フェアー アンド ロー ジング ラスベガス。 カウント・ベイシー Count Basie

名古屋市の千種公園にある「ユリ園」_lily(list

フェアー アンド ロー ジング ラスベガス

HYPERTOUGHNESS 2019. 04 2019. The Stronger, The Further You'll Be 2. The Gong of Knockout 3. CURE 4. Great Strange 5. Interlude 6. Keep the Heat and Fire Yourself Up 7. Treasure in Your Hands 8. Karma 9. Thoughtless Words Have No Value But Just a Noise 10. Where You Belong 11. Massive Core Greedy 2018. Greedy 2. Keep the Heat and Fire Yourself Up 3. Greedy 2. Keep the Heat and Fire Yourself Up 3. Treasure in Your Hands.

次の

Fear, and Loathing in Las Vegas » Discography

フェアー アンド ロー ジング ラスベガス

Fear, and Loathing in Las VegasからベースのMashuが脱退することが発表された。 バンド・メンバーを代表して、ギターのSxunから以下のコメントが発表されている。 何故このような事が起こり、決断に至ったかをメンバーを代表して書かせて頂きます。 ラスベガス結成当時、Mashuを誘ったのは僕です。 まだ高校生だった彼はバンド未経験ながらも音楽が大好きな好青年という印象だったのを覚えています。 メンバーの中では最年少、そして経験が少ないながらもMashuは頑張ってついて行っている、そういうイメージはみなさんにもあるのではないかと思います。 ラスベガスは、技術を高める事はもちろんなのですが何よりもそれぞれの『音楽に対する気持ち』その部分を大事にし信頼関係の核としています。 だからMashuがなかなか技術が伸びなかったり、思う様に進まない事があってもその点を信じて、お互い向き合う事が出来ていました。 All That We Have Nowリリースツアー辺りから状況は動いて行きます。 明らかにMashuがバンドについて来れていない状況が続き、また音楽面だけでなく人間的な悪い部分もどんどん目立つようになってきました。 本人だけではどうにもできないので、メンバー全員でMashuをどう音楽に向かせるか試行錯誤を繰り返しました。 もちろんメンバーそれぞれだって悩みや、上手く行かない事はありました。 決してMashu一人だけが問題を抱えているなんていうことはなかったです。 でも何かMashuには足りないものがある気がしていました。 『本当に音楽をやりたいのか』その疑問を持ち出してから信頼関係は一気に崩れて行きました。 Mashuがどうやったら向上心を持ってくれるか、どうやったらこの問題を解決できるか今年に入ってからはそれが、ラスベガスの抱える1つの大きな課題になっていました。 何度もミーティングをし、それぞれがMashuに対して時には優しく時には厳しく向き合っていたのですが状況を大きく変える出来事が起きます。 5月、Ozzfestのライブを翌日に控えた夜中、僕はMashuからバンドを辞めたいと伝えられました。 その時は正直次の日のライブをしっかりやろうという部分にしか気が回りませんでした。 これまでMashuは音楽がやりたい、バンドがやりたい、そういう気持ちがあるけど現状を打破出来ないんだと考えていたのですが、初めて会った時に伝えてくれたものも、今まで唯一信じて来れたMashuの音楽に対する気持ちも辞めたいという発言を受けて僕の中ではなくなってしまいました。 僕は本気でラスベガスをやれないやつと一緒にやって行きたくないし、メンバーも同じ気持ちだったと思います。 真剣に音楽を続けて行きたい5人、ラスベガスを辞めると決意したMashu。 最初は引き止め、説得しましたがMashu自身の意思が固かった事、そしてメンバーそれぞれMashuとやっていく事に限界を感じたので辞めてもらう事になりました。 その時に初めて新しい選択肢を考え始め、今回新メンバーとなるKeiに出会います。 Tomonoriの友人であり、Mashuのベースの講師でもあったKeiが候補に上がるのは自然な流れでした。 サポートではなく、正規メンバーとして迎えるため、音楽性だけでなく人間性まで見た上で、Keiが適任だと感じています。 何より音楽に対する気持ちが強く、その熱意はメンバー全員が尊敬出来る部分でもあります。 スタジオで一緒に音を合わせていても凄くテンションが上がるし、Keiとスタジオに入り始めてからまた一段と メンバーのモチベーションが 高くなりました。 また同時に、今までいかに歪な環境でバンドをやっていたかを思い知らされ、みんなの決意も一層固まったと思います。 メンバー6人が同じ所を目指してバンドをしているこの感覚を大事にしたいので1日も早く新体制になれるように調整してきました。 そして、秋から始まる自分達のツアー「2Man Shows Tour 2013」や3月の初ワンマンも控えているこのタイミングしかないと思い今日の発表に至りました。 ある種ゼロからのスタートになると思います。 まだ手探りな部分もあります。 でも元から何もかもが完璧というバンドではないし、新しくKeiを加えた6人で今まで以上にしっかり前を向き、足並みを揃えて切磋琢磨して更に自分達の理想に近づいて行きたいと考えています。 そしてもう一つ、これがMashuにとっても良い方向に進める選択であった、ということも知っておいてほしいです。 あいつが今後何をするかは知りませんが、今日までの日々よりは、きっといいんだろうと思います。 9月23日、新生ラスベガスの第一歩となります。 みなさんにはまだ想像つきにくいかも知れませんが間違いなく6人は良い表情でステージに立っているしこれからを全力で楽しめると確信しています。 ラスベガス全員で決めたこの答えを受け止めて、引き続き応援して頂けると嬉しいです。

次の

名古屋市の千種公園にある「ユリ園」_lily(list

フェアー アンド ロー ジング ラスベガス

ベガス ラスベガス Fear, and Loathing in Las VegasのベーシストKeiが、1月12日に逝去したことがわかった。 【もっと大きな写真を見る】 同バンドのオフィシャルサイトによれば、Keiは1月12日深夜に急性心不全によって死去した。 葬儀は遺族によって1月15日に近親者のみにて執り行なわれた。 バンドからは「あまりにも突然の出来事にメンバー、スタッフ一同、現実を受け止められていない状況です」と綴られている。 あわせて、現在予定されているアルバムのリリースやツアーなどは全て中止になることが発表された。 同サイトには各メンバーによるコメントも掲載。 それぞれがKeiとの思い出や想いを明かしているほか、バンドを続けていく意思を表明している。 So(Vo,Programming)は「結成10周年の節目の始まりで、皆で意気込んでいた矢先の出来事でした。 今年予定していた沢山のスケジュールは一旦白紙に戻されましたが、ほんの少しだけでもいいのでFear, and Loathing in Las Vegasに時間をください」と呼びかけている。 Fear, and Loathing in Las Vegasは2008年結成。 Keiは2013年にベーシストとして加入し、コーラスやボーカルの一部も担当していた。 ラスベガス ベガス フィアーアンドロージング フィアー.

次の