いたずら が ちょう が やってき た。 『Untitled Goose Game~いたずらガチョウがやって来た!~』いらずらをして村人を困らせろ【とっておきインディー】

Untitled Goose Game 〜いたずらガチョウがやって来た!〜

いたずら が ちょう が やってき た

いたずらのために懸命になるガチョウの愛らしさはとびっきり ゲーム内容は、タイトルにもあるようにガチョウが町の人々にいたずらを繰り広げていくというもの。 農場からいろいろと拝借したり、ガレージに誰かを閉じ込めたりして町の人々をちょっぴり困らせることができる。 主人公がガチョウである都合上、アクション自体のバリエーションは少ない。 それでもいたずらのために懸命になるガチョウの愛らしさはとびっきりだ。 これは言葉を費やすよりもトレーラーや本稿に掲載したgif画像を見てもらったほうがいい。 また、音楽による演出も巧みで、状況に合わせて鳴るピアノの音色も心地よい。 おじさんと追いかけっこするガチョウ。 個人的なお気に入り。 物を引きずるときのガチョウ。 もちろんガチョウのせいで誰かが水浸しになることもあれば、何かを壊してしまうようなこともあるのだが、人間たちの反応はいたって穏やかだ。 激怒してガチョウをこらしめたり、捕まえたりするような者はおらず、とても優しさに満ちた世界であることを誰もが感じとるだろう。 童心に返って「ちょっとしたかくれんぼ」をするようなもの とはいえ、彼らも指をくわえて黙って見ているわけではない。 ガチョウがお店に入ろうとすれば入り口をさえぎろうとするし、何かをくわえているのを見たらすぐに取り返そうとする。 このため、本作では人間たちに見つからないことが重要で「軽めのステルスゲーム」というプレイフィールになっている。 いたずらというテーマもあいまいって、童心に返って「ちょっとしたかくれんぼ」をするのに似ている。 「軽め」とただし書きしたのは、もしもミスしてしまってもすぐにやり直せる手軽さが本作にあるからだ。 どこかの組織のエージェントと違ってガチョウは命のやりとりと無縁だし、人々もすぐにガチョウのしでかしたことを忘れてしまうため、すぐに気を取り直して再チャレンジできる。 水面下で足をばたつかせているであろうガチョウ。 少し難しめのバランスになっているのは違和感 一方でかわいらしい見た目とは裏腹に、少し難しめのバランスになっているのは違和感があった。 本作は「リンゴをここに運ぶ」とか「クツを奪って隠す」といったように物を特定の場所まで運ぶタスクが多い。 当然、リンゴだのクツだのをクチバシでくわえて運ぶのだが、ガチョウがちょっと人に触れただけでそれらの物を落としてしまううえ、バタバタしながら勝手に歩いてしまうため、ストレスになりやすい。 さらにやるべきことがわかりづらい場面もいくつかあった。 全部で4つというエリアの少なさを考えるとこの難しさも理解できなくはないが、それが水増しされたような印象にもつながっている。 特にガチョウに惹かれて子供と一緒にプレイするような場合は、クリアを目的にしないほうがいいだろう。 おじさんに帽子を取り返されてしまうガチョウ。 そんなガチョウ目線で見ても小さな町だが、本作の見どころは最後にある。 本作はエリアごと提示されるタスクをこなすことで次のエリアに進めるようになっている。 そして最終的にはすべてのエリアがつながり、町全体を通してこなすタスクがひとつだけ課せられる。 最終エリアには見た目としての仕掛けがあり、ゲームプレイにも少しひねりがくわわるので、小さな町を舞台にした作品ながら胸に残る印象は決して小さくない。 バレバレだけれど、花壇に身を潜めるガチョウ。 人間の真似をしてピクニックの準備に励むガチョウ。 ボリュームとしてはクリアまで2~4時間といったところだろう。 クリア後にはエリアをまたいでこなさなければならないタスク、そしてタイムアタックのようなタスクが出現する。 いわゆるやりこみ要素だ。 残念ながらこれらのやりこみ要素は「ボールを隣のエリアまで運んでゴールしろ」のようなものがあって、一見良さそうに思えるが挑戦しがいよりも面倒くささが先行してしまっている。 ガチョウでドリブルするのは私の、そしておそらくはあなたの想像以上に難しいのだ。 「かわいさあまって憎さ百倍」とはよく言ったもので、私はボールよりもガチョウが憎たらしく見えてくるまえにクリア後コンテンツの完遂を断念することにしたが、後悔はしていない。 いたずらガチョウは憎むべき存在ではなく、愛らしい存在であるべきなのだ。 愛らしさに満ちあふれたガチョウ• 人々のやさしさを感じさせる世界• 小さな驚きをもたらすラスト 短所• 愛らしさを詰め込むには狭すぎる町• イライラが募る人々との接触• 悪い意味で驚くクリア後コンテンツ 総評 世界中の人々が首ったけになるであろうガチョウのかわいらしさ、いたずらしてもやさしい人々といった独特の魅力をもったゲーム。 しかし、舞台となる町はあまりに小さくて物足りない。 水増しにも思える難しさや意地悪なクリア後コンテンツなど、本作が愛らしさであふれているだけに不満点に大きな憎しみが募ってしまった。

次の

PC上でいたずら好きなガチョウが飼える無料アプリ「Desktop Goose」

いたずら が ちょう が やってき た

かがみながら歩くと、ゆっくり歩ける• スティックを少しだけ倒しても、ゆっくり歩ける• ズームアウトをしながら行動すると、周りの動向がわかりやすい• 人の動きをよく観察すると、糸口が見えてくることが多い• ガチョウよりも人の方が走るのが早いので、普通に走っても追いつかれる 別のもので注意をひくとスムーズ• 小さいアイテムが奪われても、そのアイテムを後ろからこっそりくわえれば、ひったくり返すことができる 攻略のヒント「ToDo(すべきこと)」 解き方が複数あるお題も多い今作。 今回紹介するヒントは、あくまで みなとが解いた方法に基づきます。 特に難しめのお題のみ、取り扱います。 奪った帽子は隠してしまいましょう。 サンドイッチは、2つとも必要です。 ラジオはくわえるとうるさいので、最後にするか、音が鳴らないように運びましょう。 メイン通り 余談ですが、このエリアの右端にあるトランシーバーの片方をくわえて鳴くと・・・。 ドア等にはさんでも壊れません。 こっそりくわえて、こっそりお店に置けば、おばさんが自分の店のものだと勘違いしてくれます。 あとは、元の持ち主をお店に誘導しましょう。 右のポスト側がオススメ。 歯ブラシは、お店にはありません。 洗剤は、2か所にあります。 よく探してみましょう。 置くアイテムは、3種類です。 全ておじさま側にあります。 アヒルは目の届かないところへ。 していることによって、組む足が変わります。 下の方を見ると・・・。 少し高いところに立ってみましょう。 あとは、よく見て。 補充されるので心配ありませんが、追いつかれないように気を付けて盗みましょう。 水路に落とす時に失敗すると悲しいので、くわえたまま水路に入ると安全です。 鳴いたり、トマトを使ったり。 ショートカット用の柵は封鎖されてしまっていますが、新しく開いている扉もあります。 ベルをくわえたまま走ると音が鳴ります。 こっそり行きたいところは歩きましょう。 奪われても、割と簡単に取り返せます。 攻略のヒント「ToDo(できれば)」 ここからは、隠しお題である「ToDo(できれば)」。 1周目クリアまではお題の項目自体隠されているため、ここから先は 完全にネタバレ注意となります。 項目さえ分かればクリアできるお題も多いですが、一応全てのヒントを書きます。 扉を閉め、おじさんが自力で開けられない状態になるのがクリア条件です。 男の子をそこに誘導するだけではダメ。 かわいそうですが、顔から。 がんばって誘導しましょう。 花は、ミニチュアステージを含む、全てのステージに一輪ずつあります。 くわえて持ち運びできるサイズのものじゃないと、キャッチはできないかと。 以上を別のステージから調達します。 口にくわえるものは、別のお題で使ったアレや、赤ちゃん用のアレでもOK。 酒場にも良いものがあります。 盗むことさえできれば、簡単。 ショートカットを開放してから、迂回しましょう。 まとめ いかがでしたか? 自分で考えて解くのが楽しい作品ですが、もし詰まってしまって断念してしまうようならもったいないと思い、記事にしました。 攻略の参考になれば幸いです。

次の

いたずら大好きなガチョウが人間に牙をむくNintendo Switch「Untitled Goose Game ~いたずらガチョウがやって来た!~」レビュー

いたずら が ちょう が やってき た

ガチョウが主人公のゲーム、「Untitled Goose Game 〜いたずらガチョウがやって来た! 〜」が世界中でヒットしています。 アメリカ以外でもイギリスとオーストラリアで1位になるなど、人気タイトルとなっています。 日本では現在3位。 Panicは以前紹介した携帯ゲーム機の「Playdate」なども手掛けている会社です。 abc. net. モバイル版も是非検討していただきたいものです。 nintendo. abc. net.

次の