産褥 期 精神病。 産後精神病の原因とは?:その症状と治療法

産褥期精神障害

産褥 期 精神病

多くの専門家は産後の精神病を軽視せず、薬での治療や精神科への入院が必要だと考えています。 産後精神病の原因 前に述べたように産後精神病の主な原因はストレスです。 コントロールできないレベルまでストレスが達してしまうのです。 この病気にかかっている人の統計分析と研究によると、 以下のような特徴を持っている女性は産後精神病を発症する可能性が高いといわれています。 統合失調症をわずらわっている• すでに双極性障害を持っている• 薬物中毒の過去がある• 妊娠希望がない• 性的虐待の被害者• 家族に精神障害を抱えている人がいる• パートナーや他の家族のメンバーとの間に深刻な問題を抱えている• 禁欲の症状が出ている薬物中毒者• 初めての母親となり、新たな挑戦を感じている ストレス以外にも、 以下のような症状が産後精神病に寄与する可能性もあります。 産後甲状腺炎• 脳腫瘍• 極端なホルモン性疾患• 産褥期の感染症• 薬、化学薬品、薬の中毒 それでは、次に産後精神病の症状について説明します。 産後精神病の症状 産後精神病は双極性障害と似た症状を発症します。 そのため、多くの女性がすでに双極性障害をわずらわっている、または家族に精神障害の歴史があると推定されます。 とはいえ、すべての患者が同じ症状や同じ重症度を示すわけではありません。 以下に、最も一般的な症状をリストアップしました。 うつ病• 見当識障害• 多動性• 躁病エピソード• 過度の過敏性• 気分の激しい揺れ• 自分もしくは赤ちゃんに攻撃的な行動をとる• 周りの人々を認識できなくなる それではここで 産後精神病との区別を説明したいと思います。 うつ病が産後精神病に変わる可能性があるという非常にまれな例外もありますが、これらの精神的な病状は関連しておらず、明確に区別することができます。 産後精神病と産後うつ病の違い と産後精神病には共通の症状がいくつかあります。 しかし、 これらは2つの明らかに異なる病気です。 まず、産後うつ病は精神病のように根本的な精神疾患ではありません。 事実、抗うつ薬による治療を通して、症状を解消することができます。 しかし、産後精神病は入院が必要です。 過去には、投薬で幻覚が消散しないため、電気ショックさえも利用されていました。 産後うつ病を抱える母親は、 幻覚やアイデンティティの喪失を経験することはありません。 現実から逃避することも、自分の周りの人々を認識できなくなることもありません。 もう1つの大きな違いは、産後精神病の症状は 非常に突然現れるのに対し産後鬱病の症状は徐々に現れることです。 実際、赤ちゃんの生後4週間までも現れることがあります。 産後精神病の治療 精神病は極端な精神病であるため、 その治療は即時入院を伴います。 この病気に関連した症状の多くは治療なしには治りません。 正しい薬で治療すると症状を緩和し、再発を防止することができるでしょう。 したがって、 医師、精神科医、心理学者などの専門家チームのいる施設への入院が望ましいでしょう。 また、 専門家は精神状態や器質性疾患を考慮し、患者のニーズに応じてどのような薬が必要かを判断します。 非常に極端な場合には、睡眠療法が利用されます。 これは現在、実行可能な治療選択肢とは見なされていない電気ショック治療に代わるものです。 この深刻で非常にまれな状態では協力な治療が必要とされます。 あなた自身、もしくは知人の中でこれらの症状を発症していることにに気づいたら、直ちに医療専門家のサポートを求めてください。 Barrio, E. 2000. Medina, E. 2013. Oviedo Lugo, G. 2006. Trastornos afectivos posparto.

次の

妊娠したら死にたくなった|漫画最新話・結末まで全話ネタバレ!感想・無料試し読みも

産褥 期 精神病

子供を産んだ後に起こる精神状態の変化• 産後には、女性 ホルモンのバランスが変化し、環境も変化し、育児への不安もあることから精神的な変化が引き起こされると考えられている• 大きく以下の2つに分類される• マタニティーブルーズ• 出産後3-10日頃に 発症する生理的なもの(主に2-4日が発症のピーク)• 近年の報告では妊婦の30%くらいの頻度でこの病気になると言われている• 以下でマタニティーブルーズが起こりやすいと言われている• 母体に 合併症がある• 児に異常がある• 長期間に渡り入院を要した• 母児分離の時間が長かった• 産褥期精神病• 出産1か月以内に発症する病的なもの• 頻度は妊婦の3%程度と報告されている• 治療によってほどんどが数か月から1年程度かけて軽快する• 産後の頻度がもっとも高く、軽いものから入院が必要になるものまで程度は様々である• 以下の場合に産後になりやすいと言われている• 過去に精神疾患になったことがある• 望まないもしくは周囲から望まれていない妊娠であった• 児に疾患がある 産褥期精神障害の症状.

次の

産褥期精神障害

産褥 期 精神病

症状 会話が支離滅裂になり、意味不明の話をします。 不眠や妄想、幻覚なども現れます。 落ち着きを失い、気分に安定が見られなくなります。 突如として笑ったり、泣き出したりします。 興奮から錯乱状態を引き起こすこともあります。 自分の子供が泣いても関心がなく、周りの人間に対しても反応を示さなくなります。 原因 出産後、数週間経過した後突如として発症する疾患であり、産褥期精神病(さんじょくきせいしんびょう)の発症原因は詳細に分かっていません。 ただし、あまり見られない病気です。 尚、マタニティーブルーズは産褥期鬱病に類似する疾患であり、産後一週間程度で発症します。 うつ状態を引き起こし、集中力低下、不安などを生じます。 また気分の高揚が見られる一方で、泣きやすい傾向になります。 いずれの症状も一時的なものであり、数週間で症状も消失していきます。 そのため、治療の必要性はないとされています。 しかし、鬱病の前兆となる場合もあるため、その鑑別に注意を要します。 治療法 抗不安薬や抗鬱薬などが症状に対して用いられますが、基本的に抗精神病薬による治療が主軸となります。 これらの薬剤は産後であれば、その成分が母乳に含まれて排出されてしまうことがあります。 治療には少々時間を要することもありますが、見通しは良いとされています。 しかし、再発傾向が認められるため、注意を要します。

次の