インスタ ストーリーの背景色。 インスタでストーリーの背景の色を変える方法

インスタグラムで文字のみを投稿・編集する方法徹底解説

インスタ ストーリーの背景色

インスタ ストーリーのタイプはどんな時に使う? インスタのストーリーは、リアルタイムの雰囲気や気持ちを伝えるのに特化しているツール。 通常は写真や動画で「リアル」を伝えるのに便利ですが、時には 「文字や文章」でリアルを伝えたいシーンもあるはず。 そんな時に、ストーリーの「タイプ」を選べば、 テキストでメッセージを投稿したり、写真の上にテキストをのせて投稿したりできます。 タイプの使い方 実際にインスタのストーリー モードで、タイプを使ってみます。 iPhoneでインスタを起動したら、左上のカメラマークをタップ(もしくは左から右にスワイプ)して「ストーリー」モードの画面に移動します。 画面下のスライダーを左右にスライドさせて「タイプ」を真ん中に合わせます。 「タップして入力」の部分をタップ。 ストーリーで投稿したいテキストを 自由に入力します。 (24時間で消えますし。 スポンサードサーチ タイプで文字の大きさや位置を変更する方法 タイプで文字の位置や大きさを変更する方法です。 文字の入力中が終わったら、 背景の空白部分をタップして、表示されている キーボードを収納します。 テキストの上に指を置いたら、置きっぱなしの状態で好きな方向にスライド。 テキスト位置を自由に決める事ができます。 次に、テキスト大きさを変更する方法。 テキストの上に 2本指で指を置きます。 そのまま指を広げるとテキストが拡大。 逆に指を閉じると縮小されます。 2本指の間隔を開けた状態で、テキストの上に置いて、そのまま指を回転させるようにして動かすと、上の画面のように テキストの角度も変更させる事が可能です。 1本指でスライド:テキストを移動できる• 2本指でピンチイン&アウト:テキストの拡大縮小• 2本指で回転スライド:テキストの回転(角度変更) まとめると、このような感じです。 今、撮影した写真をそのまま背景に使う事ができます。 「モダン」「ネオン」「タイプライター」「強」の4種類のフォントが用意されています。 背景カラーはグラデーションに。 ネオン まるでネオンサインのようなフォント。 背景もネオンが際立つカラーに。 日本語よりも、アルファベットでのテキストの方が「ネオンサインっぽさ」が出ます。 タイプライター シンプルな背景とテキスト。 日本語フォントは少し太文字に。 強 特にアルファベットテキストがポップな印象に。 Tシャツデザインのような雰囲気にできます。 フォントが「タイプライター」の時に、左上のアイコンをタップするとこんな感じ。 蛍光ペンでラインをひいたようなテイストにできます。 「タイプライター」の場合は、テキスト装飾の横のアイコンをタップすると「右寄せ」「左寄せ」等の操作も可能です。 スポンサードサーチ その他の撮影モードの一覧表 1. タイプ 写真なしのモード。 背景にテキストだけ入力して投稿できます。 上のアイコンを押す事で「ネオン」「タイプライター」「強」「モダン」の背景テーマに切替可能。 ライブ ライブ配信を行えるモード。 リアルタイムで現在の撮影している様子をシェアできます。 通常 通常の静止画(写真)を撮影するモード。 長押しで動画撮影になります。 BOOMERANG ブーメランモード。 一定の時間の動画を撮影し、通常再生と逆再生をまるでブーメランのように繰り返すモードです。 フォーカス 人物撮影の時だけ、背景をぼかす事ができるモード。 人物以外だと背景はぼかせません。 SUPERZOOM 画面の中央に向かって自動的にズームするモード。 逆再生動画 動画撮影モード。 撮影動画が逆再生動画になります。 BOOMERANGが、通常&逆再生をリピートするのに対して、こちらは逆再生オンリーです。 ハンズフリー 動画を撮影するモード。 撮影ボタンを長押ししなくても動画撮影ができます。 ストップモーション 「コマ送り動画」のような写真が撮影できるモード。 タップで何枚か撮影して、複数枚撮れたら画面上の「完了」を押すだけ。 撮影した写真がコマ送りされます。 「一般投稿との違いは何?」• 「ストーリーでしかできない事とは?」•

次の

【インスタ】ストーリーに文字を入力・加工・ピン固定する方法

インスタ ストーリーの背景色

この記事のINDEX• 2016年に新機能として発表された「」も、今やインスタグラムをするのに欠かせない機能となっていますね。 その機能のひとつがテキスト。 フォントは現在5種類で、フォント変更は画面上の真ん中にある[クラシック]などの文字をタップすることで変更することができます。 文字背景がつけられる また 文字には背景をつけ、目立たせるようにすることも可能! 背景をつけるには画面の左上にある[A]をタップ。 テキストカラーの設定が自由自在! テキストのカラーは元々用意されているものがありますが、この色はちょっと違うかも…そう感じた人のために、 自分で自由に設定できる機能が2つあります。 1つ目は、画面から色をスポイトする方法。 この方法を使えば、文字が浮いてしまうようなことがありません。 2つ目が、既存のカラーを長押しすると現れるカラーパレットから選ぶ方法。 左から2番目、もしくは3番目のペンを選び、かぶせたい色も選択したら、画面を長押し。 すると画面全体に色がつきます。 ちょっとした手間をかけることで、何回も見たくなるようなストーリーが作れちゃう。

次の

インスタストーリで背景色や画像を自由に加工できる無料アプリCanvaの使い方|ラブラドールのはなことあんこ

インスタ ストーリーの背景色

もくじ• 「タイプモード」とは? 「タイプモード」は、文字だけでストーリーに投稿できる機能です。 インスタグラムのストーリーは、写真や動画などを投稿してから24時間で自動的に削除されるようになっています。 24時間で自動的に削除されるため、気軽に投稿できる手段として人気でしたが、投稿するには必ず写真か動画が必要でした。 しかし「タイプモード」が使えるようになり、写真や動画を投稿しなくても文字だけでストーリーに投稿することができるようになりました。 特に投稿したい写真や動画がなくても、文字だけでストーリーを投稿することができますね。 そのときの気分や感想などを表現したいときには、意外に便利な機能かもしれません。 「タイプモード」の使い方 「タイプモード」を使うには、 インスタグラムのアプリを開き、画面左上の「カメラアイコン」をタップし、ストーリーの撮影画面に移ります。 画面下部をスワイプして、撮影モードを「タイプ」に切り替えます。 画面をタップして、文字入力できるようにします。 ここでは試しに「TYPEMODE」と入力してみました。 デフォルトだとフォントが「モダン」に設定されていて、上記のような感じになります。 「モダン」は比較的、整った感じのフォントといった感じでしょうか? ちなみにアルファベットだと4種類のフォントが用意されおり、上記の「モダン」と表記されているところをタップすると、フォントの切り替えが可能です。 「モダン」をタップすると、次に「ネオン」に切り替わります。 「ネオン」は、やや文体を崩した感じのおしゃれなフォントとなっています。 「ネオン」をタップすると、「タイプライター」に切り替わります。 「タイプライター」は、そのままタイプライターで打ったようなフォントになっています。 「タイプライター」をタップすると、「強」に切り替わります。 「強」は文字通り、文字が強調されているようなフォントになっています。 文字の場所は、ドラッグすることで好きなところへ移動することができます。 2本の指を使ってドラッグすれば、文字を回転させることも可能です。 背景の色を変えることもできる 「タイプモード」では、背景の色を変えることも可能です。 画面左下の「丸いボタン」をタップすると、背景の色を変えることができます。 背景の色は、フォントごとに4~6種類用意されています。 画面左下の「丸いボタン」をタップすれば、簡単に背景色を切り替えることができるので、文字に合う背景色を色々と試してみてください。 文字に背景色を付けることもできる 4つのフォントのうち、「タイプライター」と「強」は文字に背景色を付けることが可能です。 画面左上の「アルファベットのAがキラキラしている感じのアイコン」をタップします。 画面左上の「アルファベットのAがキラキラしている感じのアイコン」をタップすると、自動的に文字に背景色が付きます。 文字を写真や動画に重ねることもできる 「タイプモード」を使えば、文字を写真や動画に重ねることも可能です。 文字を写真や動画に重ねるには、 画面右下の「カメラアイコン」をタップします。 「カメラアイコン」をタップすると、背景が透過され、「シャッターボタン」をタップすることで写真を撮ったり、動画を撮影することができるようになります。 スタンプやペンで加工することもできる 「タイプモード」では、もちろんスタンプやペンで加工することも可能です。 スタンプやペンで加工するには、 画面下部の「>」をタップします。 画面右上の「各アイコン」をタップすれば、スタンプやペンで加工することができます。 日本語に対応しているフォントは1種類だけ 最後に、日本語に対応しているフォントは1種類だけです。 アルファベットのように遊び心のあるフォントが使えないため、ストーリーに投稿するには、あまり向いてないかもしれません。 「タイプモード」を使ってストーリーに投稿する際は、アルファベットを使ったほうが良さそうです。

次の