水銀 体温計 寿命。 正確な測り方、知ってる?水銀体温計の寿命は?測るたびに違う?意外と知らない「体温計」の話|@DIME アットダイム

水銀体温計の計測時間は何分?測り方から捨て方まで解説!

水銀 体温計 寿命

家庭に水銀血圧計は無いと思いますが、古い水銀血圧計が倉庫に眠っていないか、念のために確認をしておくと尚安心です。 水銀体温計を割ってしまった場合の注意点 水銀は毒性が高く、取扱に注意が必要な物質ですが、それでも体温計に使われている金属水銀は比較的安全だと言われています。 誤って飲み込んでしまっても、消化管からほとんど吸収されることがないため、急性中毒を起こすことはほとんどないと言われています。 でも、 腸内フローラによる酸化で有機水銀に転換される恐れが指摘もされていますし、消化管に穿孔があるなどの既往症がある場合は症状が出ますので、過信は禁物です。 金属水銀には毒性はほとんどありませんが、流れ出た金属水銀を放置しておくと、水銀が気化して、蒸気水銀となってしまったら話は別です。 蒸気水銀は猛毒 2. 毒性 金属水銀:毒性はほとんどない(体温計1本中に金属水銀0. 8~1. 2g含有。 飲んでも消化管からの吸収はきわめてわずか) 水銀蒸気:ヒト吸入中毒量 1. 2~8. 万が一水銀蒸気を吸い込んでしまった場合は、 肺で70~80%吸収され、肺に高濃度に沈着 と言われています。 もし肺で吸収され、高濃度に沈着した場合、ヘモグロビンや血清アルブミンと結合し毒性を示します。 その場合に現れる症状としては、 発熱、悪寒、呼吸困難、頭痛は数時間で発症、下痢、腹部痙攣、視力減退、肺水腫(呼吸困難、チアノーゼ)、まれに腎不全、肝不全、痙攣など を生じると言われています。 (出典:) 通気性の良い室内の場合、気化した蒸気水銀を吸い込んで中毒症状を起こすリスクは高くないものの、通気性、水銀の量、気化の度合い、体質、既往症などによって異なりますので、体温計が割れて水銀が漏れ出てしまった場合は、即処理をしなければなりません。 万が一、水銀が漏れ出た場合は、全て回収し、 密封容器(フタのあるガラス瓶など)に入れて、屋外に保管 し、各自治体の指示に従って適切に処分してください。 回収する際には、掃除機は使用せずに、• ゴム手袋を着用するか、水銀には絶対に触れないように注意する• 厚紙やブラシなどを使って集める こぼれた金属水銀をスポンジで吸い込んで回収するという方法がインターネット上で紹介されていますが、効果の程は微妙ですので、スポンジには頼らない方が良さそうです。 もし、毛足の長いカーペットや電気カーペット上にこぼしてしまい、全ての水銀の回収が難しいと思われる場合は、 カーペットや電気カーペットごと廃棄 した方が安全です。 水銀に汚染されたカーペットや電気カーペットを廃棄する場合は、自治体に相談し、その指示に従ってください。 こぼれた水銀は直接掃除機で吸わないでください 水銀血圧計には• 指示部の内径3mm:金属水銀約50g• 指示部の内径5mm:金属水銀約120g と含まれる水銀の量が非常に多いため、こぼしてしまった場合の回収には注意を要します。 一方、水銀体温計1本中に含まれる金属水銀は0. 8~1. 2gと少なめなので、回収は比較的簡単です。 とは言え、カーペット上にこぼしたからと掃除機で吸ってそのままにしておくと、紙パックに入った金属水銀が熱で気化して、掃除機排気と共に部屋中に撒き散らされることになってしまいます。 5g程度の金属水銀であっても、掃除機で吸ってそのままにしておいた場合、気化した水銀を吸入し、中毒症状が発言する恐れがあると言われていますのでご注意ください。 安全のためには、水銀体温計を割ってしまった場合 金属水銀をそのまま掃除機で吸わない のが安全です。 推奨される処理の仕方としては、• 吸水性のもので良くふき取る。 (テープやスポイトもOK• 水銀をブラシでよく掃き集める。 残りを掃除機で吸い取る。 それでも金属水銀が残った場合はこの方法を繰り返す• ふき取りに使用したもの、ブラシ、掃除機の紙パックなどは出来る限り早く密封した上で屋外に保管• 各自治体の指示に従って適切に廃棄 量が少ないとは言え、金属水銀は室温でも気化します。 少しでもリスクを減らすためには、以上の作業を速やかに行うことが求められます。 万が一、そのまま掃除機で吸ってしまった場合は、• 手袋を着用• 紙パックを交換• 金属水銀で汚染された紙パックを密封容器に入れて屋外保管• 各自治体の指示に従って適切に廃棄 してください。 掃除機のブラシやパイプ内側に微量の金属水銀が残っている恐れがあります。 中毒症状を起こさないレベルの可能性が高いですが、不安な場合は風通しの良い軒下などに暫く掃除機を置いておくか、廃棄するかする必要があるかも知れません。 そうならないためにも、こぼれた金属水銀をそのまま掃除機で吸い込むことがないように注意しましょう。 更には、部屋で水銀をこぼしてしまうことがないように、 水銀体温計など、水銀を使用したものは、この機会に全て廃棄 してしまうのが一番安心です。 小さいお子さんがいるご家庭やペットと一緒に住んでいるご家庭では是非ご検討ください。

次の

TERUMO STORY エピソードで綴るテルモの歴史 SINCE1921

水銀 体温計 寿命

ブザー(電子音)が鳴るまでには測定部位(腋下、舌下)や年齢、体調などによって個人差があります。 概ねワキ下で平均2分〜5分くらいで温度上昇が緩やかになりブザーが鳴ります。 より正確に検温するときにはわき下で10分以上、口中で5分以上検温してください。 病院などでよく使用される1〜2分で検温測定できる体温計は、予測式体温計といい約10分後の実測となる 平衡温(へいこうおん)を予測したものです。 予測式の場合、予測検温(約30秒ないし60秒)と実測検温(約10分)の両方でブザーが鳴ります。 平衡温とは、体温計をワキの下で測定する場合、ワキの下へ入れてから体の内部の温度と同じくらいの温度になった状態をいいます。 ワキの下の場合、平衡温(へいこうおん)になるまでに10分以上かかります。 体温は測定部位によって異なりますが、身体中心部の温度は一定です。 一方、皮膚や手足などの温度は外気温の影響を受けて変化しております。 体の温度は皮膚表面と内部では違います。 正しく測るには、しっかりワキを閉じてから完全に温まり「平衡温(身体中心部の温度)」になるまで10分以上必要です。 飲食や入浴、運動、激しく泣いた後は避ける。 測定前には腋の汗をふき取る。 体軸と体温計の角度を30〜45度くらいにする。 挟んだ手の肘を脇腹に密着させ、完全に腋を閉じる。 途中で腋が開いたり、体温計を取り出したら、最初からやり直す。 連続測定や再測定の際には、ぬれタオルでセンサー部分を一度冷やす必要がある。 赤ちゃんのワキ下の中央部(くぼみ)の温かいところをご確認いただき、体温計の先端部を下から上にむけて押し上げるようにはさんでください。 この時、腕ではさんだ時に隙間ができないようにしっかり腕を押さえてください。 測定する際にすでにワキの下が汗をかいていたり、赤ちゃんが泣いたりすると、蓄熱状態となりすぐに体温は上昇し測定値が高めとなります。 なるべく測定前に一度ワキ下を開けて汗をふき取り、ご機嫌のよい状態での測定をおすすめします。 同様に体温計を連続測定すると、すでにワキ下と体温計が温まってしまい、1回目と2回目とでは誤差が生じてしまいます。 一旦、1分以上間隔をあけて、最初の手順とおりワキ下を開けて汗をふき取ってから測定するようにお願いいたします。 また、食事をした後や入浴直後も体温が温まっていますのでご注意ください。 体温は生体(活動)リズムに合わせた体温リズムがあり、1日の中で「0. 2〜0. よって平熱には個人差があります。 医学的な発熱状態とは、 「37. 電子体温計: 繰り返し測定するとき、そのときのあて方・あてる位置が変わると、測定値も変わることがあります。 繰り返し測定すると体温計本体もあたたまってしまうため、正しい測定の妨げになることがあります。 少し時間をおくか、ぬれタオルなどで測温部を冷やしてから再度測定を始めてください。 耳式体温計(CT820): プローブの挿入位置・挿入深さが変わると、測定値も変わることがあります。 体温は、時間帯・気温・睡眠・感情などの要因で常に変動していますので、ご自分の平熱範囲を知っておくことが体調管理に大きく役立ちます。 予測式体温計は平衡温を予測します。 (平衡温は、ワキ下では10分以上、舌下では5分以上測定した安定した温度のことです) 『水銀体温計』または『実測式電子体温計』で3〜5分で測った数値と比べていませんか?10分より短い時間で測定していたなら、ワキ下が十分に温まっていないので「平衡温の予測式」より低めの数値が出ていたのかも知れません。 実際、正しく測定した場合の日本人の平均体温(健康時)は、ワキ下で36. ワキの下でも手前か中央のくぼみか背中側かで温度が変わります。 測定する部位がずれますとばらつきが出ます。 なるべく中央くぼみ部分に押し当て、測定してください。 耳とワキ下では個人差がありますが、体温は必ずしも同じではありません。 人間の体温は部位によって違いがあります。 耳とワキの温度も同じ人、高い人、低い人と個人差があります。 普段からワキの平熱、耳の平熱をそれぞれ知っておくことが大切です。 測定の誤差がでる原因として、• プローブ部先端部(ガラス部)が常にピカピカでない状態。 挿入方向が正しく鼓膜をとらえていない。 連続測定している。 耳垢がたまっている。 一旦、センサー部分を水などで冷やしてからご使用願います。 体温計の機能確認をさせてください。 電源スイッチONにてピー音がする。 88:8もしくは、液晶が全て表示。 電子式体温計: 体温計の先端にあるセンサーで捕らえた温度をデジタル表示します。 耳式体温計: 耳の鼓膜とその周辺部から出ている温度(赤外線)をセンサーで測定し2秒で体温が測れます。 ワキの下と口中(舌下)の測定について、ワキの下の場合、平衡温(へいこうおん)になるのに10分以上かかりますが、口中では5〜6分となり、体温もワキの下より「0. 2〜0. 実測式とは、『水銀体温計』と同様に測定している温度をそのまま表示しているので温度センサーが測定したそのときの温度を忠実に反映するはかり方です。 予測式は、温度センサーで測定した温度をもとに予測機能(マイコン演算)で、体温の予測検温値(約10分後の平衡温)を表示するはかり方です。 (予測時間は機種によって異なります。 ) 実測式は、口中・ワキ下どちらでも測れますが、予測式はワキ下の専用です。 耳式体温計なら耳の穴へ先端部が入っていなくても測定できますが、耳の穴をまっすぐにしてから本体の先端測定窓を耳の穴の奥に向けて軽く押しあてて下さい(耳の穴に無理に入れないで下さい)。 泣いた後は体温が上がるので機嫌の良いときや寝ているときに測定してください。 検温時間について CTEB502、CTE501では約60秒、CT791SP、CT786SPでは約30秒で1回目の電子音が3回鳴り、予測検温を表示します。 正確な実測値を測るには、そのまま体温計を取り出さずに検温を続けてください。 ワキに入れてから約10分で2回目のブザーが5回鳴り、実測検温が終了したことをお知らせします。 続けて測定する場合は、1分以上間隔をあけて、最初からはじめてください。 電源を切り忘れても30分後に自動的に切れます。 ワキが完全に温まるまで測るのが正しい検温です。 ワキの温度とは正しくは「体の表面の温度」であり、しっかり閉じることで体の内部の温度が反映されて温まります。 完全に温まった時の温度を 「平衡温(へいこうおん)」といいます。 この平衡温を測るのが正しい検温といえます。 平衡温に達するにはワキを閉じてから、10分以上かかります。 (この10分間はあくまでワキが完全に温まるのに必要な時間であり、体温計が温まる時間ではありません。 平衡温とは、体温計をワキの下で測定する場合、ワキの下へ入れてから体の内部の温度と同じくらいの温度になった状態をいいます。 ワキの下の場合、平衡温(へいこうおん)になるまでに10分以上かかります。 電池の寿命について.

次の

体温計の寿命や耐用年数を紹介!電池やテルモ、水銀体温計の寿命は?

水銀 体温計 寿命

水銀体温計の長所と短所 長所• 小形・軽量• 使い易い• ガラスなので消毒が簡単 短所• 衝撃に弱く、割れてしまう• 有害な水銀を使用している(液体のままでは害はありませんが、蒸発したものは猛毒)• 計測時間が10分かかる 水銀体温計の長所は正確なことなんですが、その正確さは10分かけて計測することによるものです。 電子体温計は正確じゃないの? 水銀体温計だけが正確って訳じゃないです。 今の電子体温計は非常に正確で誤差も僅かです。 でも、電子体温計は不正確というイメージがあったり、今でも水銀体温計を好むひとがいる理由はなぜでしょうか? 電子体温計には計測方法によって2種類あって、 予測式:温度センサーで測定した温度をもとに、約10分後の平衡温を予測して表示します 実測式:「水銀体温計」と同様に約10分間かけて平衡温を表示します 「なんかうちの体温計、おかしくない?」って感じるあなた、30秒~1分位でピピピって鳴っていませんか?その体温計は予測式ですね。 きっと体温計の電池を入れる場所の蓋付近にシールが貼ってあって、そこに「予測式」と書かれているはずです。 目指すところは同じなんですが、予測式はわずか数分で10分後の平衡温を予測してしまうので、若干の誤差が出てしまうんです。 しかも、温まってくると更に誤差が出てしまうため、「あれ、おかしいな?」と直ぐに測り直すのは良くありません。 直ぐに測り直す前に電子体温計を冷ます必要があります。 高い精度の電子体温計が欲しい場合は、実測式を選びましょう。 ただ、計測に10分かかります。 精度を優先するか、時間を優先するか、案外難しい選択です。 誤差が出てしまう他の理由 電子体温計が不正確だと言われる原因には、短時間で平衡温を予測していることによる誤差だけではなく、測り方を間違っている場合が多々あります。 これは結構多くの人が知らずになっているので、一度確認する必要がありますよ。 脇の中心に当てる 脇と言っても、胸に近い脇と背中に近い脇とでは温度が違います。 最も正確に体温が測れる「脇」は脇と呼ばれている範囲の中心です。 そこに体温計の先端を当てる必要があります。 なぜならそこにセンサーがあるからです。 できる限り深い角度で挿し込む 半袖の袖部分からほとんど横向きに挿し込むのは最悪です。 先端のセンサーが脇の中心部から外れるので体温は低く表示されます。 シャツを脱いだ状態でも、浅い角度で体温計を脇に挟むひとを多く見かけますが、それも間違いです。 体温計の先端を脇の中心にしっかり当てた上で、できる限り深い角度で体温計を挟んでください。 この体温計を挟む方法を誤っていることによる誤差と予測式であることによる誤差の和が大きく感じられて、「電子体温計は不正確」という悪名に繋がってしまいました。 電子体温計は正しく使いましょう センサーは先端に付いていますので、脇の中心に当てて、できるかぎり深い角度で挟んでください。 そうすれば、予測式でも実測式でも正確な体温を測ることができます。 もし最も正確な体温を計測したい場合は、正しい方法で実測式体温計を使って体温を測ってください。 そうすれば、水銀体温計との誤差は殆どありません。 (でも10分間我慢しなければなりません) ただ、発熱をしている場合、• 絶対値よりも、変動の方が重要だと思いますので、予測式でも実測式でも正しく計測することが重要ですよ。 なんか実測式の精度が気になって実測式を購入を検討される方もいるかも知れませんが、家で使っている電子体温計が予測式と実測式の両方を兼ねたタイプかも知れませんので、型番で検索してみましょう。 わが家の電子体温計は、 オムロン MC-670(2005年購入).

次の