アルカリイオン水 効果 厚生労働省。 アルカリイオン水の効果・効能とデメリット/簡単な作り方特集【まとめ】

新型コロナ対策にアルカリ電解水は有効か新型コロナの対策として...

アルカリイオン水 効果 厚生労働省

アルカリイオン水(アルカリイオンすい)は、アルカリ性の通称で、飲用可能なものと飲用不可のもの(洗浄・掃除用などの用途)に大別される。 ここでは説明のために、 飲用可能なものをアルカリイオン水(pH9〜10)、 飲用不適のものをアルカリ性電解水(pH10〜)と分けるが、本来はそういった区別はない。 成分は水酸化ナトリウム、または水酸化カルシウム(消石灰)のどちらかである。 アルカリイオン水は、アルカリイオン整水器(JIS家庭用電解水生成器:JIS T 2004) を用いて飲用適の水を電気分解し、陰極側から生成される9〜10の弱アルカリ性電解水を指し、胃腸症状改善効果が国から認められている。 厚生労働省告示第112号、および日本機能水学会では、「飲用アルカリ性」という名称が用いられる。 なお、陽極側から生成されるpH4. 5〜6. 5の弱酸性電解水は、酸性イオン水と呼ばれ洗顔などに使用される。 アルカリイオン整水器は、医薬品、医療機器等の品質、有効性および安全性等に関する法律(以下、薬機等法という)の承認または認証を受けた機器で、医療機器として「医療用物質生成器」に分類され、「家庭用電解水生成器」 と規定されている(JIS T 2004)。 装置の販売名称には、「電解水素水」、または「電解還元水」などが用いられることもある。 アルカリイオン水は、水道水の電気分解により、H 2Oから生じる水酸化イオン(OH - と水素ガス H 2)を含んでいる。 濃度0. 3〜0. 微小水素気泡は1日放置後にも安定して存在する。 この水素は、アルカリイオン水の効果効能の要因としてpH以外の仮説となっている。 アルカリ性電解水は二室型もしくは三室型電解槽を用いて、水道水や食塩水を電気分解することで、アルカリ性電解水が生成されるを参照)。 生成装置により生成されるpHが異なるが、一般的には飲用のアルカリイオン水よりも高いpH pH10以上)のものが生成され、飲用には適さない。 歴史 [ ] 1950年代、諏訪方季が開発した水の電気分解装置で生成された水「シンノオル液」がアルカリイオン水の始まりである。 その後、農業分野への応用効果の検討あるいは医療での臨床実験・使用体験等を経て「シンノオル液製造器」が開発され、1966年に当時の薬事法での効能効果が認められ、医療用具第1号として承認された。 1992年に国民生活センターによって行われたアルカリイオン水の効果に関する疑問提起によって厚生省は、業界に対し「品質・有効性・安全性」に関する最新の科学的検証結果の提出を要望した。 1993年に第三者による客観的検証評価のためにアルカリイオン整水器検討委員会(委員長:糸川嘉則 京都大学医学部教授)が組織された。 すなわち、胃腸症状を対象とした、飲用水としては世界初の比較臨床試験(二重盲検を含む)が国立大蔵病院及び滋賀医科大学で実施された結果、1999年に「アルカリイオン水は有効」との結論が示された。 2005年に薬事法が改正され、家庭用電解水生成器は管理医療機器として新たに位置付けられ、JIS T 2004「家庭用電解水生成器」が適合性認証基準として定められている。 効能効果としては、「飲用して胃腸症状の改善に有効」が認められている。 なお、「0711」を「おなかにいい」と読む語呂合わせから、7月11日は、「アルカリイオン水の日」として、2009年に日本記念日協会に登録されている。 生成方法と性状 [ ] アルカリイオン整水器は、一般的に陰極及び陽極が隔膜で仕切られた構造の電解槽を有している。 電解槽へ通水し電気分解をすると、陰極では還元反応が進行して水酸化物イオンと水素が発生して、アルカリ性のアルカリイオン水が生成されるとともに、陽イオンが多くなる。 一方、陽極では水素イオンと酸素が発生して、酸性の酸性イオン水が生成されるとともに、陰イオンが多くなる。 pH 酸化還元電位 陽イオン 陰イオン 溶存気体 アルカリイオン水 9〜10 低い 増加 減少 水素 酸性イオン水 4. 5〜6. 5 高い 減少 増加 酸素 アルカリイオン水の飲用範囲は薬機等法でpH9〜10と規定されている。 pH10を超えるアルカリ性の電解水は、飲用には不適とされている。 電気分解の電流値を制御することでpHや溶存水素濃度を変化させることができる。 アルカリイオン整水器の構造と種類 [ ] アルカリイオン整水器は構造上の違いにより、水道等に接続して流水過程で電気分解する連続式電解水生成器と一定時間貯水し電気分解する貯槽式電解水生成器に大別されるが、いずれの場合も電気分解の原理は同じであり、薬機等法では同じ効果が認められている。 なお、取付け方法から分類すると、台所のキッチンなどに据え置くタイプや、壁掛けタイプの「据え置き型」、キッチンの下に浄水器を置くタイプの「アンダーシンク型」などに大別される。 効能効果 [ ] 1966年に医療用具第1号として承認された医療機器としての効能効果は以下の通りであった。 アルカリイオン水 飲用して慢性下痢、消化不良、胃腸内異常発酵、制酸、胃酸過多に有効である。 酸性イオン水 弱酸性アストリゼントとして美容に用いられる。 2005年には、当時の薬事法が改正され家庭用電解水生成器(アルカリイオン整水器)は管理医療機器として新たに位置付けられた。 医療機器適合性基準の一環として、JIS T 2004「家庭用電解水生成器」が定められ、次の効能効果となった。 (改正前の承認機器についての効能効果はそのまま維持されている。 ) 胃腸症状改善のための飲用アルカリ性電解水の生成。 (胃もたれや胃の不快感をやわらげる。 胃腸の働きを助け、お通じを良好にする。 ) その他の利用 [ ] 料理 [ ] アルカリイオン水は医療用以外にも料理でも使用されており、素材の味をいっそうおいしく引き出す効果があるといわれている。 使用例としては、pH10をこえる「強アルカリイオン水」はゴボウ等のアク抜きに使用するとスピーディにアクが抜ける、「弱アルカリイオン水」でコーヒー、紅茶を飲むと味がまろやかになる。 またお米を炊くとふっくらと炊きあがると言われている。 の旨味成分である弱酸性物質のが通常の水の2倍抽出でき、パンではふっくら焼きあがるなどと新聞に掲載されたことがある。 緑茶では、単なる浄水より弱酸性物質であるカテキンの抽出量が多く 、水道水より色やアミノ酸が抽出が多い。 アルカリ性にすると濃い色に呈色する紅茶色素については 水道水より紅茶の色の抽出が多い。 洗濯 [ ] アルカリイオン水を洗濯水に利用した研究では、酸性電解水や超純水より粒子汚れの除去効果、再汚染防止、脱臭効果が高い 、酸性電解水やイオン交換水より個体粒子汚れを除去し洗浄能力が高い という報告がある。 美容 [ ] 酸性イオン水はお肌を引き締める(収れん)作用があるので、洗顔や化粧水に適している。 研究成果と研究報告 [ ] 1993年にアルカリイオン整水器検討委員会が組織され、治験計画に基づき各方面から試験・研究が進められてきた。 アルカリイオン整水器検討委員会が京都大学医学部に依頼し、安全性・有効性に関する再検証活動が行われた結果、「アルカリイオン水は有効」との結論が示された。 以下に主な研究内容を次に示す。 動物試験による有効性検討 [ ]• 腸内発酵の抑制効果(岐阜大学の研究)• カルシウムの吸収効果(京都大学大学院の研究)• 胃粘膜障害の抑制効果(京都府立医科大学の研究) 臨床試験による有効性検討 [ ] (国立大蔵病院と滋賀医科大学の共同研究)• 制酸効果• 胃腸症状の改善 アルカリイオン水の安全性 [ ]• 物性試験による安全性検討(京都大学大学院と滋賀県立大学の共同研究)• 動物安全性試験(毒性試験)による安全性検討(生活科学研究所の研究)• 臨床試験(国立大蔵病院と滋賀医科大学の共同研究) その他の研究 [ ] 健康と関連した研究 [ ] による生体の酸化はとの関連があると考えられている。 生体を用いない実験(実験)ではや、加えてやをによるを低減するという研究がある。 カルシウムの量が不十分の飼料で飼育したラットで、アルカリイオン水は水道水に比較して骨の形成を高めたことが観察された。 臨床 [ ] アルカリイオン水の血液透析への応用は日本や台湾でも模索されている。 教育人間科学部と株式会社の共同研究で、によるランダム化比較試験で、アルカリイオン水は単に浄水を飲んだ場合と比較して、運動によって発生したによる生体内酸化ストレス値に低下傾向があることを報告した。 歯科 アルカリイオン水はの原因である や 、の原因菌 といった口腔の疾患の原因に対して、洗口が有効であるとの報告がある。 市場 [ ] 平成25年薬事工業生産動態統計調査によると、アルカリイオン整水器(家庭用医療用物質生成器)は約19万台の出荷数である。 日本の市場規模は2004年度の調査で、アルカリイオン水が100億円以上、アルカリイオン整水器の市場規模は2003年度で400億円であるといわれる。 自然状態でアルカリ性を示す飲用水の販売も行われている。 市場規模は不明だがアルカリイオン整水器は、台湾・中国・韓国 、アメリカやヨーロッパ(ハンガリー) でも販売されている。 また、台湾ではのでボトル入りアルカリイオン水が発売されている。 洗浄・清掃の用途で水溶液や、アルカリ性電解水を生成しながら洗浄を行う機器 などが流通している。 アルカリ性電解水(pH10〜) [ ] を参照のこと。 二室型もしくは三室型電解槽を用いて、水道水や食塩水を電気分解することで、アルカリ性電解水が生成される。 pH11程度の強アルカリ性電解水は血液や油脂等の有機物に対する高い洗浄力がある。 掃除用として市販されているpH12以上の強アルカリ性電解水は、食塩水の電気分解で生成されたの約0. インターネット上では成分や濃度を記載していない事が多いため注意が必要である。 電解質には一般的に、(食塩の主成分)が使われる。 塩化ナトリウムは錆の原因となるため、機械や金属の洗浄には向かず、そうした用途では炭酸ナトリウム(Na 2CO 3)や炭酸カリウム(K 2CO 3)が電解質に用いられる。 また水素がコロイド上の気泡となって存在している。 生成コストはリットルあたり1〜2円である。 純水にて生成することでpH12. 5以上の水溶液が生成される [ ]。 アルカリ性電解水(約pH11)によって米を生育し収量や品質を改善させる研究も行われている。 特性 [ ] アルカリ性電解水の界面活性は純水との表面張力の比較では差はない。 油に対する、けん化作用で言えNaOHやKOHが、油脂をグリセリンと脂肪塩酸に分解し、この脂肪塩酸が界面活性を示す。 また汚れの成分となっている多くの無機粒子はアルカリ性電解水中では強い負の電荷をもち、洗浄対象の物質も負の電荷を持つため、汚れとなっている物質と洗浄対象とが反発し、汚れは離脱する。 また水素が微小気泡として存在しており、これがキャビテーションの核となり、が発生するため、洗浄効果は高まる。 この微小水素気泡は1日放置後にも安定して存在する。 pHが12. 5を超えると、それ以前よりも殺菌に対する時間が短縮する [ ]。 pH12. 5程度のアルカリイオン水では、密閉しないと空気中の炭酸ガスとでアルカリ性が中和されてしまう。 洗浄 [ ] 油脂の汚れを落とす効果が高く、再汚染を予防し、原料が水と塩であるため低コストで生産でき、を使用しないためヒトや環境により安全であるとの業界誌に掲載されたことがある。 強酸性電解水の殺菌洗浄力を有効にするには、有機物を除去する必要があるが、そのために強アルカリ性電解水を使ったほうが、有機物である洗剤を使うよりもいいという説もある。 この場合の排水は酸性とアルカリ性で中和されるのでより(洗剤よりも)環境負荷が低いとされる。 ステンレス、メラミン樹脂、アクリルなどの食器洗いに十分利用できるという報告がある。 厨房や食品工場といった食品を取り扱う場所で油汚れを落とす、床やカーペット、ガラスやテーブル、手垢落としと適応場面は多いと建築管理の業界誌に掲載された。 pH 11. 5のアルカリ性電解水はpH 8. 20の電解還元水(アルカリイオン水)や超純水(pH 8. 52)や水道水(pH 7. 30 より洗浄能力が高い という研究報告がある。 に対して条件によっては洗剤よりも洗浄力があったという報告もされた。 洗剤が使えない場所、洗剤で染みになるものに使用できるとの意見も建築物管理の業界誌に掲載された。 アルカリ性電解水は、家庭用漂白剤の成分であるかを加えることで漂白性能を発揮する。 歯科医療 [ ] 歯科医療では、エビデンスの集積をはかり医学書が出版されており、pH11程度のアルカリ性電解水の多くは強酸性電解水と組み合わせて、術前後の手洗い、医療器具や、歯ブラシ・歯間ブラシの洗浄・殺菌、口臭抑制、根管洗浄、歯周組織の洗浄など多岐にわたって活用でき、メリットとしても独特の病院臭の原因である薬剤を用いずに済み、多剤耐性菌の出現もなく、人や自然にやさしいという側面がある。 pH11〜12のアルカリ性電解水を根管洗浄へ応用するための安全性についての研究 や、歯科用器具などに付着した血液を洗浄する効果について検証した研究 がある。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 堀田国元「電解機能水の特性と応用」『日本透析医学会雑誌』第48巻第2号、日本透析医学会、2015年2月、 76-78頁、 :、。 (一社)• 「うまみアップ、イオン水効果 出しのカツオやコンブ、半分で済みます!」(毎日新聞、2003年10月7日・東京朝刊)• 中村アツコ 「アルカリイオン水の物理化学的性質」『東京家政学院大学紀要 自然科学・工学系』 通号45 、2005年。 1〜6頁。 83〜89頁。 宮本栞、鶴田貴子「」『広島大学大学院教育学研究科紀要. 第二部 文化教育開発関連領域』Vol. 52 20040328 、295-299頁。 宮本栞 「」『広島大学大学院教育学研究科紀要 第二部 文化教育開発関連領域』Vol. 55、2007年3月。 343-9頁。 Shirahata S, Kabayama S et al. "Electrolyzed-reduced water scavenges active oxygen species and protects DNA from oxidative damage" Biochem Biophys Res Commun 234 1 , 1997 May, pp269-74. Lee MY, Kim YK et al. "Electrolyzed-reduced water protects against oxidative damage to DNA, RNA, and protein" Appl. Biochem. Biotechnol 135 2 , 2006 Nov, pp133-44. 高橋玲、張震華、糸川嘉則「骨組織の形成と維持におけるアルカリイオン水の影響」『第7回機能水シンポジウム2000 東京大会フログラム・講演要旨集』2000年、80-81頁。 (2009年7月17日、パナソニック電工株式会社のプレスリリース PRTIMES• (2009年7月17日、家電Watch)• 岩崎宏泰、田村宗明 「プラーク形成過程における初期付着細菌と後期定着細菌の共凝集に対するアルカリイオン水の影響」『日本口腔機能水学会誌』5 1 、2004年2月、36〜37頁。 暁万里子、マティン・カイルールほか 「アルカリイオン水の付着バイオフィルムに与える影響」『日本口腔機能水学会誌』8 1 、2007年3月、38〜39頁。 岩崎宏泰、田村宗明ほか 「Porphyromonas gingivalis病原性因子に対するアルカリイオン水の影響」『日本口腔機能水学会誌』8 1 、2007年3月、40〜41頁。 mhlw. pdf• 『機能水関連市場の現状分析と将来展望2005』、富士経済、2005年。 、要約は 富士経済HP を参照。 (株式会社ナンブ)• (日経トレンディネット、2008年06月02日)• 上田知弘、佐能正剛、深井正清ほか「各水稲品種に対する電解水散布による生育促進と収量増加に関する研究」『農業および園芸』83 7 、2008年7月、785-789頁。 阿部一博、上田知弘、佐能正剛ほか「強アルカリ性電解水散布による稲作の収量と米の品質に及ぼす影響」『ベジタリアン・リサーチ』8 1・2 、2007年、7-10頁。 373-5頁。 61〜67頁。 尾畑納子「」 PDF 『富山国際大学地域学部紀要』7巻、2007年3月。 鴨井久一・芝燁彦編著『機能水ではじめるヒトと環境に優しい歯科臨床 エビデンスに基づいた電解機能水の院内感染対策、歯科治療、口腔ケアへの応用』砂書房、2012年、まえがき・30-31。 長野孝俊、山口博康ほか 「アルカリイオン水の根管洗浄への応用に関する基礎的研究」『日本口腔機能水学会誌』8 1 、2007年3月、3-6頁。 浅野勝一、岩崎宏泰ほか 「血液により汚染された歯科用器具における電解アルカリ性機能水の洗浄効果」『日本口腔機能水学会誌』8 1 、2007年3月、30〜31頁。 関連項目 [ ]• ・ 外部リンク [ ]• - 業界団体• - 主要メーカー• - 主要メーカー.

次の

アルカリイオン水の効果・効能を徹底的に調べてみた結果・・

アルカリイオン水 効果 厚生労働省

希釈倍率 (pH12. 5)原液~5倍 (pH13. これにより予備洗浄と除菌、失活が同時に行え、菌やウイルスの拡散リスクを軽減します。 残留性が残留性がありませんので「すすぎ1回」、もしくは短時間のすすぎで十分です。 備 考 蛍光増白剤を含みませんので、白いウエス等が黄ばんだようになる場合がありますが、本来の繊維の色になっているだけです。 汚れの状況により洗剤を併用することも可能です。 嘔吐、糞便処理(ノロ対策)補助に・・・ 希釈倍率 (pH12. 5)原液 (pH13. ペーパータオル等で外側から内側に向けて拭き取ります。 1%濃度の次亜塩素酸ナトリウムをペーパータオル等で浸すように塗り広げ10分程度待ってから拭きとります。 更に、強アルカリイオン電解水にて拭きとります。 希釈濃度 (pH12. 5)原液 (pH13. 1)4倍 備 考 その他の補足はを順守してください。 定期清掃 ワックス床の定期洗浄に・・・ 希釈倍率 (pH12. 5)原液~5倍 (pH13. 1)原液~20倍 使用方法 記倍率で希釈した強アルカリイオン電解水と剥離剤原液を混ぜる。 剥離剤の希釈倍率はその剥離剤が定める最高濃度を採用する。 備 考 直接剥離剤を床に撒き、自在ほうきで塗広げるとより効果的です。 モップをペール内の剥離剤に浸して塗布する方法ではモップに付着した溶解ワックスが剥離剤に混入してしまい本来の剥離性能を発揮できません。 剥離剤で均一な水面を作るイメージで少し多目に塗布するのがコツです。 リンス洗浄やモップでのすすぎ拭きの際にも強アルカリイオン電解水を使用すると床がさらさらに仕上がります。 セラミックや石質フロアーの洗浄、エンボス床の洗浄に・・・・ 希釈倍率 (pH12. 5)原液~30倍 (pH13. 1)4~120倍 使用方法 ヤーンパット工法、スプレーバルチャー工法でご利用可能です。 スプレイヤーで噴霧後ヤーンパットやマイクロファイバーパットで拭きあげます。 作業スピードに優れるこの技法の欠点だった「残留洗剤」の問題が解決されます。 備 考 消臭、除菌効果を期待する場合は(pH12. 5)原液~5倍、(pH13. 1) 4~20倍の希釈範囲でお使いください。 ウール等の天然素材に使用する場合は(pH12. 5)30~100倍、(pH13. 1)120~400の希釈範囲で使用し、念のため色落ちが無いかのパッチテストを行ってください。 5)原液~30倍 (pH13. 1)4~120倍 使用方法 2ステップ工法、エクストラクション工法、スチーム工法ご利用可能です。 スプレイヤーで噴霧後ヤーンパットやマイクロファイバーパットで拭きあげます。 作業スピードに優れるこの技法の欠点だった「残留洗剤」の問題が解決されます。 備 考 シャンピングポリッシャーから直接強アルカリイオン電解水を滴下することはお勧めいたしません。 発砲性が無いため均一に塗広げることが出来ないためです。 消臭、除菌効果を期待する場合は(pH12. 5)原液~5倍、(pH13. 1) 4~20倍の希釈範囲でお使いください。 ウール等の天然素材に使用する場合は(pH12. 5)30~100倍(pH13. 1)120~400倍の希釈範囲で使用し、念のため色落ちが無いかのパッチテストを行ってください。 エアコン洗浄に・・・ *高濃度の電解水ですので飲用しないで下さい。 *真珠・サンゴ・エメラルドなどの装飾品や真鍮・銅・マグネシウム・アルミ・大理石製品などには、使用しないで下さい。 *塗装面、クリアコーティング面のご使用は、目立たない所でテストしてからご使用下さい。 *長期間の保管でPHが下がることがあります。 *一度容器から出した電解水は、再び元の容器に戻さないで下さい。 *他の薬剤と混合しないで下さい。 *ご使用後の製品容器は、必ずキャップを閉めて下さい。 *キャップを開ける際や移し替えの際は、電解水が飛び散らないように静かに行って下さい。 *目に入った場合は直ちに流水で少なくとも15分間以上流し洗いし、医師の診察を受けて下さい。 *子供の手の届く所には保管しないで下さい。 *小分けする場合は、誤飲を起こすおそれのある容器(飲料用容器など)には絶対に入れないで下さい。 *個々の記載された以外の詳細事項については、下記の製品安全データシートをご参照下さい。

次の

アルカリイオン水

アルカリイオン水 効果 厚生労働省

アルカリイオン水は、しばしば「水素水」と混同して語られます。 しかしこのふたつは、非常に似たものではありますが、厳密に分けようとすると、「異なるものだ」と解釈するのが妥当だと言えます。 もう少し詳しくいうと、 アルカリイオン水は、水素水の一種です。 水素水はアルカリイオン水を含む水の総称として使われています。 この違いは、アルカリイオン水の製造方法を知ることではっきりとわかるようになります。 水は、「水素」と「酸素」によって成り立っています。 これは中学校の授業で習ったのではないでしょうか。 通常の状態の水に対して、電圧をかけると水は電気分解されて「酸素を豊富に持ったもの」と「水素を豊富に持ったもの」のふたつに分かれます。 アルカリイオン水は、後者の「水素を豊富に持ったもの」に分類されたものです。 対して「水素水」と呼ばれるものは、必ずしもこのような工程を必要としません。 電気分解をすることは必須条件ではなく、後から水素パウダーなどを入れても、それは「水素水」と呼ばれるからです。 アルカリイオン水は厚生労働省に認められたもの~賛成派の意見とは さてこの「アルカリイオン水」ですが、これはさまざまな人がさまざまな意見を寄せています。 ここではまずは「賛成派」の意見を採りあげましょう。 アルカリイオン水の効能については、さまざまな人が研究結果を出しています。 厚生労働省では、1993年から2004年までの研究によって、 アルカリイオン水による胃腸の不調が改善された、という結果が出ています。 これはさまざまなところで同じような研究がなされています。 また ラットをアルカリイオン水で育てると、腸内の異常発酵が抑えられたり、胃の粘膜の調子が悪くなるのを防げられたりした研究結果が発表されています。 これらは非常に厳密な態勢で行われた実験であり、これをもって、「アルカリイオン水は胃腸の不快症状を和らげたり、下痢を防止したりする効能が認められる」と言われるようになりました。 ただ 「その改善はあくまで軽度のもの」「大勢の人が同じように使えるかどうかはまだ研究途上」「そもそも1回だけの摂取ではあまり意味がなく、しばらく続けて飲まなければいけない」などの注意点も指摘されています。 「意味などない!」と断言する専門家もいます~反対派の意見について これらの研究結果が出されている一方で、その有用性を否定する意見もあります。 医師のなかには、「そもそも人間の体は、定められたpH値によって微調整されている。 胃腸はこれの調整に関わることはない。 アルカリイオン水を飲んだからといって、それで左右されることはない」とする意見を述べる人もいます。 加えてNPOのなかにも、「アルカリイオン水の医学的な効果はよくわかっていない。 特別体に働きかける、と考えるのは時期尚早だ」として警鐘を鳴らすところもあります。 またアルカリイオン水は水素水の一種だとしましたが、 国立健康・栄養研究所において、「水素水にはしっかりしたデータがない」という発表がなされています。 このようなことをあわせて考えていけば、「アルカリイオン水にも効果がないのではないか」という意見も一理あるように思われます。 このふたつのうちのどちらが正しく、どちらが間違っているのかを断定するのは、決して簡単なことではありません。 上でも述べたように、アルカリイオン水や水素水の有用性に関しては、専門家や研究家、医師の間でも見解が分かれているからです。 アルカリイオン水を熱心に支持する医師もいれば、アルカリイオン水の効能を全面的に否定する医師もいます。 このためこの記事では、「どちらの意見が正しい」と言い切ることはしません。 ただいずれの意見に添うにせよ、アルカリイオン水の研究はまだまだ途中であると言えるでしょう。 おわりに アルカリイオン水は、水素水の一種だと解釈できます。 ただしその有用性については、支持する人と真っ向から否定する人のふたつに分かれます。 どちらも根拠があることですから、どちらの意見を支持するかを判断することは、決して容易ではありません。 アルカリイオン水の研究は長く続けられていますが、それでもわかっていないことはたくさんあります。 これからの研究がまたれます。

次の