税 に関する 作文 高校生。 平成31年度【2019】税についての作文 。中学生・高校生が簡単に書けるコツ・例文やタイトル

所沢商工会議所 | 令和元年度「税に関する高校生の作文」受賞者発表

税 に関する 作文 高校生

税金の作文 いったい税金はどのように大切なものか、調べて見ます。 一、 税金とは何か。 社会全体のために、みんなが共同で使われるものに使われる。 みんなが安全で快適に便利に暮らしやすくするために必要なお金である。 みんなが出し合うので会費のようなものである。 二、税金にはどんな種類のものがあるのか。 国に納める国税と、県や市町村に納める地方税がある。 消費税、所得税、法人税、相続税、贈与税など約20種類ある。 消費税は、お店で五パーセントの税金を上乗せされているので国民が買い物の時に支払っている。 それをお店の経営者が国に納めている。 所得税は、事業者が税務署に所得に応じて支払う。 サラリーマンは給料から引かれている。 法人税は法人、株式会社の所得にかかる税金である。 相続税は、親が亡くなったときに、子どもに相続された財産にかかる税金である。 贈与税は親が生きていたときに子どもに財産が贈与された時にかかる税金である。 県民税、自動車税、事業税、など16種類がある。 県民税は、県内に住んでいる方の所得の額に応じて納める税金です。 支払いの時には、市県民税として市に収めている。 自動車税は、原則として毎年4月の1日に自動車の所有者にかかる税金である。 この税金は、乗用車やトラックが対象である。 事業税は、事業を営む個人や法人にかかる税金である。 市民税と固定資産税と軽自動車税と健康保険税、入湯税、市タバコ税、都市計画税、事業税がある。 市民税は、労働者一般の市民にかかる税である。 固定資産税は、私達が住んでいる土地や住宅にかかる税である。 軽自動車税は、軽自動車や、オートバイ、原付などにかかる税になる。 学校では、校舎の建設費、教師と事務の職員の給料、校内の教育関係の備品、などに税金が使われている。 市役所、ごみ焼却場、道路、老人ホーム、道路、公園、等の共同施設に税金が使われている。 新幹線開業事業費、ごみ収集とごみ廃棄物処理対策費、消防車と救急車、市街地活性化対策費、高齢者対策費、放置自転車対策費、道路工事などの公共工事費、学校教育費、河川事業費、市町村役所の職員の給料、等に税金は使われる。 四、 もし税金がなかったらどうなるのか。 家事が起きた時に消防車が来ないなら火は消えない。 急病や交通事故のときに救急車が来なかったら命が危険にさらされる。 学校が無ければ勉強ができない。 ごみ収集車がごみを集めに来ないなら、ごみの処分に困る。 自然災害のときに自衛隊がいないなら救援に来ていただけない。 川の氾濫がないように土手が整備されていないと危険である。 道路が整備されていないと車が走れない。 健康保険がないと医者で高い金額を請求される。 五、まとめ このように私達が毎日快適に便利に暮らしていけるのは、私達が知らない間に大人の方々が、仕事をして働いて税金をたくさんいく種類も国や県や市町村に納めてくれているおかげであるが分かった。 税金は私達の毎日の生活と密着している需要な役割を果たしている。 税金は本当に、納める時は嫌われるものであるが、税金がないと国や地方自治体が仕事ができないので、税金は助け合いの寄付金のように、必要な大切な収入源であると分かった。 大人になったら働いて税金を社会のために、納めていこうと思った。

次の

所沢商工会議所 | 令和元年度「税に関する高校生の作文」受賞者発表

税 に関する 作文 高校生

平成24年度「税に関する高校生の作文」国税庁長官賞受賞 国税庁では、本年度も、全国の高等学校のご協力を得て「税に関する高校生の作文」の募集を行いました。 これは次代を担う高校生の皆さんが、学校教育の中で学習したことや自分自身の経験・体験などを通して、税について考えたことを作文の形で発表していただき、これを機会に税に対する関心を一層深めていただきたいという趣旨で、昭和37年度から毎年実施しているものです。 本年度は全国1,495校から182,736編の作文が寄せられました。 名古屋国税局管内では、1年の 宮本果南さんが 国税庁長官賞を受賞されましたのでご紹介します。 【題名】 政府と国民の約束 【学校名・学年】岐阜県立岐阜高等学校 1年 【氏名】 宮本 果南 かな さん 私はこの春、念願の高校に入学できた。 心を弾ませ合格者説明会で話を聞いたあと、四月から必要な教材を買ったことを覚えている。 その出来事が印象深いのは、教材にかかる費用が想像を超えていたからだ。 その日、帰宅した私は、中学校で使っていた教科書の整理をしていた。 「確か、小学校や中学校では教科書の代金を払っていないはず」と思っていた矢先、ある言葉に目が留まった。 それは教科書の裏に書かれている言葉だ。 「この教科書は、これからの日本を担う皆さんへの期待をこめ、国民の税金によって無償で支給されています。 大切に使いましょう。 」教科書はたくさんの人が私たちの将来に投資する形で配布されていたのだ。 この言葉を読んで、日本をつくっていくのは私たちなんだ、というぼんやりとはしているが責任を感じた。 私たちは普段、税金について考えると、ついつい「お金を取られている」という気分になる。 でも実際は、道路や公園、病院、学校など数え切れない数の場所を豊かにしてくれている。 そして未来の日本のために、税が使われている。 税によって豊かな生活ができることにもっと感謝すべきではないだろうか。 感謝の心を持てれば「お金を取られている」という感覚も減るのではないだろうか。 私は、教科書という形で税金のありがたみが良く分かった。 私が目標としていた高校に入学することも、こうやって文章を書くことも、全て、教科書なしではできなかった。 そう考えると、税金のない世界は怖くて仕方がない。 国のたくさんの人の協力で、私はここまで成長できた。 次は私の番だ。 私もしっかり税を払い、多くの人の助けになりたいと思う。 最後に、もう一つ宣言したいことがある。 それは、日本人という名に恥じない人間になるということだ。 福澤諭吉は学問のすゝめの中で、税についてこう述べている。 「これ即ち政府と人民の約束なり。 」 これは、私たち国民がお金を払うかわりに、政府はよりよい国づくりをするという約束だろう。 しかし、別の捉え方もできる。 国民から集めた税金を教科書という形で政府が届けてくれたのなら、私たちは国を担っていく人間であることを自覚しなくてはならないのではないか。 それも政府と私たちの約束だ。 税金の意義を考え、社会貢献していける立場であり続けたいと私は思う。

次の

税に関する高校生の作文

税 に関する 作文 高校生

現在、私は高校三年生である。 つまり、卒業をひかえ次の進路を決めていく時期だ。 私が通う高校は、先生方の尽力のおかげで地元とのパイプがしっかりしており、高校ながらかなりいい企業の求人がくる。 私の兄姉もこの学校の強いバックアップのもと、内定をもらい社会人として働いている。 進学してやりたいこともあったが、就職して資金をためたうえで、やりたいことにチャレンジするべきだという考えに至った。 そうして私は、いわゆる就職組に入った。 ある日、受験する企業を探すために求人票を見ていた時のこと。 労働条件の賃金の欄を見て、思ったことがあった。 基本給から引かれる控除額の内訳、その中に「税金」がある。 就職と聞くと、どうしても社会人になることを意識する。 けれどその一方で、就職するということは給料をもらうということ。 つまり、納税者にもなり得るということに気が付いた。 小学生・中学生の頃、教科書の裏側を見れば「この教科書は、これからの日本を担う皆さんへの期待をこめ、税金によって無償で支給されています。 大切に使いましょう。 」と記されていた。 私も納税者になる。 支援する側になる。 教科書を当然のように受け取ったあの日。 見えないけれど、その教科書の先には不特定多数の人がいた。 それを次は私が、私と不特定多数の納税者で、未来を担う子供たちに手渡す。 なんとも不思議なことだ。 消費税増税を例にとっても、税に関しては一部反感の声が聞こえる。 なにせ、手取り額が減ったり出費が多くなったりと、自分が好きに扱える金額が少なくなるからだ。 けれど私もそうして集められた税に支えられてきた。 勉強をした。 旅行に行った。 医者にもかかった。 いずれも、教育機関や公共設備として、税が関わっている。 増税しようというつもりはない。 けれど、増税にせよ減税にせよ、税が人々の生活と関係している以上、その存在がなくなった日というのは、息苦しいと思う。 ゴミ処理や道路整備といった日常的なことから、事故や災害といった緊急時、様々な場面で支障が出てしまうだろう。 十七年生きてきた。 一体、どれぐらい沢山の人と繋がってきただろう。 そしてこれから私は何人の笑顔の手助けができるのだろう。 「納税者」という言葉を前に改めて思ったことは、実にシンプルだ。 税を大切にしてほしい。 有意義に使ってほしい。 それがどんな使い方であっても、誰にどんな形で渡っても。 政治に無関心だなんて言わないで、ちゃんと向き合っていこう。

次の