お 小遣い 稼ぎ の 甘い 声。 ブログ記事でお小遣い稼ぎは甘い?どのくらい収益が出るのか暴露

お小遣い稼ぎの甘い声 [花潜(兎耳山アキジ)]

お 小遣い 稼ぎ の 甘い 声

テンゴのゴットー、ピンのワンスリー、友情を壊しかねない東一の親ッパネ。 どうしてこの時期にそんな脇の甘いことをこのレベルのひとがしてしまったんだろう?謎は深まるばかりですが、ちょっとタイムリーな麻雀についてのお話です。 想像ではなく、18歳~25歳の頃それなり麻雀にハマりまくった経験をもとに書きます。 もう10年以上麻雀を打っていませんし、品行方正な私はもちろんお金を賭けたことはありません。 いつもマッチ棒とかおやつとかを賭けていました。 ですのですごく勝ったとか負けたとかという話は得にありません。 ただタンタンと日々麻雀を打っていただけです。 従いましてこの記事は麻雀とレートの解説記事になります。 お読み頂いても特に面白エピソードは無いことをご承知おき下さい。 麻雀愛好家だった私 もう10年以上打っていない麻雀。 最後に麻雀を打ったのはいつだろう? 大学生の頃、私は麻雀が大好きだった。 18歳~20歳の頃は大学の仲間と麻雀に没頭した。 仲の良い友人はみんな麻雀大好きで、365日のうち、200日は誰かの家で麻雀をしていた。 一度集合すると昼夜問わず10時間でも20時間でも30時間でも、場所提供者可能な限り打ち続ける。 というより場所提供者が外出しても打ち続ける。 年間1500時間~2000時間ほどは卓を囲んでいただろうか。 4人が麻雀をし、メンツからあぶれた奴は『信長の野望』でガチンコ全国統一勝負をする(人対人で信長の野望をやると決着がつかずそのうちお蔵入りとなった)。 2000年前後で今ほど娯楽が無い時代。 大学の友人もバイトの友人もみんな麻雀が大好きで、なんとなく麻雀サークル的なコミュニティが形成され、全員で切磋琢磨した。 みんな貧乏なのでレートは学生らしく 点5の5、10。 マッチ棒の取り合い。 半チャン(1回1時間~2時間の勝負の単位)で勝っても負けても 2,000~3,000円みかんとバナナをやりとりするくらい。 そして1回毎に清算はせず、終了時にまとめて清算をする。 結果は全て『麻雀ノート』に記録され、誰が最も勝率が高いか、誰が最もヘタか記録に残され、データベース化されていく。 時々勇者が現れる。 「なあ、バイト代入ったし今日は ピン吉野家おごりで打たねーか?」 「OK、じゃあ ピンのワンスリー吉野家おごりな」 こうなるとちょっと真剣勝負となる。 「ローン!!親ッパネ~~~~!!は~い18,000て~ん!!!ダッダ、ダッダダ、ダダ、ダダダダダダダダ。 くっ…。 まだ東1なのに親ッパネを振り込んでしまった。 おちゃらけてロンする相手をぶん殴ってやりたい。 がしかし仕返しは麻雀でなくてはならない。 24,000点。 ありがとうヘタクソチン〇くさ太郎くん。 」 言葉に最大限の侮辱を込めてやり返す。 友情が軋む。 そうして夜は更けていき、朝になり、そして夜になる…。 ルールを簡単に解説 麻雀は原則として4人でプレイする、34種136枚の牌を使って遊ぶゲームだ。 基本的ルール 同じ種類の牌を3つ、もしくは同じ種類の数字の続きを3つ、あるいは違う種類の同じ数字を3つ。 これを1つのカタマリとし、4つ作る。 それとは別に同じ種類の同じ数(もしくは同じ字牌)を2つ揃える。 これを1カタマリ。 揃える組み合わせの難易度によってあがった(1番に牌の組み合わせを作ること)ときに得られる(相手から奪う)点数が変わる。 高難易度ほど高得点。 あがるのは自分で牌を引く順番で牌を引き入れても、相手が捨てた牌でも可能。 14牌を誰が1番に作るか競い合い、誰かがあがるとゲームはいったんそこで終了。 ゲームの最小単位を『局』と呼ぶ。 局それぞれに『親』が決まっていて、1局ことに右回りに親の権利が順番に移動していく。 親で上がれば得られる得点は1. 5倍となるため、基本的に自分が親番の時は大量得点獲得のチャンスであり、勝負の局である。 親番であがれば、親番の権利は維持され続けるため、一気に勝負を決めるチャンスでもある(これを親の連荘と呼ぶ)。 局を4人で2周、すなわち親の連荘が無ければ局が8回行われる。 この単位を『半チャン』と呼び、基本的にはこれが勝負の最小単位となる。 つまり『半チャン』で1つの勝負が終わり、その時点で所有する点数の多寡で順位が付けられ、点数により清算される。 持ち点と点数清算 持ち点は25,000点。 清算は30,000点返しが主流(だと思う)。 この5,000点の差額がTOPに対するボーナス点となる(オカ)。 最初に25,000点を持って勝負がスタートされる。 たとえば半チャン終了時に 1位 46,000点 2位 32,000点 3位 18,000点 4位 4,000点 だった場合、4位は4,000-30,000=-26,000点、3位は18,000-30,000=-12,000点、2位は32,000-30,000=+2,000点となる。 (26,000)+(12,000)+(-2,000)=36,000点。 TOPは+36,000点。 役と点数 難易度の高い役を完成させあがることにより、得られる点数は変わる。 点数が変動する単位を『ハン』と呼び、多いほうが高得点となる。 1ハン・・・1,000点• 2ハン・・・2,000点• 3ハン・・・3,900点(ザンク)• 4ハン・・・8,000点(満貫)• 6ハン・・・12,000点(ハネ満)• 8ハン・・・16,000点(倍満)• 11ハン・・・24,000点(3倍満)• 14ハン・・・32,000点(数え役満) 親であがればこの1. 5倍の点数を得ることができる。 その他 ドラ、裏ドラ、ハコワレ、縛り、アリアリ、ナシナシ、ツモピン、ワレメ、ヤキトリ、責任払い…。 基本ルールに加えてその他にも様々な追加ルールがあるがキリがないため割愛する。 が、 『ウマ』だけは重要なので次に記す。 レート 私自身はマッチ棒とおやつしか賭けたことがないのだが、世の中一般的なレートとそのレートでどのような層が遊ぶかをご紹介する。 点3の300・500 初心者が「点3やからこんなん遊びやって~」と先輩に誘われて麻雀を覚えるときに適応される超初心者レートである。 1,000点=30円。 先ほどの点数に当てはめると• これに 『ウマ』が加わる。 300・500とは4位は1位の者に追加で500円支払い、3位は2位の者に追加で300円を支払う、ということ。 すなわち• 1半チャンが2時間、通常は2~3半チャンと回数を決めて麻雀を始めることが多いので、どんなに勝ちが重なる、あるいは負けが重なっても5,000円までのレートである。 点5のゴットー(500・1000) 麻雀を愛する大学生が日々採用する一般的なレートである。 1,000点=50円。 ウマが500円、1,000円となる。 これをあてはめると• 点3の300・500と大きく変わりはない。 2~3半チャン(4~6時間)であればどれだけお金が動いても10,000円以内。 15分で1万円が溶けるパチンコ、青天井で掛け金を賭けることができる公営ギャンブルと比較すると非常に健全なレート。 大学生が和気あいあいと仲間内で卓を囲んで楽しく打つレートと言えよう。 ピンのワンスリー(1,000円・3,000円) 麻雀を愛する大学生がバイト代が入った時に時々戦う真剣勝負のレートであり、社会人の一般的なレートでもある。 1,000点=100円。 ウマが1,000円、3,000円。 勝負を2~3半チャンと仮定すると動く金額は4~6時間でMAX20,000円。 これが今回のタイムリーな話題における、法務省が摘発対象では無いと見解してしまった 『 もちろん許されるものではないが、社会の実情を見たところ必ずしも高額とは言えない』にあたる。 リャンピンのサブロー(3000・6000) 一般的な学生のレートではない。 麻雀が大好きな一般的な社会人にもちょっと高額に感じるレート。 この辺からがギャンブル色の強くなるレートである。 1,000点=200円。 ウマが3,000円、6,000円。 勝負を2~3半チャンと仮定すると動く金額は4~6時間でMAX40,000円。 いかがだろうか?この辺のレートから一気にギャンブル色が強くなる。 過去に某漫画家が雀荘でいきなり摘発されたレートでもある。 『お金を賭けて麻雀をする』ことの是非や法的な解釈は置いておいて 「ピンのワンスリー」と「リャンピンのサブロー」が『社会通念上適切と言える範囲か、遊びと思われる範囲か否か』の分かれ目となるレートと言えよう。 デカピンのイチマンサンマン(10,000・30,000) ここまでくると社会通念上の「遊び」「適切」の範疇を大きく超え、誰が見ても「賭博」と言えるレートである。 1,000点=1,000円。 ウマが10,000円、30,000円。 4~6時間で20万円までの金額が動く高レート麻雀。 今回タイムリーな話題となっている麻雀の追及が国会内でどこか生ぬるいのは、国会議員の先生方は打つレートなのかもしれないし、そうではないのかもしれない。 ここから先も『デカウーピンの・・・』と言葉としては知っているがもう想像の世界。 『アカギ』『カイジ』の世界に片足を突っ込んでいく世界と言えよう。 同情的に思ってしまう 世の中的には仲間内であってもフリー麻雀であっても点5のゴットーかピンのワンスリーが一般的なレートと思われる。 人口580万人とされる麻雀愛好家の中では、どちらかのレートで麻雀を楽しむ層が最も多いだろう。 (もちろんお金を賭けず賞金獲得を目指すプロリーグも発足し知的ゲームとして楽しむ層も多いが) 麻雀でお金を賭けるのは合法ではない。 法律では1円でもお金を賭ければ賭博罪とされている。 しかしパチンコや合法化されている公営賭博と比較すると市場(雀荘)は560億とはるかに小さく、レートを守って楽しく遊ぶ分には健全性の高い遊戯だと思う。 『いや!脱法は脱法だ!!』という声もあり、それは間違いない。 しかしその声をあげるひとに 『ではあなたは道路交通法に従って制限速度を1kmでもオーバーしたことが無いのか?』と問われると 『今までに1度もありません』という人は皆無と思う。 運転中にうん〇が漏れそうで思わず速度を出すこともあるだろう。 『そうですか。 ひとを跳ねてしまうかもしれない凶器をあなたは法律で定められた法定速度を守らず運転したことがあるのですね』という訳の分からない飛躍した話になってしまう。 道路交通法に違反する行為も脱法行為に違いないが、万人が『制限速度50kmを51Kmで走ること』に対して見逃してもらっていることになる。 それは社会通念上の適切な速度の範囲内であり、それを取り締まるパワーをもっと別のことに向けるほうが有益だから。 一部例外を除き「1㎞超過すること」に関しては法律の定めを逸脱していることに対して 万人が平等に今日も日本全国で見逃してもらっている。 麻雀も同じで『どこが見逃してもらえる範囲内か』と考えたときに• 『大学生や一般社会人のレートの点5のゴットーやピンのワンスリー』まではOK• 『リャンピンの3000・6000は逸脱している』 というひとつのラインが間違いとはあながち言えないだろう。 今タイムリーな話題となっている賭け麻雀問題において常習賭博の刑事告訴をする動きがある。 「一般市民としては見過ごせない」とのことだが、一般市民のひとりに違いない私としては 「へ?ピンならその辺の大学生や社会人で麻雀好きな人、みんな同じレートで打っとるやん。 それ言うと一般市民みんな告発せんといけんくなるよ。 (一般市民の代表ヅラせんといてくれ少なくとも一般市民のひとりである俺は全く望んでないよ)(あんたら1kmOVERしたことないんか)。 」 もっとストレートに言うと 『ピンで麻雀楽しんでいたおじさんをわざわざ刑事告発までせんであげといてくれ』と思ってしまう。 不思議に思うのが脇の甘さ。 このレベルのひとがなぜ自らの首を絞める行為を? レートが本当にピンだったか?については完全に想像だがおそらく本当にピンだったのだろうと思う。 ピンとリャンピンのラインを意識しているからこそ『ピンまでなら大丈夫』『リャンピンはヤバい』という解釈が働き、自らのセーフティーラインがマヒしてしまったのだと勝手に妄想する。 意外だったのが犬猿の産経と朝日の記者が麻雀仲間であること。 まとめ 世間一般で行われる麻雀のレートについて解説させて頂きました。 元麻雀好きとしてはどうしても同情的になってしまうのですが、麻雀は3密であることに間違いはありません。 この外出自粛期間中に模範となるべき立場の人間がそれを犯してしまうことについては残念な思いです。 ただ『法曹界のTOPによる賭博行為の悪影響』『癒着』といった話と『点ピン麻雀を楽しむひとは罰せられるべきか』は別の話だとも思うわけです。 果たして、刑事告発されるような事案なのか?これまでの人生を捧げて得る権利の退職金を返上しなければいけない事案なのか? 自分はとてもそこまでとは思えない…。 まあ価値観は人それぞれか。 今回の麻雀のレートの話は麻雀をご存じの方には(お金を賭けたことが無い方も知識として)当たり前の話だと思います。 全くご存じない方に向けてご説明させて頂きました。 皆さんの感覚と比べてどうでしょう?ズレてますかね~? isative.

次の

(C93) [花潜 (兎耳山アキジ)] お小遣い稼ぎの甘い声

お 小遣い 稼ぎ の 甘い 声

ブログ記事でお小遣い稼ぎはできるのか【できるのはできる】 ブログ記事でお小遣い稼ぎはできるのか…結論としては、できるのはできます。 ただ、 気軽にちょっと書いてすぐに稼げるのを期待している人はもう離脱または下の「ブログ記事でお小遣い稼ぎしたい人は最初はライターが良い」からチェックしてください。 ブログ記事でお小遣い稼ぎ程度は稼げる【作業量は必要】 ブログ記事でお小遣い稼ぎ程度ははっきり言って稼げます。 お小遣い稼ぎとはどのくらいか… わたしのイメージでは5,000円~30,000円程度ですね。 このラインははっきり言って稼げます。 ただし、ブログ記事でお小遣い稼ぎしたいなら、作業量はある程度必要です。 わたしは現在、毎日、ブログ記事を最低でも1記事作成、1記事3,000文字前後作成しています。 ただ、最初の頃は毎日記事作成はしておらず、1週間に2記事程度でした。 それでも、3か月程度で1万円弱くらいの収益になりました。 ちょっと切るくらいでしたかね。 これにはちょっと理由があります。 ブログ記事でお小遣い稼ぎしたいなら雑記より特化ブログ【その理由は】 ブログ記事でお小遣い稼ぎしたいならこちらのブログのように雑多な雑記ブログより、特化ブログがおすすめです。 というのも、雑記ブログの方ではわたしは稼いでいません。 特化ブログでは毎日更新していなくても、3~4か月で収益は発生するのではないかなと思います。 というのも、その分野で特化しているため、アクセス自体が少なくても収益が発生しやすいんです。 先月は2つのブログを合わせて3万円程度なので、ちょっと少なめですね。 もちろん、すべての人が絶対に収益が出る!と保証するものではありません。 ただ、コツをつかめば収益は徐々に増えていくと思います。 最初はPVもなく、収益もなく、続けるのがつらい…となる人はおすすめしません。 3か月はPVもほとんどなし、収益なしの人がほとんどです。 なので、何も知識がない方は3か月は収益がないなんて!と思われるかもしれませんが、その覚悟がない人はやめた方が良いです。 ブログ記事でお小遣い稼ぎよりパートの方が良いと思う人も 上記の通り、最初はまったく稼げません。 なので、ブログ記事でお小遣い稼ぎよりもパートの方が良いと思う人も多いでしょう。 うちの夫も「パートの方が良いんじゃない?」と言っていました。 という理由があり、パートに出るのは難しいなと思いました。 また、わたしは元々ライターをしていたので、ブログ運営も良いなと思って始めたのです。 ブログ記事でお小遣い稼ぎができ始めるのは3か月目くらいから ブログ記事でお小遣い稼ぎができ始めるのは早くても3か月くらいからと考えた方が良いです。 わたしは元々ライターだったので、1か月目から収益が出ました。 と言っても、数百円程度です。 スポンサーリンク 2か月目で3,000円くらいで、3か月目で9,000円弱でした。 ただし、わたしはライターもしていたので、こちらと合わせてだったので、そこまで収益なくてつらい!と思わなかったです。 ブログだけでいきなり収益をたくさんほしいと思う人はちょっとやめた方が良いですね。 ブログ記事でお小遣い稼ぎをしたい人はどうすればいい? ブログ記事でお小遣い稼ぎしたい人はどうすればいいのか…以下の通りなので、参考にしてください。 ブログ記事でお小遣い稼ぎをしたいならWordpress【長い目で見ると】 ブログ記事でお小遣い稼ぎをしていきたいなら、断然、Wordpressです。 などの理由からいきなりブログ削除されるのは厳しいなと思い、Wordpressでやっています。 また、先々、Wordpressの方が検索順位も上がりやすいようです。 なので、Wordpressでやるのがおすすめ。 ただ、ブログの書き方がよくわからない…という人はseesaaブログなどの無料ブログで練習するのも良いかもです。 わたしも最初練習がてらseesaaブログを活用していました。 また、アフィリエイトでの本人が購入しても成果が発生するもので、Wordpressのブログに投稿したくないほど薄い内容のブログをあげるときにも使っています。 つまり、低価格または無料で商品を手に入れることができます。 初心者に使いやすいのはA8. netなので、まずはA8. netに登録がおすすめ。 (ブログ全体の評価が下がるため なので、無料ブログとWordpressを併用しても良いかなと思っています。 >> ブログ記事でお小遣い稼ぎしたい人は最初はライターが良い ブログ記事でお小遣い稼ぎしたい人は愛所はライターをすると良いです。 というのも、以下の理由があるから。 などのメリットがあります。 わたしはライターを3年以上しており、最初は2,000文字書くのに3日程度かかっていました。 ただ、徐々に慣れてきて1日1万文字書くのは当たり前になってたので、かなり鍛えられました。 もちろん、1万文字書くとクタクタになりますし、かなり大変です。 なので、ぶっちゃけきついです。 ですが、ライターは文字を量産するだけでOKなので、いきなりブログで大量な文字を書くよりもライターで文字数を多くするコツを学ぶのが良いです。 もちろん、ブログ1記事1万文字書く必要があるというのではなく、内容を濃くするとこれくらい行くということです。 ただし、3,000文字書いて記事を細かく分け、内部リンクをする方が読者的には読むのに疲れないかなと思います。 ライターでいきなり大量の文字量産がきつい!書くコツとは? 上記の話を聞くとライターでいきなり大量の文字を書くのはきついと思いましたよね? 机に向かって記事は書かないといけない、だから、時間を確保できないと記事はかけないと思っていませんか? いいえ、そんなことないんです。 などを行っているんです。 ライターの記事であれば、スマホだけでもOKかなと思いますし、ブログでも最終的に編集するときだけPCでやればいいかなと思います。 これなら小さい子がいても少しずつ記事が書けますし、ライターとしても活躍するのは夢じゃないですよね? ライターはどこで仕事を取ればいい?【ランサーズ・サグーワークスが良い】 ライターの仕事はどこで取ればいいのか…という問題ですが、定番としてランサーズ、サグーワークスが良いです。 ランサーズ、サグーワークスは文字単価が比較的高いのと、案件が多いからです。 わたしは元々、企業のホームページの募集からライターになりましたが、案件が少ないです。 また、昔はランサーズ、サグーワークスというサイトを知らなかったので、わたしはシュフティで仕事をもらっていましたが、とにかく単価が安いです。 最終的にわたしは1. 2円で仕事をしていましたが、ランサーズ、サグーワークスならこの単価はごろごろあります。 そんなにもらうのは不安…という場合でしたら、ランサーズ、サグーワークスの単価の低い案件からスタートするのも手ですよ。 徐々に書き方のコツなどもわかるので、レベルアップさせていきましょう。 でも、これだとどうしてもブログの更新がなかなかできない…と思い、現在はライター業をいったんお休みしています。 というのも、ある程度、ブログ記事を投入したいから。 集中して投入しておけば、毎月定期的にお小遣い稼ぎ程度の金額は入ってくるかなと考えています。 また、今後、特化ブログ自体を増やしておけば、リスクヘッジができます。 などもあるので、できれば毎月ある程度、収入が入るようにできるかなと思っています。 なので、もう少し集中して増やせれば良いかなと思っています。 ただし、お小遣い稼ぎの金額としては十分かな。 これくらいでいいという人、外に働きに行くのが難しい人はトライしてみてくださいね。 ライターではなくいきなりブログ記事でお小遣い稼ぎをしたいなら基礎知識を ライターではなく、いきなりブログ記事でお小遣い稼ぎをしたいなら基礎知識は必須です。 など、の知識は最低でも必要なので、おすすめのサイト、noteをちょっと紹介します。 マナブさんのnote・コミュニティがおすすめ ダントツでおすすめはマナブさんのブログ、note、コミュニティ、Youtubeです。 超詳しく書かれているので、はっきりいって他の人のブログ、noteを見る必要はないかも。 わたしももっと早くマナブさんのこと知りたかったです。 マナブさんのブログなら無料で学べますし、おすすめの本、導入したほうが良いものなどもほとんど網羅されているんじゃないかな。 また、noteも比較的手に入れやすい価格です。 これだけではまだまだ!もっと、ブログのことを学びたい、早く成果を出したいという人はマナブさんのコミュニティがおすすめです。 でも、まずはマナブさんのブログだけでも結構やることあるのでブログを見ることからスタートかな。 まとめ:ブログ記事でお小遣い稼ぎは外に働きに行けない人向け ブログ記事=カンタン&楽にお小遣い稼ぎできるというのは大間違いです。 ほとんどの人は挫折しますし、パートの方が手っ取り早いかなというのは確かかも。 でも、病気がちで外に仕事に出るのが難しい、子供たちが小さく預けるところがないなど、諸事情がある方にはおすすめです。 ただし、ある程度大変だということは考えておいた方が良いかもしれません。 もし、興味があるならとりあえず3か月程度やってみる、合わなければやめてしまうというのでもいいと思いますよ。 まずは第一歩を踏み出すのが大事です。

次の

社会人のお小遣い稼ぎ方法9つ

お 小遣い 稼ぎ の 甘い 声

ブログ記事でお小遣い稼ぎはできるのか【できるのはできる】 ブログ記事でお小遣い稼ぎはできるのか…結論としては、できるのはできます。 ただ、 気軽にちょっと書いてすぐに稼げるのを期待している人はもう離脱または下の「ブログ記事でお小遣い稼ぎしたい人は最初はライターが良い」からチェックしてください。 ブログ記事でお小遣い稼ぎ程度は稼げる【作業量は必要】 ブログ記事でお小遣い稼ぎ程度ははっきり言って稼げます。 お小遣い稼ぎとはどのくらいか… わたしのイメージでは5,000円~30,000円程度ですね。 このラインははっきり言って稼げます。 ただし、ブログ記事でお小遣い稼ぎしたいなら、作業量はある程度必要です。 わたしは現在、毎日、ブログ記事を最低でも1記事作成、1記事3,000文字前後作成しています。 ただ、最初の頃は毎日記事作成はしておらず、1週間に2記事程度でした。 それでも、3か月程度で1万円弱くらいの収益になりました。 ちょっと切るくらいでしたかね。 これにはちょっと理由があります。 ブログ記事でお小遣い稼ぎしたいなら雑記より特化ブログ【その理由は】 ブログ記事でお小遣い稼ぎしたいならこちらのブログのように雑多な雑記ブログより、特化ブログがおすすめです。 というのも、雑記ブログの方ではわたしは稼いでいません。 特化ブログでは毎日更新していなくても、3~4か月で収益は発生するのではないかなと思います。 というのも、その分野で特化しているため、アクセス自体が少なくても収益が発生しやすいんです。 先月は2つのブログを合わせて3万円程度なので、ちょっと少なめですね。 もちろん、すべての人が絶対に収益が出る!と保証するものではありません。 ただ、コツをつかめば収益は徐々に増えていくと思います。 最初はPVもなく、収益もなく、続けるのがつらい…となる人はおすすめしません。 3か月はPVもほとんどなし、収益なしの人がほとんどです。 なので、何も知識がない方は3か月は収益がないなんて!と思われるかもしれませんが、その覚悟がない人はやめた方が良いです。 ブログ記事でお小遣い稼ぎよりパートの方が良いと思う人も 上記の通り、最初はまったく稼げません。 なので、ブログ記事でお小遣い稼ぎよりもパートの方が良いと思う人も多いでしょう。 うちの夫も「パートの方が良いんじゃない?」と言っていました。 という理由があり、パートに出るのは難しいなと思いました。 また、わたしは元々ライターをしていたので、ブログ運営も良いなと思って始めたのです。 ブログ記事でお小遣い稼ぎができ始めるのは3か月目くらいから ブログ記事でお小遣い稼ぎができ始めるのは早くても3か月くらいからと考えた方が良いです。 わたしは元々ライターだったので、1か月目から収益が出ました。 と言っても、数百円程度です。 スポンサーリンク 2か月目で3,000円くらいで、3か月目で9,000円弱でした。 ただし、わたしはライターもしていたので、こちらと合わせてだったので、そこまで収益なくてつらい!と思わなかったです。 ブログだけでいきなり収益をたくさんほしいと思う人はちょっとやめた方が良いですね。 ブログ記事でお小遣い稼ぎをしたい人はどうすればいい? ブログ記事でお小遣い稼ぎしたい人はどうすればいいのか…以下の通りなので、参考にしてください。 ブログ記事でお小遣い稼ぎをしたいならWordpress【長い目で見ると】 ブログ記事でお小遣い稼ぎをしていきたいなら、断然、Wordpressです。 などの理由からいきなりブログ削除されるのは厳しいなと思い、Wordpressでやっています。 また、先々、Wordpressの方が検索順位も上がりやすいようです。 なので、Wordpressでやるのがおすすめ。 ただ、ブログの書き方がよくわからない…という人はseesaaブログなどの無料ブログで練習するのも良いかもです。 わたしも最初練習がてらseesaaブログを活用していました。 また、アフィリエイトでの本人が購入しても成果が発生するもので、Wordpressのブログに投稿したくないほど薄い内容のブログをあげるときにも使っています。 つまり、低価格または無料で商品を手に入れることができます。 初心者に使いやすいのはA8. netなので、まずはA8. netに登録がおすすめ。 (ブログ全体の評価が下がるため なので、無料ブログとWordpressを併用しても良いかなと思っています。 >> ブログ記事でお小遣い稼ぎしたい人は最初はライターが良い ブログ記事でお小遣い稼ぎしたい人は愛所はライターをすると良いです。 というのも、以下の理由があるから。 などのメリットがあります。 わたしはライターを3年以上しており、最初は2,000文字書くのに3日程度かかっていました。 ただ、徐々に慣れてきて1日1万文字書くのは当たり前になってたので、かなり鍛えられました。 もちろん、1万文字書くとクタクタになりますし、かなり大変です。 なので、ぶっちゃけきついです。 ですが、ライターは文字を量産するだけでOKなので、いきなりブログで大量な文字を書くよりもライターで文字数を多くするコツを学ぶのが良いです。 もちろん、ブログ1記事1万文字書く必要があるというのではなく、内容を濃くするとこれくらい行くということです。 ただし、3,000文字書いて記事を細かく分け、内部リンクをする方が読者的には読むのに疲れないかなと思います。 ライターでいきなり大量の文字量産がきつい!書くコツとは? 上記の話を聞くとライターでいきなり大量の文字を書くのはきついと思いましたよね? 机に向かって記事は書かないといけない、だから、時間を確保できないと記事はかけないと思っていませんか? いいえ、そんなことないんです。 などを行っているんです。 ライターの記事であれば、スマホだけでもOKかなと思いますし、ブログでも最終的に編集するときだけPCでやればいいかなと思います。 これなら小さい子がいても少しずつ記事が書けますし、ライターとしても活躍するのは夢じゃないですよね? ライターはどこで仕事を取ればいい?【ランサーズ・サグーワークスが良い】 ライターの仕事はどこで取ればいいのか…という問題ですが、定番としてランサーズ、サグーワークスが良いです。 ランサーズ、サグーワークスは文字単価が比較的高いのと、案件が多いからです。 わたしは元々、企業のホームページの募集からライターになりましたが、案件が少ないです。 また、昔はランサーズ、サグーワークスというサイトを知らなかったので、わたしはシュフティで仕事をもらっていましたが、とにかく単価が安いです。 最終的にわたしは1. 2円で仕事をしていましたが、ランサーズ、サグーワークスならこの単価はごろごろあります。 そんなにもらうのは不安…という場合でしたら、ランサーズ、サグーワークスの単価の低い案件からスタートするのも手ですよ。 徐々に書き方のコツなどもわかるので、レベルアップさせていきましょう。 でも、これだとどうしてもブログの更新がなかなかできない…と思い、現在はライター業をいったんお休みしています。 というのも、ある程度、ブログ記事を投入したいから。 集中して投入しておけば、毎月定期的にお小遣い稼ぎ程度の金額は入ってくるかなと考えています。 また、今後、特化ブログ自体を増やしておけば、リスクヘッジができます。 などもあるので、できれば毎月ある程度、収入が入るようにできるかなと思っています。 なので、もう少し集中して増やせれば良いかなと思っています。 ただし、お小遣い稼ぎの金額としては十分かな。 これくらいでいいという人、外に働きに行くのが難しい人はトライしてみてくださいね。 ライターではなくいきなりブログ記事でお小遣い稼ぎをしたいなら基礎知識を ライターではなく、いきなりブログ記事でお小遣い稼ぎをしたいなら基礎知識は必須です。 など、の知識は最低でも必要なので、おすすめのサイト、noteをちょっと紹介します。 マナブさんのnote・コミュニティがおすすめ ダントツでおすすめはマナブさんのブログ、note、コミュニティ、Youtubeです。 超詳しく書かれているので、はっきりいって他の人のブログ、noteを見る必要はないかも。 わたしももっと早くマナブさんのこと知りたかったです。 マナブさんのブログなら無料で学べますし、おすすめの本、導入したほうが良いものなどもほとんど網羅されているんじゃないかな。 また、noteも比較的手に入れやすい価格です。 これだけではまだまだ!もっと、ブログのことを学びたい、早く成果を出したいという人はマナブさんのコミュニティがおすすめです。 でも、まずはマナブさんのブログだけでも結構やることあるのでブログを見ることからスタートかな。 まとめ:ブログ記事でお小遣い稼ぎは外に働きに行けない人向け ブログ記事=カンタン&楽にお小遣い稼ぎできるというのは大間違いです。 ほとんどの人は挫折しますし、パートの方が手っ取り早いかなというのは確かかも。 でも、病気がちで外に仕事に出るのが難しい、子供たちが小さく預けるところがないなど、諸事情がある方にはおすすめです。 ただし、ある程度大変だということは考えておいた方が良いかもしれません。 もし、興味があるならとりあえず3か月程度やってみる、合わなければやめてしまうというのでもいいと思いますよ。 まずは第一歩を踏み出すのが大事です。

次の