ランドクルーザー 査定。 【毎日更新】ランドクルーザー(トヨタ)の査定相場・買取価格なら【買取カービュー】

ランドクルーザーの買取価格・査定相場|ランドクルーザーの中古車の高額買取・高額査定ならグーネット

ランドクルーザー 査定

男性なら一度は乗ってみたい車が ランドクルーザー、通称ランクルではないだろうか。 トヨタの最上級の4WD車であり、世界でも最も知名度が高いとも言われている車だからだ。 ただ憧れる男性は多いが、手放す男性も多いのも事実だ。 それは車体本体価格が450万円から690万円と高額なわりに、燃費も維持費も悪い、車体が大きすぎて街乗りには適さないからなどいろいろな理由がある。 不景気の昨今、カッコいいだけでは維持できずに売りたいと思う人もいるのだ。 ただ ランドクルーザーは世界的に大人気の車種で、十分高価買取も期待できる車だ。 他の車種と同じように考えていては安く手放してしまうことになりかねない。 しっかりと特徴と買取相場をチェックしておけば高価買取は間違いないはずだ。 に全てまとめている。 だが ランドクルーザーに関しては全く別物と思った方が良い。 いくら古くても需要が高く、買取額がゼロになる事はないだろう。 80系でも高価買取可能• 10年以上経過した100系は150万円以上になる事も• 200系は驚異の残存率80%以上• 200系を売るなら少しでも早めに 20年以上経過した車は本来ほとんど買取額が付かない。 だが80系は今でも人気で、中古車市場でも人気がある。 特にマニアにはたまらない逸品で高価買取も期待できるため、古いからといって安く手放してはいけない。 また 100系も10年以上経過しているのだが高価で取引されている。 そして現行モデルは年式が新しい事もあるが、非常に高く買取されており、3年落ちなら500万円以上の高価買取も期待できるのだ。 ただ 業者によっても買取額は大きく差が出てしまうだろう。 ランクルを売るなら強気に交渉するのはもちろんだが、複数の業者から見積もりを取る事を忘れてはいけない。 【年式・グレード別】トヨタ『ランドクルーザー』の買取相場一覧• wikipedia. 歴代のランクルのイメージを残しつつも内外装の豪華さや機能性も充実した、最高級の4WD車には間違いない。 当然現行モデルも高い人気がある。 新車価格は高額で手が出ないが、比較的安く購入できる中古車のランクルなら購入したいと思う人が多いのだ。 そのため 中古車市場でも高く取引されており、3年落ちの200系ランクルでも500万円以上で買取されているものもある。 残存率は驚異の83%から85%になっている。 8年落ちでさえ55%の残存率で350万円以上で買取されているケースもあるのだ。 金額が高額なため見落としがちだが、確実に年式・走行距離で下落している。 その幅は大きいので、売るなら少しでも早めの方が良いだろう。 wikipedia. 従来のタフなイメージとともに、最高技術と高級装備が備わったまさに最高級のオフロードカーになっている。 一般的な車は10年経過するとほぼ買取価格がつかないものだが、100系ランクルは違う。 すでに10年から20年経過しているモデルでありながら、高い買取価格を維持し続けているのだ。 グレードによっても差はあるが、 200万円以上で買取されたケースもある。 ただ80系とは異なり、100系は年式や走行距離が買取額に影響を与える事が多いようだ。 同じグレードでも 年式や走行距離が多くなると買取価格が50万円以上変わってくる事もある。 それでも業者によっては高価買取してくれるところもあるだろう。 wikipedia. すでに20年から30年近く経っているモデルのため、一般的な車なら買取価格はゼロで、それどころか廃車費用を支払って処分してもらうレベルだ。 だが80系ランクルはまったく違う。 たとえ10万キロ走っていようと、20万キロ走っていようとそれほど価値は下がらず、 買取相場は30万円から50万円になっているのだ。 ただ日本ではそうだが、海外ではもっと人気があり業者によってはそれ以上で買取するところもある。 ただ ランクルの価値をよくわからない業者や販売ルートが限られている業者は、買取額が安くなる事がある。 80系ランクルは故障して動かなくならない限り価値はすぐには下がらない。 なので、じっくり業者選びをしたいところだ。 ランクルの買取相場の推移 大人気車種ランクルとはいえ、中古車市場で活発に取引されている現行モデルは、年数を重ねるにつれて買取相場は下落してくる。 そもそも新車価格が高額なため気が付きにくいのだが、 下落額は大きくなっている。 グレードによっても買取相場の推移は違っており、AXの場合は2ヶ月で6. 0万円から7. 5万円も買取相場が下落している。 1年では40万円以上は下がっている。 ZXはさらに大きく、2ヶ月で8万円から10万円、1年で60万円から70万円も下落しているのだ。 そのため 200系ランクルを売るなら、少しでも早く買取してもらった方が良いだろう。 ただ、80系ランクルになると大きな下落は見られない。 売るならじっくりと高値で買取してくれる業者や個人を探した方が得策だろう。 ランクルを相場より高く売る高価買取『4つのポイント』 ランクルは基本的に高価買取が可能だ。 業者でもすぐに買い手が付きやすく、利益が大きいので是非とも買取したい車だ。 だがそれでも業者は安く買取りたいもので、いろいろなポイントでマイナス査定にしたがるものだ。 専門家に言われると妥協してしまいがちだが、しっかりと ランドクルーザーが高く売れるポイントを押さえておけば安く手放してしまうことはないだろう。 ここでは買取で大切な4つのポイントを紹介しているので参考にしてほしい。 内装&外装が奇麗• 走行距離の長さ• 事故・修復歴はあるのか• 装備が充実 1. 内装&外装が奇麗 ランドクルーザーはオフロードカーとして海外でも人気だ。 ただオフロードカーだからといって、日本では本当に山道を走るわけではない。 一つのステータスとして乗る事が多く、特に200系は奇麗に乗っている人が多い。 オフロードカーなのに土足厳禁にしているユーザーもいるほどだ。 日本では車は奇麗に乗るものというイメージが強く、 内外装の奇麗さは買取額に大きなプラス材料になる。 それはランドクルーザーでも同じだ。 そのため、内装が奇麗で外装も傷がないランドクルーザーなら買取相場よりも高く売れる可能性があるだろう。 また80系や100系になると、どうしても経年劣化は避けられない。 それでも奇麗な状態を維持できていれば高価買取できるはずだ。 走行距離の長さ ランドクルーザーは通勤で乗る人も多いし、本当に山道を走ったり遠出する事も多いだろう。 そのため走行距離は1年1万キロの基準よりも多くなってしまうことが少なくないはずだ。 走行距離は買取価格に影響が出てくるのだが、ランドクルーザーも例外ではない。 だが影響はそれほど大きくはないようだ。 基準よりも1万キロオーバーしても3万円から5万円程度のダウンだ。 そして古いランクルになればなるほど走行距離の影響は小さい。 逆に走行距離が少ないケースでは、大幅アップも見込めるだろう。 ランクルは過走行でも売れる 一般的な車は走行距離によって大きく買取額が変わり、10万キロを超えると買取額が付かないケースもある。 それは昔から10万キロを超えると不具合が出始めると言われるからだ。 だがランドクルーザーに関してはほとんど関係がない。 ランクルは過走行でも十分に価値があり、高価買取も可能になる。 実際に 1994年式で20万キロ以上走行した80系ランクル、36万円の買取額が付いているのだ。 もちろん年式が新しい200系で過走行は影響があるが、80系はほとんど気にしなくてもいいようだ。 事故・修復歴はあるのか ランドクルーザーは街乗りで使用する人もいるが、やはりオフロードカーのため山道を走る人も少なくない。 また雪道を走行する人も少なくなくないだろう。 そうなると事故を起こしてしまうリスクはどうしても高くなる。 ランドクルーザーは高価買取可能な人気車種ではあるが、 事故車は買取額は大幅にダウンしてしまうだろう。 修理すればいいと思われがちだが、事故車扱いになった車はいくら直しても修復歴ありとなってしまい、買取額の大幅ダウンは避けられない。 ただ一般的な車は事故車というだけで買取不可になる事が多いが、 ランドクルーザーは買取不可となる事は少ないのだ。 それは海外では事故車でもランクルは大人気で売れるからだ。 装備が充実 オフロードカーは装備は関係ないと思いがちだが、実際はそうではない。 ランドクルーザーも本来は山道を走ったりするのだが、実際はあくまで乗用車として街乗りで使用する事が多いのだから、 装備の充実度は買取額に影響がある。 必要な装備としては、カーナビだろう。 遠出する事も多いだろうし、キャンプに行く人もいる。 やはり知らない土地に行く時にはカーナビは欠かせない。 また快適なドライブのためにはオーディオとリアシートディスプレイ、バックモニターなども評価が高い。 また、街乗りでランドクルーザーを乗る人は見た目も重視している。 そのため純正アルミホイールも買取額アップになるだろう。 社外パーツだと業者によっては買取額がダウンしてしまうこともあるので、 純正だけでなく社外品もしっかり査定してくれる業者選びも大切だ。 ランクルを最高額で売るための買取店&業者選びのコツ ランドクルーザーは基本的に高価買取可能だが、査定額には大きな開きがあるだろう。 そのため、より高く買取してくれる業者を選定する事は非常に大切だ。 他の車種なら多少安くなっても数万円程度少ないだけで済むだろうが、 ランクルは数十万円も差が出る事も不思議ではない。 業者選定のためには、ディーラー下取りや単独商談は避けるべきだろう。 業者によって買取額に差が出てしまう上に、どこでも買取したいのだから絶対に複数の業者を競合させなければいけない。 それでも買取に比べると99%損をしてしまうのだ。 その理由をいくつか紹介しよう。 ディーラーは下取りに消極的• 新車価格よりも高くなる事はあり得ない• 80系ランクルは買取されない事が多い• 競合にならないので高額になりにくい ディーラーは基本的に下取りには消極的だ。 いくら買い手が付きやすいランドクルーザーでも同じである。 そしてランドクルーザーは年式が新しければ300万円から500万円にもなり、場合によっては買い換えする新車よりも高くなる事がある。 もちろんその差額分は現金で支払ってもらえるのだろうが、ディーラーではそういうことになればより下取り額は高くならないだろう。 そして ランドクルーザーは競合すればどんどん買取額がアップする可能性がある。 だがディーラーではそれができないのだ。 「」でも解説しているが、下取りは車を売却する方法の中で、最も査定額が低い方法になる。 言うまでもないが、あえて選択するメリットは全くない。 単独商談ではなく複数商談で競合させる ランドクルーザーは業者によって買取額に大きな差が出るものだ。 時には数十万円もの差が出る事もある。 そして業者からすれば高額になるため、利益も大きくなるものだ。 より安く買取すれば相当な利益も見込める。 そのため、あの手この手で安く交渉をまとめようとするだろう。 単独商談だと結局限界まで至らずに手放してしまう恐れもある。 それを避けるには、複数の業者と商談を進めて競合させる事が大切だ。 ランドクルーザーはどの業者も買取したい車で、 競合させればどんどん買取額のアップが見込める。 何もしなくても、他の業者の査定額を伝えるだけで買取額はアップしてくれるはずだ。 また古いランクルになると評価が分かれてしまうため、やはり複数の業者の競合は必要だろう。 買取相場の上限で売る買取交渉術 ランクルは高額取引されているだけあって、査定額と下限と上限での開きは大きいだろう。 他の車なら上限に至らなくても納得するだろうが、 ランクルは数十万円もの差になる事もあるので妥協できるものではない。 ここでは買取相場の上限で売るための買取交渉術を紹介しよう。 基本的には強気でOK• 時にはハッタリも使おう• 他社の査定額を提示• 最後の一声で最高額をゲット 本来はさまざまな手段を駆使して買取交渉すべきだが、 ランドクルーザーに関しては難しい交渉術は必要ないだろう。 もちろん高価買取になるポイントがあるならそれを強くアピールすべきだが、買取したい業者は多いため、競合させるだけで十分だ。 そのため交渉で必要なのは、希望額に達しなければ売らないという強気の姿勢だ。 他社の査定額もちょっと高めに伝えるなどのハッタリも有効だったりする。 そして最終的に限界まで査定額をアップさせたなら、じゃあ最後の一声を言ってくれれば今決めます、と言えば最高額をゲットできるはずだ。 ランクルを高く売るなら『車一括査定』愛車の買取相場がすぐわかる ランクルはどこの業者が高く買取してくれるかわからない。 大手買取業者が一番高いとは言い切れないのだ。 意外と小規模の買取店が高値で買取してくれる事もある。 できる限り多くの業者に査定してもらうことが大切で、そのためには 一括査定がおすすめだ。 一度に複数の業者から査定してもらえる• 知名度が低い買取業者も見つけられる• 思わぬ高額査定になることも• 強く買取したいと思う業者がわかる 一括査定は一度の入力でたくさんの業者に査定依頼できるのが、メリットだ。 ランクルは出来るだけ多くの業者に査定してもらいたいのでうってつけだろう。 そして中には知名度の低い買取業者もいるので、 一括査定で知る業者もヒットする可能性もある。 そしてある程度ランクルの買取相場はわかっていても、思いがけずに高額査定を提示してくる業者もあるかもしれない。 同じ業者でも一括査定でなければ足元を見られて安い査定額を提示されてしまうこともあるのだ。 もし強く買取したいと思う業者が複数いたら、競合してさらに高価買取できるだろう。 編集部おすすめ車一括査定 『カーセンサー』 当サイト編集部が車一括査定サービスで最もおすすめしているのがリクルート社運営の「」。 マーチの高価買取&査定額を知りたい方に最適だ。 なぜなら、ビッグモーターやアップル、カーセブンなどの大手買取店と提携し、 買取業者数が1000社を超えているのはカーセンサーしか存在しない。 同時査定依頼も30社と業界最多なので、最も査定額が高い業者を選ぶ幅が圧倒的に広がるのだ。 編集部所有の車を実際に査定したが、ディーラー下取りよりもなんと35万円も高い査定額が付いている。 他社の車一括査定もあるが、高価買取を目指すならカーセンサー以上のサービスは存在しない。 編集部が太鼓判を押す一括査定サービスだ。 wikipedia. 年式やグレードによっても変わるが、200系は300万円から500万円もの価格になるだろう。 そして80系でさえ高価買取が可能になる。 だがランドクルーザーは買取業者によって買取額に大きな差が出てしまうものだ。 時には数十万円もの差が付いてしまうこともあるだろう。 そのため、できるだけ複数の業者に査定してもらう必要があり、さらにはその業者間で競合してもらうことがポイントになる。 そうすれば買取相場よりも高い価格で売れる可能性も十分にある。 一括査定ならより多くの業者から査定してもらえるし、買取したい業者も多いので競合させればどんどん買取額のアップも望めるだろう。 pickup service 車検切れ、故障した愛車を 必ず買取する「ハイシャル」 走行距離10万km以上の車、15年前の車や故障した車などは中古車市場では全く価値がない。 そのため買取業者やディーラで買い取ってもらうのはほぼ不可能だ。 それどころか 処分費用を請求されることもある。 しかし、ならそんな愛車でも買取が可能だ。 ハイシャルは海外に輸出やパーツや資源としてリサイクルすることで価値を生み出し、買取が可能なのだ。 想像以上の価格が付くこともある。 愛車がボロボロなのはわかっているが、少しでも高い値段で買い取ってほしいと思うなら、ハイシャルで査定をすべきだ。 カンタン20秒で無料依頼ができる。 ぜひ一度試すべきだ。

次の

ランドクルーザー の買取価格・下取りの相場とは

ランドクルーザー 査定

com」が独自に統計分析したものです。 お車の状態によって値段は変わるため、実際の買取価格を保証するものではありません。 ランドクルーザーが高く売れるタイミング ランドクルーザーを高く売るタイミングとして、一般的に引っ越しなどのライフイベントで需要が高まる前の、1〜2月と7〜8月に買取価格が上がりやすいと言われています。 しかし、買取価格を決める上で季節よりも重要な要素があることはご存知でしょうか?それはフルモデルチェンジの時期です。 新しいモデルのランドクルーザーが発売されると人気が集まるため、古いモデルのランドクルーザーは大幅に値下がりしてしまいます。 そのためフルモデルチェンジを予想して、その前に車を売るのがベストなタイミングと言えるでしょう。 フルモデルチェンジに対する正式な発表は、販売の直前にされることが多く、発表されてからでは高価買取を狙うのは厳しくなります。 前回のモデルチェンジや新車販売の動きからある程度予測はできるのですが、自動車業界の動きを追いかけていないとモデルチェンジを予測するのは難しいです。 そこで車選び. comでは、中古車情報サイトを15年以上運営してきたノウハウと自動車業界の動きから、ランドクルーザーの次回フルモデルチェンジを大胆予想!ぜひ、ランドクルーザーの売却タイミングの検討にご活用ください。 ランドクルーザーのモデルチェンジ予想 年式別のランドクルーザー平均買取相場 年式別 査定相場・買取金額 2019年(令和1年) 429 万円 〜 626 万円 2018年(平成30年) 436 万円 〜 586 万円 2017年(平成29年) 403 万円 〜 588 万円 2016年(平成28年) 381 万円 〜 518 万円 2015年(平成27年) 280 万円 〜 483 万円 2014年(平成26年) 255 万円 〜 401 万円 2013年(平成25年) 235 万円 〜 376 万円 2012年(平成24年) 271 万円 〜 381 万円 2011年(平成23年) 257 万円 〜 342 万円 2010年(平成22年) 実績不足で算出できません 走行距離別のランドクルーザー平均買取相場 走行距離別 査定相場・買取金額 10000 km 429 万円 〜 625 万円 20000 km 443 万円 〜 558 万円 30000 km 389 万円 〜 536 万円 40000 km 224 万円 〜 339 万円 50000 km 243 万円 〜 365 万円 60000 km 288 万円 〜 364 万円 70000 km 260 万円 〜 331 万円 80000 km 実績不足で算出できません 90000 km 204 万円 〜 282 万円 100000 km 192 万円 〜 248 万円 ランドクルーザーの買取・下取実績 ランドクルーザーの実際の買取価格はどれくらい?平均買取価格は?一般的にどれくらいのタイミングで売却を検討するの? ランドクルーザーの買取情報から、気になる「平均買取価格」「最高買取価格」「平均年式」「平均走行距離」「査定満足度」をまとめました。 4万km 査定満足度 4. 0 () 海外で人気が高いランドクルーザー 丈夫な車の代名詞でもあるトヨタのランドクルーザーは世界中の悪路を走破しています。 スパルタンな走行性能を持つ200系を筆頭にSUV的要素を強調したランドクルーザープラドまで幅広いラインナップが用意されています。 オフロードを走破する車としてだけでなくタウンユースでも使えることから中古車市場でも人気の高い車種です。 現行のランドクルーザーにはZX,AXGセレクション、AX、GXの4タイプですが、買取価格は最上級のZXが最も高くなっています。 6リットルのV8DOHC32バブルエンジンと6速オートマチックは4つのグレードに共通しています。 最高出力318馬力を発生するガソリンエンジンはオフロードから高速道路まで余裕を持って走る事が出来るパワーを持っています。 カタログには6速オートマチックとだけ記載されているのでマニュアル操作が出来ないと思われがちですが、シーケンシャルシフトマチックによってマニュアル操作のようなシフトチェンジをすることが出来ます。 市街地は燃費効率を向上させる6速オートマチックで、オフロードではシーケンシャルシフトマチックを使って状況に応じた細やかな運転が出来るのもランドクルーザーの特徴です。 ランドクルーザーのオフロードでの安全性と走破性は高く評価されていますが、それを支えているのが剛性が高いラダーフレームです。 従来から培われてきた安全技術に加えて現行のランドクルーザーには、トヨタセーフティーセンスP、雪道や悪路での横滑り防止、プリクラッシュセーフティーシステムといった最新の機能が搭載されています。 ZXとAXGセレクションには車速に応じてステアリングのギア比を自動的に調節してくVGRSが標準装備されています。 走行中の速度に合わせ最適なハンドル操作が出来るように作られたシステムですが、全長約5メートルというランドクルーザーの駐車の際にも効果を発揮します。 高速時の走行安定性を高めるこのシステムと思われていますが、超低速域での操作性が求められる駐車の際に取り回しを良くしてくれるのです。 こういった一寸した機能が買取相場を押し上げているのだと思います。 手軽に乗降出来るように乗降時の車高を低くする車高調整機能や最適な乗り心地が得られるAVSが装備されているので、サイズの割には扱いやす4輪駆動車といえると思います。 ランドクルーザーの人気モデル・グレード 年式が古くともランドクルーザーは海外で人気が高い車種なのでリセールバリューが他車種と比較して高く設定されています。 ZXが人気 その中でも最上級グレードのZXは買取相場がたかく人気があります。 その理由は装備がずば抜けて豪華であるからです。 例えば、寒冷地には欠かす事が出来ないシートヒーターですがフロントシートとセカンドシート左右席に標準装備として用意されています。 車高の調整を自動で制御してくれる4輪アクティブ・ハイト・コントロール・サスペンション&アダプティブ・バリアブル・サスペンション・システムが標準装備されているのも最上グレードの特徴です。 インテリアに高級感 ZXのインテリアにはこれまでランドクルーザーにはなかった素晴らしさがあります。 ランドクルーザーシリーズの最上級車であるZXには三色から選ぶことが出来るセミアニリン本革シートやオーナメントが用意されています。 内装色は4色から選ぶことが出来ます。 落ち着いた雰囲気の室内は正に高級車そのものであり、従来の4輪駆動車が持つ武骨なイメージとは一線を画す特別な車です。 室内を一度見れば、ZXの買取価格が他のグレードよりも一段高く設定されている事が理解できると思います。 車高が高いランドクルーザーはドライブをしても乗用車とは違った風景を見る事が出来るといった点も魅力です。 ランドクルーザーの中古車相場の傾向 買取相場の変動から傾向を紹介 しっかりとした実需があるランドクルーザーの買取相場は安定しています。 値崩れがとても小さいという車であるといっていいと思います。 一般的な中古車の価格は10万kmを超えた辺りから買取価格の下げ幅が大きなっていく傾向があります。 しかし、その下落幅を一般的な中古車とランドクルーザーで比較すると後者の下げ幅がとても小さい事がわかります。 理由は10万km超えたランドクルーザーでも海外からの強い需要があるからです。 それ故に、10万キロを超えたランドクルーザーにも相応の買取価格がついるのです。 実用性が高いランドクルーザーは車検を機に手放すといったユーザーも少なく、中古車として出回る数が一般的な乗用車と比べると極端に少ないのです。 丈夫な車をオーナーが大切に乗っているので買取に出される数も自ずと少なくなるという事なのだと思います。 しかし、リセールバリューの高いランドクルーザーですが査定価格が下がるときもあります。 それは、大きなモデルチェンジがあったときです。 モデルチェンジという出来事によって買取相場に変化が出てくます。 これまでのところランドクルーザーのモデルチェンジまでの期間はとても長いと思いますが、ここが大きなポイントになると思います。 トヨタの人気ランキング車種買取相場•

次の

ランドクルーザーの買取価格・査定相場|ランドクルーザーの中古車の高額買取・高額査定ならグーネット

ランドクルーザー 査定

ドイツ• アメリカ• イギリス• イタリア• フランス• スウェーデン• オランダ• 南アフリカ• スペイン• ロシア• ベルギー• カナダ• ニュージーランド• チェコ• オーストラリア• オーストリア• その他• サイズ感、パワーともに迫力があり、オフロードの走行を期待するドライバーをうならせます。 雪山をタフに攻めたいスキーやスノーボード遠征、また強風や潮風を気にせずサーフィンに向かう際など、心強いパートナーになるのではないでしょうか。 そんなランドクルーザーですが、実はとても歴史がある車種です。 現行車こそ現代的でたくましい印象ですが、車種としてのデビューは1955年と古く、当時のデザインはレトロで繊細な雰囲気を感じさせます。 時代を経て進化を遂げた歴史ある1台で、オールドファンも少なくありません。 「威風堂々」というテーマが掲げられている通り、ランドクルーザーはその存在感が印象的です。 大型のグリルに、洗練された強力な光を放つLEDヘッドランプ、LEDフロントフォグランプ、そして高く設定された車高は、一般的な大型車と一線を画すオーラを放ちます。 ワンランク上のアウトドアを楽しみたい人に、最適ではないでしょうか。 たとえば4. 6リットルV8エンジンは、アルミダイキャストブロック、「Dual VVT-i」こと吸・排気連続可変バルブタイミング機構の採用により、同排気量における最高水準クラスの動力性を実現しました。 長距離のドライブに大きく影響するのが燃費性能です。 ランドクルーザーは、「スーパーインテリジェント6速オートマチックトランスミッション<6 Super ECT>+シーケンシャルシフトマチック」採用により、走行条件にかかわらず柔軟に低燃費ドライブを実現します。 リッター約6. 8キロの低排出ガス車の認定を受ける燃費性かつ、パワフルな走行性能を誇るランドクルーザーは、機能面で優れた1台です。 高額査定を狙う秘訣・トヨタランドクルーザーの場合 トヨタランドクルーザーの売却査定時、事前に愛車の状態確認とエンジンのオーバーホールが買取価格を左右します。 よりよい査定価格を付けるためのポイントは以下の通りです。 特に状態確認したいポイントは、トヨタランドクルーザーのタフさを支えるエンジン面です。 さまざまな環境で酷使したエンジンにはダメージや負荷がかかります。 査定時にマイナスの影響を受ける可能性も高いので、査定を依頼する前にオーバーホールしておくと良いでしょう。 エンジンのオーバーホールは特殊なメンテナンスであるため、それなりの費用もかかります。 しかし、ランドクルーザーのようなクラスの車種ならば、エンジンのオーバーホールをしても査定額でお釣りが来る可能性があるのです。 トヨタランドクルーザーは、カラーによる査定額への影響も少なくありません。 メインカラーのホワイトパールクリスタルシャインほか、計9つのカラー展開があります。 もしあなたの車が、人気ラインであるホワイト系、またはブラック、ベージュマイカメタリックといった種類であるなら、査定価格にも好影響を与えるはずです。 もし人気カラーのランドクルーザーに乗っている場合、買取査定時に強気で交渉してみるのもよいでしょう。

次の