クリステン スチュワート。 クリステン・スチュワート

クリステン・スチュワート、恋人のインスタグラムで2ショットを初披露

クリステン スチュワート

com ニュース] 「」の監督が手がける新作「Spencer(原題)」に、が主演することがわかった。 スチュワートは1997年に自動車事故で死去したダイアナ元英皇太子妃を演じる。 米Deadlineによれば、本作は90年代初めに、チャールズ皇太子との結婚が破綻していることを受け入れ、離婚を決意したダイアナ妃が、英ノーフォークのサンドリンガム・ハウスで過ごした最後のクリスマスホリデーの3日間を描く。 「」「」のが脚本を執筆。 ラライン監督、、、、がプロデュースする。 子役出身のスチュワートは、大ヒットした映画「トワイライト」シリーズで世界から注目されるアイドル的な人気女優となった。 プライベートの恋愛騒動が報じられた後に自身のイメージを大胆に変革し、近年では「」「」「」など、規模やジャンルを問わず野心的な作品に挑戦している。 ラライン監督はスチュワートについて、「すごく謎めいていて繊細で、でも実のところ芯がとても強い。 彼女が兼ね備えているこうした要素が、起用を決めるきっかけになった」と語っている。 「Spencer(原題)」は、2021年初頭にクランクインが予定されている。 (映画. com速報)•

次の

クリステン・スチュワート、美女モデルと破局

クリステン スチュワート

com ニュース] 「」の監督が手がける新作「Spencer(原題)」に、が主演することがわかった。 スチュワートは1997年に自動車事故で死去したダイアナ元英皇太子妃を演じる。 米Deadlineによれば、本作は90年代初めに、チャールズ皇太子との結婚が破綻していることを受け入れ、離婚を決意したダイアナ妃が、英ノーフォークのサンドリンガム・ハウスで過ごした最後のクリスマスホリデーの3日間を描く。 「」「」のが脚本を執筆。 ラライン監督、、、、がプロデュースする。 子役出身のスチュワートは、大ヒットした映画「トワイライト」シリーズで世界から注目されるアイドル的な人気女優となった。 プライベートの恋愛騒動が報じられた後に自身のイメージを大胆に変革し、近年では「」「」「」など、規模やジャンルを問わず野心的な作品に挑戦している。 ラライン監督はスチュワートについて、「すごく謎めいていて繊細で、でも実のところ芯がとても強い。 彼女が兼ね備えているこうした要素が、起用を決めるきっかけになった」と語っている。 「Spencer(原題)」は、2021年初頭にクランクインが予定されている。 (映画. com速報)•

次の

クリステン・スチュワート、ダイアナ妃描く新作に主演 : 映画ニュース

クリステン スチュワート

事前知識無しで見始めたので、アート系のフランス映画っぽいな〜というのが途中までの感覚でした。 霊媒師の能力を持つ(と自覚している)主人公の女性は、若くして亡くした双子の兄とコンタクトを取りたいと願いながら、セレブの代わりにブランド品を購入するパーソナルショッパーという仕事で生計を立てています。 不器用ながらも一途に生きようとする彼女の周りで、やがて不思議な事が起こり始め… という説明だと可も無く不可も無くというあらすじになりそうなのですが、実際にはオカルトホラーとスリラーと気怠いフランス映画のエッセンスがごっちゃになった、何を評価していいのか苦しむ内容でした。 クリステン・スチュワート演じる主人公が、霊能力者として何か超自然的な存在に接触しようとする展開では、オカルト要素が強いのですが、それはほぼ冒頭に描かれるだけで、以降はスマホで正体不明の誰かとひたすらメールをやり取りし、翻弄されていくという、現代のツールを使ったスリラー的な要素がメインになっていきます。 この辺り、監督の意図として、メールの相手が霊的な存在なのか、或いは実在する人間なのかを敢えてぼかす事で、ストーリーと主人公への感情移入を深めたかったのかもしれませんが、そこに気怠いフランス映画のアートチックな雰囲気を多用し過ぎたせいか、展開の必然性が無くなり、無理矢理に事を進めて観客を置き去りにしてしまっている気がします。 唐突に起きる殺人事件や、時折起こる霊的な現象も、ホラーと言うにはおよそ検討違いな消化のされ方ですし、サイコスリラーというにはサイコな存在もいませんし、アート系の前衛映画と評価するにも、クリステン・スチュワートの脱ぎっぷりがすごいくらいで、何ともモヤモヤします。 おしゃれ映画感が悪い方向に作用してしまっている好例と言いますか、単館系の映画が好きな「通」の方がどう評価されるか分かりませんが、私には擁護すべき点は感じられませんでした。 見終わって調べてみると監督さんはやはりフランスの方で、兎にも角にもクリステン・スチュワートをずっと撮っていたかったのかな〜という印象で終わりました。 トワイライトシリーズでも監督さんに愛されていましたから、クリステン・スチュワートはおじさんを虜にする魔性があるのかもしれませんね。 少なくとも映画としては「ふ〜ん」という感想しか出てこない内容でした。 双子の兄であるルイスの急死に落ち込むモウリーン。 彼女のお仕事は、忙しいセレブに代わって服やアクセサリーのお買い物をしてあげること。 霊媒士? でもあるモウリーンは、 兄が住んでいた家でルイスの霊と交信しようとするのだが、iphoneに送信元不明のSNSメッセージが届くようになって… 前作『アクトレス』でもタッグを組んだクリステン・スチュアートをはじめから想定して脚本をしたためたというアサイヤス。 見知らぬ客にためにブランド品を買い漁る若者憧れのパーソナル・ショッパーというお仕事を、妖精に導かれて筆をとったと伝えられる抽象画家 ヒルマ・アフ・クリント や霊媒士 ヴィクトル・ユーゴー という、目には見えない物を取り扱うスピリチュアルなお仕事と並列にならべて見せた点に本作シナリオの特徴がある。 金と欲望で真っ黒けっけの現実世界を、モウリーンのように人となるべく交わらないようにして遠ざけたくなる若者の気持ちもわからないではない。 まして目には見えないコ口ナが世界中に蔓延する現況では尚更だろう。 しかし、雇い主の衣服を身につけることによって変身願望を満たしたモウリーンは、その孤独につけこむように送信されてくる相手が誰かもわからないメッセージに唆され、しまいには雇い主の殺人事件にまきこまれてしまうのだ。 自分に濡れ衣を着せるため真犯人が仕組んだ悪事も公となり、唯一の相談相手であるルイスの恋人だったララから新しい恋人を見つけ人生前に進むことを聞かされたモウリーンは、今までスカイプでしか交信することのなかった恋人が待つ異国の地へと旅立つ決心を固めるのである。 に導かれ)ついにリアル・ワールドへと一歩足を踏み出すのであった。 精霊たちに導かれ主人公が生き方を変える、いわゆるクリスマス・キャロル系の映画作品かもね。

次の