授乳中 使える湿布。 授乳中の湿布使用は母乳に影響?市販品は?使ってはいけない湿布薬

授乳中のお薬Q&A

授乳中 使える湿布

腱鞘炎、肩こり、腰痛…。 毎日赤ちゃんのお世話をするなかで、様々な身体トラブルに悩まされるもの。 そんなときに頼りになるのが湿布です。 しかし湿布の貼り方は実は奥が深く、「効果的な貼り方」というものがあるのです。 そこでこの記事では、マタニティや産後の身体ケアに特化した鍼灸マッサージ師さんに、授乳中の湿布の正しい貼り方を教えてもらいました! そもそも授乳中に湿布を貼っていいの? 授乳中に湿布を使うと「母乳を通して赤ちゃんに悪影響があるのでは…」と考えるママもいるかもしれませんね。 授乳中に湿布を使っても、母乳に影響はないのでしょうか? 結論から言うと、湿布については、 一概に「使ってもよい」または「使ってはいけない」と言うのは難しいのが現状です。 なぜなら湿布薬によって、含まれる成分が異なるからです。 そのため授乳中に湿布を使いたいときは、「授乳中でも使える」とされている湿布を使うことが大切です。 授乳中に使える湿布って? 授乳中に湿布を使いたい場合は、 できれば病院などを受診し、授乳中でも使える種類の湿布を処方してもらうことをおすすめします。 これらの湿布薬であれば、授乳中でも安心して使用できるでしょう。 市販の湿布薬について どうしても病院に行けなくて市販の湿布を購入したいときは、添付文章をよく読み、 授乳中の使用が禁止されていない湿布を選びましょう。 これらはインターネット通販でも購入できますよ。 このあとそれぞれ解説していきますね。 ちなみに、「ケトプロフェント」や「オクトクリレ」いう成分が入っている湿布は、「光線過敏症」という症状になるケースがあるので注意が必要です。 貼ってから4週間以内は紫外線に気を付けるなど、日常生活で注意すべきことがあるので、できれば病院を受診して、医師や薬剤師にしっかりと説明を受けましょう。 授乳中の湿布、正しい貼り方は? 種類によっては授乳中でも湿布を使えることがわかりましたが、大切なのは、「貼り方」。 何となく貼ると湿布の効果が半減してしまうので、湿布は正しい貼り方で貼るようにしましょう。 次からは授乳中に気になる体の部位別に、湿布の貼り方を島田さんに伝授してもらいます! 授乳中に腰が痛い場合 大きめの湿布で腰回りを大きくカバーする貼り方です。 自分で貼ろうとすると、湿布がよれたりしてうまく貼れないかもしれないので、パートナーなどにお願いするのがおすすめですよ。 無理せずコツコツやってみましょう!継続は力なりです。 授乳中に腰が痛い場合 腰回し• 足を肩幅に広げて立つ• 肩の力を抜き、腰に両手をあてる• 水平に腰を回す 猫のポーズ• 膝を肩幅に開き、両手は両肩の真下にくるような姿勢で四つん這いになる• 息を吐きながら、おへそを見るようにして背中を丸めていく• 息を吸いながら、背中を気持ちよい所まで反らす• 2~3の動作を2、3回繰り返す 授乳中に手首が痛い場合 手首伸ばし• 両手の指を大きく広げて壁におく• 壁に両手をギュッと押し付けて手首の前側の伸びを感じる 3. 手の向きを反対にして、同じことを行う 親指伸ばし• 右手の親指を下に向け、左手でつかむ• 適度な強さで、親指を反らせるように後ろに引っ張る ツボ押し 授乳中の腱鞘炎には、「合谷のツボ」と呼ばれるツボを押すのもおすすめです。 合谷は、写真のように、親指と人差し指から伸びる骨の境目あたりにあります。 授乳中に肩が痛い場合 1. 両腕を頭上にまっすぐ伸ばし、両手のひらをぴったりあわせる 2. 息を吐きながら、肩甲骨を寄せるようにして、肘を曲げる。 手のひらは外向きに。 5回繰り返す。 ゆっくりから始めて、慣れてきたらテンポよく行いましょう。 授乳中の痛みには 湿布とストレッチでしっかり対処を! 授乳中のママは、赤ちゃんのことで忙しく、自分のことが後回しになりがちかもしれませんね。 しかし、湿布は1分あれば貼れますし、今回ご紹介したストレッチも、家事や育児の合間にできるものばかり。 ときには湿布に頼りながら、自分のこともきちんとケアしてあげてくださいね。 ただ、湿布にはにおいが強いものもあるので、授乳中に貼っていると、赤ちゃんが嫌がる可能性もあります。 赤ちゃんの反応も見ながら、湿布とうまく付き合っていきましょう。

次の

【腱鞘炎】授乳中の湿布は赤ちゃんに悪影響?ロキソニンはOK?

授乳中 使える湿布

Contents• 授乳中、ギックリ腰になってしまった!! ギックリ腰は動く度に痛みが伴います。 そんな辛い腰痛の時に、重い赤ちゃんを抱っこすることは一苦労ですよね。 また、授乳時の態勢も辛くて安定しないなんてこともあります。 だから、腰痛は放置しておくことは、全てにおいて良くありません。 ただ、辛いギックリ腰の痛みに湿布を使いたいけれど、授乳時に湿布は使ってもよいのでしょうか? これは赤ちゃんの育児中のママなら1度は考えることです。 大事な授乳期間中ですからね。 気になる疑問はとことん解決しちゃいましょう。 ということで今回は、 授乳時の湿布薬の使用についてご紹介します。 スポンサードリンク 授乳中に使える湿布薬は薬局にある市販品のどれ?ギックリ腰・腰痛の味方 産後に、ギックリ腰や腰痛を起こすママは とても多いです。 というのも、産後は妊娠・出産で骨盤が広がっています。 緩んだ骨盤は自分が考えている以上に身体全体に負担をかけています。 だから、 「産後は無理をせずゆっくりと身体を休ませましょう!」 と産院や周囲から言われるのも、産後の身体がそれだけ ダメージを受けているからなんです。 しかし、育児に加えて家事もあり、ママは大忙しです。 休む暇もありません・・・。 兄弟のいるママだと、特に抱っこにおんぶにと腰への負担は大きくなります。 そして、ダメージが増え続け、ふとした衝撃の際にギックリ腰が生じてしまうのです。 ギックリ腰になってしまったら、 骨盤ベルトや湿布などを使用して対処しましょう。 この際、授乳中に大切な• 湿布を使用することに対しての注意点• 市販の湿布薬の選び方 についてご紹介します。 スポンサードリンク 授乳中に湿布は使用してもよい? 産後に腰痛が発生すると、育児にとても負担が大きくなりますね。 育児中は、前のめりになる姿勢がとても多く、抱っこする姿勢にしても 腰痛があるととても辛いのです。 ) そんな痛みは長引かない為にも 早めに治したいですよね。 ただ、普段なら何も考えず使用できる湿布ですが、授乳時となると色々考えますよね。 「湿布薬の成分が母乳への影響はあるの?」• 「赤ちゃんは大丈夫?」 この気になる湿布薬のことについて調べてみました。 湿布薬について 湿布薬は、肩こりや腰痛などの痛みや辛い時に簡単に使用できる対処方法です。 ちなみに、湿布には 冷湿布と 温湿布の2種類があります。 メンソールの作用を利用したものが冷湿布• 唐辛子エキスの作用を利用したものが温湿布 です。 そして、ギックリ腰などの 急性の症状に関しては、 冷湿布を使用します。 これは、温湿布を使用する悪影響を知ると意味が理解できます。 温湿布を使うとどうなるのか…。 では逆に温湿布を使うと、どうなってしまうのでしょうか。 湿布薬の成分は、貼付してから約3~4時間ほどで血中に渡り、その後は緩やかに効果が薄まっていきます。 この 長時間貼り続けるということは、ダメなのです。 産後は、ホルモンバランスが崩れたりストレスなどで 肌トラブルが起きやすいです。 そのため、 長時間の貼付には 肌荒れに繋がるために注意する必要があります。 だから、すぐに効果を期待できる冷湿布を使うのです。 スポンサードリンク 湿布薬は母乳への影響はあるの? 授乳中の湿布薬の使用は禁忌ではありません。 湿布薬の成分が母乳へ移行し赤ちゃんに影響が出ることは、 ほとんどないとされています。 ただし!! 妊娠中は違います。 妊娠中の湿布は注意しよう 湿布薬の成分には、鎮痛作用のあるインドメタシンという成分があります。 この成分は、妊娠中の胎児に影響があり、 妊娠期間中は湿布薬を使用できません。 妊娠中は他にも気を付けたい湿布薬の成分が入っています。 妊娠中はお腹に赤ちゃんがいるので、気を付けることが沢山ありますが、授乳中は妊娠中と違い別々の個体であるため、薬に対してもそれほど神経質になる必要はないと言われています。 しかし、商品によっては、授乳中の使用に安全性が確立していないものもあります。 授乳中に影響はない少ないとは言え、心配な方は、医師または薬剤師に相談しましょう。 スポンサードリンク 市販の湿布薬にはどんな湿布があるの?選び方は? 薬局などでも湿布薬は、様々な種類が販売されています。 しかし、「種類が豊富すぎてどれを選んでいいのか分からない~!」という経験ってよくあります。 湿布薬が授乳中に影響することはほとんどないと言われていても、やっぱりリスクは少ない方がよいですよね。 ということで次は、授乳中に湿布を選ぶポイントをご紹介します。 市販の湿布薬の選び方 市販薬には「第1~3類」とリスクによって分類されています。 第1類:特にリスクの高い薬。 効き目が強く、使用法にとっては副作用等が生じる可能性がある成分が含まれます。 第2類:リスクが比較的高いもの。 第3類:リスクが比較的低いもの。 第3類だとネットでも商品を購入することが出来ます。 授乳中は、 リスクを考え第3類の商品の購入をオススメします。 また、気をつけなければいけないのが、授乳中の安全性の確立されていない湿布薬もあることです。 久光製薬のモーラスパップは妊娠後期には使用できない他、授乳中の使用に関しても医師の相談が必要です。 なので、心配な方は、薬局薬剤師に「授乳中」を伝えて相談するとよいでしょう。 第3類の湿布薬にはどんな商品がある? リスクが比較的低い第3類は、ネット販売もされています。 どんな商品があるのかご紹介します。 久光製薬 のびのびサロンシップ.

次の

産後のトラブル

授乳中 使える湿布

スポンサードリンク 出産後も授乳にオムツ替え、抱っこにと子育てや家事に大忙しのママ。 気づいたら腱鞘炎や肩こり、腰痛に悩まされるママたちも多いでしょう。 そんな時、貼って簡単に治療できる湿布が役に立ちます。 しかし、湿布とは言え医薬品なので授乳中に湿布を使っても良いのか悩んでしまいますよね。 そこで今回は、授乳中の湿布の使用と3つの注意点を紹介します。 今回のポイントは下記の5つです。 授乳中に湿布は使えるの? 授乳中に使える湿布薬とは 市販の湿布薬は使えるの? 授乳中の湿布3つの注意点 湿布を使わない改善方法 湿布は手軽な医薬品なので常備してある家庭も多いのでしょう。 内服薬と比べたら危険性はないだろうと気軽に使ってしまいがちです。 授乳中に使うにはどんなことに気をつけるべきなのでしょうか。 授乳中の湿布にまとめてみましたので、是非参考にしてみて下さいね。 授乳中に湿布は使えるの? 赤ちゃんを抱っこしながら授乳をするため、ママの手首や腰、肩には大きな負担が生じます。 授乳は毎日のことですから、どんどん痛みが蓄積され腱鞘炎や腰痛、肩こりが発生しやすくなるものです。 痛みが強くなればなるほど、赤ちゃんのお世話や家事に支障が出てしまうため早めに対処したいもの。 そんな時に役立ってくれるのが「湿布薬」。 市販でも手に入りやすいですし、自分でもさっと貼れるので忙しいママにはありがたい医薬品です。 しかし、授乳中に湿布を使うと母乳や赤ちゃんに影響が出てしまうのではないかと心配になるママも多いでしょう。 結論から言うと、授乳中に湿布を使うことは可能です。 しかし、湿布薬の成分が血液になり、極わずかではありますが母乳へ移行されてしまいます。 国立成育医療研究センターのホームページによると… 「湿布薬であっても同時に大量使用すると血液中の薬物濃度が上がる可能性があります。 」との記載があるため、授乳中に湿布を使う際には自己判断よりもお医者さんや薬剤師さんの指示のもと使用するのが安心ですね。 引用文: 授乳中に使える湿布薬とは わずかではありますが、母乳にも湿布薬の成分が移行されてしまいます。 授乳中には、どんな湿布薬を使うのが安全なのでしょうか。 授乳中でも安全に使用できると思われる湿布薬 国立成育医療研究センターでは、これまでの科学的情報をもとに評価を行ったうえで「授乳中でも安全に使用できると思われる薬」をホームページ上で掲載をしています。 掲載されている湿布薬の成分は下記の2つです。 インドメタシン• ジクロフェナク お医者さんや薬剤師さんの指示のもと購入するのが一番ですが、自分で市販の湿布薬を購入する際は上記ふたつの成分を覚えておくようにしましょう。 参考: 市販の湿布薬は使えるの? 子育てをしていると病院へ行く時間を確保することや一緒に病院へ連れていくことも困難に。 少しの時間も貴重なママには、家庭で常備されている湿布薬や近所のドラックストアで購入できる市販薬は手軽に使えるありがたいものです。 しかし、授乳中に使う薬は赤ちゃんへのリスクも考えなければいけません。 そこで、まず市販の湿布薬を授乳中でも使用できるのかを調べてみました。 市販の医薬品は3つに分類される ドラッグストアや薬局で購入できる一般用医薬品は3つに分類されています。 第一類医薬品 効き目が強く副作用などの項目で安全上、最も注意が必要になる医薬品です。 薬剤師さんによる説明を受けないと購入できないため、レジの後ろに陳列されている場合が多いでしょう。 また、書面での情報提供が義務化されています。 第二類医薬品 風邪薬や鎮痛剤、解熱剤の必要性の高い薬が第二類医薬品に分類されています。 比較的効き目も強く副作用にも注意が必要な医薬品です。 安全上より注意が必要なものは指定第二類医薬品とされています。 第三類医薬品 上記の2点と比べたら比較的リスクの少ない医薬品です。 販売者からの説明も法律上規定はなく、最も手に入りやすい医薬品とされています。 授乳中は、なるべくリスクが低いとされる第三類医薬品を選ぶ方が安心ですね。 しかし、症状によっても個人差はありますし、授乳中というリスクもあるため薬剤師さんに相談してみましょう。 参考: 授乳中でも使用できる市販の湿布薬 市販の湿布薬の種類は様々ですが、授乳中にはどんな湿布薬を使うことができるのでしょうか。 久光製薬 「サロンシップ」 久光製薬のホームページによると、下記のサロンシップは授乳中でも使用できるとの記載があります。 のびのびサロンシップF• のびのびサロンシップFH• のびのびサロンシップS• サロンシップL• サロンシップ巻貼タイプ 上記は全て比較的リスクの少ない「第三類医薬品」に該当します。 参考:• 久光製薬「サロンシップインドメタシンEX」 第二類医薬品に該当する湿布薬で効き目があり副作用の注意が必要な医薬品です。 久光製薬ホームページにもインドメタシンの成分を含んでいるため、授乳中の方は購入の際み医師や薬剤師さん、登録販売者に相談するよう注意書きがありました。 しかし、国立成育医療研究センターでは、「インドメタシン」は授乳中でも安全に使用できると思われる薬のひとつとしての記載があります。 よって、授乳中でも使用することができますよ。 参考:• GSK「ボルタレンEX」 第二類医薬品に該当する湿布薬です。 ボルタレンには、国立成育医療研究センターの「授乳中でも安全に使用できると思われる薬」のひとつとして記載されているジクロフェナクが含まれています。 また、GSKのホームページにも「母乳への移行はほとんどない」と記載されていますので授乳中でも使うことができますよ。 参考: 授乳中の湿布薬の使用は医薬品会社の見解も会社によって異なります。 また、持病で薬を服用していたりアレルギーがあったりと個人差もあるので、自己判断せずにお医者さんや薬剤師さんに相談をしてから使用するのが無難と言えます。 病院でよく使われる「モーラステープ」は医師の処方がないと薬局やドラッグストアで購入はできません。 また、ロキソニンテープは要指導医薬品に分類されている医療用に準じた医薬品です。 第一類医薬品と同様に自由に手に取ることできない場所に陳列され、インターネットでは購入できず薬剤師さんからの対面での説明が必須な医薬品となっています。 これらを授乳中に使いたい場合は、お医者さんや薬剤師さんに相談する必要がありますので注意しましょう。 授乳中の湿布3つの注意点 外用薬である湿布薬は、飲み薬のような内服薬と比べれば母乳への影響は少ないとされていますが、やはり注意が必要です。 特に下記の3つの点に気をつけて使用しましょう。 医薬成分が母乳へ移行する 授乳中に服用する薬は成分が血液へ移行します。 内服薬より外用薬は母乳への移行は少ないとされていますがやはり気にはなりますよね。 出産後は肌が敏感になりやすい 出産後はホルモンバランスの関係上、髪が抜けたり肌質が変わってしまうママも多いでしょう。 湿布は肌に直接貼るものなので長く張っていると被れたり荒れてしまうことも。 普段から肌荒れしやすい方は特に注意が必要です。 赤ちゃんへの危険性 湿布薬はすーっとしたメントールのような独特の香りのあるものが多いです。 貼る場所によっては授乳中の赤ちゃんが嫌がる場合もあります。 また、フィルムを剥がして湿布を貼りますがフィルムが赤ちゃんの口に入らないよう注意しましょう。 湿布を使わない改善方法 極わずかな量とは言え、母乳を通じて赤ちゃんに湿布薬の成分が移行されてしまいます。 赤ちゃんへのリスクはほとんどないと言えども、やはり心配にはなってしまうママも多いのでは。 湿布薬を出来るだけ使いたくないと思う方は、下記の方法も試してみましょう。 マッサージをする• テーピングやサポーターを使用する• ストレッチを行う 腱鞘炎のような場合は、痛みのある箇所に負担を与えないようなるべく使わないようにしましょう。 腰痛の場合は骨盤ベルトもおすすめです。 また、時には家族の助けを借りてママもゆっくりと休むことも大切ですよ。 まとめ 赤ちゃんを抱っこしながら授乳をする時間はとても幸せなときではありますが、ママの手首や腰に負担を与え腱鞘炎や肩こり、腰痛に悩むママも多いでしょう。 育児や家事で病院へ行く時間すらないママにとって手軽に貼って治療する湿布薬は救世主とも言えます。 しかし、いくら手軽とは言え医薬品であることは変わりませんし、極わずかではありますが、薬の成分が母乳へも移行してしまいます。 赤ちゃんへのリスクを考えたら使用しても良い湿布薬なのか事前に調べたり、お医者さんや薬剤師さんに相談してから使用するようにして下さいね。

次の