顔 の シミ を 消す 方法 ニベア。 【保存版】顔のシミを消す食べ物|美白効果あり!シミそばかすに効く食べ物をご紹介

顔のシミを簡単に家で消す方法|自力で自分ケアの方法

顔 の シミ を 消す 方法 ニベア

肌のバリア機能を高める:肌への浸透力が高く肌を保湿してくれるため、肌のバリア機能が高くなります。 新陳代謝を活発にさせる:人の皮膚はターンオーバーにより蓄積した肌の老廃物を排出し、皮膚を正常な状態に整えます。 年齢を重ねるとターンオーバーの周期が長くなるのですが、馬油は血行促進効果がありますので新陳代謝を活発にし、ターンオーバーの働きを助けてくれるのです。 このように肌のバリア機能を高め、肌のターンオーバーの周期を整えるということから皮膚が生まれ変わり、シミが薄くなる、消えるなどの効果を得られるのです。 効果が出るまでの期間 QUOTE シミが気になり始める年齢になってきた場合に、馬油を最低でも半年から一年の期間使いましょう。 お風呂上がりとと化粧の下地とかに薄くつけます。 シミは顔のほほのあたりとかによくできるかと思いますので、そのあたりを中心につけていくといいでしょう。 引用元:素肌美人【美プレイス】 シミに効果のある馬油ですが、塗ってすぐに消えるというわけではありません。 長い時間をかけてゆっくりと継続的に使うことにより徐々にシミが薄くなり、消えていきます。 QUOTE 使い始めてもうすぐ2ヶ月が経ちますが、シミがうすくなってきてビックリ。 乾燥の激しい飛行機内でも馬油を塗っていたおかげで、お肌はしっとりしていましたよ。 しかし、効果が出るまでにはやはり数ヶ月単位で効果を見る必要があります。 少し使ってシミが消えないと焦ることなく長い目で見ていくようにしましょう。 ツヤがあり透明感のある美肌にするには、美白コスメが大事!と考えてている人が多いかもしれません。 確かに美白コスメは"対策"的な役割としては良いのですが、内側からの"予防"ができる美白サプリも必要です。 美白サプリには様々な美白成分が含まれており、身体のら内側からサポートする役割があるので美白サプリなしで美白化粧品だけだと外側だけの対策となってしまい効果が薄れてしまいます。 そこでオススメなのがMASTERWHITEの美白サプリです! 紫外線の影響を受けにくくする成分だけでなく、シミ対策をも可能にする成分が豊富含まれているので、紫外線対策だけでなく内側からの美白UVケアを目指したい方に特におすすめです!今なら通常10,800円のところ初回購入だと980円 税込 となっているので、上質な美容成分を毎日摂りたい方は今がチャンスです! 馬油の選び方 馬油を選ぶ時には大切なポイントが2つあります。 ポイントを抑えて選ぶようにしましょう。 純度100%の物を選ぶ 馬油を選ぶ時には成分を確認し、できるだけ馬油100%の物を選ぶようにしましょう。 商品にはパッケージなどに必ず成分が記載されていますので、パッケージを確認するようにしましょう。 ネットで購入する際には公式サイトなどに記載されている成分を確認しましょう。 馬油は純度が高い物ほど肌への浸透力が高く、馬油が持つ本来の効果を発揮します。 純度が低い物は不純物が多く、せっかくの効果が薄れてしまうこともあります。 しっかり効果を感じるためには純度の高い物を選びましょう。 また、酸化防止剤、防腐剤、安定剤などの添加物が多く含まれていることもあります。 馬油は肌に優しくどんな肌質の方も使うことができますが、添加物は肌トラブルを起こす原因になりますので特に肌の弱い方は気をつけなければなりません。 化粧品も同じですが価格が高い方が効果が高いというわけではありません。 しかし、馬油の場合安価な物は純度低いという傾向にあります。 極端に価格が安価な物は不純物が多い可能性がありますので避けるようにしましょう。 用途に応じてテクスチャーを選ぶ 馬油を購入する時には容量が多い物を選ぶとたっぷりと贅沢に使うことができますが、できたら小さめの容量の物を選ぶことをおすすめします。 馬油は天然油脂になりますので酸化が早いためです。 馬油は不飽和脂肪酸が多く含まれています。 不飽和脂肪酸の比率が高いオイルは酸化に弱いという特徴があります。 未開封であれば、冷暗所に置いておくことで1年は持ちますが、開封してしまうと早く酸化してしまいます。 安心して使うには開封したらできるだけ早く使い切ることが大切です。 そのため、あまり容量の大きすぎない物を選びましょう。 開封後は必ず蓋をしっかりと閉めた状態で直射日光の当たらない場所で保存するようにしましょう。 また大きい容量の物を購入した場合には小分けにして冷蔵保存をすると良いでしょう。 馬油の使い方1つ目は、馬油を使った洗顔方法です。 馬油が含まれた石鹸を使うことも有効です。 しかし、今使っている洗顔料がお肌に合っているという方もいると思いますので、いつもの洗顔料に馬油をプラスして使う方法をご紹介します。 とは言ってもやり方は簡単です。 洗顔前に馬油を顔全体に馴染ませるようにして塗る• 5分ほどそのままおいておく• 5分経ったら優しく拭き取る• ぬるま湯を使い、いつも通りの洗顔を行う 軽くマッサージを兼ねるとさらに効果的です。 馬油洗顔は美容家の方も多く実践している方法ですので、シミに対する効果も期待できる使い方です。 馬油クレンジングは、いつものクレンジングの代わりに馬油を使ってメイクを落とすという使い方です。 これもとても簡単なので、ぜひ実践してみましょう。 馬油を適量手に取り、人肌に温める• 人肌に温まった馬油をメイクに馴染ませる• メイクに馴染んだら、優しく拭き取る• ぬるま湯でいつもの洗顔をする 通常のクレンジングオイルはメイクをしっかり落としてくれますが、その分肌への負担が大きくなります。 しかし、馬油は肌に優しくどんな肌質の方も安心して使えますので、シミを消してくれるだけでなく、肌への負担も軽減できます。 お肌が疲れてしまった時にパックをするという方も多いと思いますが、馬油でパックをするとシミへの効果が期待できます。 馬油を少し多めの量手に取る• 軽くマッサージをするように肌に馴染ませていく• 軽く拭き取るかぬるま湯で洗い流す 馬油は温めるとより効果が高まりますので、入浴中ですとお肌も温まり相乗効果が期待できます。 ぜひ、入浴中にパックしてみて下さい。 また、馬油はお値段がお手頃な物でも効果はありますので、たっぷり使ってパックして下さいね。 まずは化粧下地として馬油を使う場合の方法をご紹介します。 米粒ほどの馬油を手に取る• 手に馴染ませてから、顔全体に塗っていく• 5分ほど肌に馴染ませてからファンデーションを塗る 化粧下地として使う場合には、馬油を付けすぎてしまうと顔にテカリが出てしまいます。 そのため、はじめは少量ずつ使っていくようにしましょう。 ぬるま湯などで洗顔する• シミのあるところに少し多めに馬油を塗る スキンケアクリームとして馬油を使う場合には入浴後などに多めに塗ることがポイントです。 たっぷりつけて寝ると、徐々にシミに効果があるだけでなく翌朝起きた時にお肌の調子も良くなりますよ。 馬油を使用する時の使い方の注意点 馬油の使い方の注意点|使っていたらシミが濃くなった? 馬油がシミに効果があると使い始めたところ、シミが薄くなるどころか濃くなってしまったということが多くあります。 馬油が肌に合っていない、使い方が間違っていると不安に思う方もいると思ってしまいますよね。 しかし、馬油やその使い方に原因があるわけではありません。 馬油を使い始めると血行が促進され、新陳代謝が活発になります。 そのため、肌の老廃物が外に押し出され、肌全体が明るくなるためシミが濃くなったように見えるのです。 せっかく使い始めたのにシミが薄くならないと使い続けるか迷ってしまうこともあると思います。 しかし、肌全体が明るくなっているということは確実に肌の健康状態は良くなっている証拠でもあります。 馬油のシミへの効果はすぐに出てくるのではなく徐々に効果が出てきますので諦めずに根気強く使い続けて下さい。 馬油の使い方の注意点|脂性肌の方は要注意 馬油はシミを消すという他にもたくさんの効果があるので万能に思えますが、その使い方には注意しなければならない点もあります。 保湿効果が高い馬油ですので乾燥肌の方とは相性が良いですが、脂性肌の方は肌トラブルが発生する可能性があります。 脂性肌の方は一度にたくさん使うのではなく、少量ずつ様子を見ながら使っていくようにしましょう。 また、顔全体に使うのではなくシミのあるところだけ塗るなど使い方を工夫してみると良いでしょう。 馬油を正しく使って美肌を目指そう! 馬油の選び方や具体的な使い方などご紹介しましたが、いかがでしたか?馬油は人の皮脂の成分に近い天然油脂なので、赤ちゃんから大人まで幅広い年齢の方、どんな肌質の方でも使うことができます。 効果はシミはもちろん、肌荒れ、傷、火傷など様々です。 馬油の使い方は洗顔、クレンジング、パック、化粧下地、スキンケアクリームなど様々ですがどれも簡単ですので、取り入れやすい方法で毎日のスキンケアの中に取り入れてみて下さい。 シミを消したいと馬油を使ってもすぐに効果が出るわけではありません。 時間がかかりますし、途中でシミが濃くなるということがあるかもしれませんが徐々に効果があらわれますので焦らずに長い時間をかけてじっくりと使い続けてみて下さい。 【老け肌にお悩みの人向け】肌トラブルを解決して美肌を手に入れよう そうした、老けた印象の原因のシミやシワ。 シミは肌の中のメラニン色素によって発生します。 しかし、このメラニンは紫外線を吸収したり、摩擦による刺激から肌を守ろうとするもので、肌にとって大事な役割を担っています。 このメラニンを排除してしまうと、よりダメージを受けやすい肌になってしまいます。 そこで。 ビタミンC誘導体の化粧品を継続的に資料することで、メラニン色素が過剰にできるのを防ぎ、シミ・しわの改善が期待できます。 ビタミンCを効果的にアプローチするVIOTERAS Cセラム しかし、ビタミンCはとてもデリケートな成分。 空気に触れると酸化してしまい効果を得られなくなってしまいます。 ただのビタミンC化粧品では、肌の奥深くへアプローチすることが難しいのです。

次の

ニベアクリームを塗るとニキビやシミが改善|顔のシミ取り化粧品の口コミランキング

顔 の シミ を 消す 方法 ニベア

美白化粧品• 市販薬・サプリメント• 今お使いの化粧品を、美白化粧品に変えてみてください。 ただし、美白化粧品は穏やかにシミへアプローチしますので、 効果を実感できるまでに少なくとも2~3ヶ月は必要です。 そのため、いきなりレギュラーサイズの化粧品を買うのでなく、 トライアルセット(1,000円~2,000円)で、 肌との相性や使い心地を確認してから購入しましょう。 当サイトでは、美白化粧品の選び方とおすすめのトライアルセットについて、こちらで紹介しています。 美白化粧品を使っているのに顔のシミが消えない場合 その1 もし、すでに美白化粧品を使っているけれど、「顔のシミが消えない!」という方は、美白成分をチェックしてみてください。 美白成分には、• シミを消す効果があるもの• シミを予防する効果があるもの 2タイプあります。 【顔のシミを予防する美白成分】 ・アルブチン ・エナジーシグナルAMP ・エラグ酸 ・カモミラET ・コウジ酸 ・トラネキサム酸 ・ニコチン酸アミド ・プラセンタエキス ・マグノリグナン ・リノール酸 ・ルシノール ・4MSK 当サイトでは、美白成分の種類と効果について、別の記事で詳しく紹介しています。 美白化粧品を使っているのに顔のシミが消えない場合 その2 「ハイドロキノン」や「ビタミンC誘導体」が入っている美白化粧品を3ヶ月以上使っているのに、 シミやくすみが全く改善しないときは、 保湿成分が不足しているかもしれません。 肌が乾燥していると、ターンオーバーが正常におこなわれず、 シミを外へ排出することができません。 肌にしっかり潤いを与えられる成分が入っているか?チェックしてみてください。 【顔のシミに効くおすすめ成分】 ・ビタミンC(アスコルビン酸) ・L-システイン ・ビタミンE ・ビタミンB2(リボフラビン) ・ビタミンB5(パントテン酸) ・ビタミンB6(ピリドキシン) それぞれの成分の特徴や効果、市販薬の選び方について、次の記事で詳しく紹介しています。 市販薬なら手軽に購入できる! 市販の飲み薬なら、医師の診察や処方せんが不要なので、気軽にインターネットやドラッグストアで購入できます。 飲み薬は、ちょっと抵抗がある…という方は、美白サプリメントで 体の内側から顔のシミ対策できますよ。 次の3つを見直してみてください。 【血液循環を良くする運動5選】 ・ウォーキング ・スクワット ・足踏み ・腕まわし ・かかとの上げ下げ 日常生活の中で、ちょっとしたスキマ時間を利用してみてください。 さらに、簡単な顔ヨガをするのもおすすめです。 顔ヨガを続けていると、肌のたるみや毛穴に効くので、美肌効果があります。 もちろん、血液循環が良くなるので、 肌がイキイキしてハリがアップするのを実感できます! 生活習慣の改善「睡眠」でシミ対策 顔にシミのない白く美しい肌を目指すなら、睡眠はとても大切です。 すでにある シミを消すには、肌のターンオーバーを正常化する必要があります。 睡眠中に脳から分泌される「成長ホルモン」は、ターンオーバーを正常にします。 しっかり睡眠をとることで、 シミを予防し、今あるシミを改善することができます。 塗り薬• 飲み薬• 注射・点滴• レーザー治療 それぞれの治療法について、紹介していきます。 つまり、顔のシミに効く美白成分が入ったクリームです。 皮膚科で処方される顔のシミ消しクリームは2種類 皮膚科で処方される顔のシミ消しクリームは、• ハイドロキノン• トレチノイン この2つが使用されています。 医師の判断によって、ハイドロキノンのみ処方されることもあれば、トレチノインと併用してシミ治療をおこなう場合もあります。 ハイドロキノンは、シミの原因であるメラニン色素の還元をおこなう働きがあるので シミを薄くする効果があります。 (ハイドロキンについて、で詳しく解説しています。 ) トレチノインは、古い角質をはがれやすくして、皮膚の新陳代謝をよくする働きがあるので、 シミが皮膚から排出されるのを助けてくれます。 さらに、トレチノインは皮膚の深い層にあるメラニン色素を外に出す働きがあるので、 新しくシミができるのを防ぐ効果があります。 皮膚科で顔のシミ消しクリームをもらうと、費用はどれくらい? 皮膚科で顔のシミ消しクリームをもらうときの費用は、• シミ消しクリーム5g: 3,000円前後• 初診料: 3,000円前後 くらいが目安です。 「シミ治療」は病気ではなく 「美容目的」となるので、自由診療扱いになります。 そのため、 保険が適用されません。 自由診療は皮膚科によって診察代に大きな差がありますので、事前に確認しておくと良いでしょう。 また、クリーム代も成分の濃度により、高額になる場合があります。 皮膚科で顔のシミ消しクリームを処方してもらうと、費用の負担は少し大きくなりますが、 市販品よりも濃度が高いものを使用するので、顔のシミをより早く消すことができます。 ただし、効果が高い反面、シミ消しクリームは取り扱いが難しく、副作用に注意しないといけないので、 定期的に通院してシミ治療をおこうなう必要があります。 皮膚科でもらえる顔のシミ消しクリームまとめ 皮膚科でシミ治療をするなら、医師にシミの状態を確認してもらいながら 濃度の高いシミ消しクリームを使用できます。 毎月の通院や自宅ケアより費用が高くなりますが、 顔のシミを早く消すことができます。 皮膚科で処方される飲み薬は2種類 皮膚科で処方される飲み薬は、2種類です。 トランサミン(トラネキサム酸)• ビタミンC トランサミンは、シミの原因になる「メラノサイト活性化因子」が作られるのを抑制します。 さらに、シミになったメラニンを通常レベルまで抑える働きがあります。 ビタミンCは、肌に沈着したメラニン色素を分解する働きと、メラニン色素が作られるのを抑える働きがあります。 (ビタミンCのシミへの効果について、で詳しく紹介しています。 ) 皮膚科で飲み薬をもらうと、費用はどれくらい? 皮膚科で飲み薬をもらうときの費用は、• トランサミン:3,000円前後• ビタミンC:1,000円前後 くらいが目安です。 肝斑を含むシミへの内服治療は、美容目的なので 保険が適用されません。 皮膚科でもらえる飲み薬まとめ 肝斑の治療には、トランサミンは1日1500mg必要とされていますが、市販薬のトランサミンは、1日分が750mgです。 皮膚科で飲み薬を処方してもらうことで、 顔のシミへの効果を1~2ヶ月で実感することができます。 皮膚科の美白注射は2種類 皮膚科でシミ目的の美白注射は2種類です。 プラセンタ注射• ビタミンC注射 プラセンタ注射は、シミの元になるメラニン色素の生成を抑え、シミ・くすみを取り除いてくれます。 さらに、ターンオーバーを正常にする働きもあります。 ビタミンC注射は、シミの元になるメラニン色素の排出を促し、メラニンの生成を予防する働きがあります。 ビタミンC注射の効果や注意点、注射と点滴の違いについて、別の記事で詳しく紹介しています。 皮膚科で美白注射を受けると、費用はどれくらい? 皮膚科で美容注射を受けるときの費用は、• プラセンタ注射:2,000円~• ビタミンC注射:2,000円~ これくらいが目安です。 ただし、高濃度ビタミンCの場合、もっと費用が高くなります。 皮膚科のシミ治療「注射・点滴」まとめ 美白注射・美白点滴は、積極的なシミ治療というよりは、 シミの予防やアンチエイジング効果、健康効果を高く期待できる治療です。 レーザーにはいくつも種類があり、顔にできる全てのシミに対応できます。 紫外線が多く当たる場所にできやすい• 大きさは、数㎜~数㎝• 色は、茶色~こげ茶色• 形は、はっきりしていることが多い• 左右対称ではない <老人性色素斑の原因>• 紫外線 <老人性色素斑を消す方法> 老人性色素斑は長期間のメラニンの蓄積が原因なので、 自然治癒は難しいと言われています。 <炎症後色素沈着の特徴>• ニキビなど肌トラブルの後にできやすい• 大きさは、さまざま• 色は、薄茶色~黒茶色までさまざま• 形は、炎症した形 <炎症後色素沈着の原因>• 刺激 新しい細胞を生成する中で、刺激を受けたメラノサイトによるメラニン生成が原因です。 <炎症後色素沈着を消す方法> 細胞の生成スピードが正常になると、ターンオーバーによって 自然治癒する可能性があります。 炎症後色素沈着は、シミの中でも「シミ消しクリーム」などの セルフケアで改善しやすいシミのひとつです。 <肝斑(かんぱん)の特徴>• 妊娠中、ピルを飲み始めてシミができた• 大きさは、さまざま• 色は、薄茶色• 形は、定まらす肌の境界線がわかりにくい• 頬骨に沿って左右対称にできる• 口の周りに左右対称にできる• 目の周りを避けるような広がり方 <肝斑(かんぱん)の原因>• 女性ホルモンのバランスの乱れ 「妊娠をきっかけに肝斑(かんぱん)ができた」、「ピル(経口避妊薬)を飲んでシミができた」など、 女性ホルモンのバランスが乱れることが原因で顔に肝斑ができます。 <肝斑(かんぱん)を消す方法> 肝斑は閉経すると消えることが多いですか、それまでは 自然治癒しにくいのが特徴です。 一般的な美白クリームでは肝斑を消すことができませんが、 一部の美白クリームは肝斑を薄くすることができます。 少しずつ大きく成長し、膨らみのある顔のシミです。 <脂漏性角化症の特徴>• 紫外線が多く当たる顔と頭にできやすい• 大きさは、数㎜~数㎝• 色は、茶褐色~黒色• 形は、はっきりしている• 表面は、ザラザラしている• 徐々に膨らんできた <脂漏性角化症の原因>• 紫外線 <脂漏性角化症を消す方法> 脂漏性角化症は、美白クリームで消すことができません。 自宅で治すことはできませんが、皮膚科や美容クリニックなど、 レーザー治療によって脂漏性角化症を消すことができます。 遺伝的な要素が強く、子どものころからそばかすが出る人もいます。 <雀卵斑(じゃくらんはん)の特徴>• 紫外線で濃くなる• 大きさは、数㎜• 色は、薄茶色~濃茶色• 形は、小さく不規則• 鼻と左右の頬を中心に現れる• 色白の方に多い <雀卵斑(じゃくらんはん)の原因>• 紫外線 <雀卵斑(じゃくらんはん)を消す方法> そばかすは、 美白クリームで色を薄くし、新陳代謝を高めることで目立たなくすることができます。 顔のシミを消そうとするときの注意点 顔のシミを消したいなら、 紫外線対策を徹底しましょう。 皮膚科のシミ治療、セルフケアどちらをおこなっている場合でも、紫外線は肌にとって刺激になります。 また、せっかくシミが消えても、紫外線対策をしなければ、新しくシミができてしまいます。 季節や天候を問わず、 紫外線対策は一年中おこなうようにしてください。 まとめ 顔のシミを消す方法について、お伝えしてきました。 早くシミを消したいなら、皮膚科でのシミ治療がおすすめです。 でも、• 「病院へ通う時間がない」• 「少しでもコストを抑えたい」 という方は、インターネットで購入できる「シミ消しクリーム」を使ってみてはどうでしょうか。 トライアルセットで返金保証が付いているので、 気軽にお試しすることができますよ^^.

次の

ソンバーユでシミは消える?馬油を顔に塗ってシミを消す効果的な使い方!

顔 の シミ を 消す 方法 ニベア

顔のシミを簡単に家で消す方法|顔にシミができるしくみ 歳を重ねるにしたがって顔にできるシミは、老人性色素斑という茶色いシミです。 このシミの原因には、3つあります。 1.紫外線を浴びる 紫外線をあびると、紫外線が肌の奥のほうまで到達しないように、肌の中でメラニン細胞が活発になり、メラニンをたくさん作り肌を黒くします。 若いうちは、新陳代謝が活発なので、その後に表皮の入れ替わり(ターンオーバー)が起これば、メラニン色素が多い表皮ははがれ落ち、もとの白い肌に戻ります。 しかし、中高年になったり紫外線を浴びすぎると、表皮の入れ替わりがうまくいかなって、肌に茶色いシミが残るのです。 2.ホルモンのアンバンランス 生理不順、更年期障害などで、女性ホルモンの分泌バランスに狂いが生じることがあります。 特に、メラニンの生成を促したり、メラニンを拡散して色素沈着させるメラノサイト刺激ホルモンが分泌されるようになり、シミが目立ってさます。 3.精神的ストレス 精神的な悩みが大きいと強いストレスが脳に加わり、副腎皮質刺激ホルモンが分泌されます。 このホルモンは、はメラノサイト(色素細胞)を刺激するので、メラニンの生成が促され、シミができると考えられています。 スポンサーリンク 顔のシミを簡単に家で消す方法|顔のシミを増やさないためにすぐやめるべき習慣 1.顔をこすらない 洗顔やマッサージで顔をこすることが多いと思います。 しかし、顔をこする刺激でシミが濃くなるのです。 肌に触れるときは、あくまでソフトタッチで、時間も短めにしましょう。 2.普通のクレンジングで落とさない 落ちにくいマスカラやアイラインを、普通のクレンジングで無理に落とそうとすることも止めてください。 無理に落とそうとすると、顔をゴシゴシこすってしまうことになり、その刺激でシミが濃くなります。 3.熱いお湯で洗顔しない 洗顔は、熱いお湯を使うのを避けて、25~30度のぬるま湯でするようにしましょう。 熱いお湯も肌への刺激になります。 特に、温度が高いシャワーでの洗顔はやめましょう。 スポンサーリンク 顔のシミを簡単に家で消す方法|自力で顔のシミを消す方法 レモン汁をシミに塗る 最初にご紹介するのは、レモンの汁をシミに塗る方法です。 レモン汁に含まれるクエン酸がシミを薄くします。 レモン汁は刺激はやや強いので、敏感肌の人は、レモン汁を水などで薄めて塗ってください。 また、レモン汁を塗って太陽光線にあたると、かえって過剰にメラニンが生成されてシミがひどくなる可能性がありますので、注意しましょう。 したがって、寝る前にレモン汁をシミにぬり、翌朝水で洗い落とすのがいいでしょう。 レモン汁に砂糖を混ぜてペースト状にすれば、パックにすることもできます。 これらを週に2~3回行いましょう。 2ヶ月ぐらいでシミが薄くなってくるはずです。 ヨーグルトをシミに塗る ヨーグルトにも美肌を助けるフルーツ酸と成分が含まれていますが、これがシミに効きます。 ヨーグルトをシミにぬって20分ぐらい置き、水で洗い流します。 寝る前に塗ってそのまま寝るのが簡単ですが、寝間着や布団が汚れるかもしれません。 ヨーグルトは、プレーンヨーグルトがいいです。 毎日やるには経済的な負担がややありますので、 冷蔵庫に古いヨーグルトが残っていた場合にするといいでしょう。 玉ねぎの汁をシミに塗る 玉ねぎの汁にも酸が入っていて、シミを消すのに有効です。 玉ねぎをスライスし、日に2,3回、そのままシミにこすりつけます。 ただ、目の近くは、涙が出て少しつらいかもしれません。 肌の弱い人や炎症があるような人も、注意が必要です アロエの液をシミに塗る アロエは、正しくはアロエベラといい、サボテンのような植物の名前です。 やけどや切り傷にいいと昔から言われてます。 このアロエにはいろいろな効能がありますが、アロエステロールという成分がお肌にいいのです。 アロエを配合した化粧品も販売されていますね。 この成分は、損傷した細胞を修復する細胞である線維芽細胞を活性化する働きがあります。 アロエの液の塗り方は、レモン汁とほぼ同じです。 アロエは、レモン汁よりもシミを消す効力が強く、1ヶ月もやればシミが薄くなるそうです。 これを機会に、アロエを一鉢購入してはいかがでしょうか。 葉?の部分を切っても、すぐに生えてきますので、いつでも使えて便利ですね。 米のとぎ汁で洗顔する 米のとぎ汁には、お肌の活性酸素を抑えるビタミンC、ビタミンEや、肌バリアを作るセラミド、オイレン酸などの天然オイルが含まれています。 これらが、お肌を優しく刺激して、ターンオーバーを正常な周期にする効果があります。 クレンジングと石鹸を使ったダブル洗顔の後に、米のとぎ汁を使うと効果抜群です。 スポンサーリンク 顔のシミを簡単に家で消す方法|化粧品を使って顔のシミを消す方法 ハイドロキノンとトレチノイン ハイドロキノンとトレチノインの2つ薬品を使うと、シミが消えます。 この方法は、皮膚科でも実際に行われてる治療法です。 ハイドロキノンには、メラニンの抑制効果があり、 トレチノインには、皮膚の入れ替えを早めてメラニン色素を出す効果があります。 ハイドロキノンやトレチノインを配合したクリームが市販されていますので、それを使うといいでしょう。 ハイドロキノン配合トライアルキット まずは、ハイドロキノン配合のトライアルキットで試してみましょう。 頑固な肌トラブルを解決する本格スキンケア製品。 最近の投稿•

次の