口 周り ニキビ 原因。 口周りが肌荒れする原因!今日からできる防ぐ方法もご紹介

マスク着用で口周りニキビ問題急増!?原因と予防法をシェア!

口 周り ニキビ 原因

【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ 働く女子の肌悩みNO. 【ニキビ】の原因 ニキビができる原因とは c Shutterstock. com 大人女子は女性ホルモンの減少によって思春期の頃よりは皮脂の分泌が減少します。 女医の成田亜希子先生いわく、食生活の乱れやストレス、疲れ、睡眠不足などの不規則な生活習慣が重なると、女性ホルモンバランスが崩れて余分な皮脂分泌を促してしまうことがあり、それらが誘因となってニキビが発生することがあるそうです。 ニキビの原因は毛穴の炎症 c Shutterstock. com \女医の成田亜希子先生がお答え! ニキビの原因/ ニキビの医学的な正式名称は「尋常性ざ瘡」。 ニキビは、おでこや頬、顎、口周りなど顔にできやすく、思春期を迎えた頃から20代をピークに若者に生じやすい皮膚のできもの。 毛穴から大量に分泌される皮脂は狭い毛穴内に詰まることがあり、その中に皮膚の常在菌が入り込んで増殖すると炎症を引き起こし、詰まった皮脂などで押し上げられて「ポツポツ」になるのです。 また、毛穴内の炎症が悪化すると、「ポツポツ」は赤く目立つようになるばかりか、痛みを伴うようになります。 \「ポツポツ」から膿が漏れ出てきたら要注意!/ この状態にまで進行すると、皮膚の深層までダメージが加わって痕になってしまうことも少なくありません。 ニキビの原因菌とは c Shutterstock. com \誰の肌にも生息しているアクネ菌/ ニキビを引き起こす細菌として知られるのは、アクネ菌と呼ばれる皮膚の常在菌。 女医の成田亜希子先生によると、アクネ菌は毛穴内に潜んでいることが多く、皮脂などの老廃物を餌にして増殖するそうです。 このため、老廃物で毛穴が詰まると、アクネ菌が異常増殖して炎症を引き起こす原因に。 肌が乾燥していると、古くなった角質がうまくはがれずに蓄積して毛穴をふさいでしまいます。 そこに皮脂や細菌などが、ラードのような塊となって詰まると、それがニキビのはじまりの「コメド」と呼ばれる状態に。 さらに悪化すると、皮脂を好むアクネ菌が増殖し、やがて炎症が起こして毛穴周りが赤く腫れるニキビになります。 重症度の高い赤ニキビができる原因とは c Shutterstock. com 痛みやかゆみを生じるようになる赤ニキビについて、女医の成田亜希子先生に教えていただきました。 発症直後の白ニキビから皮脂が酸化した黒ニキビ、そして毛穴内の炎症がひどくなると、皮膚の盛り上がりが大きくなるだけでなく、ニキビ全体が赤くなって熱感を帯びるようになります。 これがいわゆる、「赤ニキビ」といわれるものです。 さらに炎症が悪化して毛穴内に膿が溜まると、毛穴から膿が押し出されて見えたり、ニキビが全体的に黄色っぽく変化していきます。 炎症が悪化する原因としては、「皮脂のさらなる過剰分泌、ストレス、食生活の乱れ、生理前後」など、いくつか原因が挙げられます。 汗をかくとニキビが悪化する原因とは c Shutterstock. com 運動後は、血中の「好中球(白血球の一種)」が過度に活性化し、かゆみや赤み、ホテリなど肌の炎症を引き起こします。 さらには、その症状を悪化させることも。 また、塩分を含む汗をかいたまま放置すると、雑菌が繁殖しやすくなり、にきびやかゆみなど肌荒れを引き起こしやすくなります。 紫外線ダメージや汗の蒸発によって肌内部の水分が奪われ、乾燥しやすくなり、肌トラブルの原因にもなります。 そのため、汗や皮脂で肌が潤っているように感じても、しっかり保湿することが大切。 おでこやあご… ニキビができやすい場所って? Tゾーン・頬・あご・こめかみのニキビ c Shutterstock. ・過剰に分泌された皮脂が毛穴を詰まらせることによって、ニキビを発症。 ・Tゾーンにできるニキビは皮脂による炎症を起こしやすく、痛みや発赤を伴うことも少なくありません。 ・毛穴が開きやすいこと、ファンデーションやチークなどのメイク汚れが詰まることからニキビに。 ・メイクの汚れにはアクネ菌の大好物たんぱく質が含まれているため、ニキビの原因に。 c Shutterstock. ・あごは思いのほかケアが行き届きにくく、過度に乾燥した皮膚が皮脂の分泌を促すことも。 ・その結果、過剰に分泌された皮脂がニキビを引き起こす原因に。 ・頭髪の汚れやフケ、シャンプーなどの洗い残しが毛穴を詰まらせ、ニキビの原因になることも。 口周りのニキビ c Shutterstock. com \口周りのニキビは悪化しやすい?/ 女医の成田亜希子先生によると、口周りのニキビの多くは乾燥によって過剰な皮脂の分泌が原因で引き起こされるそうです。 乾燥した肌は角質層が硬くなって毛穴が狭くなるため、毛穴が詰まりやすくなります。 そこに皮脂の過剰分泌が加わると、瞬く間にニキビを発症してしまうのです。 そのため、口周りのニキビは悪化しやすい傾向があります。 毛穴が硬く狭いため、詰まった皮脂が排出されにくくなることで炎症が長引いてしまうからです。 炎症も悪化して痛みやかゆみを伴う厄介なニキビになってしまう可能性も。 \口周りのニキビを治すには…/ ニキビ治療薬を使用することももちろん、肌の乾燥を改善するよう保湿効果のある基礎化粧品でケアしたり、季節の変わり目の乾燥しやすい時期には加湿器などを使って湿度を快適に保つ、などの対策も必要です。 c Shutterstock. com \食事にも気をつけてニキビを防ぐことも大事/ 皮脂分泌を少しでも抑えるよう、油分や糖分の多い食事は避けるようにしましょう。 悪化したニキビは、なかなか消えないクレーター痕を残すこともあります。 顔にニキビ跡を作らないためにも、口周りのニキビは軽く考えずに早め早めの対策を。 ニキビの原因となる食べ物 脂っぽいものや刺激物系はニキビの原因に 産婦人科専門医・生殖医療専門医の田口早桐先生によると、脂っぽいものや香辛料などの刺激物系には要注意! 脂肪分が多いものや刺激物は皮脂の分泌を増やし、肌のバランスを崩れやすくするためです。 なかには、数の子やイクラなどの魚卵系を食べすぎると、ニキビができてしまうという人も。 現在進行中で肌荒れしている場合は、食べるものにはとくに注意が必要。 積極的に脂っぽいものや刺激物系を控えるのがベター。 また、脂肪分の多い甘いものも、肌荒れには大敵。 \ニキビは腸の働きも関係してくるため、和食中心のバランスをとれた食事をするのが一番/ c Shutterstock. 食物繊維が豊富なため、肌荒れや便秘に有効です。 余分な熱をとり、毒素を分解してうみを出すため、吹き出物、腫れ物によいでしょう。 com 解毒効果で口内炎や吹き出物にアプローチ。 緑豆は、解毒効果があり体の中の余分な熱をとるので、発熱、口内炎、目の充血、吹き出物、腫れ物などによいでしょう。 春キャベツや菜の花など、旬の野菜にはその季節の不調を改善するパワーが。 国際中医薬膳師・漢方アドバイザーの大木さと子さんによると、東洋医学では「肝機能が不調を起こすと熱っぽくなる」という考え方をするそうです。 トマトは熱冷ましにもなるので二日酔いにも効くのだとか。 イライラや肌荒れ、赤いニキビや吹き出物にも効果的とのこと。 ニキビの原因にアプローチする食べ物【番外編】 女医の成田亜希子先生がおすすめ! 薬局やドラッグストアで手に入る漢方薬 c Shutterstock. 膿が溜まったニキビにも効果があり、できるだけ早い段階で飲むほど効き目は強いとされています。 顔の熱や炎症を取り除く効果があり、熱感をともなう顔の皮膚の病気を改善します。 やや炎症が悪化した赤みのあるニキビに効果的です。 病変部の熱感や腫れを取り除き、血行を改善する作用を持ち、膿や痰などの排出を促します。 炎症を伴うニキビにも効果的です。 全身の血行を整えて、ニキビ改善すると考えられており、特に生理前後にニキビが目立ちやすくなる人におすすめです。 サッと水に溶けて飲みやすいパウダータイプ。 柑橘風味で美味。 スピック|リポ-カプセル ビタミンC[30包入り]¥7,200 ニキビができたときに即対応できるサプリ&医薬品 \オッジェンヌ・江添晴馨さんのおすすめ/ 「肌が環境に影響されやすく、乾燥するとくすみ、多湿になるとニキビができたり…。 症状に合わせたアイテムでケアします。 テカリにはスクラブ、くすみにはマスク、乾燥にはオイル、ニキビにはサプリを」 右:クラシエ薬品|ヨクイノーゲンBC錠(第3類医薬品)[210錠]¥3,700 「肌荒れに効くと信頼しているヨクイニンにビタミンをプラス」 左:ポーラ|リポタイプC[30包]¥4,700 「水なしで飲める柑橘味のビタミンC。 長く効く処方なので1日1回飲めばOK」 TOP画像/ c Shutterstock. com.

次の

どうして口周りにニキビができるの?繰り返す原因とおすすめケア

口 周り ニキビ 原因

【スポンサーリンク】 口の周りのニキビの原因 皮脂の分泌が過剰でホルモンバランスが変化しやすい思春期は、が出来やすいのですが、 口の周りやあごなどいわゆるUゾーンと言われるところに出来る吹き出物やできものは、大人になってから出来ることが多いんですね。 いわゆる大人ニキビってやつですね。 そこに原因が隠されている訳ですが主な原因は3つあります。 ストレス ホルモンバランスの乱れ) ストレスはお肌に良くないばかりか体の不調にもつながるためなるべく溜めたくないですよね。 でもなぜストレスが口の周りのニキビや吹き出物の原因になるかというと、ホルモンバランスが崩れるからなんですね。 あと女性に限りますが生理前になるとお肌の調子が悪くなったり口の周りやあごにニキビが出来る方がいると思いますが、それも月経で ホルモンバランスが乱れていることが原因です。 またストレスを感じると、暴飲暴食をしてしまったり胃腸の調子が悪くなるなど、いろいろな所に悪影響を及ぼします。 胃腸の働きが悪い 先ほどのストレスが原因での暴飲暴食のように、食べ過ぎや飲み過ぎは胃に負担をかけてしまいます。 食べ過ぎて消化不良になると胃腸の働きを低下させ、それがニキビなどに表れてきます。 もちろんビールやお酒などアルコール類の飲み過ぎも良くありません。 脂っこい食事ばかりとか甘いものだけとか偏った食事もそうですが、 寝る前や夜遅くとか食べる時間帯も不規則だと胃腸に負担がかかってしまいます。 また腸の調子が悪いと便秘になりがちですが、 便秘になると溜まった老廃物がお肌に悪影響を与えてしまいます。 それも肌荒れの原因の一つですね。 髭剃りやメイク これは男性と女性それぞれなんですが、男性に関して言えば髭剃りです。 あごや口の周りってひげが生えますので剃りますよね。 その際に髭剃りの刃が痛んでいたり古くなるとお肌を傷つけやすくなります。 T字カミソリで誤ってお肌を切ってしまう事もありますが、そういった場合や カミソリの刃が不衛生である場合は雑菌が毛穴に入ってしまい、ニキビが出来てしまったり炎症を起こしたりする事があります。 次に女性に関する原因でメイクがあります。 仕事や買い物などで外出する時などほとんど毎日お化粧されるという方が多いと思いますが、んですね。 メイクで毛穴が詰まってしまうともちろんお肌に良くありませんよね。 長時間メイクしたままとか、メイクしたまま寝てしまうとか、お肌に負担のかかることも良くありません。 予防と解消方法 このように口の周りに出来るニキビの原因は普段の生活習慣が非常に関係しています。 それらを一つずつ見直してみましょう。 ストレスをうまく発散する まず口の周りのニキビの原因となるストレスを溜めないというのは難しいですよね。 生活していれば仕事やプライベートでも少なからずイライラやうっぷんは感じます。 でも溜まったうっぷんを発散させることはできますので、趣味や自分の好きな事をする時間を作ったり、カラオケで思いっきり歌うなど うまくストレスを解消しましょう! あと睡眠もお肌に重要と言われていますが、なるべく夜更かしをせず早寝早起きを心がけると良いでしょうね。 でも無理をしてやらなければいけないという思いが強いと、 逆にそれがストレスになってしまいますので無理をせず出来る範囲で行いたいですね。 食生活 胃腸に負担をかけない食生活が大切です。 脂っこい食事ばかりとか偏った食生活をやめバランスの良い食事を心がけましょう。 あと寝る前とか真夜中にご飯を食べるのも消化に良くありませんので注意が必要です。 食事に関して言えばビタミンB群が不足すると肌荒れを起こしやすいと言われています。 ニキビ予防のためにもビタミンB群の摂取は必要です。 ちなみに皮脂の分泌を調整する働きを持つビタミンB2を含む食品は、 レバー、豚肉 心臓・はつ 、うなぎ、納豆、いくら、モロヘイヤなどがあります。 またビタミンB6やビタミンCも合わせて摂取するとより効果的です。 ビタミンB6を含む食品は、牛レバー、まぐろ、かつお、大豆、バナナなど、 ビタミンCを含む食品は、ピーマン、ゆず、レモン、パセリ、モロヘイヤなどがあります。 ビタミンは体内に溜めておくことができないので毎日の食事やサプリメントで補給するようにしたいですね。 睡眠や食事など毎日の生活習慣ってすごく大事であることが分かりますね。 参考にしてみて下さい。 お肌のケアと洗顔 まず男性のスキンケアについてですが、 使用する髭剃りやカミソリの刃を清潔にしておきましょう。 そして髭を剃る時は少しでもお肌への負担を減らすために、蒸しタオルで髭をやわらかくして剃ったり、シェービングジェルを使うようにします。 ちなみに私は電気カミソリを使用していますが、剃る前にDHCの薬用シェービングジェルをつけています。 やはりシェービングジェルをつけると剃った後もヒリヒリせずお肌が赤くなりません。 女性のメイクについてですが、まず口の周りや顔にニキビが出来てしまっている場合は使用する化粧品や保湿クリームには気をつけましょう。 なるべく油分の少ないフェイスパウダーやパウダーファンデーションが良いでしょう。 あとはやはり ですね。 メイクが毛穴に残らないようにしっかり洗い落すことが大切です。 そして洗顔後はお肌が乾燥しないようにしっかり保湿してあげます。 お化粧したまま眠ったり、長時間のメイクはなるべく避け、きちんと汚れを落としてあげましょう。 おすすめのスキンケア商品 口の周りは刺激や乾燥に弱くニキビが炎症を起こしやすい場所です。 そのため口周りでも大丈夫な低刺激なスキンケア、ニキビケア商品を選ぶべきです! またしっかりと角質まで保湿させ表面だけでなく内側から保湿してくれるタイプ物がオススメです。 低刺激で圧倒的な保湿力を持つビーグレンは使用者の満足度98. 実際に私も使ってみましたが、洗顔から保湿までこれまで使用したものとは全く肌の感じが違いました。 しかも他の商品ではありえない365日の返金保証もついています。 それだけ品質に自信がある証拠ですね。 詳しくはこちらで書いてますので合わせて読んでみて下さい。 このように 口の周りにできるニキビの原因は日頃の生活習慣が大きく影響していることが分かります。 まずは普段の生活習慣を改善させることと、効果のあるスキンケアを合わせて行い、ニキビ予防していきましょう。 ニキビではなくヘルペスかも また唇や口の周りに水ぶくれが出来る事がありますが、それはニキビではなくヘルペスかもしれません。 それぞれの特徴としては、 ニキビは赤くなったり、白い膿がありますが、ヘルペスは水ぶくれのようになり潰したら水が出てきます。 どちらも見た目が違うのですぐに見分けられると思いますが、 口唇ヘルペスの場合は人に感染する事があるので注意が必要です。

次の

なぜいつも同じところに?【口周りのニキビ】の原因を女医が教えます!

口 周り ニキビ 原因

生理周期とニキビ 肌荒れ の関係がカギ ここから本題に入ってくるのですが、プロゲステロンとエストロゲンは、生理周期によって大きく分泌量が変わります。 以下の図は生理周期を28日として、7日ごとに4つに分けています。 エストロゲン お肌に潤いを与えるホルモン は排卵直前をピークに一気に 減少。 プロゲステロン ニキビの大敵の皮脂を出すホルモン は排卵前から月経にかけて 上昇していることがわかります。 生理の2週間前からホルモンバランスは乱れはじめ、月経直前の1週間にもっともバランスが崩れます。 だから生理前はお肌は不安定になり、ニキビができやすくなるんですね。 ちなみに生理前は、 あご・口周り・おでこ・こめかみなど皮膚の薄いところにニキビができやすくなります。 ここまでをまとめると、以下の通りです。 このポイントを意識して、以下で普段の生活から意識して取り入れられる予防・対策方法をまとめてみました。 残念ながら生理前にホルモンバランスが乱れるという 現象そのものは、女性が生まれ持っているカラダの仕組みの問題なので 変えることはできません。 『では生理前ニキビは受け入れるしかないのか?』というとそんなことはありません。 ホルモンバランスの乱れそのものを防ぐことはできませんが、日ごろの対策や予防によって ホルモンバランスの乱れの幅を少なくすることは可能なんですね。 乱れの幅を少なくすればするだけ当然生理前にニキビができる可能性も低くなります。 スキンケア商品をチェンジして生理前ニキビに備える 生理前にニキビができやすい人のお肌は 元々敏感で弱い特徴があります。 そして生理2週間前から追い打ちをかけるかのように、さらにお肌状態は悪くなっていき、 結果的にニキビにつながっていきます。 そんな生理前ニキビを予防するには、 スキンケア商品を見直すことが最優先。 いつも使っている商品より、 肌に優しく有効な保湿成分がたっぷり入っているちょっとリッチなものにチェンジしましょう。 大人ニキビケアが同時にできるものだとなお良しです。 ニキビケア化粧品と聞くと、どうしても肌に刺激が強いイメージがありますが実は逆。 大人ニキビケア用のものは、 ニキビ肌の方でも使えるようにつくられています。 お肌に優しい成分や、保湿成分がふんだんに配合されたものがほとんどです。 いきなり本商品を買うのではなく、トライアルセットを試してみるようにしましょう。 POINT市販の安いスキンケア商品を普段使いしている方は、本当に見直しをおすすめします。 安い市販のものは、たとえ敏感肌用でも添加物が多く肌への負担がすごいです。 スキンケア商品を変えるだけで肌環境はだいぶよくなります。 ファンデーションを肌に優しいものに ファンデーションは一日の間で長い時間肌に直接付けるもの。 結構見落とされがちですが、 実はファンデーション選びってお肌の環境を左右する重要な要素なんです。 肌への刺激物が少ないファンデーションを使うだけで、お肌への負担はグッと下がり、 生理前でもニキビができにくい肌になります。 日頃お気に入りのファンデがあるという方は、生理の2週間前ごろからだけでも変えるだけでも違います。 ファンデーション選びでは、以下の順番で見直していきましょう。 ファンデの種類を変える できればパウダーやルースタイプ 2. 成分にこだわる できればミネラルファンデーション 1. ファンデーションの種類を変える まずファンデの種類ですが、あなたが今リキッドタイプやクリームタイプを使っているなら要検討です。 リキッドやクリームタイプの重めのファンデは、カバー力が高い反面、 お肌への負担が大きいんですね。 これを パウダータイプやルースタイプなど軽めに変えるだけで、 お肌への負担は下がり肌環境は変化します。 また、パウダーやルースタイプはクレンジングでもスルスルっと簡単にメイクオフすることができます。 結果、お肌に余計な刺激を与えずに済むというわけです。 配合されている成分にこだわる さらに、成分を意識してファンデを選ぶと、もっとお肌への負担は軽くなります。 具体的には、 最も肌に負担の少ないミネラルファンデーションを選ぶといいでしょう。 ただし、ミネラルファンデーションにもアメリカ産のもので日本人の肌に合わないものや、ケミカルな成分が含まれている場合があるので、選び方には注意が必要です。 以下記事では、ミネラルファンデーションの選び方と、薬局で買えるおすすめを紹介していますので、興味を持った方は参考にしてみてください。 関連: 全部をまとめて摂取するのが難しいという方は、ドラッグストアでビタミンA・ビタミンB群・ビタミンCのサプリを買って飲むだけでもだいぶ違います。 体をぽかぽか温める 生理前は、 とにかく体を冷やさないようにしましょう。 冷えはホルモンバランスを崩すだけでなく、 血液の流れを悪くしてしまいます。 血流が悪化すると、肌に栄養が届かず菌と戦えない弱い肌になります。 また、それだけでなく、老廃物が体外へ排出されません。 結果、毛穴に詰まったりニキビができやすくなってしまうんですね。 具体的にできる対策は、以下の通り。 意識してあったかい飲み物をとる• ゆっくり30分以上半身浴をする• 気軽にとれて効果が高いのは白湯 冷え対策で最も気軽にできて、効果が高いのが白湯を飲むことです。 白湯とは、 ただのお湯。 何も入れていない水を沸騰させたものです。 白湯を飲むと体の中の内臓まで温まります。 体内でホルモン分泌の乱れが調整されて、プロゲステロン 肌に悪いホルモン が増えるのを抑えてくれます。 水は軟水がおすすめ 白湯をつくるときは 軟水のミネラルウォーターを使うのがおすすめ。 硬水を飲むと胃腸に負担がかかってしまうので要注意です。 ストレスをためない。 また、ストレスによって男性ホルモンの影響を抑えることができなくなり、皮脂分泌が促進される作用も・・・! 実は女性もわずかながら男性ホルモンを持っているんです つまり、ストレスが多いと生理前の肌をよりニキビができやすくさせてしまうんですね。 「 毎日ストレスがたまりまくってキーーー!」となっている方は、適度にリフレッシュすることを意識しましょう。 ストレス解消の方法は人それぞれですが、例えば以下の通り。 30分程度かるくストレッチする• ヨガやジムに通う• 週に1度自分にご褒美の日をつくる• 休みの日に好きなだけ寝る• ショッピングをする• 例えば、スキンケア商品を変えるだけで劇的にニキビができにくくなる人もいれば、漢方を飲むだけでニキビが改善されるケースもあります。 残念ながらこればっかりは、自分で試してみないとわかりません。 今回は生理前ニキビの予防法7つを紹介しましたが、これを全部やろうと思ったらそれはそれは大変。 まずは、 自分ができそうなことから取り組んでみましょう。 またホルモンバランスを整える方法については、もっと詳しくまとめた記事があります。 気になる方はこちらもチェックしてみてください。 特別企画• 人気ランキング• 注目コンテンツ• 新着記事• カテゴリー•

次の