ウェイブ 格闘技。 新部活誕生『ボルダリング部』&『格闘技部』&『テニス部』

ネクスウェイブ株式会社の詳細情報|国内最大の不動産投資サイト「楽待」

ウェイブ 格闘技

ウェーブはまさに肩甲骨(に伝わる全身)の力です。 坂口さんが有名になって、自分らもウェーブとやらを聞いたその日にやったんですが、一番経歴が長い自分は引くのができたの(手首握らせて、ぶっ飛ばす)ですが(押すことはまだ)、他員は全くできなくて、「あ、本当にあるんだな」と、メンバー皆で感心していました 笑 それで、自分と他員の違いを調べたら、圧倒的に肩甲骨の動きが違いました。 肩甲骨を動かすには上体、腰の捻りが必要で、腕をただ引くよりも多くの力が生まれます。 となります。 つまり、引くときに使う力が全然違います。 坂口の体の動きを見れば、よくわかります。 肩、上体、腰の捻り具合に注目して見てください。 まぁ、本家を体感したことがない素人の戯れ言ですが……。 稲川さんは、自衛隊に指導していたことは確実で、荒川卓という陸上自衛隊特殊作戦群初代群長との交際があります(怖)。 自衛隊に指導していた時くらいに、米軍にも行ったらしいですが、人情味が無く嫌気が差したから自衛隊に戻ったらしいです。 ちなみにゼロレンジは米兵にも普通に効いたらしいです。 過去に武者修行として海外のPMCの訓練に参加して死にかけてたらしいですが、訓練以外の指導等の話は見たことありません。 ここでの話は稲川の本を出典にしていますので、2011年時点のものです。 それ以降の活動は、確実な資料がないので分かりません。 いつかまた本を出して欲しいものですな…。

次の

入江秀忠

ウェイブ 格闘技

創始者 [ ] 創始者は。 稲川は自身を公に「戦闘者」と名乗り、団体内では「マスターインストラクター」と称している。 「戦闘者」という名称は「武道家」「格闘家」とは違い、軍事的な「戦闘」にこだわる者という意味で、「兵法者」に近いニュアンスの言葉であるという。 概要 [ ] 日本古来の動きや武術、精神をベースにした戦闘術。 「零距離」とはかつてのの兵士達のように自らの犠牲を顧みずに「距離をゼロにして」戦う思想も意味する。 創始者が日本の古流武術であるの他にをはじめとするタイ武術や等も学んでいることから、古流武術の身体操作を基にした動きの中にや等に似たものも見られる。 素手の他にも、、、や、等のの操作も想定している。 体幹を保ったまま、肩甲骨を柔軟に回す「ウェイブ」を基本の身体操作の一つとする。 公的機関の採用 [ ] のへの指導は部隊創設前の準備隊当初から行われている。 へ講師を派遣している。 その他自衛隊の基地、駐屯地、警察機関への指導の他、各国の警察、軍隊への指導実績がある事を、の番組、「防人の道 今日の自衛隊」で明かした。 参考メディア [ ] 稲川が「防人の道 今日の自衛隊」等、の番組に不定期出演。 番組では、弟子と共に技を披露したり、自身の思想を語っている。 出演 テーマ 稲川義貴 稲川義貴 稲川義貴 ・稲川義貴 稲川義貴 稲川義貴 伊藤祐靖・稲川義貴 稲川義貴 伊藤祐靖・稲川義貴 稲川義貴 稲川義貴 稲川義貴・奥田祥弘 伊藤祐靖・稲川義貴 稲川義貴 稲川義貴 稲川義貴 稲川義貴 参考文献 [ ] タイトル 著者 出版社 発売日 備考 零距離戦闘術 入門編 稲川義貴 並木書房 2011年8月8日 初代群長のがまえがきを書いており、また「防人の道 今日の自衛隊」のキャスターであるとの対談が掲載されるなど、同番組との連携も見られる。 インストラクターのが相手役を行なっている。 ゼロレンジコンバットが登場する作品 [ ] 映画 [ ]• 『』 - (2016年)主役の雨宮兄弟がゼロレンジコンバットを使って戦う。 『』 - (2017年) ゼロレンジコンバットを主題としている。 稲川義貴が戦術戦技スーパーバイザーとして参加。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ] ・ 徒手・組み手術• 武器術• 伝統・儀式• 日本以外• 警察・軍隊等• 軍刀術(・・・) | この項目は、およびその選手に関連した です。 この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(、/)。

次の

新部活誕生『ボルダリング部』&『格闘技部』&『テニス部』

ウェイブ 格闘技

2012年08月24日 12時00分 銃やナイフを素手で制圧するアメリカ海兵隊の格闘術「MCMAP」を間近で見学してきた 陸海空軍に並ぶ4つめの軍隊としてアメリカに存在するは上陸作戦を得意とする部隊のため、常に戦闘の最前線に立ち「切り込み隊」として戦う精鋭として知られています。 また、最前線で戦うが故にその格闘術は非常に高度で実戦的であるとも言われているので、今回はその海兵隊が開発した近接戦闘用技術「 (海兵隊・マーシャルアーツ・プログラム)」が一体どんな戦闘技術なのか、沖縄にある米軍基地に行って調べてみることにしました。 今回訪問したのは沖縄県にあるアメリカ海兵隊の基地キャンプ・フォスター。 こんな感じの道を進むと……。 「LEGION」の文字が見えるのでそこを左折。 するとキャンプ・フォスターの6番ゲートに到着します。 ここから先は基地関係者か事前に申請をした人しか入ることができない場所になっており、武装した警備員が警戒にあたっています。 この先で、IDの確認や指紋の採取などを行っていよいよ基地の内部へ進みます。 体育館っぽい建物の中にある武道場に到着しました。 内部は柔道場のような畳マットを敷いたスペース。 パンチやキックの練習を行うためのサンドバッグが吊られています。 MCMAPのデモンストレーションのために用意されている道具。 模擬拳銃やゴム製のナイフなど、実戦を想定した武器が並んでいます。 今回撮影に協力してくれたのは現役のアメリカ海兵隊員3名。 ボディアーマー(防弾ベスト)を再現した上着を着用して実戦さながらの状態で技の練習を行います。 防弾用の金属プレートなどは入っていないので見た目ほど重くはありませんが、体の動きが制限されてしまうので裸や胴着を着用して行う格闘技とは違った体の使い方が要求されそうです。 まずは、銃を持って威嚇してきた相手を素手で倒すデモンストレーションを見せてもらうことにしました。 次は対ナイフのテクニック。 もちろん、初めから対武器のような高度なテクニックを教わるのではなく、構えやステップといった基礎的な内容もカリキュラムに含まれています。 実際に構えた状態を正面から見るとこんな感じ。 打撃や関節技にくわえて、投げ技まである総合格闘技的なテクニックを用いるので、受け身の練習も行います。 インストラクターの男性の得意技だという「ヒップスロー」は柔道の大腰とほぼ同様の動き。 まずは、相手との距離を一気に詰め組み技の間合いに持ち込みます。 脇をさして…… 相手の体重を腰に受けつつ、一気に前方に投げ飛ばします。 一般的な柔道技と異なるのは相手を投げ終わる前にを離し、相手が受け身をとりづらいようにしている点。 自分から少し離れた場所に相手を落とし、スグに拳銃やナイフなどで応戦できる体勢を整えます。 MCMAPが非常にユニークなのは銃剣のテクニックを含んでいる点。 日本のなどの例外を除いては、スポーツ格闘技ではまず見ることができない非常に特徴的な技術です。 構えはこんな感じ。 先端で相手を切る、突くといった攻撃の他に銃床やヒジで相手を打つ技もあります。 実際にこの技を受けるとどうなるのか? というのがわかる体験記事もアップする予定なので乞うご期待。 取材協力 Thanks to ・次の記事.

次の