オルトラン 粒 剤 使い方。 家庭園芸用GFオルトラン粒剤

オルトラン水和剤:柿・野菜・樹木のいろいろな害虫に散布できます

オルトラン 粒 剤 使い方

オルトラン粒剤 >殺虫剤 水和剤タイプと作物ステージに応じ、使い分けてご利用下さい。 コナガ、ヨトウムシなどのそしゃく性害虫から、アブラムシ類、アザミウマ類などの吸汁性害虫まで幅広く効果を示します。 土壌処理や葉面散布によってアブラムシ類やアザミウマ類などの吸汁性害虫のみならず、ヨトウムシ、アオムシ、コナガなどの食害性害虫まで広く同時に防除できます。 高い浸透移行性により作物のすみずみに行き渡り、害虫をむらなく防除します。 効果の持続期間が長く、省力的な害虫防除ができます。 水利の便の悪いところや施設内でも手軽に使用できます。 優れた殺虫効果と長い残効性により、促成施設栽培では植穴処理をすることにより、施設のサイドが開いていてまだ天敵を放飼できない期間、害虫の初期発生を予防してくれます。 5〜4L)あたり50g 本剤の所定量をセル成型育苗トレイまたはペーパーポットの上から均一に散布する。 使用量に合わせ秤量し、使いきること。 土壌が極度に乾燥している時は使用しないこと。 芝のスジキリヨトウ、シバツトガ及びタマナヤガの防除に使用する場合、散布後10a当り500〜1000Lの散水処理は有効である。 いぐさ・れんこんに使用する場合は、水の出入りを止めて湛水のまま田面に均一に散布し、少なくとも7日間は通常の湛水状態を保ち落水、かけ流しはしないこと。 つまみ菜、間引き菜に使用しないこと。 適用作物群に属する作物又はその新品種に本剤を初めて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用すること。 なお、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましい。 たばこに使用する場合には次の注意事項を守ること〉• 本剤が葉に付着すると、薬害を生じるのでかからないように注意して散布すること。 本剤を誤って過剰に使用した場合は薬害(下葉の黄変、葉縁の褐変)を生じることがあるので散布量 を厳守すること。 ヨトウムシの防除については処理時期から発生までの期間が長くなった場合には、効果が劣ることがあるので、その場合には、他の散布剤を併用すること。 本剤を無人ヘリコプターによる散布に使用する場合は、次の注意を守ること〉• 専用の粒剤散布装置によって散布すること。 事前に薬剤の物理性に合わせて粒剤散布装置のメタリング開度を調整すること。 散布薬剤の飛散によって他の動植物等に影響を与えないよう散布区域の選定に注意するとともに、散布区域内の諸物件に十分留意すること。 安全使用・保管上の注意• 蚕に対して影響があるので、周辺の桑葉にはかからないようにすること。 ミツバチに対して影響があるので、以下のことに注意すること。 ミツバチの巣箱及びその周辺にかからないようにすること。 受粉促進を目的としてミツバチ等を放飼中の施設や果樹園等では使用を避けること。 関係機関(都道府県の農薬指導部局や地域の農業団体等)に対して、周辺で養蜂が行われているかを確認し、養蜂が行われている場合は、関係機関へ農薬使用に係る情報を提供し、ミツバチの危害防止に努めること。 本剤は眼に対して刺激性があるので、眼に入った場合は直ちに水洗し、眼科医の手当を受けること。 公園等で使用する場合は、使用中及び使用後(少なくとも使用当日)に小児や使用に関係のない者が使用区域に立ち入らないよう縄囲いや立て札を立てるなど配慮し、人畜等に被害を及ぼさないよう注意を払うこと。 直射日光を避け、なるべく低温で乾燥した場所に密封して保管すること。 治療法 本剤の解毒剤としては動物実験で硫酸アトロピン製剤及びPAM製剤が有効であると報告されている。

次の

家庭園芸用GFオルトラン粒剤

オルトラン 粒 剤 使い方

オルトラン粒剤 >殺虫剤 水和剤タイプと作物ステージに応じ、使い分けてご利用下さい。 コナガ、ヨトウムシなどのそしゃく性害虫から、アブラムシ類、アザミウマ類などの吸汁性害虫まで幅広く効果を示します。 土壌処理や葉面散布によってアブラムシ類やアザミウマ類などの吸汁性害虫のみならず、ヨトウムシ、アオムシ、コナガなどの食害性害虫まで広く同時に防除できます。 高い浸透移行性により作物のすみずみに行き渡り、害虫をむらなく防除します。 効果の持続期間が長く、省力的な害虫防除ができます。 水利の便の悪いところや施設内でも手軽に使用できます。 優れた殺虫効果と長い残効性により、促成施設栽培では植穴処理をすることにより、施設のサイドが開いていてまだ天敵を放飼できない期間、害虫の初期発生を予防してくれます。 5〜4L)あたり50g 本剤の所定量をセル成型育苗トレイまたはペーパーポットの上から均一に散布する。 使用量に合わせ秤量し、使いきること。 土壌が極度に乾燥している時は使用しないこと。 芝のスジキリヨトウ、シバツトガ及びタマナヤガの防除に使用する場合、散布後10a当り500〜1000Lの散水処理は有効である。 いぐさ・れんこんに使用する場合は、水の出入りを止めて湛水のまま田面に均一に散布し、少なくとも7日間は通常の湛水状態を保ち落水、かけ流しはしないこと。 つまみ菜、間引き菜に使用しないこと。 適用作物群に属する作物又はその新品種に本剤を初めて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用すること。 なお、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましい。 たばこに使用する場合には次の注意事項を守ること〉• 本剤が葉に付着すると、薬害を生じるのでかからないように注意して散布すること。 本剤を誤って過剰に使用した場合は薬害(下葉の黄変、葉縁の褐変)を生じることがあるので散布量 を厳守すること。 ヨトウムシの防除については処理時期から発生までの期間が長くなった場合には、効果が劣ることがあるので、その場合には、他の散布剤を併用すること。 本剤を無人ヘリコプターによる散布に使用する場合は、次の注意を守ること〉• 専用の粒剤散布装置によって散布すること。 事前に薬剤の物理性に合わせて粒剤散布装置のメタリング開度を調整すること。 散布薬剤の飛散によって他の動植物等に影響を与えないよう散布区域の選定に注意するとともに、散布区域内の諸物件に十分留意すること。 安全使用・保管上の注意• 蚕に対して影響があるので、周辺の桑葉にはかからないようにすること。 ミツバチに対して影響があるので、以下のことに注意すること。 ミツバチの巣箱及びその周辺にかからないようにすること。 受粉促進を目的としてミツバチ等を放飼中の施設や果樹園等では使用を避けること。 関係機関(都道府県の農薬指導部局や地域の農業団体等)に対して、周辺で養蜂が行われているかを確認し、養蜂が行われている場合は、関係機関へ農薬使用に係る情報を提供し、ミツバチの危害防止に努めること。 本剤は眼に対して刺激性があるので、眼に入った場合は直ちに水洗し、眼科医の手当を受けること。 公園等で使用する場合は、使用中及び使用後(少なくとも使用当日)に小児や使用に関係のない者が使用区域に立ち入らないよう縄囲いや立て札を立てるなど配慮し、人畜等に被害を及ぼさないよう注意を払うこと。 直射日光を避け、なるべく低温で乾燥した場所に密封して保管すること。 治療法 本剤の解毒剤としては動物実験で硫酸アトロピン製剤及びPAM製剤が有効であると報告されている。

次の

[168]秋冬野菜の種まき・定植にオルトラン粒剤で害虫予防

オルトラン 粒 剤 使い方

オルトラン粒剤 >殺虫剤 水和剤タイプと作物ステージに応じ、使い分けてご利用下さい。 コナガ、ヨトウムシなどのそしゃく性害虫から、アブラムシ類、アザミウマ類などの吸汁性害虫まで幅広く効果を示します。 土壌処理や葉面散布によってアブラムシ類やアザミウマ類などの吸汁性害虫のみならず、ヨトウムシ、アオムシ、コナガなどの食害性害虫まで広く同時に防除できます。 高い浸透移行性により作物のすみずみに行き渡り、害虫をむらなく防除します。 効果の持続期間が長く、省力的な害虫防除ができます。 水利の便の悪いところや施設内でも手軽に使用できます。 優れた殺虫効果と長い残効性により、促成施設栽培では植穴処理をすることにより、施設のサイドが開いていてまだ天敵を放飼できない期間、害虫の初期発生を予防してくれます。 5〜4L)あたり50g 本剤の所定量をセル成型育苗トレイまたはペーパーポットの上から均一に散布する。 使用量に合わせ秤量し、使いきること。 土壌が極度に乾燥している時は使用しないこと。 芝のスジキリヨトウ、シバツトガ及びタマナヤガの防除に使用する場合、散布後10a当り500〜1000Lの散水処理は有効である。 いぐさ・れんこんに使用する場合は、水の出入りを止めて湛水のまま田面に均一に散布し、少なくとも7日間は通常の湛水状態を保ち落水、かけ流しはしないこと。 つまみ菜、間引き菜に使用しないこと。 適用作物群に属する作物又はその新品種に本剤を初めて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用すること。 なお、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましい。 たばこに使用する場合には次の注意事項を守ること〉• 本剤が葉に付着すると、薬害を生じるのでかからないように注意して散布すること。 本剤を誤って過剰に使用した場合は薬害(下葉の黄変、葉縁の褐変)を生じることがあるので散布量 を厳守すること。 ヨトウムシの防除については処理時期から発生までの期間が長くなった場合には、効果が劣ることがあるので、その場合には、他の散布剤を併用すること。 本剤を無人ヘリコプターによる散布に使用する場合は、次の注意を守ること〉• 専用の粒剤散布装置によって散布すること。 事前に薬剤の物理性に合わせて粒剤散布装置のメタリング開度を調整すること。 散布薬剤の飛散によって他の動植物等に影響を与えないよう散布区域の選定に注意するとともに、散布区域内の諸物件に十分留意すること。 安全使用・保管上の注意• 蚕に対して影響があるので、周辺の桑葉にはかからないようにすること。 ミツバチに対して影響があるので、以下のことに注意すること。 ミツバチの巣箱及びその周辺にかからないようにすること。 受粉促進を目的としてミツバチ等を放飼中の施設や果樹園等では使用を避けること。 関係機関(都道府県の農薬指導部局や地域の農業団体等)に対して、周辺で養蜂が行われているかを確認し、養蜂が行われている場合は、関係機関へ農薬使用に係る情報を提供し、ミツバチの危害防止に努めること。 本剤は眼に対して刺激性があるので、眼に入った場合は直ちに水洗し、眼科医の手当を受けること。 公園等で使用する場合は、使用中及び使用後(少なくとも使用当日)に小児や使用に関係のない者が使用区域に立ち入らないよう縄囲いや立て札を立てるなど配慮し、人畜等に被害を及ぼさないよう注意を払うこと。 直射日光を避け、なるべく低温で乾燥した場所に密封して保管すること。 治療法 本剤の解毒剤としては動物実験で硫酸アトロピン製剤及びPAM製剤が有効であると報告されている。

次の