エクスカリバー モンスト。 【モンスト】エクスカリバーの評価・適正とわくわくの実

【モンスト】エクスカリバーは引くべき?

エクスカリバー モンスト

結論:クエストに応じて使い分ける 進化、神化ともに周回・高難易度で活躍できる性能を持つ。 付けたいわくわくの実もほぼ同じため、素材を確保しておき、クエストに応じて使い分けるのがおすすめ。 溜まるターン数はSSターンアクセルと同じで2ターンとなっている。 【新アビ】プロテクション 敵の攻撃が一定量以下の場合、ダメージが1になる。 エクスカリバーの場合、無力化できるダメージのラインは約2,000ダメージ以下。 加命の実でラインの上昇が確認できており、ラインはHPの約10%で算出されていると考えられる。 【新友情】オートジャベリン 友情の効果は「仲間に付与された属性貫通弾が近くの敵を攻撃」というもの。 衛星弾のように味方へ付与し、ぐるぐると周りを回る。 そして一番近くの敵に対して貫通弾を放つ。 5倍)が確定で発動する。 HP消費に応じた攻撃力アップ倍率 消費HP 攻撃力倍率 1消費 (HP4で使用) 約 1. 2倍 約1. 8倍(底力発動) 10,000消費 (HP約3万で使用) 約 1. 32倍 約1. 98倍(底力発動) 20,000消費 (HP約6万で使用) 約 1. 44倍 約2. 16倍(底力発動) 30,000消費 (HP約9万で使用) 約 1. 56倍 約2. 34倍(底力発動) 40,000消費 (HP約12万で使用) 約 1. 68倍 約2. 52倍(底力発動) HP4使用時の倍率から見て、素で1. 2倍の自強化を持つと考えられる。 それをもとに計算式を割り出すと、SSの倍率は1. 000012となる。 ヴィーラ【轟絶】や禁忌23での注意点 やにおいて、SSの HP消費では被ダメージによる攻撃力アップの効果は受けられない。 加えてオールアンチの効果もあるため、ダメージスモッグやニードルパネルでダメージを稼ぐ必要がある。 壁にふれる毎に攻撃アップ&大号令 神化のSSは壁にふれる毎に自身の攻撃力アップ&味方を動かす大号令。 味方を動かす際の硬直により壁に複数回触れた判定となり、1触れ目から壁ドンが最大倍率となることが多い。 壁ドン&号令倍率 壁ドン 攻撃力の50%ずつアップ 1触れで18,295アップ 自強化 攻撃力が1. 2倍に 味方強化 攻撃力が1. 2倍に エクスカリバーの最新評価 エクスカリバー(進化)の評価 約2,000以下のダメージを1にできる 進化の持つプロテクションは、HPの10%に相当する約2,000以下のダメージを1にするもの。 禁忌【23】など敵の1発毎の攻撃の威力が低いクエストで、特に重宝する。 超火力を狙える12ターンSS 進化のSSはHP消費に応じた攻撃力アップ&オールアンチ。 残りHPの33%を消費するため、底力も発動しやすい。 仮に最大HPが8万、残りHPが6万の状態でSSを使えば、キラーと底力を合わせ3. 24倍の攻撃力になる。 オートジャベリンは単体への火力、放電は全体に対する火力を出せるため、両方の欠点を補えている。 15倍。 ただでさえ強力な大号令に加え壁ドンで火力も上がるため、瞬間火力としてはとても強力だと言える。 加えてSS短縮も持つため、究極周回でも使用場面がある。 アビリティ対応は乏しい 神化のアンチアビリティはAWのみ。 バリアがあるとはいえど、ダメージを受けるDWや地雷が大量にあると動きづらい。 ギミックの重要度によって、行けるクエストが制限されてしまうのがネック。 エクスカリバーの総合評価と使い道 進化も神化もトップクラスの性能。 進化は潤沢なアビリティから万能な性能に、神化は友情が強力であり場面を選ばない。 どちらもアンチアビリティが少ないのは欠点だが、大抵のクエストなら火力で押しのける強さを持っている。 90 タス後限界値 23137 30489 350. 30 タス後限界値 20363 25573 505. 75 タス後限界値 15645 18929 327.

次の

【モンスト】エクスカリバーの評価と適正のわくわくの実!|ゲームエイト

エクスカリバー モンスト

エクスカリバーってどんなキャラ? 現環境最強クラスのぶっ壊れキャラ 「エクスカリバー」は神化進化共に現環境最強クラスの性能を誇り、序盤から最新の高難易度コンテンツまで幅広く活躍できるキャラです。 1体持っているだけでも、ゲームを楽に進めることができるほどのスペックを持っているため、 自信を持ってリセマラにおすすめできるキャラです。 見ておきたいランキング記事 超獣神祭でのみ入手可能 「エクスカリバー」はガチャイベントの 「超獣神祭」でのみ入手することができます。 「超獣神祭」は毎月の月末に開催されるので、「エクスカリバー」でのリセマラを考えている方はその期間を狙いましょう。 エクスカリバーは神化と進化どっちがおすすめ? 最初は進化にするのがおすすめ 「エクスカリバー」は神化と進化で全く異なる性能を持ち、いずれも非常に強力ですが、入手したらまずは進化にさせるのがおすすめです。 進化形態は比較的素材が集めやすく、進化の友情は初心者にも使いやすく序盤の攻略を楽にさせてくれます。 主に「ワープ」のクエストで活躍• ザコ処理とボス火力を同時にこなせる友情セット• 「ブロック」と「魔法陣」に対応可能• 画面上全ての敵に火力を出せる友情を持つ• クエストはとても簡単なので、『モンスト』のゲーム性に慣れながら、同時に強化素材と進化素材も集めていきます。 また、「ノーマルクエスト」を進めることでランクも上がっていき、ランクに応じて挑戦できるコンテンツも増えるため、まずは ランク70を目指しましょう。 50 【】 キャラにわくわくの実を付けよう。 70 【】 降臨クエストに挑んで運極を増やそう。 すでに運極の状態でもらえるため、まずはここを目標にノーマルクエストを進めていきましょう。 「運極」とは同じキャラを99体集めて合成することで作成することができ、「運極」のキャラをパーティの先頭に置くことで、クエストクリア時に入手できる宝箱を2枠増やすことができます。 また高難易度である「爆絶」へは5体、「轟絶」へは10体の運極キャラを持って居ないと挑戦すらできないため、まずは 5体以上作ることを目標にしましょう。 高難易度クエストで入手できるキャラはいずれも性能が高く、貴重な戦力となるのでまずは1回クリアし、キャラを集めるのがおすすめです。 「覇者の塔」は全部で40階層あり、全てクリアすると 「オーブ」が65個ももらえる美味しいイベントとなっています。 毎月「覇者の塔」を楽にクリアできるようになれば、晴れて一人前のストライカーの一員に仲間入りしたと言えるでしょう。 関連コンテンツ エクスカリバーのおすすめの運極作成クエスト まずはジライヤを作るのがおすすめ 「運極」作成の第一歩としては「」を作るのがおすすめです。 「ジライヤ」は「ノーマルクエスト」の報酬で、進化後の状態で配布されることに加え、クエストが周回しやすく初心者にもってこいのキャラだと言えます。

次の

【モンスト】エクスカリバーの評価・適正とわくわくの実

エクスカリバー モンスト

結論:クエストに応じて使い分ける 進化、神化ともに周回・高難易度で活躍できる性能を持つ。 付けたいわくわくの実もほぼ同じため、素材を確保しておき、クエストに応じて使い分けるのがおすすめ。 溜まるターン数はSSターンアクセルと同じで2ターンとなっている。 【新アビ】プロテクション 敵の攻撃が一定量以下の場合、ダメージが1になる。 エクスカリバーの場合、無力化できるダメージのラインは約2,000ダメージ以下。 加命の実でラインの上昇が確認できており、ラインはHPの約10%で算出されていると考えられる。 【新友情】オートジャベリン 友情の効果は「仲間に付与された属性貫通弾が近くの敵を攻撃」というもの。 衛星弾のように味方へ付与し、ぐるぐると周りを回る。 そして一番近くの敵に対して貫通弾を放つ。 5倍)が確定で発動する。 HP消費に応じた攻撃力アップ倍率 消費HP 攻撃力倍率 1消費 (HP4で使用) 約 1. 2倍 約1. 8倍(底力発動) 10,000消費 (HP約3万で使用) 約 1. 32倍 約1. 98倍(底力発動) 20,000消費 (HP約6万で使用) 約 1. 44倍 約2. 16倍(底力発動) 30,000消費 (HP約9万で使用) 約 1. 56倍 約2. 34倍(底力発動) 40,000消費 (HP約12万で使用) 約 1. 68倍 約2. 52倍(底力発動) HP4使用時の倍率から見て、素で1. 2倍の自強化を持つと考えられる。 それをもとに計算式を割り出すと、SSの倍率は1. 000012となる。 ヴィーラ【轟絶】や禁忌23での注意点 やにおいて、SSの HP消費では被ダメージによる攻撃力アップの効果は受けられない。 加えてオールアンチの効果もあるため、ダメージスモッグやニードルパネルでダメージを稼ぐ必要がある。 壁にふれる毎に攻撃アップ&大号令 神化のSSは壁にふれる毎に自身の攻撃力アップ&味方を動かす大号令。 味方を動かす際の硬直により壁に複数回触れた判定となり、1触れ目から壁ドンが最大倍率となることが多い。 壁ドン&号令倍率 壁ドン 攻撃力の50%ずつアップ 1触れで18,295アップ 自強化 攻撃力が1. 2倍に 味方強化 攻撃力が1. 2倍に エクスカリバーの最新評価 エクスカリバー(進化)の評価 約2,000以下のダメージを1にできる 進化の持つプロテクションは、HPの10%に相当する約2,000以下のダメージを1にするもの。 禁忌【23】など敵の1発毎の攻撃の威力が低いクエストで、特に重宝する。 超火力を狙える12ターンSS 進化のSSはHP消費に応じた攻撃力アップ&オールアンチ。 残りHPの33%を消費するため、底力も発動しやすい。 仮に最大HPが8万、残りHPが6万の状態でSSを使えば、キラーと底力を合わせ3. 24倍の攻撃力になる。 オートジャベリンは単体への火力、放電は全体に対する火力を出せるため、両方の欠点を補えている。 15倍。 ただでさえ強力な大号令に加え壁ドンで火力も上がるため、瞬間火力としてはとても強力だと言える。 加えてSS短縮も持つため、究極周回でも使用場面がある。 アビリティ対応は乏しい 神化のアンチアビリティはAWのみ。 バリアがあるとはいえど、ダメージを受けるDWや地雷が大量にあると動きづらい。 ギミックの重要度によって、行けるクエストが制限されてしまうのがネック。 エクスカリバーの総合評価と使い道 進化も神化もトップクラスの性能。 進化は潤沢なアビリティから万能な性能に、神化は友情が強力であり場面を選ばない。 どちらもアンチアビリティが少ないのは欠点だが、大抵のクエストなら火力で押しのける強さを持っている。 90 タス後限界値 23137 30489 350. 30 タス後限界値 20363 25573 505. 75 タス後限界値 15645 18929 327.

次の