような 冷たい輝きを持つ。 そして【リオレウス希少種】の雌にあたる 「リオレイア希少種 別名:金火竜(きんかりゅう)」と共に行動する場面が見られることから、希少種同士で「つがい」になっている可能性が 高い。 ただナゼか、蒼い外殻を持つ「リオレウス亜種」と 共に居た場面が確認されたことも。 とにかく【リオレイア希少種】と共に研究がほとんど進んでいない。。。 はい、分かっていないことが多いのだ~。 【リオレウス希少種】の戦闘能力は、通常種、亜種を さらに越える「非常に 強力な個体」。 全飛竜の中でもズバ抜けた戦闘能力、凶暴性を持つ。 その代わり・・・翼が柔らかくなってます。 弱点属性は「龍」が 全く効かなくなっています。 が、原種・亜種では 微妙だった雷。 その中でも、特に特殊な生態と戦闘能力を持つ個体が 「二つ名持ちモンスター」として呼び分けられたのが、この【黒炎王リオレウス】。 「飛竜の王種にして、王の中の王」と 謳われる。 ハンターズギルドからは「黒炎王(こくえんおう)」と 称される。 通常種を遥かに上回る圧倒的な戦闘力から、狩猟するには 特別な許可が必要。 本来のリオレウスよりも 体色が黒ずんでいます。 例えるなら「葡萄茶(やや 紫を帯びた暗い赤)色」。 【黒炎王リオレウス】の体格も 本来のリオレウスより 二回りほど 大きいのです! その巨体を空へ舞い上がらせる雄大な黒き翼に、翼膜に浮かび上がった 黄金の模様が特徴。 大規模な炎を操り【黒炎王リオレウス】の炎ブレス威力は 一発一発撃つ原種などとは 違います。 周囲一体を覆い爆炎を発生させて焼き尽くすほど。 又、毒爪の毒のつよさは 原種・亜種・希少種を上回る 猛毒! かすり傷でも死に至らしめるほどです。。。 (怖いー!) 更にリオレウス狩猟には 大活躍の閃光玉にも 耐性がついている。 翼に、よほど大きなダメージがなければ、飛行中に目を眩まされて バランスを崩しても、即座に体制を整え、墜落せずに済むという。 自然豊かな地域に 生息しています。 火山でも 目撃され、時には他のリオス科達が住んでいる「塔の秘境」にも 現れる。 その際、同様二つ名持ちのメス個体である 「紫毒姫(しどくひめ)リオレイア」とも 共存する。 その【黒炎王リオレウス】素材で作られた防具は、黒炎王の魂を宿すと言われる。 通常の装備とは 一味違った力を秘める。

次の

MHXリオレウス攻略

リオレウス 太刀 ダブルクロス

【飛竜種:火竜】リオレウスの特徴• リオレイアと同時に出現した時の特徴 下記の状態になった時、もう片方のモンスターが駆けつける習性がある。 ・ 気絶状態 ・ 閃光やられ状態 ・ 転倒する ・ 落とし穴にハマる• 1つのエリアに2頭の大型モンスターが揃っている間は、怒りやすくなる特徴があるので、片方を「こやし玉」で追い払いましょう。 疲労時は、火球ブレスが不発になる。 疲労時は、突進終わりに転倒するようになる。 空中にいる時に攻撃して怯ませると、落下して落し物を落とす。 リオレウスの肉質、狙うべき弱点部位 カッコ内の数値は肉質で、数値が大きいほど効果が高い。 掲載しているのは、攻撃が1~2番くらい効果的な部位と肉質。 落し物 2• 部位破壊報酬 部位 下位 上位 G級 頭• 頭にキズがつく。 翼のトゲが折れる。 背中の甲殻がはがれる。 【対処方法】カウンター気味に叫ぶので、耳栓のスキルを推奨。 噛みつき 【予備動作】首を右後方へ引く。 予備動作の後、1歩前進しながら前方を噛みつく。 この際に揺れる尻尾に当たると尻もちを付く。 2回転尻尾攻撃 【予備動作】右後方を向く。 予備動作の後、180度回転しながら、尻尾でなぎ払う攻撃を2回セットで行う。 【対処方法】正面にいる時は、すれ違うように回避すると良い。 火球ブレス 【予備動作】頭を大きく持ち上げる。 予備動作の後、前方のハンター目がけて、1発の火球を放つ。 【対処方法】左右へ回避すれば攻撃のチャンスになる。 突進 【予備動作】なし。 予備動作なく駈け出して、一旦停止してバックジャンプブレスへ移行するパターンと、そのまま突進して最後に噛みつくパターンがある。 バックジャンプブレス 【予備動作】上体を起こして翼を広げる。 予備動作の後、斜め後方へバックジャンプして滞空しつつ、それまでいた場所へ火球ブレスを放つ。 【対処方法】足元にいるなら尻尾側へ回避。 【空中】滑空 【予備動作】空中にいる時に一瞬後方へ身を引く。 予備動作の後、狙ったハンターに向かって滑空する。 【空中】急襲毒キック 【予備動作】空中にいる時に尻尾の位置が高くなる。 予備動作の後、狙ったハンターをホーミングした後にピンポイントでキックする。 当たると毒状態になる。 【対処方法】空中のリオレウスの尻尾の位置が高くなったタイミングに閃光玉を投げても良いし、タイミングを測って緊急回避しても良い。 【行動後】着地するパターンと着地せずに再び滞空するパターンがある。 【空中】炎噛みつきブレス 【予備動作】滞空中に翼を大きく広げて胸を反らせる。 予備動作の後、地上を炎でなぎ払うようなブレスを放つ。 リオレウスの左半身側に攻撃判定が強い。 【空中】3連火球ブレス 【予備動作】滞空中に口から炎を漏らす。 予備動作の後、ハンターの方を向き直しながら3発の火球を放つ。 【対処方法】単発のブレスを組み合わせて合計4発吐くことがある点に注意。 攻略のポイント 閃光玉が非常に有効 閃光玉効果中は、噛みつきか2回転尻尾攻撃か威嚇行動しかしないので、リオレウスには閃光玉が非常に有効。 空中にいるリオレウスの眼前で閃光玉を使うと、落下ダウンさせることができます。 閃光玉を狙いやすいのは、空中からの着地時、急襲毒キック時の尻尾が上昇した後など。

次の