スーパー カブ c125 カスタム。 スーパーカブC125を購入しました

ホンダ スーパーカブC125新型! 燃費や最高速などの最新情報です

スーパー カブ c125 カスタム

ビジネスバイクじゃない、遊ぶためのスーパーカブC125 なんだかすごいカブが出てきたもんだ。 スマートキーとパンクに強いチューブレス化を可能とするキャストホイールをスーパーカブとして初採用。 しかもよくよく見ればこのホイール、一度塗装をしてから部材を切削して金属地を見せるという実に手間のかかった加工がほどこされている。 それだけじゃない。 鉄ではなくステンレスマフラー。 クランクケースやチェーンカバーの梨地仕上げなどなど。 それもそのはず、このスーパーカブC125、先に発売されたモンキー125同様、タイをはじめとするアジア市場では、完全に趣味領域の高級車として位置付けられている。 なんでも、タンデム仕様なのは日本国内向けだけで、海外ではリヤキャリアもオプション扱いだとか。 ここまでくると税込39万9600円という価格も安く見えてくるから不思議。 まぁ、タイ生産だからこの価格ともいえないこともないが、ここまでスペシャルな装備でこの価格に収まっているのはホンダの企業努力としか言いようがない。 ちなみにこのC125。 生産試作車という注釈付きではあるが試乗もできた。 走り出して感じたのは、現行の110系よりも排気量が大きくなった125㏄エンジンの余裕だ。 あくまで生産試作車のため、細かなフィーリングなどに触れるつもりはないが、それでもやはり発進時などで加速の力強さは十分に感じる。 110系の穏やかな加速フィーリングとは一味違う、スーパーカブに仕上がっていることは確かだ。 この速度域での快適性や走りやすさのためにフレームは110をベースにネック部分とエンジンハンガー部の剛性を強化している。 やっぱり初採用のスマートキーもかなり便利。 もちろんキーを取り出す必要がないというスマートキー本来の使い勝手はもちろんなのだが、スマートキーを使用したシートロックも搭載されたのだ。 つまり給油時にいちいちフューエルキャップにカギを差す必要がなくなった。 おまけにシートロックが可能になったことで、ヘルメットホルダーやサイドカバーのワンタッチオープン機能など、新機能が盛りだくさん。 それにディスク化されたブレーキの制動フィーリングも新感覚だ。 従来のワイヤー駆動のドラム式ブレーキにはないカッチリ感がなんだか上品。 ただすごいと思うのは、ここまでカブらしからぬ装備がおごられていながら、走ってみればきちんとカブらしさが残っていること。 このモデルをモーターサイクルショーで見たときにはなんだかデカイな…、これがカブなの?なんて思ってみたりもしたのだが、乗ってみれば、やっぱりカブなのである。 ちゃんとカブらしさがそこにあるのだ。 コレはコレでアリ。 一人のカブオーナーとしての率直な感想である。

次の

スーパーカブC125をカスタム 17T交換編: CUBれてます

スーパー カブ c125 カスタム

ビジネスバイクじゃない、遊ぶためのスーパーカブC125 なんだかすごいカブが出てきたもんだ。 スマートキーとパンクに強いチューブレス化を可能とするキャストホイールをスーパーカブとして初採用。 しかもよくよく見ればこのホイール、一度塗装をしてから部材を切削して金属地を見せるという実に手間のかかった加工がほどこされている。 それだけじゃない。 鉄ではなくステンレスマフラー。 クランクケースやチェーンカバーの梨地仕上げなどなど。 それもそのはず、このスーパーカブC125、先に発売されたモンキー125同様、タイをはじめとするアジア市場では、完全に趣味領域の高級車として位置付けられている。 なんでも、タンデム仕様なのは日本国内向けだけで、海外ではリヤキャリアもオプション扱いだとか。 ここまでくると税込39万9600円という価格も安く見えてくるから不思議。 まぁ、タイ生産だからこの価格ともいえないこともないが、ここまでスペシャルな装備でこの価格に収まっているのはホンダの企業努力としか言いようがない。 ちなみにこのC125。 生産試作車という注釈付きではあるが試乗もできた。 走り出して感じたのは、現行の110系よりも排気量が大きくなった125㏄エンジンの余裕だ。 あくまで生産試作車のため、細かなフィーリングなどに触れるつもりはないが、それでもやはり発進時などで加速の力強さは十分に感じる。 110系の穏やかな加速フィーリングとは一味違う、スーパーカブに仕上がっていることは確かだ。 この速度域での快適性や走りやすさのためにフレームは110をベースにネック部分とエンジンハンガー部の剛性を強化している。 やっぱり初採用のスマートキーもかなり便利。 もちろんキーを取り出す必要がないというスマートキー本来の使い勝手はもちろんなのだが、スマートキーを使用したシートロックも搭載されたのだ。 つまり給油時にいちいちフューエルキャップにカギを差す必要がなくなった。 おまけにシートロックが可能になったことで、ヘルメットホルダーやサイドカバーのワンタッチオープン機能など、新機能が盛りだくさん。 それにディスク化されたブレーキの制動フィーリングも新感覚だ。 従来のワイヤー駆動のドラム式ブレーキにはないカッチリ感がなんだか上品。 ただすごいと思うのは、ここまでカブらしからぬ装備がおごられていながら、走ってみればきちんとカブらしさが残っていること。 このモデルをモーターサイクルショーで見たときにはなんだかデカイな…、これがカブなの?なんて思ってみたりもしたのだが、乗ってみれば、やっぱりカブなのである。 ちゃんとカブらしさがそこにあるのだ。 コレはコレでアリ。 一人のカブオーナーとしての率直な感想である。

次の

スーパーカブC125を購入しました

スーパー カブ c125 カスタム

ホンダ スーパーカブC125は2019年モデルとして、昨年6月に パールカデットグレーの新色が追加発表されました。 では、2020年の新型モデルはどうなるの? すでにタイや欧州ではすでにラインナップされている パールシャイニングブラックが 新型として追加発売されることになりました! モンキー125も4月にブラックカラーが発売します。 追いかけるようにスーパーカブC125も同色のブラックが決定しました。 2020年は、カラー追加のマイナーチェンジだと思れます。 現行カラーも含めたラインナップは? 発売日と価格は? 燃費や最高速度はどれくらい・・・ 中古はもうあるの? こんな気になる点をお答えします! 本記事の内容 1. スーパーカブC125と新型モデルの基本情報(発売日、価格、カラーやスペック、燃費、足つきなど) 2. スーパーカブC125の燃費は? 3. スーパーカブC125とスーパーカブ110、どっちにする?違いと魅力をお伝えします 4. スーパーカブC125の最高速は? 5. スーパーカブC125の中古情報は? 6. スーパーカブC125カスタム• スーパーカブC125の基本情報 スーパーカブC125カラー パールシャイニングブラック ( 2020年新型モデルカラー) パールニルタバブルー(既存のモデルカラー) パールカデットグレー(既存のモデルカラー) 引用元:HONDA URL 「パールシャイニングブラック」なかなかかっこいいですね! ブラックは、すでにラインナップされているタイ仕様モデルですが、日本仕様では、リアキャリアとタンデムステップが追加された既存タイプと同じ仕様で発売されると思います。 ブラックが追加されて三色展開になると思いますが・・・ 情報がわかり次第アップしますね。 スーパーカブC125発売日 新カラー パールシャイニングブラック: 2020年7月? スーパーカブC125スペック 従来色のスペックです。 1kw[9. 9kw[8. 5N・m[0. 7 4. スーパーカブ110よりシート高が4. 5㎝高いので若干悪いですね。 車重が軽いので問題ないと思います。 下はクロスカブの足つきです。 引用元:モーターファンURL スーパーカブC125はかなり進化しています。 気になるパーツ類の画像を下に載せておきました。 ・LEDヘッドライト ・メーター ・スマートキーシステム ・リアキャリアとテールランプ ・アルミキャストホイールとチューブレスタイヤ ・タンデムステップ カブとは思えない装備が魅力です。 LEDヘッドライト 引用元: Honda The Power of Dreams URL メーター 引用元: Honda The Power of Dreams URL スマートキーシステム 引用元: Honda The Power of Dreams URL リアキャリアとテールランプ 引用元: Honda The Power of Dreams URL アルミキャストホイールとチューブレスタイヤ 引用元: Honda The Power of Dreams URL タンデムステップ 引用元: Honda The Power of Dreams URL スーパーカブC125燃費 スーパーカブC125タンク容量が3. 7Lになります。 走り方にもよると思いますが1リッター55~65㎞ぐらい走ります。 タンク容量が3. 7L、単純計算すると満タンで約200~240㎞走ることになります。 通勤や、普段使いには十分な燃費です。 スーパーカブC125とスーパーカブ110、どっちにする?違いと魅力をお伝えします どちらも魅力的ですが、僕が買うとしたらスーパーカブC125になります。 排気量が125ccで装備の完成度が非常に高いと思います。 スタイルもスポーティーで身近な足って感じを超えています。 僕の県でも県外からのスーパーカブC125でのツーリング最近多いですよ。 スーパーカブ110もクラッシックな感じが魅力です。 リトルカブを乗っていた僕はスーパーカブ110の方がしっくりくるのかも? これは現物を見て決めるしかなさそうですね。 スーパーカブC125の最高速度 サーキット走行で101㎞ぐらい出てますね。 通常の道路で車の流れの乗るのには十分なパワーだと思います。 スーパーカブC125中古情報は? 2018~2019年モデルの新古、走行距離少な目で総支払額35~40万ぐらいですね。 中古車は買った後のメンテナンスをしっかりしてくれるところを選びましょうね。 ネットでしっかり調べてバイク屋さんをのぞいてみるのもいいと思いますよ。 スーパーカブC125カスタム スーパーカブC125 カスタムパーツ おすすめのカスタムパーツは以上の12種類になります。 汎用の商品もありますので購入するときは確認してくださいね。 スーパーカブC125 カスタムマフラー おすすめマフラーは以上の3種類になります。 ご購入されるときは型番を確認してくださいね。 下は検索リンクになります。 まとめ スーパーカブC125非常によくできたバイクだと思います。 LEDヘッドライトにカブとは思えないメーター アルミキャストホイールとチューブレスタイヤ! かなり進化したカブです。 スポーツタイプカブですね。 カブ好きからしたらいろいろ意見があると思いますが、進化したカブとしてみるとかなり魅力的だと思います。 興味のある方はバイク屋にGOですね。 また新しいことがわかりましたら随時アップしていきます。 質問や疑問がありましたらコメントしてね。 ツイッターもしていますので見てくださいね。

次の