パチンコ 休業。 ワイドショーでは絶対に報じられない、パチンコ店の本当の休業率

緊急事態宣言が発令された7都府県のパチンコ店休業数が公開!4割を超える1577店舗が休業、設置台数が大きい店舗ほど休業する傾向に

パチンコ 休業

緊急事態宣言が出された先月から全国のほとんどでパチンコ店に休業要請が出され、25日、宣言がすべて解除されたあとも東京都や千葉県、北海道の一部などでは休業の要請が継続されています。 パチンコ店は全国におよそ1万店ありますが、NHKが店の関係者や業界団体などに取材したところ、先月以降、少なくとも85の店が事実上倒産したり閉店したりしたことが分かりました。 都道県別では東京都が11店と最も多く、北海道で9店、愛知県で6店が確認されています。 休業の要請に応じると、東京都の場合協力金として最大で100万円が支払われますが、店の家賃だけで月に1000万円以上かかる場合もあり、ほとんどの店で大幅な赤字になるということです。 資金繰りが悪化する店はさらに増える見通しで、業界団体では従業員の雇用を守る取り組みを進めていきたいとしています。 閉店した東京都内のパチンコ店の幹部は「休業すると収入を得る手段がなく、家賃や人件費を払うことができない。 運転資金がもたずもはや限界だった」と話していました。 関係者によりますと、パチンコ店の中には建物を借りて営業しているところも多く、大規模な店では家賃だけで月に1000万円を超えるということです。 また、パチンコ台の仕入れ代金や光熱費、従業員の給料などの「固定費」が、ほかの業種に比べて高くなっています。 さらに、飲食店と異なりテイクアウトなどで収入を得ることができず、資金繰りが急速に悪化する店が相次いでいるということです。 東京都の場合、休業に対する協力金は最大で100万円ですが、店を開けなければ赤字になってしまうとして、いったん休業したあと営業を再開する店も出ています。 休業要請に応じている東京都内のパチンコ店の幹部は「批判を覚悟で店を開けるか、店を畳むかの選択を迫られている状況だ。 自分の店も含めてもう限界に達しているところが多いと思う」と話しています。

次の

従わぬパチンコ3店に休業指示も 大阪・吉村知事が言及 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

パチンコ 休業

新型コロナウイルスを巡る パチンコ・パチスロ業界の対応について、新たな局面を迎えることとなった。 遊技通信によると、各自治体の休業要請の業種指定解除を受け、 パチンコホール運営の最王手マルハンとダイナムが一部店舗の営業を再開する決定をした。 再開に関しては、感染防止対策を徹底した上で営業を行っているようだ。 基本的な対策としては、 ・ 遊技台の間引き ・ 飛沫防止ボードの設置(分煙ボードの再利用) ・ 景品カウンターのビニールシート設置 ・ お客が並ぶ際の1. さらに注目なのは、「休日の入場人数制限」や「地域住民のみの入場」を掲げている点だ。 これはまさに問題の焦点であり、ここに真摯に向き合い万全の対応策を講じたのは見事である。 特定警戒区域から人が流れてくることは感染拡大に非常な悪影響を与えることが既知の事実だからなのである。 はっきりいってテレビや新聞が騒ぐことは気にしていない。 彼らは議論する気がないのだ。 批判しやすいところを批判しているだけだし、社会の公器たろうとしている印象しか持てない。 よもや自治体の対応にも良い印象を感じない。

次の

一部のパチンコ店はなぜ休業していないのか? 経営者に聞いてみた

パチンコ 休業

休業派の意見 ・パチ屋もクラスター感染の可能性が高い施設だろ? ・高齢者も多いんだから自粛すべき ・広がってからじゃ遅い! ・子供が休んでいるのに大人だけ遊んでいていいのか? これ以外にもたくさん書ききれないほど意見がありましたが、これぐらいに・・・。 今のところパチンコ屋が原因の感染拡大っていうのはありませんが、過去記事にも書いた通り、濃厚接触と言われる状況になりやすくその危険性は高いと言えます。 一部「子供が我慢しているのに・・・」みたいな意見もありましたが、卒業式の自粛や野球のセンバツも含めて、確かに可哀想と思いますね。 そしてパチンコ屋というのは街のイルミネーションの一つ。 夜、パチ屋の電気が消えているだけでもかなり気持ちが下がってしまいます。 そういった意味でも新型コロナが流行っているからと言って休業する必要はないということでしょう。 とまぁこんな感じでネットの意見をズラッと見てみましたが割合として、 休業をするべき派 :90% 休業しなくてもいい派:10% という感じです。 元々パチンコに対する風当たりは強かったですが、このコロナ騒動でさらに圧力が増しているようですね。 休業するべき派はどちらかというとパチンコをやらない人達が多く、休業しなくてもいい派は普段パチンコをする人達なのかもしれません。 それほどパチンコは嫌われているって事かな? 休業したくてもできない理由があるのでは? 画像に意味はありません 休業するべきという声が大きいにも関わらず、無心で営業を続けているパチンコ屋。 多分何かしらの 休業したくてもできない理由があるのではないかと思います。 それは国内有数の10兆円規模業界に対する国の圧力なのか、協会からの圧力なのか、それとも・・・・。 それはさておき、どんなに新型コロナ対策をしたいと店長が願っていても、本部が許可しない事に休業できないでしょう。 その本部も 「自社だけ休業して他社が休業しない」ってなれば馬鹿臭いですもんね。 結局、上が「全部休業!」って言わない限りはどこも休業しないと思うんです。 それは他の業界も同じ。 マスク転売でもそうじゃないですか。 メルカリもヤフオクもラクマも、どんなに批判を浴びても最初はマスク転売の注意喚起だけでした。 それは自分の所だけ転売禁止にするのは馬鹿臭いと思ったからでしょう。 国がマスク転売規制を行って、やっと転売禁止になりましたよね。 そういう風にパチンコ屋も上層部(国・業界団体)がハッキリ言わない事には、 休業したくてもできないということなのです。 たぶんクラスター感染とかがパチ屋で起きれば、一気に業界の雰囲気が変わると思いますがね。 追記:緊急事態宣言を受け、ついに休業が始まった 4月7日の政府による緊急事態宣言を受け、 首都圏を中心としたパチンコ店の休業が始まりました。 また4月10日の東京都による 休業要請対象にパチンコ店も含まれることに。 休業を決めたパチンコ店の一例 ダイナム、マルハン、キコーナ、ガイア、夢屋、123、ピーアークなど。 休業要請に応じないパチンコ店については、 名前の公表など強い措置を取るそうです。 さらに追記:大阪府は4月24日、休業要請に従わないパチンコ店の名前公表に踏み切りました。 しかしこれが逆に宣伝となってしまい、客が集中したパチンコ店もあるようです。 個人的にはパチ屋の休業は・・・賛成? 個人的にはパチンコ屋の休業自体は 賛成に近い反対ですね(笑) 今の社会雰囲気の中でパチンコ屋に行く事に少し抵抗があるし、換気が良いと言えど感染自体が100%ないって言えません。 なので休業自体は賛成です。 しかし全店休業となると・・・気持ちが参っちゃいますね、依存症なんで。 そういう意味でちょっと反対。 でもまぁパチンコのない生活もたまにはいいのかもしれませんし、改めて生活を見直すチャンスになるかもしれないので、短期間の休業ならいいのではないでしょうか? 知人のパチ屋店員が 「長期休みがない」って嘆いていたんで、店員たちのためにもコロナを理由に休業し、春休みがてら休んでもいいと思います。 追記:地元でも4月29日から休業が始まりました。 パチンコ屋は批判されても仕方ない・・ パチンコ屋だけ批判されるのはどうも腑に落ちないですが、それが世の中の声ではあるのは事実。 ここで反対派に回れば、理論上9000万人の人々に攻撃されちゃいますんで。 私はパチ屋の休業賛成です、もう一度言います。 賛成です!! パチ屋って何かあるたびに最初に批判されちゃいますからね。 東日本大震災しかり、今回のコロナ騒動しかり・・・ 一つパチ屋を擁護するとすれば、 どんな国難でもパチ屋のネオンを見れば元気出ると思うんです。 安心すると思うんです。 東日本大震災の時も停電から解放され、パチ屋の光を見た時に 「ああ・・戻った・・」と一気に気持ちが落ち着きました。 だから気持ちは休業しないで欲しい。 っと言っても批判されそうですからここで休業賛成派に戻りますが、今回は震災ではなく感染症なので、 感染リスクを抑える意味でも休業する事も大事だと思います。 打ち手も安心して打ちたいだろうし、手に入りにくいマスクを付けて行くのもそろそろしんどいですからね・・・。

次の