大学 受験 塾。 受験で塾に行かないのは大丈夫?合格者のうち◯%は塾に行っている!

大学受験塾の選び方|知っておきたい3つの比較ポイント

大学 受験 塾

現代の高校生は、学校だけでなく 学習塾にも通っている生徒の割合が極めて高い。 この記事を読んでいる君も塾に通っている、あるいは入塾を検討しているはずだ。 では君はどうして塾に通うのか? 本来、大学入試には学校で習う内容しか出題されないはずだ。 なのに、どうしてお金を払ってまで学習時間を増やし、学校とは違う場所にわざわざ通うのか。 親に言われたから、周りの友達も塾に行っているから、などとなんとなく目的のない状態で塾に通っているならば、 それは非常に危険な状態だ。 塾と学校の違いを完全に理解し、それぞれの長所と短所を知ってそれぞれが互いの短所をまかないあう存在だとわかって初めて学校に加えて塾に通う意味が見えてくるのではないだろうか。 学校と塾の違い、それは、端的に言うと得られるものが違うのだ。 それぞれの得られるものとは一体なんなのか。 ここでは、 しっかりと塾と学校が両立できるような、学校と塾の3つの違いを解説する。 この記事を読み終わった時、君は完全に塾と学校の違いを理解し、違う特徴を持つそれぞれに通い続ける意味を見いだすことができるだろう。 学習内容の違い 塾と学校、一番の違いは、学習する内容だろう。 一つの学年の生徒には全く同じ授業をする高校がほとんどである一方で、 そのような塾はほとんど存在しない。 ここでは 両者で教わる内容がどのように異なっているのかについて見てみよう。 学校の学習内容 学校、と一括りに言っても公立高校、私立高校、進学校などによってカリキュラムは全く異なる。 そのため学校の授業形態はどのようである、などと一概には言えない。 しかし、根本的に学校とはいかなる場所であるか、ということを考えると、それぞれの学校での学習内容に共通点が見えてくるのではないだろうか。 そもそも学校とは、 生徒に受験勉強をさせるために存在するのではないのだ。 学校とは、 学校卒業後に生徒が自立して働くないしは大学でさらに高度な学問を行なっていくための土台となる知識や社会性を身につけさせる場だ。 であるからこそ、学習内容は一般的な素養として身につけさせられる。 だから体育や家庭科も勉強するし、校外研修もある。 受験云々ではなく、 高等教育を受ける学生であるならば、高校を卒業するまでに知っておかねばならないことを提供し、全ての生徒に同様のカリキュラムで学習させていくのが学校なのだ。 すなわち、学校の学習のゴールは「文科省が定めた高校卒業程度の知識と社会性を備えた状態であること」ということだ。 自分でそんなことを目指している学生はいないだろう。 学校は、ある意味一方的に知っておくべき知識を与えていく。 それを定期的に確認するために定期テストを行う。 生徒の意思は関係なく、必要だと判断された内容のカリキュラムが組まれるため、不満も抱くことだろう。 しかし、 学校に通い、与えられる学習を続けているだけで自立した人間として最低限のものを身につけられると思えば、学校での学習は人生を通して有用なものであるといえる。 塾の学習内容 塾とは、相応の金額と引き換えに、生徒の希望する到達点まで学力を引き揚げさせるためにサービスを提供する場である。 つまり、結論から言うと 学習塾のゴールは生徒自身が思う学習のゴールそのものである。 検定への合格や内申を得るために定期テストの点数を伸ばすことなどいろいろあるだろうが、多くの学生はゴールとして大学入試での成功を掲げる。 つまり、 生徒の目標(仮に第一志望合格としよう)を理解し、目標達成のためだけに必要な能力を伸ばすために尽力してくれるのが塾だ。 だから志望校の入試で出題されない科目は塾で勉強しなくても良い。 これも塾の形態によるのでなんとも言えないが、担当の講師が定期的に生徒と面談をして学力や意欲の確認を行うという塾も多いのではないだろうか。 学校とは違って体育やロング・ホームルームなど息抜きになる時間が組まれていないし、学力を伸ばすことだけが目的であるので塾に通いつつけることに息苦しさを感じる生徒もいることだろう。 しかし、 塾で組んでもらった志望校合格のための君専用のカリキュラムに基づいて学習を続けることが、君の目標である第一志望校への一番の近道であるとい得るのだ。 先生の違い 上記を読んで、学校と塾とでは学習の目的が違うことが分かっただろう。 では、先生についてはどうだろうか? 「なんでかはわからないけど、塾と学校の先生はなんだか違う気がする…。 」 そう思っている人は多いはずだ。 塾の先生と学校の先生はどのように違っているのだろうか。 学習の相談相手として適切なのはどちらなのだろう。 この章では、 先生に特化して両者の違いを見ていきたい。 学校の先生 高校では基本的に、ホームルーム担任の先生と各教科の先生、その他に生徒指導や進路指導の先生などもいる。 彼らは基本的に、君達と同じように学校で1日を過ごし、同じように行事に参加する。 授業ももちろん大切ではあるが、学級全体を取りまとめたり、 生徒に深い共感を示してくれるような教師が人気を集めるのではないだろうか。 学校における先生というのは、 生徒と近い距離で、かつ生徒が高校生活を過ごしていく上での鏡となるような人材が求められる。 学校の先生、とくに担任の先生は一年を通して家族と同じくらい君と長い時間を共にしているはずだ。 理解を示してくれる最も身近な大人の一人として、思うことがあれば担任の先生に相談するのが良いだろう。 塾の先生 塾の先生は、 正式のその塾の社員となっている講師の先生と、アルバイトとして働いている先生がいる。 多くの場合、事務のみを行う先生と生徒に勉強を教える先生に分岐している。 学校ほど長い時間を過ごしていないのに、なぜか塾の先生と距離感が近いと感じたことはないだろうか。 その大きな原因としてあげられるのが、 塾の先生の平均年齢の若さにある。 先ほども述べたように、塾ではアルバイトの先生を雇っていることが多い。 地元の大学生がアルバイトとして塾で働いているならば、親近感を覚え、勉強を教えてくれる先輩に近い形でかかわることもあるだろう。 また、 大学生のアルバイトに限らず、塾の先生たちの目的は生徒の学力を本人が目指す目標まで引き上げることである。 学校とは違って明確な目的のために塾に通っているのだから、 勉強法や今の学力に関して話す機会が多いかもしれない。 自分にはどのような勉強法があっているか相談をすることや学習計画を一緒に考えてもらうこともできるし、年齢の近いアルバイトの先生には先生自身の学生時代の受験経験について聞いてみることもできる。 このように、塾と学校には先生について違いがある。 学習をしていくにあたり、教えてくれる人というのは非常に重要であり、出会った先生によって自分の人生が変わることもあるのだ。 よって、 この違いを意識しておくことは非常に重要である。 生徒の違い 一緒に学習する仲間によって、学習へのモチベーションが半減することもあれば倍増することもある。 学校の生徒と塾の生徒は、何が根本的に違うのか? ここでは、 学校と塾にいる生徒の違いを解説しよう。 学校の生徒 学校の生徒は、その学校を受験して合格して入学した生徒である。 多くの場合、塾よりも一学年の人数が多いが、同じメンバーで入学から卒業までの高校生活を共にするため、卒業までに ある程度の人と面識があるようになっている。 たとえ苦手だと感じる生徒でも同じクラスや部活動に所属していればともに時間を過ごして関わりあっていかねばならないし、 深いつながりが要求される。 学校では授業以外にさまざまな行事があるため、 一致団結する機会が設けられており、生徒どうしで関わり合うことに一定の強制力が働く。 これが原因となってトラブルが起こることもあろうが、 さまざまな人間とコミュニケーションをとっていくことで人間的に成長することができる。 ともに人として成長できる友人は、多くの場合学校で手に入れられる。 塾の生徒 塾の生徒どうしでは、少なくとも関わり合うために 一定の強制力が働くということはないだろう。 自分が一人で勉強したいのであれば、一人することもでき、一緒にご飯を食べる友達が欲しのであれば、そんな友達を見つけることができるだろう。 しかし、塾に行くのが学力を上げるためであるならば、 共通の目的のために塾に通っている同士と言えるのだ。 おなじフィールドでのライバルを見つけることで、学習への意欲は増すことだろう。 勉強を一緒に頑張り、争い合える仲間が欲しいなら、おなじ塾の生徒を探してみるのが良い。 まとめ いかがであっただろうか。 以上が さまざまな観点から見た塾と学校の違いだ。 そもそもそれぞれの存在目的が違うからこそ、 そこでの学習内容や巡り会う人も違うということがわかる。 これらの相違点を完全に理解することによって、学校と塾に明確な目的を持って通うことができる。 両立する生活にメリハリが生まれ、君は受験勉強のみに凝り固まった人間になることもなければ青春を謳歌したのみでなんだか物足りない学生生活を送ることになることもないだろう。 さあ、 塾と学校の違いを知った上で、自分の生活を見つめ直してみよう。 きっとそれぞれに通いつづける意味が見出せるはずだ。 celly 東京大学理科二類在学• 【質問大歓迎】勉強法でお困りのあなたへ! 記事をお読み頂きありがとうございます! 当サイトは、2015年から『』の講師が中心となって運営しているサイトです。 ただし、東京などの大都市圏に住んでいる高校生は受験情報に接する機会が豊富にあると思いますが、地方在住の高校生は良い情報に接することがあまりできません。 なぜなら、早慶レベル以上の大学生・卒業生に接することが地方は難しいからです。 実際に、赤門アカデミーの9割は首都圏以外の塾生です。 そこで大学受験. net(赤門アカデミー)では、東京と地方の情報格差少しでも減らすべく、 東大生との無料音声相談や、格安での受験計画作成・指導プランなどを提供しています。 赤門アカデミーの講師が 1営業日以内にお返事いたします。 合わせて読みたい関連記事.

次の

大学受験のオンライン個別指導塾一覧 志望校合格を目指すならまずは無料体験を

大学 受験 塾

私は大学生が教えている個別の塾に通って第1志望に合格しました。 はっきり言って自分次第だと思います。 プロの先生に教わっても自分ができなければ意味無いので。 結局は大学生でもプロの先生でも教えてもらったことを問題で活かせるかだと思います。 私が思う個別の塾のメリットは自分の間違えたところを解説してもらえることです。 プロの先生がやることは基本は教えることだけ。 しかし個別の塾では実際に問題の中で教えてもらえるし、解いている過程を見ているのでどこから間違えて解いているのかなどを指摘してくれます。 東進や河合塾に行ってたけど浪人する人もいれば、個別の塾で早稲田に合格した人もいれば、塾に入らないでMARCHに合格した有人もいます。 自分次第です。 がんばってください。 私は東京個別指導学院に高3の夏休みから通って大学生の先生に指導してもらいました。 まぁ受験体験談は新しい情報を貰えますけど、自習室に毛が生えた程度の学習しかできませんでしたね。 私は自分一人で自習できるほど集中力がないのでその点では意味があったかもしれません。 私は理系学部希望でしたが親の反対があり高校では文系クラスに入れられてしまいました。 そのため高校で授業を受けられない理系科目を個別指導塾で教えてもらって受験に備えるつもりが全然そこまで教えてもらえなくて、結局高校で選択できる範囲の理系科目で受験できる学部にしか受かりませんでした。 それと私と同じ学年でその教室に通っていた子は私以外全員浪人しました。 そもそも高3生は少なかったですけどね。

次の

大学受験 塾・予備校 現役満足度ランキング|比較・クチコミ・評判

大学 受験 塾

大学受験で塾なしはNG!400人の大学生が通塾のメリットとリスクを語る 大学受験を控える高校生、そしてその保護者のみなさん、そもそも塾に通う必要はあるのでしょうか?たしかに独学で難関大学に合格している人たちを見ると、「別に塾に行かなくても合格できるのでは?」と思うのも仕方がないことです。 しかし、スタスタが独自に400人ほどの現役大学生に話を伺ってみたところ、以下のような結果が発覚しました。 首都圏の難関大学に通っている現役大学生の大学受験当時の通塾率 大学別の通塾率 これらの数値から 「志望大学の偏差値に関わらず塾に行って受験対策をするのが王道」であると言えます。 もちろん塾に通わずに合格した方もいらっしゃいますが、大学受験対策において通塾することは、志望校合格へと近づく良い手段なのではないでしょうか? 大学受験にオススメの塾・予備校ランキング|大学生500人の口コミ・評価 「塾に通う必要性はわかったが、一体どのような塾に通えばいいのかわからない」という方も多数いらっしゃることでしょう。 そんな方に、スタスタ独自のランキング調査結果をご紹介したいと思います。 一般的な塾紹介サイトでは「どういう基準でランキング付けされているか」がそもそも不明確だったり、あったとしても「合格実績」といった自分で調べればわかる情報がほとんどです。 しかし、スタスタでは「アンケートに協力してくれたトップ大学の学生たちがどこに通っていたか」を基準にランキングを作成しています。 つまり、「一人の生徒が2つの大学に受かっているのを2人とカウントする」といった問題を排除し、各塾・予備校の指導力を客観的に評価しています。 ランキング 塾名 通塾者数 第1位 河合塾 104名 第2位 東進ハイスクール 100名 第3位 駿台予備校 64名 第4位 Z会 15名 第5位 大学受験ナビオ 13名 第5位 代々木ゼミナール 13名 第7位 四谷学院 12名 第8位 臨海セミナー 10名 第8位 早稲田アカデミー 10名 第10位 鉄緑会 8名 実際に通った人たちの口コミも掲載していますので、詳しくは下記の関連記事をご参照ください。 また、いくつかの塾を比較してほしいといった要望がございましたら、ぜひスタスタ塾コンシェルジュまでご相談ください。 【大学受験】いつから塾に通えばいいの?志望校別の対策期間を解説|スタスタ 通塾の必要性と大まかな塾の指導力や生徒目線での評価がわかったところで、一体いつから通い始めればよろしいのでしょうか? これには多少の個人差はありますが、スタスタが首都圏の大学に通っている学生にアンケート調査を行ったところ、平均で 「高校1年生の中頃」から通塾するようになるという結果が出ました。 (N=184) アンケートに答えてくれた方の中には、「中高一貫校に通っていて、中学生の頃から大学受験を目指す塾に通っていた」という学生や、「高校3年生から本格的に通塾するようになった」という学生もいました。 ここからは難関国立大学を目指す高校生と難関私立大学を目指す高校生の2つに分類して、志望校別に対策期間を解説していきます。 春期講習• 夏期講習• 冬期講習 の3つがあります。 それぞれ通塾回数や授業のコマ数によって決まるのが一般的で、その点料金もまばらになります。 傾向としては、授業料が比較的高い塾ほど季節講習費も高く、授業料が安価な塾は季節講習費も安価であるように見られます。 以下はスタスタ編集部独自に集計した、個別指導塾と集団指導塾の季節講習費の相場になります。 そして次に懸念すべきなのが「入塾金」です。 いわゆる塾に入るためにかかるお金で、スタスタ編集部の独自調査によると、 平均20,000円~25,000円程かかる場合が多いようです。 その一方で、• 入塾金を一切取っていない塾• 期間限定で入塾金がかからないキャンペーンをやっている塾 も多数あるため、確認してみる価値はあるでしょう。 その他にも、教材費や模試代、諸経費などが発生しますが、これらについても詳しい解説が聞きたい方は下記の関連記事もしくはスタスタ塾コンシェルジュまでご相談ください。

次の