ヘアアイロン おすすめ。 【クセに強い】チタンプレートのヘアアイロンを厳選BEST5!

《2020年》おすすめヘアアイロン(コテ)15選! タイプ別の人気モデルはこれ

ヘアアイロン おすすめ

仕事や休日用のナチュラルなヘアアレンジ用には、26㎜・32㎜38㎜の太さを基準に選ぶのがおすすめです。 自分の髪の長さや仕上がりイメージで、コテの太さを選んでみましょう。 26㎜のコテはこんな方におすすめ! 26㎜のコテ(ヘアアイロン)は、ショートやボブの長さの髪の方におすすめです。 少し細めサイズの26㎜コテなら、ショートの髪の毛でもしっかりと巻くことができます。 またミディアムやロングの方でも、細かくボリューミーな巻き髪が好みの方は、この26㎜を使用してみてはいかがでしょうか? イベントのときなどの華やかなヘアアレンジ用にも大活躍なので、普段使い用にプラスしてこの26㎜を持っていても便利かもしれませんね。 32㎜のコテはこんな方におすすめ! 32㎜のコテ(ヘアアイロン)は、どんな髪の長さの方でも使いやすい太さでしょう。 ミディアムやロングの方がふんわりとした巻き髪を作りたいというときは、この32㎜を選ぶのがおすすめ。 また32㎜のコテは、の内巻きや外ハネのワンカールを作りたいときにも便利です。 のときにも、気分転換に髪をバッサリ切ったあとにも使いやすい太さなので、コテ選びに迷ったときは、この32㎜を購入してみるのも良いかもしれませんね。 38㎜のコテはこんな方におすすめ! 38㎜は、ロングヘア向けの太さのコテ(ヘアアイロン)です。 32㎜よりもさらにふんわりとしたゆる巻きが作れます。 どんな機能を重要視したいのかを考えて、お気に入りのコテを選んでいきましょう! コテの温度 コテ(ヘアアイロン)の温度がどれくらいまで上がるか、どれだけの幅で温度調節ができるかというのも選ぶときのポイント。 そのため巻き髪初心者さんは、低めの温度設定もできるコテを選んでみるのが良いでしょう。 2Wayタイプ コテ(ヘアアイロン)には、巻き髪を作る用のものと、巻き髪もストレートヘアも作れる2Wayタイプのものがあります。 2Wayタイプのものは、コテの芯の部分が真ん中で2つに分かれるように作られており、開くとストレートアイロンとして、閉じるとコテとして使用できるものです。 ストレートアイロンもコテも両方欲しいという方にとっては、コスパ抜群の嬉しいアイテムでしょう。 しかし、やはり巻き髪用のコテ、髪をまっすぐに伸ばすストレートアイロンのように、単体の役割を持っているアイテムの方がスタイリングがしやすいものが比較的多いです。 ストレートも巻き髪も両方作れるコスパの良さを選ぶか、スタイリングがしやすいものを選ぶか、これも大切なポイントです! 海外対応 海外でも使用できるコテ(ヘアアイロン)なのかどうかも、注目すべきポイント! 海外旅行に行ったとき、写真をいっぱい撮る方はヘアアレンジもしっかりとしたいものですよね。 ですが、コテによっては電圧の関係で海外では使用できないものが多いです。 この事実を知らない方も意外と多く、いつものコテを持って行って海外で使おうとして、壊れてしまったという話もよく耳にします。 そのため、海外旅行に持っていく予定のある方は、海外対応のものの中からコテを選ぶようにしましょう。 しかし実際に海外でコテを使うには、海外対応のコテだけではダメ。 国によってプラグの形がそれぞれ違うので、変換プラグも合わせて用意してくださいね。 特徴 ・カールスタイルを作るときでも、髪1本1本を補修できる。 ・髪にツヤを与えて補修する成分「ハチミツ」「」を配合。 ・甘く爽やかなフローラルフルーティの香り。 ヘアワックス 次は、ヘア。 巻いた髪にワックスをもみ込むことで、カールをキープしながら髪にふんわりボリュームも出してくれます。 とくに髪が短めの方におすすめ。 少し硬めのワックスをもみ込むことで、毛先の動きなども出しやすくなります。 反対にロングヘアの方がワックスを使うときは、やわらかい軽めのものを選ぶと良いでしょう。 髪の長い方が重めのワックスを毛先に使うと、その重みでトップがペタンこになってしまうことがあるからです。 このように、髪の長さや髪質に合わせてワックスを選んでみましょう。 ・ふんわりと感じるバラのような香り。 ・ケースの可愛さも人気のひとつ。 ヘアスプレー 巻き髪の最後の仕上げには、を使いましょう。 ヘアスプレーを使うか使わないかで、カールのキープ力が大きく変わってきます。 ですが、使用するときに注意してほしいポイントがあります。 それは、髪から少し離してヘアスプレーを使うこと。 ヘアスプレーには水分が多く含まれているので、近づけて髪に噴射すると髪に水分が多くかかりやすくなり、カールがだれてしまうことも。 そのため、髪から15cmほど離したところからヘアスプレーをかけるようにしましょう。

次の

【2020年最新】美容師が選ぶヘアアイロンおすすめランキング15選!種類別でご紹介!

ヘアアイロン おすすめ

Contents• メンズにヘアアイロンがおすすめな理由【初心者ほどラクできる】 「いや、メンズにヘアアイロンなんていらないっしょ!」 と思った人もいるかもしれません。 ぶっちゃけいうと、 「ラクしてカッコ良くなりたい人」ほどヘアアイロンを使った方がいいですよ。 これ、マジな話です。 理由としては• ヘアセットは土台の大切• メンズのヘアセットは細かい ということです。 ひとつずつ深掘りしますね。 ヘアセットは土台が大事だから ヘアセットは、土台が大事です。 ヘアセットでいう土台というのは、ドライヤーやヘアアイロンといった、スタイリング剤をつける前の行程のこと。 じつは、 スタイリング剤をつける前の段階でメンズのヘアセットの8割型は終わっているんですよね。 イメージとしては、以下の感じ。 ワックスつけてもボリュームが出ない。 ナチュラルな髪型。 細かいカールやハネ感でメリハリもあり、躍動感があってカッコ良い。 寝癖のままワックスをつけても無効化されてしまうので論外ですね。 ワックスに頼っても、逆に時間がかかるし納得いかないまま終えることになります。 ドライヤーを使えばクセはリセットされてナチュラルな髪型は作れるけど、立体感をだしたり、ハネを作ったりするのは難しいです。 ヘアアイロンがあれば、カールをつけて立体的にしたり、束感を強調させることができます。 ぶっちゃけ、ヘアアイロンでだいたいの形を作れば、ワックスはちょろっと馴染ませれば完成ですよ。 すぐ慣れますよ。 高校生くらいの僕は、束感や外ハネをつくりたくてワックスで10分も20分もこねくりまわしてたんですけど、マジで時間の無駄でした。 ラクにカールをつけたい人は、パーマをかけてもいいんですけどね。 けっこう値が張るし、いろんなヘアスタイルをしたい人はアイロンを持っておくほうがいいですね。 メンズは細かく作り込むセットをするから メンズのヘアセットって、実はレディースより細かいです。 トップとうしろはボリュームを出して• 顔まわりはタイトにおさえて• 細かい束感や、外ハネをつくって という感じでけっこう細かく緻密にやっていく感じなんですよね。 髪が短い分、立体感を出したりボリュームを抑えたりと、作り込むイメージでスタイリングしないといけないんです。 これ、ドライヤーとワックスだけでやるのはけっこうだるいです。 これが、メンズにもヘアアイロンをおすすめする理由です。 メンズヘアアイロンのおすすめの選び方【初心者必見】 ヘアアイロンを使ったことがない、買ったことがないというメンズは、どうやって選べばいいか全然わからないですよね。 そこで、「 まずはこれだけおさえてヘアアイロンを選べば失敗しない!」 といったおすすめの選び方を解説しますね。 ヘアアイロンの温度• プレートの幅 といった要素に注目して選べばOKです。 【温度】髪質が柔らかい人は140度、硬い髪やくせ毛は180度 ヘアアイロンは、ものによって温度が異なります。 初心者の場合は、最適な温度がいまいちわからないと思いますし、ダメージによって温度を使い分けられると便利なので、 温度調節可能なヘアアイロンを選ぶのが無難ですよ。 目安としては、以下の通り。 ヘアアイロンのおすすめ温度• 細くて柔らかい髪。 ダメージを避けたい場合は、温度低めでセットした方が良いんですよね。 細くて柔らかい髪質であれば、高音のヘアアイロンはぶっちゃけそこまで必要ないですよ。 ちなみに僕の場合、「やや軟毛」といった感じで、だいたい160度あれば事足りますね。 プレートの幅は細いものを選ぶべし 一般に髪が短いメンズが使うヘアアイロンは、細い幅のものを選ぶと良いです。 理由としては、短い髪に対して太いヘアアイロンがとても使いにくいからで、メンズ特有の細かいハネ感を出すことができなくなっちゃうんですよね。 とくに、もみあげや襟足を伸ばしたいときに違いを感じると思います。 具体的には、「 30mm以内」で選べば不自由しませんよ。 メンズヘアアイロンおすすめ3選【安いものからプロ仕様まで】 ヘアアイロンのおすすめをまとめてみました。 美容室用のプロ仕様のものから、安いコスパ重視のヘアアイロンも紹介しています。 あなたに合っていそうなものを選んでみてください。 ワンダムのヘアアイロンは、ヘアセット系Youtuberや、アクロスやオーシャントーキョーといった原宿の有名美容室が使用していることで有名になったプロ仕様のアイロンです。 僕も、原宿の憧れの美容室で使用されていたので、知りました。 スペックは、こんな感じ。 かなりの万能タイプですよ。 高頻度で使う人。 特徴としては、とにかく滑りが良いことですね。 滑りが良いので、外ハネもくるっと自然な感じに仕上がるので助かっています。 ずっと安いのを使っていたので、違いを感じさせるアイロンでした。 デメリットを挙げるとすれば、ちょい重いことですね。 ただ、数回使用し慣れてしまえば問題なし。 このぐらいの価格帯になると、ダメージも気にならなくなるので、 くせ毛でヘアアイロンを高頻度で使いたい人はワンダムくらいいいやつ買うといいと思いますよ。 このクオリティなら、結構安いって感覚です。 これも有名美容室で使われており、通称「アドスト」といわれるやつです。 結構高いですが、、。 奮発して使い心地の良いヘアアイロンを使いたい人には、おすすめです。 くせ毛で悩んでる人。 プレートが薄くて根元まで使いやすいメンズに嬉しいサイズ感、軽いが故の抜群の操作性がすごくいいですよ。 また、最大の特徴は綺麗すぎるストレート。 ストレートヘアを作るための機能がすごいんですよね。 髪を挟むことによる温度の低下を察知して、均一な温度でアイロンできる機能• 上部プレートの特殊なサークル模様が、ねじれを防ぎきれいなストレートを実現 ここまでの機能は、なかなかないですよ。 おすすめなんですけど、デメリットは結構高いことです。 よく考えて後悔のない選択をしてください。 くせ毛の悩みが強く、綺麗なストレートで収まりの良いスタイリッシュな髪型を作りたい人は、ぜひ一度使ってみてほしいです。 今回は以上です。 ぜひ、アイロンでカッコ良い髪型をつくってイケてる男になりましょう!.

次の

【クセに強い】チタンプレートのヘアアイロンを厳選BEST5!

ヘアアイロン おすすめ

髪のダメージを抑えるだけではなく、カラーが壊れにくいという点が挙げられます。 カラー剤の色素は熱に弱いので、カラーしている方は高温の調節には気をつけて使いましょう。 中でも低温でしっかりカールが作れることを大々的にうたっている製品を選ぶと安心ですね。 あまりアイロンの高温度を強く宣伝しているところは、髪を傷める可能性がありますので注意しましょう。 2.カール用ヘアアイロンの種類 カール用のヘアアイロンにも様々な種類があります。 ここでは主に次の4つの種類についてお話ししていきます。 カール ヘアアイロン(コテ)• ロールブラシ アイロン• オートカール アイロン• イージーカール ヘアアイロン それでは、それぞれの特徴を分かりやすく説明していきます。 カール ヘアアイロン(コテ) 画像: 一般的なカール用ヘアアイロンとは、上記画像の通り、丸い形のプレートとクリップの付いた形状を指します。 「コテ」とも呼ばれるヘアアイロンです。 髪のデザインスタイルの幅が広く、ふんわりとしたボリュームを出したり、しっかりカールを出したり、自分の好みに合わせた巻き髪を作れることが特徴です。 ただ製品にもよりますが、自分で使ってみて、なかなか上手く操作できないという点もあります。 また頻繁に使いすぎると髪にダメージを与えてしまいます。 ロールブラシ アイロン 画像: ロールブラシ アイロンとは、ブラシ付きのヘアアイロンです。 普通のヘアアイロンを使いながらカールをするのが大変…という、ちょっとだけ不器用さんや初心者さんにもって来いのヘアアイロンです。 特徴としては、ピンが熱くならないので手で触りながらスタイリングができて、火傷の心配がありません。 また、軽くふわっとした、ツヤのある巻感が可能です。 ただ、カール用のヘアアイロンのようなきつめでしっかりした巻き髪を求めることは難しく、濡れた髪には使用できません。 この投稿をInstagramで見る — 2017年 4月月3日午前3時02分PDT オートカール アイロン オートカール ヘアアイロンは、挟むだけで綺麗なカールを自動で作ってくれる便利なヘアアイロンです。 画像: オートカール アイロンの得意とするところは、ヘアアイロンの技術がなくても自動で髪を巻いてくれます。 そして、普通のコテと違ってプレートが表面に出ていないので火傷の不安を軽減。 あと、自動で巻いてくれるので、自分で髪を巻く動作が不要となり、とても楽で便利です。 気になるポイントとしては、一般的なヘアアイロンに慣れていると、最初の使い方に戸惑ってしまうこと。 あと、巻の確度やセットの自由度は低めるあることと、価格が比較的高いことです。 このヘアアイロンはカラーの色もちが良くなるのも特徴です。 普通、髪にアイロンの熱が加わると色素が壊れてしまうのですが、ヘアビューロンだと壊れにくくなります。 うちのサロンでも、カラーした後のお客様にはこれで巻くようにしています。 この温度の場合、中村飛鳥さんは形をつくるというより、ツヤ出しのためにサラッと通すように活用しています。 >> リュミエリーナ ヘアビューロン 2D Plus カール L-type(34. 何といっても巻きやすいです!パイプ部分を髪がスルスル通っていくので、ヘアアイロンの操作に慣れていない方でも使いやすいと思います。 スイッチを入れて3秒ぐらいで180度になるので、忙しい朝のスタイリング時にも嬉しいですね。 もともと美容師さん向けに作られているので、操作性の高さは素晴らしいです。 あとコスパがいいですね。 ヘアアイロンは時々しか使わないとか、髪のダメージがあまりない方にはこちらのアイロンがおすすめです。 2m メーカー保証 1年間 参考価格 9,700円(税込) 4.カール用ヘアアイロン種類別ランキング ここからは『プロの逸品』による、先ほどご紹介しましたカール用ヘアアイロンの種類別をメインにご紹介していきます。 興味のあるタイプからアイテムをご覧ください。 ロールブラシ ヘアアイロン こちらはプロのおすすめで中村飛鳥さんが紹介した『クレイツ社』の製品。 「ピンタイプのものは火傷が怖い」という初心者でも安心して使えるカール用ヘアアイロンです。 ロールブラシタイプでもクレイツ社の技術は素晴らしく、セラミック加工のパイプを採用し、するっとした巻きやすさがポイントです。 ピンタイプのヘアアイロンには手が出しずらいという方は、ぜひこちらを試してみてはいかがでしょうか。 またパイプの内側と外側から効率良く熱を発するので、短時間でカールを作ることができます。 この後、プロがおすすめする『クレイツ』社製が、一般的なカール用のヘアアイロンの形状となります。 クレイツ公式の動画がありましたのでこちらを参考に説明していきます。 ヘアアイロンの売れ筋ランキングはこちら ご参考までに、ヘアアイロンの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。 ヘアアイロン関連のおすすめ記事 プロが教える基本的なヘアアイロン選びのポイント、またストレートアイロンに関する情報はこちらでお届けしています。 まとめ カール用のヘアアイロンは、悩みに合わせて様々な機能を備えたものがあり、誰もが気軽に挑戦できるような商品が続々と登場しています。 プロおすすめは『リュミエリーナ社』か『クレイツ社』になりますが、カール用ヘアアイロンを初めて購入する場合は、まずはコスパの良いお手軽なものからそろえるのもアリだと思います。 今回の記事を参考にしていただき、今まではカール用ヘアアイロンを使用したアレンジに挑戦しずらかった方にも、毎日のおしゃれを楽しんで頂けたらと思います。

次の