永瀬廉 ドラマ。 永瀬廉

【キンプリ永瀬廉】ドラマ初主演!『FLY! BOYS, FLY!僕たち、CAはじめました』今秋放送!!

永瀬廉 ドラマ

同日夜の脚本家・北川悦吏子のツイートをめぐって、「永瀬の演技を批判したのではないか」との疑惑が話題になる中、本人がTwitter上で弁解。 キンプリファンの意見が二分している。 騒ぎの発端は、北川氏が24日午後11時30分過ぎに「声の高さが微妙。 落ち着かない。 その役者さんを見ての私の感想。 声の高さ、大事。 あえて、そこに宛書きってのもあるのかもしれないけれど」と、ツイートしたこと。 誰の「声の高さ」について批評したのかは不明ながら、投稿の時間帯から、ネットユーザーの間では永瀬主演の『FLY!BOYS,FLY!』が候補に浮上した。 同作は『ワールドカップバレーボール』の影響で20分繰り下げになり、午後9時20分~11時8分まで放送。 この時間帯は、ほかに地上波でのドラマのオンエアーはなかったのだ。 「その後、北川氏はTwitterユーザーからのコメントに返信。 『先ほど観たドラマ』でそう感じ、同じ役者を見たのではないかというメッセージに対して、『えっ。 シーーーッ』と、反応していました。 もちろん、北川氏は名前どころかドラマであるかどうかも記載していませんし、たまたま録画していた作品などを見た可能性も十分にあるでしょう。 こうした偶然の一致もあり、「北川悦吏子はれんれんに向けた発言なの?」「北川悦吏子の作品じゃないのに、わざわざTwitterであんなことを書く意味がわからない」と、北川氏に怒りの矛先を向ける人も。 騒動を受け、一部ネットニュースが永瀬の名前を出しつつ、疑惑について取り上げる事態となった。 「北川氏といえば、木村拓哉主演の『ロングバケーション』(フジテレビ系、1996年)『ビューティフルライフ』(TBS系、2000年)や、妻夫木聡&柴咲コウ出演の『オレンジデイズ』(同、04年)など、多数の人気ドラマを世に送り出した大物脚本家です。 一方で18年度上半期のNHK連続テレビ小説『半分、青い。 』の放送中も、北川氏のつぶやきは度々物議を醸し、昨年6月には『あ、あのドラマの裏側を一切知りたくない人は、私のツイート読まないでくださいね』『私は今、歯止め聞いてませんから。 ブレーキのなくなった暴走機関車ですから。 なんだってツイートします』と、強気な姿勢を示していました。 炎上の過去があるため、ジャニタレ批判をしてもおかしくないと、判断されてしまったのかもしれません。 北川氏は、後にトラブルの要因になった『声の高さが~』という元のツイートを削除しました」(同) そして27日、まとめサイトに誘導する投稿を引用ツイートする形で「これ、永瀬廉さんのことではないです。 なぜ、勝手に永瀬さんのことにして記事にするのですか?名前、私書いてないですよ。 おかしいでしょ。 驚くほどいいかげん。 素材を見てくれと言われて見た、ミュージカルの役者さんについての感想です」などと、反論した。 続けて、「ツイートを削除したのはなぜだか、彼のことでは?と邪推する人が多かったので。 違うので消しました」と、理由を説明。 さらに、「私はキンプリでオレンジデイズ みたいの書きたいと思っていました(まだ私が思ってるだけだけど)」と、以前より彼らに注目していた旨をアピールした。 しゃべくり見てた!」と興味を示しており、同グループに対する印象は決して悪くないようだ。 しかし、前述の「シーーーッ」の一言に引っかかりを覚えた人たちの中では、「炎上したからって嘘つくな」「ファンを敵にまわした北川さん、めちゃめちゃ必死だな」「苦しい言い訳をしてるね。 『先ほど観たドラマで』とのコメントに『シー』って言ったのは何だったのか」「キンプリはこんなめんどくさい人に関わらないでほしい」「北川悦吏子に媚を売るファンにも寒気がする」「ツイ消しして言い訳じみたツイートするなら、疑われるような紛らわしい書き方しないで」「キンプリにオファーしてくれなくて結構です」と、失望の声が漏れてしまった。 北川氏の作品に、永瀬やキンプリメンバーが起用される日はやってくるのか? 今後の展開が楽しみだ。

次の

【レポート】『弱虫ペダル』キックオフイベントに永瀬廉が愛車のママチャリで登場!橋本環奈は気迫あふれる撮影に驚愕 | anemo

永瀬廉 ドラマ

同日夜の脚本家・北川悦吏子のツイートをめぐって、「永瀬の演技を批判したのではないか」との疑惑が話題になる中、本人がTwitter上で弁解。 キンプリファンの意見が二分している。 騒ぎの発端は、北川氏が24日午後11時30分過ぎに「声の高さが微妙。 落ち着かない。 その役者さんを見ての私の感想。 声の高さ、大事。 あえて、そこに宛書きってのもあるのかもしれないけれど」と、ツイートしたこと。 誰の「声の高さ」について批評したのかは不明ながら、投稿の時間帯から、ネットユーザーの間では永瀬主演の『FLY!BOYS,FLY!』が候補に浮上した。 同作は『ワールドカップバレーボール』の影響で20分繰り下げになり、午後9時20分~11時8分まで放送。 この時間帯は、ほかに地上波でのドラマのオンエアーはなかったのだ。 「その後、北川氏はTwitterユーザーからのコメントに返信。 『先ほど観たドラマ』でそう感じ、同じ役者を見たのではないかというメッセージに対して、『えっ。 シーーーッ』と、反応していました。 もちろん、北川氏は名前どころかドラマであるかどうかも記載していませんし、たまたま録画していた作品などを見た可能性も十分にあるでしょう。 こうした偶然の一致もあり、「北川悦吏子はれんれんに向けた発言なの?」「北川悦吏子の作品じゃないのに、わざわざTwitterであんなことを書く意味がわからない」と、北川氏に怒りの矛先を向ける人も。 騒動を受け、一部ネットニュースが永瀬の名前を出しつつ、疑惑について取り上げる事態となった。 「北川氏といえば、木村拓哉主演の『ロングバケーション』(フジテレビ系、1996年)『ビューティフルライフ』(TBS系、2000年)や、妻夫木聡&柴咲コウ出演の『オレンジデイズ』(同、04年)など、多数の人気ドラマを世に送り出した大物脚本家です。 一方で18年度上半期のNHK連続テレビ小説『半分、青い。 』の放送中も、北川氏のつぶやきは度々物議を醸し、昨年6月には『あ、あのドラマの裏側を一切知りたくない人は、私のツイート読まないでくださいね』『私は今、歯止め聞いてませんから。 ブレーキのなくなった暴走機関車ですから。 なんだってツイートします』と、強気な姿勢を示していました。 炎上の過去があるため、ジャニタレ批判をしてもおかしくないと、判断されてしまったのかもしれません。 北川氏は、後にトラブルの要因になった『声の高さが~』という元のツイートを削除しました」(同) そして27日、まとめサイトに誘導する投稿を引用ツイートする形で「これ、永瀬廉さんのことではないです。 なぜ、勝手に永瀬さんのことにして記事にするのですか?名前、私書いてないですよ。 おかしいでしょ。 驚くほどいいかげん。 素材を見てくれと言われて見た、ミュージカルの役者さんについての感想です」などと、反論した。 続けて、「ツイートを削除したのはなぜだか、彼のことでは?と邪推する人が多かったので。 違うので消しました」と、理由を説明。 さらに、「私はキンプリでオレンジデイズ みたいの書きたいと思っていました(まだ私が思ってるだけだけど)」と、以前より彼らに注目していた旨をアピールした。 しゃべくり見てた!」と興味を示しており、同グループに対する印象は決して悪くないようだ。 しかし、前述の「シーーーッ」の一言に引っかかりを覚えた人たちの中では、「炎上したからって嘘つくな」「ファンを敵にまわした北川さん、めちゃめちゃ必死だな」「苦しい言い訳をしてるね。 『先ほど観たドラマで』とのコメントに『シー』って言ったのは何だったのか」「キンプリはこんなめんどくさい人に関わらないでほしい」「北川悦吏子に媚を売るファンにも寒気がする」「ツイ消しして言い訳じみたツイートするなら、疑われるような紛らわしい書き方しないで」「キンプリにオファーしてくれなくて結構です」と、失望の声が漏れてしまった。 北川氏の作品に、永瀬やキンプリメンバーが起用される日はやってくるのか? 今後の展開が楽しみだ。

次の

【キンプリ永瀬廉】ドラマ初主演!『FLY! BOYS, FLY!僕たち、CAはじめました』今秋放送!!

永瀬廉 ドラマ

永瀬廉さんのドラマ初主演作『FLY!BOYS,FLY!僕たち、CAはじめました』は、航空会社のCA(キャビンアテンダント)を目指して訓練生となった主人公が、同僚たちと様々な訓練を通じて成長していく姿を描いた青春ドラマでした。 落ち着かない。 その役者さんを見ての私の感想。 声の高さ、大事。 あえて、そこに宛書きってのもあるのかもしれないけれど。 」とツイートしました。 明らかに誰か分かるタイミングでこれはない• 脚本家なのに公の場でこんなこと言う?• 発信せず自分の中で思ってればいいのに、性格が悪いとしか思えない などといった批判が殺到していたといいます。 そんな北川悦吏子さんについて芸能ライターは、 「かつてヒットドラマを連発し、『恋愛の神様』とまで呼ばれるまでになった脚本家ですが、18年上半期に放送されたNHK連続ドラマ小説『半分、青い。 』の脚本を手掛けた際、自身や自身の娘にまつわるエピソードを多数盛り込んだり、ヒロインが夫に『死んでくれ』と言わせるなどして批判が殺到する事態に。 しかし、北川氏はめげず、批判が多く集まる回に対し、ツイッターで『見応え回です』『神回』などを連発し、視聴者を煽っていました。 放送中は北川氏のツイッターが毎日炎上するほどの騒ぎになっていました」と指摘しています。 北川悦吏子さんはこれまでにツイッター上での発言が度々物議を醸し、『半分、青い。 』の脚本を担当した際は放送開始前から炎上騒動を起こしており、炎上脚本家のイメージは強いのですが、今回の永瀬廉さん?に対するツイートへの批判はわずかで、現時点ではこのツイートには6件のコメントしか寄せられていません。 これは誰か特定できないツイート内容だったためとみられますが、もし特定できるワードが入っていたとしたらキンプリファンから怒りのコメントが殺到し、大炎上していたことは間違いないでしょうね。 ちなみに、『FLY!BOYS,FLY!僕たち、CAはじめました』の 平均視聴率は5. 7%と伸び悩み、大爆死、大コケと揶揄されるレベルの低視聴率を記録していたのですが、前番組のバレーボールも2ケタに届いていなかったようです。 キンプリのメンバーたちはそれぞれ俳優としても活動し、中でもリーダーの岸優太さん(きし・ゆうた 23歳)は歌唱力だけでなく演技力も高いと評価されており、6日から公開の映画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』で主演を務めている平野紫耀さん(ひらの・しょう 22歳)も、ジャニーズJr. 時代から演技が上手いメンバーとして名前が挙げられていました。 一方で、永瀬廉さんはキンプリの中ではあまり演技力が高くないとの評価で、週刊誌『週刊女性』のWeb版『週刊女性プライム』が2016年に行った「演技が上手いと思うジャニーズJr. 」のアンケート調査(回答数8948票)では、 岸優太さんが1位(2658票)、平野紫耀さんが3位(839票)、神宮寺勇太さんが13位(144票)、岩橋玄樹さんが16位(110票)、永瀬さんは17位(98票)、最下位が高橋海人さんで47位(10票)という結果でした。 今回、北川悦吏子さんが批判しているのは演技ではなく声なので、これはなかなか難しいものではありますが、今後さらに演技力をアップさせ、様々なドラマや映画などで俳優として活躍する姿を見せてほしいです。

次の