恋する ピエロ 宿泊 料金。 デート費用、どれくらい払う? 恋&Hのホンネ【14】

日向琴子のラブホテル現代紀行(34) 沖縄『HOTEL 恋するピエロ』:fumumu

恋する ピエロ 宿泊 料金

旅のTPO? によって基準は変わりますが一般客としては同じサービスならば安い方が魅力的ではありますね。 逆に同じ料金ならば何が魅力かと考えると、やはり価値観が多角化している時代ですから、色々選べると言うのは多くのお客 のニーズ にマッチする可能性が高いのではないでしょうか? グルメを求める人・求めない人、露天風呂を求める人・求めない人等々.... それぞれに対応するプランがあれば決め手になる場合があるでしょうね。 旅の宿はInternetで探す事は多いですが、低価格を求めている時に立派過ぎるHomepageは遠慮しちゃいますね。 でも逆にいい所に泊まりたい時にイージーなH. PではSkipしちゃいます。 私的に、好感度の高いH. Pは周辺の観光地やお楽しみ情報がしっかりしているところでしょうか。 こう言うところは、逆にお楽しみスポット情報を検索しているとHitしたりします。 総じて言えば、お勤めのホテルのウリがナンなのか明確にして、それをちゃんと表わしているH. Pならばよいのではないでしょうか? 私は最近もっぱらインターネットで宿を探して予約を入れています。 他の皆さんがおっしゃってる事は私もそう思っていますのでその他の事をちょっとだけ付け加えさせていただきます。 まずHPはお洒落で凝っていると、私はしっかりしている所だなっていう印象を受けます。 結構この第一印象で決めてしまう事もありますね。 それと写真が多いところ。 ロビー、お風呂、お部屋(ベッド、お風呂、トイレ、アメニティ、部屋から見える風景など)などなど細かい所まで。 どんな所なのかとっても興味があるので写真が多いと助かります。 あとは空き状況をみれるととても助かります。 結構インターネットで見ている人は電話が出来ない時間帯で見ていると思います。 ですので電話でしか予約状況がわからないと困ると思います。 そのてんインターネットで状況が見れると空いていれば予約を入れようかという気になれます。 少しでも参考になれたらと思います。 宿を決めるときに、HPを参考にしますが実際に予約をする場合一休. comだったり、旅行会社から予約することが多いです。 その方が安い場合が多いですからね。 特に、旅行会社のフリープラン(Air&ホテル)を利用する場合、ホテルを選ぶ時にすべてのホテルをHPでチェックします。 私が、HPで書いてあるとうれしいのは、 ベッド幅。 HPに、客室の紹介があると思うのですが、ベッド幅が書いてあるとうれしいです。 リゾートホテルでしたら、ゆったりと過ごしたいですし、子連れの時は添い寝するので、少しでもベッド幅の広いホテルを選びたいんですよ。 他にメールで問い合わせをする事が多いのは ・ベッドガードがあるか ・加湿器は用意してもらえるか(夏場意外) などです。 インターネットのプランとしては ・宿泊日の1週間前~前日に、直前キャンセル分のお部屋を安く提供します とかあるといいかも。 ただ、予約はインターネットからではなく電話からがベストでしょうね。 こんにちは。 旅行会社で働いております。 いつもお世話になっております(笑)。 料金のお話ですが,リゾートホテルの場合、エージェント(旅行会社)に提供している料金(個人向け宿泊プラン)と、HPで出している料金とに差がありますよね。 <<エージェントに出してる料金のほうがたいてい安い>> 営業政策として、どっちを優先させるのかはっきりさせるといいのではないでしょうか? つまり・・・ ・エージェント提供部屋数を減らして自社直接販売に比重をかけるのか、 ・エージェントへの営業を強め、パンフレット協賛金を払って行くか。 エージェント経由で申し込むお客さんとネットを一生懸命検索して予約するお客さんは性格が全く異なります。 ターゲット顧客層を徹底検証して、営業政策を決められたらいかがでしょうか? 生意気なこと申し上げ、失礼しました。 年に数回旅行(含む仕事)しますが、よくネットの予約やツアーで安いのが多いじゃらん(雑誌)を利用しています。 私の場合は予算から入ります。 予算は安ければよい、という意味ではなく、だいたいその土地やタイプから、このくらいで満足のいく部屋があるのでないか、という仮定から入ります。 たとえば南の島のビーチリゾートならこのくらい、スキーをしにいくなら東北のこの地域ならいくらくらい、というイメージがあり、そのイメージと金額が合っているかをみます。 次に、そのホテルの外観と室内の画像で確認し、あとは備品や付属のサービス(料金に朝食はついているか)などトータルで判断します。 しかし… 個別にそのホテルの予約システムを使うか、というと、仕事で急遽おさえたい場合や都市圏の特定の地域を押さえたい場合は別ですが、通常は下記のようなホテル検索システムのサイトで複数のホテルをリストで表示させ、比較した上で決定します。 旅の窓口 イサイズじゃらん 旅の窓口は、リスト表示が細かく比較に便利です。 イサイズじゃらんでは、ときどき通常料金ではちょっと躊躇するホテルの特別プランなどがみつかったりしますので、見ています。 ホテルは単に宿泊施設以上のものを求めらていると思いますので、比較されてメリットを感じてもらえれば、予約が入るのではないでしょうか。

次の

日向琴子のラブホテル現代紀行(34) 沖縄『HOTEL 恋するピエロ』:fumumu

恋する ピエロ 宿泊 料金

住所 那覇市若狭1-22-18 TEL 098-867-2120 休憩 2H 平日・日祝4200円~ 土・祝前日4700円~ ST 5:00~17:00 平日4200円~ 土・祝前日4700円~ 13:00~21:00 平日・日祝4200円~ 土・祝前日4700円~ 平日8:00-21:00チェックインのみ二時間以内のショートタイム 2900円~ 各種割引適用外 宿泊 平日・日祝22:00~11:00 7300円~ 土・祝前日24:00~11:00 9600円~ URL 割引券 ほぼ毎月、おきなわ倶楽部に休憩・宿泊等ショートタイム以外いつでも使える1000円割引券(期限は発売月末日)あり お店のHPにも休憩が500円、宿泊が1000円OFFになる秘密の合言葉を携帯メールにてお知らせするサービスあり。 北谷にあると姉妹店です。 おきなわ倶楽部の一番最後のページに広告を出している事が多いです。 4Fの4部屋は確か露天ジャグジー風呂が売りだった気がします。 残念ながら露天ジャグジーの部屋はまだ行った事がないのでどんなものか分からないんですが、 を見る限り大きそうでそんなに悪くは無さそうです。 この手の大きいジャグジーにありがちなライトアップもされているようです。 やっぱりライトの色が適当に変わっていくのかな? 問題は露天ってのがどんな風になってるか、っていう点ですね。 外から見えるようになってるのも、露天の開放感が無いのも問題外なので露天風呂って意外と難しい気がします・・・・ 「露天風呂に彼女と二人で入る」、ってシチュエーション自体はかなり憧れるんですけどね。 実際に何度か彼女と二人で入れる露天風呂や温泉に行きましたが、そんなにお金をかけた所に行っていないせいか大抵は微妙な結果に終わっています。 雰囲気がいいなら是非とも行ってみたいんですが休憩が平日7300円~、宿泊が平日10500円~と料金が跳ね上がってしまいます。 正直平日宿泊で1万近く出すなら、もう少しランクが上のホテルに行ってしまいます・・・ まとめサイトで見る場合は 行ったのが二年以上前なのでその間にサービスの悪化や部屋が酷くなっていたら状況は変わってしまいますが、 最低料金ならクーポン使って平日休憩3200円、土・祝前日3700円、 平日宿泊が6300円土・祝前日8600円とそんなに高くは無い料金設定でそこそこの綺麗さと 那覇としてはそこそこの広さの部屋なので悪くない選択肢だと思います。 ジャグジー目当てでなければ、どうしてもココというポイントもありませんが、 どうしてもこんな名前のホテルに入るのはイヤ、とかでもなければ 空いてるかどうか確認するホテルの一つに入れておいても損は無さそうです。 料金はホテルのHPやおきなわ倶楽部の広告を見る限り特に変わっていないようです。 料金自体は上にも書いた4Fの4部屋が実質VIPルームで料金が全部同じ、 他の部屋は最低料金で統一と分かりやすい料金なのは結構オススメな点です。 どの部屋がいいとかそんなに悩まずに上等部屋か普通の部屋かの二択で済みます。 しかし最近はポニーテールの人ってまだいるんですかね? 個人的にはかなり好きな髪形なんですが、ポニーテールが似合う人ってなかなか難しい気はします。 初めて知りましたがによると七夕伝説の織姫がポニーテールであったという理由で7月7日はポニーテールの日らしいです。 織姫ってポニーテールだったっけ? ついでに相方が好きながあったのでリンクを貼ってみます。 私がポニーテールと聞いて思い浮かべるのはもっとロングのポニーテールですけどね。 インフォメーションの表 このインフォメーションのにも書いてあるポニーテールの絵が時代を感じさせてしまう気がするんですが・・・ 海岸沿いの橋からもきまぐれポニーテールの看板が見えますが、この絵が看板にもついている為ちょっと警戒してしまいこのホテルに行くのが遅れました。 名前も絵もインパクトがあるため、ちゃんと記憶には残るのでそういう意味では成功しているのかも・・・ 私みたいに趣味でラブホテル巡りをしているような人ではなく普通の人でも、このホテルの名前は知ってる人が多いです。 サービスでついてきたアイス 今もやっているか分かりませんが、私が行ったときにやっていたビール一杯かアイス一個のサービスです。 ビールは苦手なのでこの手のサービスがあるといつもビール以外にしてしまいます。 ビール以外のカクテルとかソフトドリンクも選べればいいんですが、この手のサービスで他のドリンクは選べない事の方が多いです。 201号室のブラウン管テレビ 私が行ったときはまだブラウン管テレビでした。 最近は液晶テレビも大分安くなったのでもう液晶テレビに入れ替わってるかな? 私はブラウン管テレビも結構好きなんですが、ラブホテルの部屋にブラウン管テレビがあると「古いな」という印象は持ってしまいます。 折角だからラブホテルにはちょっと大き目の液晶テレビを置いておいて欲しいな、と思っちゃいます。 それにしてもピンクピンクした部屋ですね。 洗面台の方から撮った写真 アメニティの袋はマリンハントと同じ海っぽい袋です。 ベッドルーム全体 ピンクピンクした部屋なのはこっちの写真の方が分かりやすかったかも。

次の

「HOTEL 恋するピエロ」(浦添市

恋する ピエロ 宿泊 料金

ホテル事情とキャンセル料 旅行はお好きですか? 私も旅行好きで、年2~3回は国内旅行に出かけています。 ところが最近、沖縄県で以前とはホテル事情が変わってきたみたいなんです。 以下は個人の感想であり、一般的なことをまとめています。 恋するピエロと直接の関係はありませんので、ご注意下さい。 近年、ホテル予約が困難に 旅行ブームや海外からの外国人旅行客の大幅増で、浦添市のホテルや旅館等の宿泊が大変になってきました。 何年か前まではいいホテルのいいお部屋が格安で予約できたのに、最近はそうはいきません。 事前決済で確実にホテルを押さえる必要が出てきました。 同時に、キャンセルのリスクも高まっています。 沖縄県のホテルや宿泊先のキャンセルは、ホテルごとにキャンセルポリシーとして決められています。 一般的にビジネスホテルであれば宿泊の3日前から。 シティホテル、高級ホテルであれば7日前程度からキャンセル料が発生しています。 それぞれ、宿泊予定日が近くなるほどキャンセル料が上がります。 キャンセル料の値段は、 2~3日まで宿泊料金の20% 前日で30% 当日で80% 程度の設定が多いです。 当日に連絡せず不泊だと100%のキャンセル料を取られるところも多いです。 恋するピエロのキャンセルポリシー(キャンセル料設定)については、ご確認下さい。 どうしてキャンセル料がかかるのか キャンセル料の発生は、ホテルの立場からしたら仕方のないものです。 ホテルに泊まらないでサービスを受けなかったんだから、お金を払わなくてもいいのでは?と考えてしまいがちですが、それは違います。 ホテル側としては、お金を使ってもらうことを前提に予約を受けます。 キャンセルしてしまうと、予約でしておいた部屋の確保がまるきり無駄になってしまいます。 予約がなければ別のお客さんを泊めて売上になったのに、既に予約あるとそれもできないわけですから。 機会損失でもありますね。 外国人を含め旅行客がとても増えた現在、損失のリスクを減らすためにキャンセル料はやむを得ない措置です。 キャンセル料いくら? 踏み倒し禁止! たまに、キャンセル料なんて踏み倒す!という人がいます。 絶対にやめて下さい。 沖縄県のホテルをキャンセル料コミで予約を取るんですから、都合の悪いとこだけ無視するのはいけません。 ホテルによっては、直前のキャンセルでもやむを得ない事情を伝えれば相談に応じてくれるケースもあります。 子供が熱を出してしまったとか、仕事の日程が急に変わったとか、身内に不幸があったなど。 正規のキャンセル料は前提として、事情を話して交渉するのはアリですが、最初から踏み倒すのはやめて下さい。 最近は事情があってもキャンセル料は規定通りのホテルも多いです。 とはいえ何も連絡なくぶっちぎりより、きちんと連絡入れた方がずっといいでしょう。 私たちは「お客さん」ですが、ホテル側も人間ですので。 浦添市 ホテル予約のコツ 浦添市でホテル・旅館を予約する際の、コツをご紹介します。 ホテル予約はタイミング 浦添市のホテル予約は早ければ早いほどいい…わけではありません! あまりに早すぎる(半年前など)と、ホテル側でも予定を組みにくいらしく、あまりオトクなプランは出ていません。 なるべく早い方がいい航空券予約とはちょっと違うんですね。 狙い目は、まずは宿泊日の1~2ヶ月前。 このくらいになると、たくさんプランが出ています。 いろいろなホテル、さまざまなプランを比較できる時期ですので、好きなものを選びましょう。 1周間前は大穴狙いです。 限定1室のみ!など、まだ空室の超お得なプランが出ている時もあります。 ただし確実に出るとは限りませんし、出ていてもすぐに予約で埋まってしまうことも。 お得なのは確かなんですが、万が一ホテル予約できなかったら大変です。 リスクと確実のバランスを取ろう そんなわけで、折衷案をおすすめします。 まず、出発の1~2ヶ月前に豊富に出ているプランから良いものを選択、予約します。 1~2週間前までより安くて良いお部屋がないか、楽天などでチェック。 もしお得な格安プランが出たら、そちらを予約。 前の予約は(申し訳ないけど)キャンセルします。 キャンセル料の設定はホテルごとに決められていますが、同じホテルでもたまにキャンセル料を特別に設定しているプランもあります。 例えば、3ヶ月前から予約受付で60日前からキャンセル料が発生するなど。 キャンセル料の特別設定でプラン自体を早期割引、安くしているケースです。 キャンセル料が何日前から何%発生するのか、きちんと確認してから予約の乗り換えをして下さいね。 沖縄県でのライブ遠征やイベント、出張で日程がかっちり決まっている時は、上記のような早期割引プランもいいと思います。 このページの内容をもとに恋するピエロへの問い合わせ等はおやめ下さい。 TOP Copyright 2017- All Rights Reserved.

次の