ジーン ライフ 信憑 性。 ユーグレナマイヘルスはおすすめできない!?実体験レビューと結果を公開!

あまりにも痩せないから、3万円の遺伝子検査【GeneLife Genesis2.0】を受けてみた|#最終的には痩せたい

ジーン ライフ 信憑 性

検査結果の信頼性について DNA解析の信頼性 (分析の質の担保、分析的妥当性) 解析は、自社の遺伝学研究所(千葉県)で行います。 更に品質を高める目的で、自社で日本人及び東アジア人の遺伝子を特定し、それらを設計に加えたカスタムチップを開発。 これによって、98%以上の高い解析品質が出せるようにしています。 他社からの受託解析も多く、マーケットシェアの約7割を占めているそうで、実績は十分です。 対象集団:東アジア人もしくは日本人で科学的根拠がある• 論文名・著者・発行年• 参考としている論文の評価結果• 自社データベース(52万人:2017年8月時点) リスク判定の詳細は分かりませんが、サイト内の「ジェネシスヘルスケアの誓約」ページで、遺伝子の解析結果から分かることは限定的であることをきちんとサイトでうたっている点は、好感が持てます。 情報保護の信頼性 個人情報及び個人遺伝情報は、「個人情報保護法」及び「経済産業分野のうち個人遺伝情報を用いた事業分野における個人情報保護ガイドライン(経済産業省)」を遵守しながら、管理しています。 また、NPO法人個人遺伝情報取扱協議会の自主基準を遵守しながらサービスの運営をしています。 なお、解析データの保持期間は、結果通知時から1年間となっています。 2016年6月1日、NPO法人 個人遺伝情報取扱協議会が定める を取得しました。 倫理審査委員会等の設置状況 自社研究や個人遺伝情報の取扱いについて、公正かつ中立的に事業実施の適否を審査するために、大学教授や弁護士を委員とした「倫理審査委員会」を設置し、事業の安全性を高めています。 検査実施後のケアについて 検査結果の確認方法 【Webで確認】【モバイルアプリで確認】 サイトのマイページで検査結果、疾患発症の統計的可能性、予防アドバイスが確認可能です。 ただし、解析結果等を閲覧できる期間は、今のところ1年間となっています。 検査結果ページのサンプル 検査結果の更新性 【あり】 再判定を行った場合は、その都度結果がアップデートされます。 ただし、今のところ結果ページを確認できるのは1年間なので、それ以降の新しい情報は得られないようです。 検査結果に基づくアドバイス 【あり】 食事・運動・睡眠などを中心に生活習慣を 見直すアドバイスが、マイページから確認可能です。 専門家によるカウンセリング 【あり】 検査結果に関する質問は、GeneLifeサービス窓口のフリーダイヤルまたは、ジェネシスヘルスケア社が提携する「ジェネシスメディカルクリニック六本木」で、無料で答えてくれます。 また、「ジェネシスメディカルクリニック六本木」では医師によるカウンセリングを行っており、遺伝子検査と他の検査を掛け合わせて「遺伝因子」、「環境因子」、「個別因子」を明らかにしたうえで、個別化医療プログラムを提案しています。 ただし、自由診療のため、健康保険は適用されません。 GENESIS 2. 0 (ジェネシス 2. 0) がん 生活習慣病 その他の病気 アルコール代謝 ダイエット・肥満 薄毛・AGA 肌質 その他の体質 学習能力 運動能力 性格・その他能力 祖先 検査項目数は世界最多の360項目。 1,500以上の遺伝子を検査し、2017年8月にバージョンアップしてして新登場。 リニューアルポイント(GeneLifeサイトより)• 「ニキビ」「(閉塞性)睡眠時無呼吸症候群」、「過敏性腸症候群」、「乗り物酔い」などの新しい検査項目が追加。 日本人で行われた研究を参考に、解析する遺伝子を見直し、日本人に最適なものをピックアップ。 日本人基準の評価を採用し、日本人全体の中で自分の疾患リスクが高いのか低いのかを判定。 検査結果が見やすいよう、検査結果のページのデザインを見直し。 項目 詳細 費用(税別) 29,800 円 検査方法 自宅で唾液を採取して、郵送。 検査結果日数 約1か月 DNA解析の委託先 自社(日本) 検査項目 360項目 【がん】 胃がん、大腸がん、肺がん、前立腺がん、甲状線がん など 【生活習慣病】 高血圧、糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞、骨粗しょう症 など 【その他の病気】 腎臓病、緑内障、喘息、関節リウマチ など 【アルコール代謝】 アルコールの体内への残りやすさ 【ダイエット・肥満】 肥満、コレステロール、炭水化物の摂取傾向 など 【薄毛・AGA】 男性型脱毛症のなりやすさ、円形脱毛症 【肌質】 肌タイプ(しわ、しみ、抗酸化力)、そばかすのできやすさ など 【その他の体質】 体格、目の特徴、味の感じやすさ、虫歯のなりやすさ など 【学習能力】 記憶力、計算速度、失敗からの学習能力 など 【運動能力】 速筋・遅筋の発達 など 【性格・その他能力】 好奇心、ギャンブル依存傾向 など 【祖先】 ハプログループ調査 その他検査項目詳細は 備考 ・18歳以上の方のみ、検査可能。 項目 詳細 費用(税別) 29,800 円 検査方法 自宅で唾液を採取して、郵送。 検査結果日数 1か月 DNA解析の委託先 自社(日本) 検査項目 87項目 【生活習慣病】 骨粗しょう症 【その他の病気】 近視、感染症のかかりやすさなど 【アルコール代謝】 飲酒量、アルコールによる顔の赤くなりやすさ 【ダイエット・肥満】 肥満、コレステロール、中性脂肪濃度 など 【肌質】 肌タイプ(しわ、しみ、抗酸化力) 【その他の体質】 喫煙量、ED、夜型、長寿 など 【学習能力】 記憶力、計算速度 など 【運動能力】 速筋・遅筋の発達 など 【性格・その他能力】 協調性、外向性、支配欲、外見的な魅力を求める傾向 など その他検査項目詳細は 備考 ・18歳以上の方を推奨。 18歳未満の方の場合は親権者の同意が必要。

次の

あまりにも痩せないから、3万円の遺伝子検査【GeneLife Genesis2.0】を受けてみた|#最終的には痩せたい

ジーン ライフ 信憑 性

遺伝子検査をしてみた。 試したのは、ジーンライフ(Genelife)というメーカーのジェネシス(Genesis)という遺伝子検査キット。 遺伝子検査 Genesis でわかること 1 病気を発症する確率がわかる 自分が人と比べてその病気を発症しやすいか、しにくいか、の傾向が分かります。 119種類の病気の倍率を一覧で見ることができ、1倍より大きいほど発症しやすい傾向があります。 2 自分の体質の傾向がわかる 貧血や血の止まりやすさなどがわかる「血液・代謝」、筋肉の発達速度や海馬の大きさなどがわかる「体格・成長傾向」など、11個のカテゴリ別に自分の体質の傾向がわかります。 ただ、上記の事がわかっても、「へ~」のレベルは超えられない。 オッズ比がやたら高い病気があったとしても、そもそもどれだけの人が発症してるの?ってことにもなるし、「将来絶対にこの病気になる!」と判断できる検査結果は一切ない。 しかも、メーカーによっても結果が違うらしいので、参考にしかならない。 ちなみに、私が発症した病気のうち、子宮内膜症のオッズ比は1. 17倍で人並み、円形脱毛症は1. 71倍と発症しやすい体質でした。 119種類の病気のうち、発症率が低リスク(1倍以下)の病気は4件しかなく、中リスク(1. 01倍~1. 49倍)が85件、残りの30件はハイリスク(1. 5倍~)でした。 聞いたことのない病名もけっこうありピンと来ないものも多い。 筋肉のつきやすさ、アルコール代謝、カフェイン・塩分感受性などの体質的なものはけっこう該当している実感がありましたが、目の色、髪の色・太さ、そばかす、睡眠タイプ(朝方or夜型)などは全然当てはまっていませんでした。 便秘がちな私は解毒力は弱いと思っていたら、強いという結果。 そんな感じです。 検査結果を日常生活に役立てる 親の病歴や体質、自分の身体の傾向を考えながら検査結果を見ていくと、なんとなく思い当たる節が出てくる。 その他、栄養素の血中濃度の傾向もわかるので、日々の食事に反映させるのはアリだと思いました。 血液中のビタミンB6濃度の項目もありましたが、これはつわりの重さに関係あるのでしょうか!? あとは、病院とも提携しているようなのでカウンセリングを受ければより病気を予防できると思いますが、そこまでする気になかなかならない。 検査結果の信憑性が微妙だし、カウンセリングを受けて本当に意味があるのかどうか…。 無料でヒマなら行くけど。 結果的に、遺伝子検査は参考程度にしかならなかった、けど参考にはなった。 検査結果の解説がもう少し親身な内容だとこっちもその気になるのですが、一般的なことを杓子定規に説明したお堅い感じの文章で、例えば占いのような面白さすらない。 ただ、自分がどこの大陸からやってきたかのルーツがわかる項目は夢があっておもしろかったです。 ちなみに私は、幻の陸地スンダランドの末裔らしい 笑 というように、費用に対しても満足度は十分とは言えないけど、やってみて良かったとは思います。 日ごろから健康に気をつけた生活をしなければ、と改めて思いました。 最近はもっと精度の高いものも出ているようなので、健康のリスク管理をより追求したい場合はもっとハイレベルな検査キットを選んだ方が良さそうです。 遺伝子検査の受け方 WEB上で申し込むと検査キットが送られてきます。 唾液を入れて返送すると、1か月もしないうちにメールで連絡がくるので、そこからWEBサイトにアクセスし、ログインして結果を見ることができます。 ジーンライフ(Genelife)というメーカーのジェネシス(Genesis)は通常29,800円ですが、年に何回か安く売り出す時期があり、私は15,984円で購入しました。 検査結果はWEBからマイページにログインして見られるようになっていて、閲覧期間は1年。 せっかくなので印刷したりPDFに書き出すことをお勧めします。 各結果のページに印刷ボタンがついています。 あとで知ったことですが、ジーンライフ(Genelife)とマイコード(MYCODE)を比較した方々のブログを拝見すると、MYCODEをお勧めしている方が多いようです。 比較して決めてくださいね。 マイコードは20歳以上、ジェネシスは18歳以上から。 また、違うメーカーになりますが、子どもの才能がわかる遺伝子検査キットもあります。

次の

ジーンライフ ジェネシス2.0で360項目の遺伝子検査をしてみた結果

ジーン ライフ 信憑 性

CMの効果で遺伝子検査の認知も急速に高まっている印象です。 遺伝子検査キット ジーンライフの検査結果を公開します 実際にジーンライフで遺伝子検査をやってみたので、その結果を見て、自分の健康について考えてみました。 具体的な検査方法については、他のブログ記事でも細かく書かれているので割愛しますが、とても簡単。 遺伝子検査キット ジーンライフの結果はPC、スマホで簡単に確認できる 唾液を専用キットで採取後、検査結果が出るまで1ヶ月ほどかかります。 検査結果が出た後はPCはもちろん、スマホのアプリをダウンロードすれば 検査結果は簡単に確認できます。 遺伝子検査の結果はカテゴリ別に分類されてわかりやすい 疾患や体質、リスクといったカテゴリに分かれており、感覚的に 結果がわかるようになっています。 ジーンライフは七大生活習慣病のリスクも一目瞭然 スマホの画面で一目でわかります。 これをみると、私の場合、心筋梗塞や脳卒中のリスクがやや高いという 結果が出ていることがわかります。 遺伝子検査によってがんのリスクについても、各部位によって細かく表示 スマホの画面をそのまま貼り付けます。 私の場合、胃がん、食道がん、腎臓がんのリスクが高い傾向があり、 神経膠腫のリスクが低く、それ以外のがんリスクは標準ということがわかります。 「うんうん!当たってる!」とうなずいた項目• アレルギー性鼻炎のリスクが高い• スギ花粉症のリスクが高い• 飲酒量が多い傾向• ワインの好みは標準• アルコール代謝が分解できる• 痛風リスクがやや高い• 血液中の尿酸がやや高い• うま味が感じやすい• ニキビはやや低い 上記の項目だけでも、遺伝子検査の結果はある程度の信憑性が あると感じました。 私は毎年花粉症に悩まされる他、 ちょっと埃っぽい場所にいるとすぐに鼻水がズルズルです。 また、お酒が大好きな私は毎晩必ず飲んでいます。 しかし、ワインに対しては特別好みが強いわけではなく、 むしろカクテルの方が好きです。 また、「うま味が感じやすい」というのはお酒とB級グルメが 大好きな自分っぽさがあるなと感じられました。 いちばんハッとさせられた検査結果は ずばり アルコール依存症のリスクが高い これです。 「まさか自分がアル中のリスクが高いなんて!」と 流石にびっくりしましたが、飲酒量も普段から多く、アルコール処理にも 強い体質だからこそ、歯止めが効かずアルコール中毒になる可能性は あるのではないかと思った次第です。 ジーンライフの検査結果はそれぞれに相関関係がありそう お酒を飲まない人がアル中になるリスクは低いはずです。 いくらお酒に強くても、飲む人の方がアル中になるリスクが高いのは 明らかです。 やや高いと表示されたがんの中には「胃がん」「食道がん」「腎臓がん」 がありましたが、アルコール摂取によってリスクが高まるガンと 言われています。 脳卒中、心筋梗塞も同様です。 検査結果を鵜呑みにしてはいけませんが、少なくとも各項目の結果には 相関関係があり、個人的には信憑性を感じました。 自分の生活習慣と検査結果から、「未来のリスク」を予測する 今回の検査結果と自分の生活習慣を照らし合わせて、 改善すべきはアルコールの摂取だと考えた私。 さすがに禁酒とまではいきませんが、毎日飲んでいるビールは ノンアルコールビールに変えたり、宴会時にもお酒の量を減らす など、これまでよりも意識してお酒を減らすようになりました。 このようなちょっとした生活習慣の変化が、生活に大きな 影響をあたえるガンや脳卒中などに巻き込まれるリスクを回避 することに繋がるはずです。 遺伝子検査は自分の生活習慣を見つめ直す為には有効な手段 遺伝子検査の信憑性については、一部疑問が残る指摘も ありますが、私としては大変有意義であったと考えます。 私の場合、検査結果を踏まえてお酒の量は確実に減りました。 「お酒を減らそう」「運動しなきゃ」と思っても出来ないものですが、 自分の遺伝子による疾患リスクを知る事によって、生活習慣を 改善する一つのモチベーションに繋がるのではないでしょうか。 目的に応じて様々な検査キットがあるのも魅力 今回、私が利用したジーンライフは主に体質や 病気のリスクがメインの検査キットです。 この他にも、スポーツに特化し、筋肉の傾向や 運動能力に特化したキットもあります。

次の