医療 保険 おすすめ 30 代 女性。 医療保険の特約で、おすすめの特約とおすすめできない特約を紹介!

20代・30代におすすめの生命保険とは?夫婦・独身別や男性・女性別に人気をご紹介

医療 保険 おすすめ 30 代 女性

20代30代40代おすすめ終身型医療保険【2020年度版】 20代30代40代おすすめ終身型医療保険 > おすすめ終身型医療保険 医療技術の進歩や医療費削減に伴い、 これからは「入院より通院治療が主流になる」ことが医療保険選びのポイントです。 【決定】おすすめ医療保険(終身型) と似たような結果になりました。 医療保険は、価格競争が激しくなった結果、終身タイプの保険料が割安になってきています。 医療保険は、定期型より終身型がトレンドです。 40代までの方ならオリックス生命「新CURE」が、過不足の無い保証が受けられて、 しかも同程度の保険と比べて保険料が最も安いという結論に達しました。 50代以降ならアフラックの「新EVER」が割安で還元率も高くおすすめです。 この2商品は、掛け捨てで保険料を抑えながら、長生きに備えて終身医療保険にできます。 終身医療保険のポイントは、「払いがいつまでか」保険料の支払い方法です。 (老後も保険料を払い続けるのは、精神的にもかなりの負担です。 ) 特に有利なのは、60歳払い済みができるオリックス生命の「新CURE(キュア)」です。 60歳払い済みができるので、働いている時に一生涯分の保険料を完納できます。 終身保障・終身払い、60歳払い済みなど7タイプから選べる。 三大疾病時に一時金などの保証が付いたり、 生活習慣病にかかったら一入院限度日数が2倍の120日になるなど手厚い保障が特徴。 何より払い済みができることと、短期保障に強いのが人気の秘密です。 年代が上がると保険料が高くなりますが、20代30代には割安感があります。 怪我は90日まで、病気は一生涯、更新によるアップ無し 「週間ダイヤモンド」の特集でも終身払い・長期・短期保障部門で最も評価が高かった商品です。 ただ、長期入院特約を付けると普通の医療保険になり、保障を手厚くすると割安感も薄れてしまいます。 「だんだん割特約」を付加すると、健康(=5年の間に5日以上の入院が無かった場合)であれば5年ごとに保険料が10%割引になり、 最大では50%割引になります。 「がん外来治療給付金特約」という優秀な特約もありあます。 24時間健康ダイヤルもあり、セカンドオピニオン専門医の紹介状サービスが無料!• 他には万能型の医療保険として、メディケア生命の ・ が口コミで人気があります。 【まとめ】がん特約も高評価「新・健康のお守り」と「新CURE(キュア)」の比較 一見、 「新・健康のお守り」の「だんだん割特約」が魅力的に見えますが、 医療技術や医療保険の進歩を考慮して、10年後状況に合わせて再検討するつもりで考えましょう。 となると・・・ 直近の保険料が安いオリックス生命の「新CURE(キュア)」がお勧めです。 (生活習慣病への備えが厚く、手術給付金に評価が高いです。 ) 若い世代(20代ー30代)は、見直し前提の加入なので、払い済みにしないで終身払いでの加入をオススメします。 個人的には、楽天生命 「」も気になります。 引き受け基準緩和型のおすすめ医療保険• 引き受け基準緩和型の中では保険料が安く、契約前からの持病の悪化・再発による入院・手術も支払いの対象になります。 (うつ病でも加入可能) その他のおすすめ医療保険(掛け捨て型) 一般的な医療保険では、保障されない場合が多い就業不能リスク (病気や怪我などで働けなくなった時)に備えられる所得補償保険・就業不能保険も注目されています。 単身者も含めて、長期の就業不能状態(可能性は低くてもリスクは大きい)に備える事ができます。 自宅療養中も保障されて、60歳まで保証が続く日立キャピタル損害保険(所得補償保険専門の保険会社)がオススメです。 【参考資料】本・書籍・雑誌 「引き受け基準緩和型医療保険」最新ランキング 出典; 2019年10月に改訂されたオリックス生命「CURE Support Plus キュア・サポート・プラス 」が充実した保障内容で断トツの高評価でした。 比較対象としては、メットライフ生命「Flexi Gold S フレキシィ ゴールド エス 」 介護・認知症・骨折一時金など高齢者のニーズに応えた商品です。 優秀な比較システム(ソフト)で無料診断してくれるのが、乗合代理店の大きなメリットです。 保険料の安さは、業界トップクラス。 死亡保障のカットでさらに割安にできます。 保険料が安く割りに、保障が充実しています。 ソニー生命の強みであるコンサルティング営業ならではの、自由度の高い内容設計が心強い。 パンフレットも分かりやすく、「週間ダイヤモンド」の特集でも払い済み・長期保障部門で最も評価が高かった商品です。 「何より大病に備えたい」という目的なら、三井住友海上きらめき生命「新医療保険GK生命の保険」がオススメです。 1入院あたりの保障日数が最長1,095日あるので入院給付金の受け取りが大きくなります。 特約として、定期の死亡保障を付ける事で、トータルな保障が得られます。 入院日額は、5,000円ですが、 80歳までは入院の限度日数が無制限です。 一生涯の医療保険と、子供のための死亡保障を確保したい人に適しています!• (会社員の人は、一定の要件を満たすと給料の6割が保証される「傷病手当金」があります。 1 まず、資料請求。 保険の基礎知識と相場観をつかむ! ステップ. 2 乗合代理店で、おすすめ保険を比較! ステップ. 3 自分が保険に入る目的を再整理して、FPに相談!保険料と家計のバランスを客観的にみてもらう。 ステップ. 保険の基礎知識と相場観をつかむ! 保険商品についてまったく知識が無い人は、相談前に人気保険の資料請求をしてしてみましょう。 保険用語に慣れ相場観を知るだけでも、相談時の納得感が違います。 一括資料請求サイトが便利です。 (資料請求する保険も分からない場合は、私のオススメ保険を参考にしてみてください。 ) おすすめ一括資料請求サイト• ステップ. 契約者が支払う保険料は、どのお店でも変わらないので、加入後もしっかりフォローしてくれそうな代理店で加入しましょう。 ステップ. あとは、保険料と保障内容の比較だけですが、ここが一番大切なのでプロの意見を聞きたいところです。 月々払うことになる保険料と家計(貯蓄)のバランスを客観的に判断してもらいましょう。 賢い保険の選び方のポイント 30代のある日「保険にそろそろ入ろうかな」と思い立ちました。 「保険が似通ったものばかり」になっている理由は、規制が厳しく(新しい保険に)許可が下りにくいという理由からでした。 「保険選びの分かりにくさ」も「保険商品の比較広告の禁止」という規制が理由でした。 (暇だけはあったので、かなり調べました!) 今回は、かなり苦戦してしまったので 保険選びの専門家(ファイナンシャルプランナー)の皆さんの手を借りながら、 「いさじJoeおじさん」流の保険選びのポイントをまとめました。 保険選びの極意! まず、目ぼしい保険を で資料を取り寄せて自習! 最後に、 などで 信頼できる専門家=FP ファイナンシャルプランナー を見つけて、 相談・納得してから加入することをお勧めしています。 確かに面倒!ですが、 保険は、家の次に高い買い物です。 支払うことになる保険料の総額を計算してみれば、省けない労力です。 【おすすめ保険サイト】• 【内部記事】•

次の

30代に人気のおすすめ医療保険ランキング!男性・女性別でご紹介

医療 保険 おすすめ 30 代 女性

ライフスタイルに合わせて選ぶポイントとは? 見直しも若いうちにやっておいた方がいいんです。 女性が覚えておくべき「生命保険の選び方」があった! 20代で自分の意志で生命保険に契約している人は、まだまだ少数派。 若いうちに加入している人は、入社して会社に来る保険販売員に勧められ契約した、または親から就職したのだから生命保険に加入しなさいと、親が加入している保険会社を勧められた、といった理由からが多いようです。 やはり若くて健康な時には、生命保険は考えにくいのかもしれません。 それが30代になってくると、状況は一変。 友人や同僚が健康診断で再検査となった、自分自身も体調の変化が出た、女性疾病が怖い、など不安が増えてきますし、結婚や出産などライフプランの変化も多く、生命保険の加入や見直しを検討し始めたりする人が増えてきます。 ところが、生命保険会社は41社(2017年1月12日時点)もあり、さらに保険商品は多数販売されており、選択に迷う女性の相談がよく寄せられます。 ここではこういった女性のために生命保険の選び方から、加入を検討するタイミングに合った生命保険の選び方について解説します。 この基本形を理解すれば、保険の期間や特徴などがわかるようになります。 3つの基本形とは「定期保険」「養老保険」「終身保険」です。 定期保険 期間が定まっている保険で、掛け捨ての保険となります。 「掛け捨て」は勿体ないという人もいますが、「定期保険」は安い保険料で高い保障を買う事ができます。 子供が小さい家庭や、保障の対象となる被保険者が死亡した場合、残された家族に高い生活保障を残したいなら「定期保険」がオススメです。 養老保険 「定期保険」と形は似ていますが、「養老保険」は掛け捨てでなく、満期時に保障金額と同額の満期金がもらえる貯蓄型保険です。 そのため、「定期保険」と保障期間は同じ保障額でも、保険料は高くなります。 終身保険 文字通り、身が終わるまで一生涯、保障は亡くなるまで続く保険となります。 こちらも貯蓄型になり、保険料の払い込みが完了し、ある期間を過ぎるとそれまでに支払った保険料の総額より解約返戻金は超えます。 【こちらの記事もおすすめ!】 ・ ・ 生命保険の選び方のポイント 生命保険を選ぶには、まず生命保険の加入の目的を明確にすることが大切です。 「何のために? 」「誰のために? 」「いつまで? 」「いくら? 」を明確にすることで、保険種類、保障期間、保障金額がみえてきます。 例えば、独身のA子さんは自分が亡くなった場合に、母親に葬式代などの負担をかけない様に、死後の整理資金として300万円を準備したいと考えました。 先述の目的にあてはめて考えています。 これをもとにA子さんは死亡保険金の受取人を母親にし、死亡保険金300万円の終身保険への検討を始めました。 A子さんは自宅の近くにある保険ショップに出向き、300万円の終身保険のプランを何社か提案してもらい、保険料が一番安い商品に決めることができました。 【こちらの記事もおすすめ!】 ・ 目的に合った生命保険を選ぼう 加入の目的が明確になったら、次に目的に合った生命保険を選びます。 生命保険は定期保険、養老保険、終身保険のほかにも、医療保険、三大疾病保障保険、がん保険、介護保険、学資保険、個人年金、変額保険など様々な種類があります。 さらに特約も多くの種類があります。 特約も自分で選ぶのは難しいですが、目的を明確にしてから、目的をしっかり保険に相談する人(FPなど)で伝えることで、何千とある商品や特約の中から、目的に応じた商品を提案してくれるはずです。 例えば、急な入院・手術に備えたいという目的であれば、医療保険を検討します。 生命保険は何となく加入していれば安心ということではなく、目的に合った生命保険に加入することが大切です。 【こちらの記事もおすすめ!】 ・ 保険の内容を分かってないと損をする?! 保険の相談に行っても難しくてよくわからないという話も聞きます。 そこで、話を聞いてみると、「結婚したし何となく生命保険に加入した方が良いかなと思い、保険の相談に行ってみたけれど、提案された商品が良いのか悪いかよくわりませんでした」というです。 よくわからなかったのは、自分自身がどんな保険を必要としているかを分かっていなかったからです。 良い保険、悪い保険というのはなく、自分にあっているかどうかが大事なポイントです。 例えば、子供が独立するまであと10年間は保障が必要な家庭に、生命保険会社から来年は更新の時期とのお知らせがきました。 その方が、慌てて保険証券を持って近くの保険ショップに相談に行ってみたところ、加入している生命保険は10年ごとの更新タイプであり、来年がその10年の更新だということがわかりました。 更新後の保険料は約2倍。 この方はそれを理解していなかったのです。 死亡保険金の金額はニーズにあっていましたが、保険料が上がってしまうことは予想外、家計を圧迫してしまうので保険見直しを検討することに。 しかし残念なことに、更新の時点で持病の治療・通院をしているため、新しく他の生命保険に加入をすることが難しく、そのまま継続するしかありませんでした。 子供の年齢が上がるにつれ、家計の支出も増える時期に保険料が上がればどの家庭も家計が圧迫して厳しいものです。 保険の見直しも若いうちにやった方がいい このように、加入する時に保障の内容だけでなく、保険料が更新ごとに上がるなど、しっかり理解して加入しておけばよかったと後悔するケースも多々見られます。 生命保険は同じ保障内容、保障期間でも契約年齢ごとに保険料が定められ、若ければ若いほど死亡する確率が低いため、保険料は安く設定されています。 見直しも含め、保険契約は早い方がいいですね。 年齢のほかに契約にあたり、問題となるのが告知書です。 生命保険に加入する時には告知書を提出する必要があり、過去5年以内の健康状況を細かく告知しなければいけません。 健康であれば生命保険の見直しもできますが、病気・通院歴があれば生命保険に加入できない場合もあるので、年齢を重ねてから生命保険を見直したいと思っても、難しいことがあります。 最初に契約する段階で、よく調べ、検討しておきたいですね。 【こちらの記事もおすすめ!】 ・ 掛け捨てと貯蓄型、損をしない保険の選び方とは 前述しましたが、「定期保険」は掛け捨ての保険です。 貯蓄型に比べると少ない保険料で高い保障を買えることができるのが一番のメリット。 残された家族に大きな保障を残すことができます。 反面、貯蓄型の生命保険のうち「終身保険」では、一定期間が過ぎれば支払った保険料より解約返戻金が上回るので、解約せずそのままおいておけば解約返戻金が増えていきます。 お金を貯めるだけが目的であれば、生命保険でお金を貯めなくても他の資産運用でもよいですが、お金を貯めつつ保障を持てるのは「貯蓄型」保険のメリットです。 仮に、銀行預金に毎年12万円を10年間積み立てるとしましょう。 順調にいけば10年後には120万円になっています。 しかし、貯蓄をしている人が2年目の途中で万が一亡くなってしまった場合、貯蓄は1年目の12万円しか貯蓄として家族に残すことができません。 「終身保険」で毎年12万円分の保険料を支払うことにした場合、契約が成立していれば次の日に亡くなった場合、保険金がおりるので貯蓄の12万円よりもっと大きな金額を家族残すことができます。 続いて、ある生命保険会社の商品の「定期保険」と「終身保険」の保険料はいくらぐらい違うのかシをミュレーションし比較してみました。 (払込終了した直後の解約返戻金は約721万円となります) 定期保険は60歳を過ぎれば契約が消滅、終身保険は解約しないかぎり生涯保障は続くという点で保障期間が異なるので単純に保険料の比較というところは難しいかもしれません。 しかし、60歳まで1000万円の死亡保障が欲しいという目的で加入した場合、同じ1000万円の死亡保険金に対して、定期保険と終身保険では保険料は8倍以上になります。 とにかく毎月の保険料は少なく1000万円の死亡保障をという人であれば「定期保険」、貯蓄をしながら死亡保障をという人であれば「終身保険」を選ぶとよいでしょう。 ライフプランごとの生命保険の選び方 生命保険は、目的を明確にしてそれに合った商品を選ぶのが大前提。 ライフスタイルが変わると、目的が変わるのも当然ですが、その際どういった基準で選んでゆくとよいのかを説明します。 独身の生命保険の選び方 初めて保険に加入する時に、よくわからないまま大きな死亡保障がある保険に加入しているケースを見かけますが、本人が大黒柱でない限り、大きな死亡保障は必要ありません。 【こちらの記事もおすすめ!】 ・ ・ ・ 独身の人に、まずお勧めしたいのが医療保険。 医療保険は病気・ケガなどをした場合に使う保険で、入院日数や手術に応じた給付金が支払われます。 家系にガンが多いなど、特定の疾病が心配であればガン保険もしくは医療保険に特約を付加してガンになった場合の保障を厚くすることもできます。 まず、医療保険は日額いくら必要かを決めます。 日額5,000円? 日額10,000円? どれくらいあったら足りるの? そう考える前に、知っておいてほしい公的な制度があります。 「高額療養費制度」です。 公的医療保険における制度の一つで医療機関や薬局の窓口で支払った金額が、一定額を超えると、その超えた金額について支給される制度です。 例えば70歳未満で年収約370万円~約770万円の人であれば、自己負担限度額はひと月に約9万円。 手術を伴う入院だと日額の保障のほか、手術の保障が出ることも多いので、足りない! ということはなさそうですね。 またフリーランスの人など、仕事を休むと収入が入らなくなる方にも、医療保険の検討をオススメします。 「高額療養費制度」もあるので医療費はそんなにかからないとしても、1ヶ月入院することになり仕事を休んだため1ヶ月分収入が入らず、退院後の生活費に困ったというケースもあります。 医療保険は医療費としてだけ考えるのではなく、休業した場合の収入減として準備ができます。 もう1つ独身の人に考えてもらいたい保険は「終身保険」です。 大きな保障は不要ですが、お葬式代として200万円準備しておきたいところです。 とはいえ、若いうちに死亡する確率は低いので、貯蓄型の「終身保険」で200万円の死亡保険金を準備するのがオススメです。 結婚した際の生命保険の選び方 結婚した際の生命保険の選び方は、結婚後も働き続けるのか、専業主婦になるかでも選び方は変わってきます。 まず、共通する点では医療保険に未加入であれば医療保険を検討してください。 働いている人は入院して収入減になるのであれば医療保険の加入を考えたいところです。 また、専業主婦の人に多くみられるのが「収入が無いので、入院しても家計に影響はありません」というケースです。 確かに収入がないので収入減になることはありません。 しかし、専業主婦の人が入院することで、家計に影響はあります。 食事一つとっても、いつも食事を家族のために作っていた主婦がいなくなれば、お弁当を買ったり、外食が増えたりして食費が増える家庭が多いのです。 (旦那さんが自炊できるタイプであれば問題ありませんが) また、将来子供が欲しいと考えているのなら、なおさら医療保険がオススメです。 しかし、妊娠中に入院する人もいます。 切迫早産の危険があると絶対安静が必要となり長期間入院する場合があります。 もし帝王切開で出産となれば、入院・手術と給付対象になります。 (自然分娩であれば医療保険は給付対象外なので給付はされません) また死亡保障については、独身の人と同様、200万円の終身保険をオススメします。 女性自身は独身の人と考え方は変わりませんが、旦那様に死亡保障に加入してもらう必要があるかを検討しましょう。 共働きの人でしたら、旦那様に万が一あった場合でも結婚前のように経済的には生活できるので、死亡保障は必要ないという声は多いです。 ただ結婚を機に退職して専業主婦になって人は、旦那様が万が一あった場合、急に社会復帰できる自身がないという人は死亡保障を検討してもうらうといいでしょう。 子供が生まれた際の生命保険の選び方 子供が生まれたら、死亡保障は必須。 男性だけでなく女性、専業主婦であっても加入しておくことをおすすめします。 もし母親が亡くなり父子家庭になってしまえば、父親が仕事など不在の時間帯に保育園など子どもを預ける必要があり、保育料・ベビーシッター料などが発生するようになります。 「専業主婦だから死亡保障はいらない」でなく、父子家庭になった場合の出費も考える必要があります。 保険料が安く、高い保障が購入できる「定期保険」を子供が独立する予定の年齢までの期間準備しておきましょう。 その中でも、さらに保険料を安くおさえられる「定期保険」の一種である「収入保障保険」が人気です。 これは、死亡保険金が分割で毎月支払われるという保険です。 仮に年金月額20万円・保障期間30年間の収入保障保険金に加入したとしましょう。 その場合、毎月20万円が保障期間終了まで支払われ続けます。 一括で死亡保険金を受け取るより、毎月給与のように支払われるのが便利です。 年金月額を決める際には遺族年金、会社からの保障などいくら入るのかを調べておき、その不足額について収入保障保険の金額を検討します。 また学資保険にも、契約者が万が一死亡した場合は、保険料が免除になる保障がついています。 お金に余裕があれば、学資保険を検討するのも良いでしょう。 子供が独立した際の生命保険の選び方 子供が独立すれば子供のための保障は不要となりますので、今まで加入していた生命保険を見直すタイミングです。 見直すといっても新たに加入し直すというわけではなく、「定期保険」などの掛け捨て保険で子供のための保障部分があれば、削減します。 昔からある国内生命保険会社では、終身保険に定期保険が上乗せされた形の定期付終身保険に加入している場合は特に見直す必要があります。 必要な保障としては、残される配偶者の生活資金のみ。 残された配偶者が受給できる年金と貯蓄で不足する金額の保障があれば十分です。 さらに「終身保険」に必要でない特約が付加されていれば、その特約のみ解約します。 「終身保険」については、特に見直す必要はありません。 持病がある人の生命保険の選び方 生命保険の加入時には過去5年以内の病歴を告知しなくてはなりません。 よって持病がある場合は内容次第では契約できない可能性があります。 しかし持病があっても加入できる保険があります。 保険の種類は医療保険、定期保険、終身保険など様々で、「引受基準緩和型」「限定告知型」「無告知型」などという名前がついています。 持病がある人が加入できる保険については、健康体の人の保険料より高めに設定されています。 告知事項がある 持病等 場合でも、生命保険会社には各社それぞれの引受基準があり、A社では加入を断られたけれど、B社では加入できたということもありますので、まずは通常の保険を申し込んでみて断られたら、「引受基準緩和型」などに申し込むとよいでしょう。 告知項目の例としては以下になります。 最近3カ月以内に入院・手術をすすめられたことがある• 過去2年以内に入院や手術をしたことがある• 過去5年以内にガンまたは肝硬変で治療・投薬・入院・手術を受けたことがある また、契約日から1年以内は給付金が50%削減されます。 選び方を学んで自分に合った生命保険を選ぼう 以上、生命保険の基本的な考え方、選び方をご紹介しました。 今回ご紹介したポイントを覚えておけば、保険ショップで保険の提案をされても、自分自身で自分に合った生命保険を選択ができるようになるでしょう。 名称だけではわかりづらいものもあるので、保障内容については理解できるまで質問しましょう。 またライフプランは変化するもの。 年に1回送付される契約内容のお知らせを見て、加入した保険内容を確認することもお忘れなく。

次の

30代独身のための保険選び【保険市場】

医療 保険 おすすめ 30 代 女性

1-1:保険がなぜ必要なのか? ひとくくりに「生命保険」といっても、保障される内容や保障の目的はいくつかあります。 そのうちひとつは、「亡くなったとき」に備える死亡保険。 もうひとつが、「病気やケガ」「がん」などに備える医療保険、がん保険です。 たとえば、子どものいる30代の方の場合、まだ子どもが未就学児や小学生という方が多いのではないでしょうか。 子どもが小さいということは、これから子どもが独立するまでには、多額の生活費や教育費が必要になります。 もし今、家族をのこして亡くなってしまったとしても、家族が生活水準を落としたり、子どもが経済的な理由で希望の進路を諦めたりすることなく暮らしていけるように備える手段のひとつが、死亡保険です。 また、入院するような病気やケガ、あるいはがんのような病気になった場合、医療費の負担はもちろんですが、治療のため休職することで収入も減ってしまうかもしれません。 治療に専念できるほどの十分な貯蓄があればよいですが、もしそうでなければ、治療中の生活に経済的な不安も出てくるでしょう。 治療中の経済面をサポートすること、それが医療保険やがん保険の役割です。 3-1:死亡保険について 死亡保険とは、被保険者(保障の対象になっている人)が亡くなった場合、または所定の高度障害状態になった場合に、保険金が支払われる保険です。 「亡くなったとき」を想定して備えておかなくてはいけないお金は、主に2種類あります。 まずひとつ目が、どんな状況の人であっても考える必要がある「死亡整理資金」と呼ばれるお金です。 これは、お葬式やお墓にかかる費用や、亡くなったあとの身辺整理に必要なお金をさします。 「独身で一人暮らしだし、そんな費用は必要ないのでは?」と感じる方もいるかもしれませんが、葬儀関連の費用だけでなく、片付けや家財道具の処分などの遺品整理費用、部屋を引き払うまでの家賃や光熱費といった費用も必要です。 こうした、「人が亡くなったときに必然的に発生する費用」が死亡整理資金です。 もうひとつは、「のこされた家族のためのお金」です。 たとえば、住居費について考えてみましょう。 家庭を持っている方が亡くなった場合、住まいが賃貸住宅であれば、遺族は継続して家賃を支払っていく必要があります。 持ち家(マイホーム)の場合、団体信用生命保険(*)(以下、団信)に加入していれば、亡くなった方の残りの住宅ローンはすべて返済されますが、固定資産税、メンテナンス代、火災保険料などの費用は引き続き遺族が負担していくことになります。 他にも、日々の食費や光熱費などの生活費や車の維持費、子どもがいるご家庭では教育費や養育費も確保しておく必要があります。 こうした、「のこされた家族が経済的に困らないようにするための備え」が、のこされた家族のためのお金です。 (*)住宅ローンを組む際、加入が必須となる生命保険(フラット35の場合、団信への加入は任意)。 加入者が亡くなった場合、保険金によって住宅ローンの残額が返済される。 この2種類のお金について、公的保障や貯蓄でカバーできない分を死亡保険で準備する、という考え方が、死亡保険を検討するときのベースになります。 公的制度をチェックしておこう:遺族年金とは? さて、死亡保険への加入を考える前に、まずは公的制度からどれくらいの保障を得られるのかを、チェックしておきましょう。 遺族が受け取れるお金としてまずあげられるのが、「遺族年金」です。 遺族年金は遺族基礎年金と遺族厚生年金に分かれており、年齢や性別、被保険者が加入していた年金によって、受給できる年金額が異なります。 まず、子どもがいるご家族の場合について、考えてみましょう。 【子どもがいるご家族の場合】 もし夫婦のどちらかが亡くなった場合、配偶者は「遺族基礎年金」を受け取ることができます。 さらに、子ども(*)の人数に応じた「子の加算」が受けられます。 *平成30年 12月時点の受給額 もし亡くなった方が自営業もしくは専業主婦(夫)などで、国民年金の加入歴しかない場合、遺族が受け取れるのは遺族基礎年金のみになります。 遺族基礎年金は、一番下の子が18歳到達年度の3月31日を迎えると、支給が終了となります。 ここからは、亡くなった方が会社員などで厚生年金に加入していた場合についてです。 少し複雑になるので、夫が亡くなった場合と妻が亡くなった場合に分けて考えてみましょう。 【子どもがいるご家族】厚生年金に加入している夫が亡くなった場合 子どものいる家庭で、厚生年金に加入している、もしくは加入していたことのある夫が亡くなった場合、妻は遺族基礎年金とあわせて「遺族厚生年金」を受け取ることができます。 遺族厚生年金は一生涯受け取ることができます。 また、40歳以降に子どもが18歳を迎えて遺族基礎年金の支給がなくなると、「中高齢寡婦加算」というお金を65歳まで受け取ることができます。 遺族厚生年金の受給額は、報酬に応じて決定されます。 【子どもがいるご家族】厚生年金に加入している妻が亡くなった場合 子どものいる家庭で、厚生年金に加入している、もしくは加入していたことのある妻が亡くなった場合、夫は子どもの人数に応じた遺族基礎年金を受け取ることができます *。 しかし、遺族厚生年金は、夫が55歳以上でないと受け取れません。 つまり、30代の夫は遺族厚生年金を受け取れないことになります。 ただし、子どもには遺族厚生年金を受給する権利が発生します。 そのため、子どもが18歳到達年度の3月31日を迎えるまでは、世帯としては遺族基礎年金と遺族厚生年金を受給できることになります。 子どもが18歳を迎えると、遺族基礎年金も遺族厚生年金も支給は終了となります。 (*)夫が遺族基礎年金を受給できるのは、妻が亡くなったのが2014年4月以降の場合となります。 【子どもがいないご夫婦の場合】 次に、子どもがいないご夫婦の場合です。 この場合、夫婦のどちらが亡くなっても、遺族基礎年金は支給されません。 遺族基礎年金は、「子ども、または子どものいる配偶者」に支給されるものだからです。 また、亡くなった配偶者が自営業などで国民年金の加入歴しかない場合には、遺族厚生年金も支給はありません。 つまり、子どもがいない自営業の方の場合、配偶者に遺族年金は支給されないということになります。 それでは、会社員など厚生年金に加入歴のある配偶者が亡くなった場合を、夫と妻に分けて考えてみましょう。 【子どもがいないご夫婦】会社員である夫が亡くなった場合 妻が30歳以上であれば、遺族厚生年金を一生涯受け取れます。 夫が亡くなったときに妻が30歳未満の場合は、遺族厚生年金の受給は5年間の期間限定となります。 【子どもがいないご夫婦】会社員である妻が亡くなった場合 妻が亡くなったときに夫が55歳未満であれば、夫に遺族厚生年金は支給されません。 つまり、30代で子どものいない夫は、妻が亡くなっても遺族年金は受け取れないということになります。 このように、家族構成や働き方によって、受け取ることのできる遺族年金には差があります。 万が一のことがあったとき、家族がどれくらいの遺族年金を受け取れるのかがわかっていれば、死亡保険の保険金額を考えるときの参考になります。 遺族年金や公的年金について詳しく知りたい方は、以下のコラムも参考にしてみてください。 3-2:医療保険について 医療保険とは、病気やケガの治療のために入院や手術をしたときなどに給付金が受け取れる保険です。 「病気やケガで入院・手術を受けたとき」を想定して備えておかなくてはいけないお金は、主に2種類あります。 ひとつ目は「治療などに関わる『出費』」です。 日本は国民皆保険制度といって、すべての国民が「国民健康保険」や「健康保険」など、何らかの公的医療保険制度に加入しています。 この公的医療保険制度があるため、30代の方が病院で診察や治療を受ける場合、窓口で支払う自己負担額は、実際にかかった医療費の3割になります。 さらに公的医療保険制度には、高額療養費といって、1ヵ月の医療費の自己負担額が上限に達すると、超えた金額を還付してもらえる制度があります。 3割負担で高額療養費も利用できる、となれば、入院しても自己負担額はそこまで大きくなることはないように感じるかもしれません。 しかし、この3割負担や高額療養費の対象となるのは、あくまでも公的医療保険が適用される保険診療の範囲のみです。 保険診療の適用外となる治療や、入院中の食事代、個室を希望した場合などに発生する差額ベッド代については、費用をすべて自己負担しなくてはなりません。 ふたつ目が、「治療期間中に減ってしまう『収入』」です。 現役世代である30代は、病気やケガで働けなくなる=収入が減少する、というリスクにも備えておく必要があります。 ただし、会社員など勤務先で健康保険に加入している方の場合は、病気やケガで働けなくなったときに、傷病手当金という給付金を受け取ることができます。 病気やケガの療養のため、3日以上連続して働けなかった場合に4日目から支給され、期間は1年6ヵ月。 このように、傷病手当金を受け取れる方は、働けなくなったとしてもいきなり収入が途絶えてしまうわけではありません。 しかし、自営業などで国民健康保険に加入している方には傷病手当金がないので、病気やケガで仕事ができなくなれば収入が途絶えてしまう可能性も考えられます。 自己負担する費用と、減ってしまう収入の補てん。 この2つにどこまで備えるかを考えながら、医療保険やがん保険の保障内容を決めていくようにしましょう。 *上記で紹介したのは、がん保険の保障の一部です。 また、保険会社によって、給付金の名称や加入できる保障の種類は異なります。 がんの治療は、入院して行うこともありますし、通院治療がメインとなる場合もあります。 また、がんが発見されたときの進行具合(ステージ)や患者さんの体調などによって、選ばれる治療方法はさまざまです。 1回の手術で治療が終わる可能性もありますし、治療が長期間にわたったり、再発を繰り返したりする可能性も考えられます。 たとえば、入院せずに通院でがん治療をすることになった場合、医療保険の入院給付金を受け取ることはできません。 通院給付金も、ほとんどの医療保険で「入院後」もしくは「入院前後」の通院を保障するものとされています。 しかし、がん保険の「がん診断給付金」はがんと診断された段階で受け取ることができますし、「がん通院給付金」は入院を伴わない通院治療でも給付されることが一般的です。 治療の初期段階で50万円や100万円といったがん診断給付金を受取っていれば、治療の費用や当面の生活費をカバーできるかもしれません。 また、定期的に抗がん剤治療などを受けることになれば、仕事を休んだり、勤務時間を調整したりして収入が減少する可能性も考えられます。 もし、通院給付金や、抗がん剤治療を受けた月ごとに治療給付金を受け取ることができれば、経済的な負担も心理的な不安も、軽減することができるでしょう。 がん保険は、治療の選択肢を広げたり、経済的な不安への支えとなったりしてくれるものです。 もしもがんになったとしたら、生活はどうなるのだろう?といったことをイメージしながら、がん保険の保障内容を決めていくとよいでしょう。 4-1:独身男性Aさんの保険の選び方とは? 例)Aさん:30代独身・会社員 30代独身男性のAさんの保険の選び方を考えていきましょう。 死亡保険 Aさんは独身であることから、のこされた家族への保障を重要視する必要はありません。 そのため、死亡保険への加入の優先順位は高くないといえます。 ただし、以下に当てはまる場合は、死亡保険で自分に万が一のことがあった場合に備えておく必要があります。 ・貯蓄が少ない、自分に万が一のことがあったときに両親などに経済的負担をかけたくない、といった理由から、葬儀代や身辺整理費用など、死亡整理資金が必要な方• ・両親を扶養している、仕送りをしているなど、生活を支えなければならない家族がいる方 死亡保険には、保障される期間が定まっている「定期保険」と、一生涯保障が続く「終身保険」があります。 終身保険は、定期保険と比べて保険料が高くなりますが、保障がずっと続き保険料は加入時からずっと変わりません(*)。 それに対して定期保険は、終身保険と比べて保険料が安く、高額な保険金を準備しやすくなっています。 契約内容によって、保険期間の満了とともに保障も終了する全期型と、保険期間の満了後も更新によって保障が継続される更新型があります。 関連コンテンツ• 医療保険 病気やケガで入院することになった場合、治療にかかるお金も心配ですが、仕事を休むことによる収入の減少も気になるところです。 医療保険に加入していると、療養期間中の貯蓄の減少や収入ダウンにも備えることができます。 もし、仮にAさんが自営業者で国民健康保険に加入している場合は、会社員のように傷病手当金を受け取ることができません。 そこで治療費の負担や、貯蓄減、収入減をカバーする医療保険の重要性がより高まります。 また、保険料は一般的に年齢が上がるほど高くなるため、30代の若いうちに加入すると、毎回支払う保険料を抑えることができます。 医療保険も、死亡保険と同じように、保障される期間の定まった「定期型」と一生涯保障が続く「終身型」に分類されます。 定期型のメリットは、保険期間以外の同じ保障内容で比較した場合に、保険料が安くなる点、終身型のメリットは、加入時から保険料がずっと変わらない点です。 保障の内容と、保障される期間、そして負担する保険料のバランスを考えながら、医療保険を検討するようにしましょう。 どちらも会社員として働く共働き夫婦です。 Cさん夫婦の保険選びについて考えていきましょう。 死亡保険 Cさんも奥さんも働いていて収入がありますので、基本的に高額な死亡保険は必要ありません。 ただし、2人の収入額に大きな差がある場合や、一方の収入がなくなると大きく生活水準を下げなくてはいけないような状況であれば、死亡保険で配偶者にしっかりとお金をのこすことが必要になってきます。 今後の資産計画や働き方、お互いに万が一のことがあったらどうするかなどを日ごろからよく話し合い、保険金額を決めることが大切です。 関連コンテンツ• 医療保険 Cさん夫婦はどちらも会社員なので、• ・どちらか一方が入院や療養で仕事を休むことになっても、世帯としては収入を得られる• ただし、治療が長期化して今までのように働くことが難しくなり、家計のバランスが変化するといった可能性は十分に考えられます。 医療保険の中には、がんや三大疾病などへの保障が手厚い商品もありますし、入院日数にかかわらずまとまった一時金が給付されるタイプの商品もあります。 医療保険を検討するのであれば、「シンプルな内容の医療保険に、お守り代わりに加入する」もしくは「がんや三大疾病など、治療が長期化する可能性のある病気にしっかり備えておく」など、どんな状況に備えたいかを想定してから、その希望に合った保険を選ぶことが重要です。 夫は会社員、妻は扶養内のパートです。 自宅は賃貸マンション。 Dさん夫婦はどのように保険を選ぶとよいのでしょうか? 死亡保険 子どもが1人、妻は扶養内のパートというDさんファミリーは、Dさんが経済面での柱です。 Dさんに 万が一のことがあっても、家族が経済的に不自由なく暮らしていけるように備えておかなくてはなりません。 死亡保険でどれくらいの金額を準備しておくべきかを考えるには、まず「必要保障額」を計算する必要があります。 必要保障額は、想定される遺族の収入を、遺族の支出から差し引いた金額です。 まずは、遺族の収入について考えてみましょう。 【遺族の収入】 まずは、Dさんに万が一のことがあった場合に、家族が遺族年金をいくら受給できるか実際に計算してみましょう。 遺族基礎年金の受給額は、以下のようになります(2018年12月現在)。 (遺族基礎年金額)年額779,300円 (子の加算) 年額224,300円 したがって1年間で受給できる遺族基礎年金額は 779,300円+224,300円=1003,600円 月額に換算すると 約83,633円です。 さらに、Dさんの収入額と厚生年金の加入期間に応じて、妻には遺族厚生年金が一生涯支給されます。 遺族基礎年金の受給期間は、子どもが18歳になった年度の3月末までです。 この遺族年金に、現在の貯蓄やDさんの死亡退職金、妻の今後の収入の見込みなどを足した金額が、「遺族の収入」となります。 次に、「遺族の支出」について考えてみましょう。 【遺族の支出】• ・住まいが賃貸なので、住居費が今後も必要• ・子どもの教育費• ・妻と子どもの食費や公共料金などの生活費 といったお金がかかることになります。 特に、子どもの進路によっては教育費が多めにかかる場合もあるかもしれませんし、家電の買い替えやマイカーを購入することもあるかもしれません。 どのような支出が予想されるかを洗い出し、どれくらいのお金がかかるのかを明確に予想することが大切になります。 (*)事前に申請することで、医療機関の窓口での自己負担を上限額までにすることもできます(限度額適用認定証)。 また、Dさん夫妻には子どもがいます。 Dさんまたは妻が入院してしまうことで、今まで自分たちでやりくりできていた家事や子どもの世話などについて、代行サービスを利用しなければならないことも考えられます。 もし、妻が主に家事や育児をメインで担っていた場合、妻が入院してしまうと食事は外食が多くなったり、子どもを預かってもらうための費用が必要になったりするケースも考えられます。 たとえ医療費そのものの自己負担額がそこまでかからないといっても、治療が長期にわたれば、経済的な負担が重くなってくる可能性もあるでしょう。 医療保険の給付金をいくらにするか、どういった保障内容にするかは、こういったさまざまな支出を総合的に考えた上で決定することが重要になります。 また、がんになった場合にも備えておきたいものです。 がん保険の保障内容は商品によってさまざまですが、たとえばがんと診断されたときにまとまった給付金(一時金)を受け取れる【がん診断給付金】で備えておくと、がんと診断されたときに50万円や100万円、200万円といったまとまったお金を受け取ることができ、治療費から生活費まで幅広く役立てることができます(*)。 (*)団信とは、団体信用生命保険の略称。 団信に加入していると、住宅ローンの契約者が亡くなった(もしくは所定の高度障害状態になった)場合に、保険金で残りの住宅ローンが一括返済されます。 死亡保険 死亡保険を検討するには、Dさんのときと同じように、まずはEさんファミリーの必要保障額を考えなくてはなりません。 まずは、遺族の収入についてみてみましょう。 【遺族の収入】 Eさんは自営業のため、Eさんに万が一のことがあった場合、家族が受け取ることができるのは「遺族基礎年金」となります。 遺族基礎年金の受給額は、以下のようになります(2018年12月現在)。 (遺族基礎年金額)年額779,300円 (子の加算) 年額523,400円(224,300円+224,300円+74,800円) したがって1年間で受給できる遺族基礎年金額は 779,300円+523,400円=1,302,700円 月額に換算すると 約108,558円となります。 子どもが18歳到達年度の3月を経過すると、「子の加算」の対象外となり、その分受給額が少なくなります、一番下の子が18歳到達年度の3月を経過すると、遺族基礎年金の支給は終了となります。 Eさんは自営業のため、過去に厚生年金に加入していた時期がなければ、遺族厚生年金は支給されません。 この遺族基礎年金に、現在の貯蓄などの資産を加算したものが、Eさんの遺族の収入となります。 次に、遺族の支出について考えます。 【遺族の支出】 Eさんに万が一のことがあった場合、団信によって住宅ローンの返済はなくなります。 ただし、固定資産税や修繕費といった費用は考えておかなくてはなりません。 さらに毎月の生活費に加えて3人の子どもの教育費の用意もあります。 ・団信によって住宅ローンの返済はなくなるが、固定資産税や修繕費、火災保険などの費用は必要• ・子ども3人分の教育費• ・妻と子どもの食費や公共料金などの生活費 といった費用を考えなくてはなりません。 中でも、子どもの教育費は大きな負担となります。 いくらくらいの教育費がかかるのかをみてみましょう。 学校種別ごとの1年間の学習費総額 保護者が支出した教育費 (単位:円) 学校教育費 学校給食費 学校外活動費 合計 幼稚園 公立 120,546 20,418 92,983 233,947 私立 318,763 29,924 133,705 482,392 小学校 公立 60,043 44,441 217,826 322,310 私立 870,408 44,807 613,022 1,528,237 中学校 公立 133,640 43,730 301,184 478,554 私立 977,435 8,566 320,932 1,326,933 高校 公立 275,991 - 174,871 450,862 私立 755,101 - 285,067 1,040,168 出典:文部科学省の以下の統計により楽天生命試算 文部科学省 国公私立大学の授業料等の推移 文部科学省 平成28年度 私立大学入学者に係る初年度学生納付金 平均額(定員1人当たり)の調査結果について 仮に、幼稚園(3年間)から高校までは公立に通い、大学で私立文系に通った場合、こどもひとりあたり約1,003万円の教育費がかかることになります。 こうした費用を、遺族基礎年金と預貯金などからすべて準備することは難しいでしょう。 遺族基礎年金を含め、今後見込める「遺族の収入」がいくらくらいで、教育費など「遺族の支出」がどれくらいになるのかを計算し、不足分は死亡保険でしっかりと準備しておくことが大切です。 医療保険 Eさんが病気やケガで入院するとなると、• ・医療費が家計への負担となる。 ・Eさんが働けなくなることで、収入が途絶えてしまう可能性がある。 といった不安が生まれます。 Eさんが会社員なら、働けなくなったとしても一定期間は傷病手当金を受給できますが、Eさんは自営業者なので、傷病手当金の受給対象にはなりません。 治療に関わる出費と、仕事ができない期間の経済面での保障、両方をしっかりとカバーできるような医療保険に加入することが必要になります。 また、Eさんの妻は専業主婦なので、普段家事や育児をメインに担当しているとします。 妻がもし長期入院やがんの闘病で通院しなければならないような状況となったとき、家事や育児の代行サービスを利用する際のコストも想定しておかなければなりません。 自営業の方の場合、会社員の方のように傷病手当金や企業からの補償を受けることができないので、より一層手厚い備えが必要と考えられます。 共通: 保険を選ぶ前には、遺族年金や傷病手当金、高額療養費などの公的制度をチェック。 独身の方: 1)基本的に死亡保障は不要なケースが多いが、死亡整理資金は必要。 死亡整理資金として死亡保険に加入しておくケースも考えらえる。 2)収入減に備えて、医療保険への加入は検討したい。 またがんや女性特有の疾患が心配な方はがん保険や女性向けの医療保険へ加入しておくとよい。 既婚者の方で子どもがいない夫婦: 1)共働きなら夫婦で高額な死亡保険が必要なケースは少ない。 ただし、夫婦の収入に差があるような場合には、のこされた配偶者が困らないように備えておく必要がある。 2)医療保険を考える際には、高額療養費や傷病手当金(会社員の場合)の利用を前提に考える。 また、長期入院や通院治療などで治療費がかさむケースや家族の見舞い・病院までの交通費が必要となる場合も想定して保障内容を決めよう。 既婚者の方で子どもがいる夫婦: 1)のこされた家族の生活や子どもの教育費などを考え、死亡保障額は十分に用意しておきたい。 2)子どもがいる場合は遺族基礎年金を受給できる。 ただしそれでも生活するには足りない場合もあるので、保険への加入を検討するようにしたい。 3)入院や通院により、医療費の負担が増すだけでなく、家事や育児に支障が出るケースも考えらえる。 医療保険は医療費の補てんだけでなく、そういった費用をカバーすることを目的とすることもできる。 また、ライフプランに合わせて保険の見直しも必要です。 一度加入したらそのままではなく、ライフステージの変化にあわせて見直すようにしていきましょう。

次の