中国語 転職。 神奈川県、中国語を活かすの転職・求人・中途採用情報【doda(デューダ)】

中国語は就職・転職に有利?【知るだけで評価される3つのコツ】|マイクロ中国

中国語 転職

中途採用は新卒とは違い、学歴よりも前職の仕事でどれだけスキルや経験を積んだかを問われます。 「スキルとは一体なに?」という話になるのですが、コミュニケーション力やリーダーシップはもちろん有力なスキルだと言えますし、何かの資格を取得しているというのも立派なスキルで転職の武器となります。 しかし何も今さら資格の勉強に割ける時間がないと感じる社会人も多いのではないでしょうか。 実は今、資格以上に習得の費用対効果が高いのは語学だと言われています・ 特に人気な言語といえば、英語はもちろん、中国語のニーズも非常に高まっています。 今回は、中国語はいかに転職で役に立っているか、またどうすれば中国語を武器に転職活動を有利にできるかを中心にご説明します。 中国語の需要が高まっている背景は、言うまでもなく中華圏の影響力拡大にあります。 香港・台湾・シンガポールの高度成長に続き、中国も30年近くの高度成長を続け、今や世界第二位の経済大国となりました。 さらに近い将来、アメリカを抜き世界最大になると予想されるほど、無視できない存在。 日本企業にとって、中国は政治的なリスクが多少あるものの、失ってはならない重要な生産地とマーケットです。 現地法人のマネジメントはもちろん、中国マーケットに向けての営業、マーケティングや人事・法務を担当するには、中国語ができると圧倒的に有利です。 中国語の転職市場における立ち位置の激変 実は1990年代から2010年ぐらいまでは、中国語ができる人はそこまで重宝されていませんでした。 今のように応募条件に中国語のレベルを設定する企業はほとんどなかったのです。 というのも、中国の経済成長があまりにも急激すぎてそれを先読みできた企業が少なかったということではないかと思います。 では、ここ数年の転職市場はどうでしょうか。 ビジネスコミュニケーションレベルで中国語の会話ができる求職者は極めて少ない状況なのに、中国語が話せる人材を急募で集めている企業が非常に目立ちます。 中国語をビジネスレベルでできる人の希少価値が以前にも増して高まっており、超がつく売り手市場となっています。 特にメーカーや観光・サービス業では、多少スキルや経験が他の転職者に劣っていても、中国語ができると一気に逆転することも珍しくありません。 中国語を条件にした求人例 中華圏の影響力拡大により中国語ができると転職で以前より有利になっているとはいえ、すべての業界では中国語のニーズがあるわけではありません。 ここでは、中国語レベルを条件にしている求人の例をご紹介します。 海外営業 海外営業というと、アメリカやヨーロッパに出張するエリートのイメージがありますが、中華圏に行く機会も増えています。 中国語を武器にできるハイキャリアの代表例は、その海外営業です。 中国や香港、台湾に自社製品を売り込み、現地工場や店舗の立ち上げプロジェクトをリードしたり、中国語ができると会社の軸となってリーダーシップをが取れる立場になりやすいです。 高年収や出世が伴う海外営業はハイキャリア志望の転職者にとって外せない選択肢です。 そういったメリットがある一方、海外営業はストレスの多い仕事でもあります。 ただでさえ拘束時間が長く海外出張が多いのに、我が強い中国人相手に商談しなければなりません。 第二外国語である中国語で商談しなければならない上、文化が違う中国人をマネジメントする必要があるため、大変な仕事というのは確かです。 一方で、異文化のコミュニケーション力を身につけ中国人と友達になれたり、海外営業の職歴を積めば、自分自身のキャリアに大いに役立つでしょう。 貿易事務・営業事務 日本国内の大手企業はほとんどといっていいほど中華圏と何かしらの取引があります。 そのような会社に転職する場合、中国語を使う事務作業を担当するには有利です。 外国語、しかも上手く使いこなす人が少ない中国語による事務作業なので、一般事務より圧倒的に待遇が良い傾向にあります。 日本と中国の時差はわずか1時間ですので、定時で帰れることが多いので、家庭を持つ女性を中心に人気が高まっています。 ビズリーチ|中国語を活かせる求人量No. 1会員制転職サービス 転職においてつまずくことが最も多いのは、実は求人選びの段階です。 求人情報を正直に掲載しないブラック企業が増えているため、転職希望者はそれを見抜くために敏感になったり余計なストレスを抱えることが多い。 せっかく身についている中国語のスキルを活用するために、正しい求人選びが必要です。 そこでおすすめなのが、中華圏関連の求人に強いビズリーチです。 ビズリーチは中国、韓国、香港、シンガポール関連の求人に非常に力を入れており、人気キーワードのすぐ二番目は「中国語」となっています。 それで検索すると中国語を活用できるハイキャリア向け求人が900件近く出てきます。 さらに、それより十倍以上多い非公開求人を紹介してもらえるチャンスも。 ビズリーチを利用して中国語を生かす転職ができるよう、陰ながら祈っています。

次の

中国語スキルが転職に強い理由|外資系・日系グローバル企業への転職・求人ならロバート・ウォルターズ

中国語 転職

9万円~ 【B】月給25. 5万円~ 【C】月給25万円~ 【D】月給24. 9万円~ 【B】月給25. 5万円~ 【C】月給25万円~ 【D】月給24. 3万円~ 【E】月給23万円~ … ここがポイント 勤務地から海外求人を探す• 国内勤務地から外資系求人・語学を生かせる求人を探す• 職種からグローバル求人を探す• 言語からグローバル求人を探す• 業種からグローバル求人を探す• 特徴から転職・求人情報を探す• 雇用形態からグローバル求人を探す• 経験からグローバル求人を探す• 人材紹介案件の転職・求人情報を探す• 海外転職ノウハウ• 関連サイト• マイナビ転職グローバルは中国語を使う仕事の海外求人・転職情報を多数掲載。 語学スキル歓迎の求人や漢語水平考試 (HSK)などの資格を生かせる求人など、あなたの希望にマッチした求人がきっと見つかります。 また職種や業種、年収(給与)や外資系企業勤務などの特徴を条件に追加して検索・応募することも可能です。 企業が求める能力や仕事内容なども確認できるので、中国語を生かして働く姿がイメージしやすいでしょう。 マイナビ転職グローバルは、中国語を使った業務への転職を検討している方をサポートします。 中国語を生かし、グローバルな仕事を経験したい方におすすめです。

次の

中国語を使う仕事の転職・求人情報なら、【エンジャパン】のエン転職

中国語 転職

doda 【公式】 転職活動のサポートの質が圧倒的に高い。 利用満足度は業界でNo1。 DYM就職 【公式】 未経験から正社員へのサポートが優れている。 JAIC 【公式】 20代の転職に強く、若者に人気。 アルファ・リゾート 【公式】 中国語接客を中心に楽しめる長期バイトが多数ある。 外資転職. com 【公式】 外資系企業への転職を無料でサポートしてくれる。 エージェント登録の数は、選択肢の数です。 上記の5サイトは登録無料です。 登録は1つあたり5分、15分あれば数百の案件が見れるようになります。 エージェントを通して転職したい中国語職を見つける 先ほどの転職エージェントに無料登録したら、お仕事の募集案件を見ることができるようになります。 では実際に、今あるお仕事の情報をお見せします。 リアルタイムでチェックすることをお勧めします。 「」にこちらの案件があります。 AI学習の先進国といえば中国ですね。 この企業ではグローバルなスタッフが、それぞれ開発に関わっているようです。 こちらの企業では以下の条件があります。 さらに見ていくと、お仕事の詳細が載っています。 ちなみにこの求人は、栃木県のリゾートです。 実は栃木県、中国人に大人気の観光スポットなんです! 特に足利フラワーパークは、お客さんの半分くらいが中国人だと思うほど、中国人観光客であふれています。 リゾートで中国語を使いつつ、その土地の魅力を存分に楽しめる、素晴らしいお仕事ですね。 観光に行ったとき、母国語で接客されると嬉しいですよね。 このお仕事は、中国から来た人にもっと日本を好きになってもらえる、「民間外交官」と言われるお仕事に当てはまります。 このように、 にはリゾートバイトの情報がたくさん載っています。 本格的に語学を本業にする前に一旦、学びながら働く時間を使ってみてはいかがでしょうか? それでも使えない私を責めることなく、どこが悪いのか、どういう翻訳をして欲しいのか、しっかり伝えてくれて慰めてくれました。 中国語のお仕事は、慣れと経験が全てです。 だからこそ、一度身につけたスキルは簡単に奪われることはないし、AIに負ける可能性も限りなく低いです。 さらに嬉しいことに、質の高い中国語スキルは他の環境へ移っても、ずっと通用します。 つまり次に転職することになっても、その次の転職先では、さらにスキルの高い状態からスタートできるんです。 転職面接で中国語スキルを証明する 中国語を活かしたお仕事の面接では、中国語スキルをチェックされることが多いです。 私の場合は翻訳のお仕事だったので、面接時に20分間の翻訳テストがありました。 普段は中国語とどんな関わり方をしている?• 翻訳する上で大切だと思うことは?• もしわからない文章や単語があったらどうする? この辺りは自分がいつも中国語を翻訳している時のまま答えればOKです。 私の時は、「わからない文章は品詞分解する」「どうしてもわからなければGoogle翻訳と自分の翻訳を照らし合わせる」と回答しました。 ちなみに、面接には10人ほど応募していたそうです。 結局合格したのは2人だけだったので、狭き門ですね。 私中国語スキル的に考えても、中国語翻訳の制度というよりは面接内容の方が重要だったと思います。 中国語翻訳はこれから成長してくれるだろうってことでしょうか。 面接では自分の対応力の高さもアピールできるとなお良しです。 ちなみに、面接希望者にも断る権利はあります。 実際に企業を訪問して雰囲気が合わなそうだと感じたら、こちらから断ってOKです。 とにかく無理せず気楽に面接まで行ってみましょう。 もちろん、断る時は一言ごめんなさいだけでも伝えましょうね。 を利用すれば企業との仲介やアドバイスをしてくれるので、失敗しにくい環境だと言えますね。 中国語で転職する注意点 合格したらいよいよお仕事開始です! 先ほど行ったように、中国語のお仕事は最初がキツイです。 中国語の専門用語を覚える過程だけ、頑張って慣れていきましょう。 とはいえきちんとした社員を育ててくれる企業では、 できない人を責めるなんて無駄なことはしません。 もっと成長できるように、きちんとアドバイスしてくれる職場がほとんどです。 私は、用語を覚える作業は大変だと感じつつも、机nにメモしたりパソコンに保存したりで、1ヶ月もしないうちになれました。 職場の人に聞くのも、貴重なコミュニケーションの時間になるので、 わからないから苦しい、ということは全くなかったですよ。 doda 【公式】 転職活動のサポートの質が圧倒的に高い。 利用満足度は業界でNo1。 DYM就職 【公式】 未経験から正社員へのサポートが優れている。 JAIC 【公式】 20代の転職に強く、若者に人気。 アルファ・リゾート 【公式】 中国語接客を中心に楽しめる長期バイトが多数ある。 外資転職. com 【公式】 外資系企業への転職を無料でサポートしてくれる。 まとめ:中国語を活かした転職は挑戦が命 ちょっと厳しい意見になりますが、 「安定した仕事」なんて無いと私は思っています。 すでに日本の終身雇用制度は崩壊し、将来安泰と言われた大手企業でさえ、45歳の人がリストラされる時代です。 この時代に生き残るために必要なことは、安定した企業に所属することではありません。 本当に安定した生活を送るためには、 価値のあるスキルを身につけることです。 中国語翻訳のお仕事はとても優秀で、どこの企業に属していようが、個人で活動していようが、やるべきことはほぼ同じです。 つまり、経験を積めば積むだけ自分の価値が上がっていきます。 これは雇用の流動性が高い現代において、非常に貴重な項目です。 ・将来安泰の企業はすでに存在しない ・個人の価値を高める仕事が重要 ・まずは行動が大切、挑戦のなかでしか成長しない 私は実際に中国語の仕事をして、こんなブログも運営しているくらいなので、若干のバイアスがあるかもしれませんが、時代の流れ的にはほぼ間違いないはずです。 挑戦することはいつも怖いことだけど、リスクを恐れすぎることはありません。 最悪良い仕事が見つからなくても、現在の仕事に不満があるなら現状維持されるだけです。 そして実は、自分の価値が生まれない普通の仕事をやり続ける方が、思い切ってチャレンジするよりも、将来的にリスクが大きかったりするんですよね。 とはいえ中国語のお仕事は今後の価値が十分に期待できる職業です。 中国語ができる日本人はまだまだ少ないので、今がチャンスかもしれませんね。 まずはエージェントへの無料登録だけでも、最初の一歩としてやってみましょう。

次の