クーバー コーチング。 ヘッドガード

クーバーコーチングの評判と実感、出身プロ選手

クーバー コーチング

こんにちは、シャベル ド クーロンです。 今回はクーバーグのメソッドについて考えてみるよ。 クーバーグ、少年サッカーに携わっている人なら一度は聞いたことある名前だね。 足下重視のトレーニングメソッドっていうイメージが強いね。 クーバーグは本とDVDしか確認してなくて実際のスクール練習を見ていないんだけどさ、そういう前提で今回の話は聞いてもらえるとありがたいな。 今回触れるのはボールマスタリーの部分ね(それ以外の部分は知らないんだよ、ごめんね!)。 クーバーグのボールマスタリーってコンセプトは凄く解りやすいし、これを徹底的に仕込めばどんな子でも一定以上のスキルを身に付けられると思う。 ただ、このボールマスタリーのメソッドを自分のチームにそのまま導入しようとするとたぶん上手くいかないんだろうな、と予想していたりするんだよ。 具体的にどういうことか説明していくね。 このメソッド自体は本当に優れているんだけどさ、サッカーっていうのは走る蹴るが一つになって成り立つものだから蹴るだけ練習しても試合で使えないっていうのがあるんだよね。 あと、クーバーのスクールでは対応しているんだろうけど、ボールマスタリーだけじゃ対人できないんだよね。 対人やらないと試合で困った状況を打ち破れないよね(脚注あり)。 ということで、こういう部分を改善した上でクーバーグのボールマスタリーを自分のチームの練習にどうやって取り込むかっていうことを考えてみたよ。 例えばクーバーの中では初歩中の初歩、トゥータップ。 最初はこれを一人で練習してマスターしてもらうんだけどね、その次はディフェンスを付けてやってみる。 ディフェンス付けるってイメージできないかもしれないけど、ディフェンスは30mくらい離れたところからボールホルダーのボールを奪いに行くっていう形にする。 一方、ボールホルダーはタップを10回してからじゃないとその場を動けない(ドリブルでかわせない)っていうルールにする。 こうすればボールホルダーは強制的にタップを早くする必要が出てくるよね。 結果タップが上手くなるんじゃないかな?ちなみにディフェンスの距離は30mに拘らないでボールにギリギリ間に合う距離を設定してあげてね。 タップの回数も10回に拘らないでギリギリ奪われる回数を設定してね。 こんな感じで他のタップも同様にやってみる。 というのを基本にして、ボールホルダーは抜くときに規定のタップのあと必ずカットドリブルやらビハインドやらで抜かないといけないっていうオプションを付ける。 こうすればクーバーボールマスタリーのトレーニングをベースにした実戦練習が出来るようになるんじゃないかな。 チームのレベルに応じてタップやスキルの難易度を変えてあげればバリエーションをいくらでも増やせるよ。 繰り返しになるけど、クーバーのボールマスタリーは本当に素晴らしいよ。 このメソッドを使わないのはもったいないから指導に上手く導入してあげてね。

次の

クーバー・コーチング・ジャパン サッカー 国分寺校《東京都国分寺市本多の子どもサッカースクール》

クーバー コーチング

2017年7月時点で、クーバー・コーチング・サッカースクールは日本全国に144校ありますが、そのコーチングメソッドは、多くのサッカー関係者から非常に高く評価されています。 ドリブル等の個人技術の育成を重視していることが特徴で、クーバーに通っている子どもは、巧みなボール扱いを見せることが多いですね。 一方では、 「足技にこだわりすぎるあまり、当たりに弱いところがある」 「決められた練習メニューをこなすだけで、自分で判断する力が伸びない」 「クーバーでは生き生きしていても、試合になると習得した技術を発揮できない」 そんな評判もあるようです。 では、実際のところはどうなんでしょうか。 スポンサーリンク 実は、私の子供も小学2〜4年生まで地元のクーバー・コーチング・サッカースクールに通っていたことがあります。 クーバーの特徴の1つに、レッスンの進め方がとことん 合理的にできていることが挙げられます。 子どもの成長段階に合わせた練習メニューがバランスよく組まれており、1クラスの人数20〜30人位に対して、必ず3人ほどのコーチがついて細やかな指導を行います。 また、よくサッカー少年団で見られるような、何十人も一列に並んでシュート練習を行うといった非効率なことはしません。 人数が多い場合は、列を増やして無駄な待ち時間を無くすことで、限られた練習時間でも 密度の濃いトレーニングを行えるよう工夫しています。 と、ここまではクーバーを絶賛することばかり述べてきましたが、実は「クーバーならどこでも間違いない」というわけではありません。 たしかに、どのスクール、どのコーチでも、一定レベル以上の指導スキルを持っていることは確かですが、 さらに上のレベルの指導を望む場合には、物足りなさを感じるコーチもいました。 私の子どもが小学4年でクーバーを辞めたのも、この「物足りなさ」が一番の理由だったのです。 実は当時、元Jリーガーが指導する他のサッカースクールにも通っていたのですが、そこでは誰もがボールの奪い合いに必死で、泥臭く体をぶつけあいながら真剣勝負のゲームを行っていました。 ところが、当時通っていたクーバーでは、ちょっと当たっただけで、すぐファウル扱いされてしまいます。 これは、子どもにとって大変なストレスになりました。 ただし、あくまでも4年生の時のコーチの話です。 同じクーバーでも3年生の時のコーチはそんなことはありませんでした。 同じクーバー・アカデミーで学んできたとはいえ、それ以前のサッカーのバックボーンは、ひとりひとり違いますので、サッカーに対する考え方はコーチにより異なるということなのでしょう。 幼児から小学校低学年くらいまでなら強くおすすめ このように、小学校高学年くらいになってくると、クーバーだからといって無条件に良いとは言えなくなってきます。 スクールごと、コーチごとに、その指導レベルをよく見極めてから、通わせるかどうかを考えたほうがよいでしょう。 ただし、 幼児から小学校低学年くらいまでなら、クーバー・コーチングは強くおすすめできるサッカースクールです。 ボールを足で自由に扱う技術は、サッカーの基本中の基本なので、この年代で身につけておいて損することはありません。 たとえば、水泳でオリンピック選手を目指すなら、必ずスイミングスクールに通いますよね。 子どもをプールに放り込んで、好きなように泳がせておけば勝手に上達するなんて思わないはずです。 「泳ぎ」と同じように「ボールを足で扱う」というのは非日常的な行為と言えます。 ですから、その基本的な技術は、 クーバー・コーチングのようなスクールで小さなうちから体系的に学んだ方が、よりスムーズに上達できるでしょう。 参考記事: なお、クーバー・コーチング・メソッドの土台とも言えるのが ボールマスタリー(ボールタッチ)ですが、こちらにその一部を動画付きで紹介していますので、是非ご覧ください。 関連ページ サッカー少年がプロサッカー選手になるための4つの方法を紹介。 そこから逆算してプロを目指すために小学生年代でやっておくべきことも解説します。 子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。 ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう! Jリーグ等の強豪チームのセレクションの時期、ジュニアユースのチーム選びのポイント、セレクションの具体的な内容、合格するための方法などを解説。 子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。 ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう! 第94回全国高校サッカー選手権2016の注目選手、中でも卒業後のJリーグ加入が内定している8人は、中学生時代にどこのチームでプレーしていたのでしょうか。 その経歴を探ってみました。 子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。 ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう! 子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。 ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう! サッカーの大きな課題である「決定力不足」を解消するためには、その原因を突き止める必要があります。 考えられる原因を9つ紹介します。 土屋健二さんが考案したジンガを紹介します。 ジンガの種類や練習方法、その効果など。 スーパージンガの映像も紹介します。 子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。 ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう! サッカー上達のためのトレーニングに役立つおすすめグッズをご紹介。 練習効果を高めるためには、良いツールが欠かせません。 自主練習のモチベーションアップのためにも是非用意しましょう。 少年サッカーをはじめる時に揃えておきたいサッカー用具を7つ紹介します。 これだけあればサッカーはできます。 あとは、必要に応じて揃えていけばよいでしょう。 子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。 ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう! 子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。 ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう! 子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。 ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう! サッカーボールって種類がたくさんありすぎて、どれを選んだらよいのか迷いますよね。 そこで、初心者でも分かるサッカーボールの選び方のポイントとおすすめを紹介します。 なお、結論から言うとモルテンのペレーダ4000の4号がおすすめです。 キッズ向けのサッカーシューズの選び方をガイドします。 スパイクとトレーニングシューズの違いと使い分け方、メリット、デメリット。 マジックテープはありか?今人気のモデルは?などの疑問に答えます。 子供のサッカーに最適な熱中症対策用の帽子の選び方とおすすめキャップを紹介します。 色や素材、サイズなど、サッカー用の帽子には一般的なものとは異なる注意点があります。 サッカーDVDの中でも、始めたばかりの子供が練習するのにおすすめ、初心者向けのものを3つ厳選して紹介します。 簡単で楽しく練習しながら上達できる教材ばかりです。 『クーバー・コーチング ボールマスタリー34』は子供が1人でできるサッカー練習本の定番です。 試合で表れたトレーニングの成果、良かった点や足りないと思われる点など、率直な評価と感想をお伝えします。 子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。 ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう! 子供のサッカーが上手くなるための情報満載!少年サッカーの練習方法や指導の考え方などをご紹介します。 ドリブルやボールタッチ、リフティングなどをマスターして、日本のメッシを目指しましょう! 「リフティング王 土屋健二のサッカー リフティング&ジンガバイブル」の感想です。

次の

ジュニアサッカー クーバー・コーチング キッズのトレーニングメニュー集 ボールマスタリー34

クーバー コーチング

全国にスクールがあって超有名なクーバー・コーチング・サッカースクール。 ボールマスタリーという書籍もあり、我が家もあれこれとお世話になっています。 我が家の近くにも、クーバー・コーチング・サッカースクールがあったので、体験に行ってみました! 実際にスクールに入っている方の口コミも集めましたので、気になっている方は読んで下さいね! クーバー・コーチング・サッカースクールってどんな特徴があるの? 「クーバー・コーチング・サッカースクールとは」という長ったらしい説明はにおまかせして、ここではクーバースクールに入ればどんなことが身につくのかを簡単に説明します。 公式サイトにはこのような特徴が書かれています。 クーバー・コーチングでは、日本人が特に苦手であるとされる、「自分自身で考え」て、「素早く判断」し、「表現をする」という「コミュニケーション能力」にもスポットを当て、トレーニングの中で開発していきます。 引用元: クーバーと言うと、ボールマスタリーをイメージしていて、足元のテクニック重視かと思っていましたが、サッカーを総合的に教えてくれるようです。 とは言え、基礎がなければ戦術も何もありません。 このあたりもしっかりと考え抜かれており、下記のような育成ピラミッドがあります。 こう見てみると、やはりボールコントロールやパス、シュートなどの 基礎の部分を非常に大切にしているのがわかります。 我が家も無料体験に行ってきました 我が家の2年生(7歳)と年中(5歳)が無料体験に行ってきました! 去年も夏休みに2~3回ほど行きましたので、その時の感想も入れながら、辛口で書いていこうと思います! 練習メニューとしては、ウォーミングアップに鬼ごっこなどをしたあとは、ボールタッチやコーンドリブル、シュート練習を行いました。 その後、ゴールを4つ置いて2対2を行いました。 そして、最後はミニゲーム。 練習メニューは、日によって変わるとは思いますが、去年の夏休みも流れは同じでした。 練習時間は、U-6が50分、U-9が60分、U-12が80~90分となっています。 なので、 「クーバーに週1通っていればサッカーがうまくなる」ということはないです。 クーバーに通って、やったことを家で復讐するなら基礎力はグングンついていくでしょう。 ま、どのスクールでも同じですけど・・・。 気になったのが、 レベル差が大きいこと。 U-6クラスだと、飽きてしまってゴールネットで遊んでいる子もいれば、ガンガンボールを奪いに行ってひとりで何点も取っている子もいます。 うちの三男は、年長と混ざっても全く負けず、と言うより一番上手でひとりで奪って交わしてシュートまで持っていっていました。 でも、コーチもしっかり見ていて、 全員がボールに触れる用に、中にはいって触っていない子にパスをしたりと工夫していましたよ。 2年生の次男も、ボールを支配して無双状態でした・・・。 家で基礎練習をしていてある程度のレベルならクーバーに入れる必要はないかと思います。 逆に、サッカーを始めたばかりとか家で基礎練をやらないならクーバーに入れるのはありですね! 実際にクーバー・コーチング・サッカースクールに通っている方の口コミ 子どもの年齢 8歳(小学2年生) 通っている地域 北海道 クーバースクールはどんな印象ですか? たまたま自宅から徒歩で通える場所にあったのはラッキーでした。 明るく元気なコーチが、子供のチャレンジ精神を引き出してくれます。 施設もきれいですし、冬でも体を動かせるのは子供の発育にとても良いと思いました。 良い点 子供が、 自分で何をしなければいけないのかを考えることができるようになりました。 スクールのない日でもサッカーボールで 日が暮れるまで練習しています。 色々なスキルを覚えて、 自信に満ちた顔付きになってきました。 また、サッカーを通して学校以外の友達もできて、 世界が広がったようです。 悪い点 週2回通わせていますが、 費用が高いです。 それから、 コーチによって指導方法にムラがあるような気がします。 また、コーチとの相性の良し悪しによって、子供の意欲が全く変わってくるようです。 これから通おうと思っている方へ クーバーに通わせようと思ったら、いきなりスクールに入るよりも、定期的に行われているイベントに参加してみることをおすすめします。 どんな雰囲気なのか、子供がやっていけそうなのかを見極めた方がいいと思います。 小学校低学年からサッカーの基礎を覚えることができれば、サッカー少年団に入った時も練習に付いていきやすいようです。 子どもの年齢 6歳から12歳まで 通っている地域 埼玉県 満足しているところ 6歳で入会し10歳で別のクーバー教室に変えました。 計7年お世話になりました。 クーバーの練習は、子供のレベルに関係なく常にコーチが声掛けをしてくれたり、アイデアに富んだ練習方法で飽きさせない工夫をしたり、いかにも欧州発祥のスクールといった 「優しく、楽しい」雰囲気でいっぱいです。 高学年からはレベルが高い教室にチェンジしました。 教室を買えても、ミニゲームを中心として楽しくサッカーをすることを追求する姿勢はまったく変わらず、 子供たちが常にいきいきとしていた印象です。 他のスクールにもかけ持ちで所属したことがありますが コーチ陣のレベルは断然高かったです。 個を重視してくれた低学年時、連携や俯瞰力を育ててくれた高学年時、ともに安心してお任せできました。 不満なところ 不満なところは特にありません。 対外試合がないという点は残念でしたが、それはスクールの宿命。 わが子は「クーバーの友達と大会に出たら優勝できるのになあ」とよく言っておりましたが仕方ありません。 敢えてひとつ挙げるなら、 自分のレベルに合わない練習をせざるを得ないときがあることです。 特に高学年になってくるとその頻度は増します。 クーバーは「来る者は拒まず」ですから、当然経験の少ない子や、そもそもサッカーをする目的が違う子も入ってきます。 上を目指したい子供からすれば歯がゆいこともあります。 そういうときはコーチも何とかフォローするよう努めてくれましたが、なかなか対応しきれなかったようでした。 わが子は幸い近くにレベルの高い教室があったので幸運でしたが、 個々のレベルに差がついてくる年齢になると難しいところが出て来るかも知れません。 これから入ろうか迷っている方に一言 入会を迷われている方がいらっしゃるのなら、私は迷わず 「GO」と言いたいです。 繰り返しになりますが、コーチ陣の指導力は圧倒的に高く、異動でコーチが入れ替わってもまず心配は要りません。 本部が一定レベルに達しない指導者は決して教室に送り込んで来ません。 また練習環境にも拘っているようで、屋内のフットサルコートや人工芝のグランドがほとんどです。 他のスクールやクラブチームと比べても、練習中のケガなど安全にも気配りができていますので、保護者の安心感は大きいです。 若干費用は高くつきますが、お勧めできるスクールです。 子どもの年齢 10歳 通っている地域 福岡 筑紫野校 満足しているところ 子供の人数が多くて、 仲間がたくさん増えるところがいいと思いました。 仲間であると同時にライバルであり切磋琢磨できるので技術の向上につながります。 多くのテクニックを身につけることができるのもいいなと思いました。 不満なところ 人数が多い分、 レベルにも差があります。 子供は内気なところがある分、技術に関して相談できないことがあるので、指導員はもう少し視野を広くして相談しやすい環境整備の向上が求められます。 入ろうか迷っている方に一言 このサッカースクールは人数が多く、小さい頃からスポーツの難しさや素晴らしさを感じることができる場でもあります。 サッカーを本気で教え込ませたいならこのサッカースクールに通わせて間違いないと思います。 子どもの年齢 7歳(小学1年生) 通っている地域 北海道 満足しているところ 息子の友達が通っていて、一緒にサッカーを上手になりたいとお願いされましたので、通わせることにしました。 初めてのスクールでしたので、環境に馴染めるかなど心配でしたが、コーチたちも優しく、すぐに友達を作り、楽しく通っています。 質の高いコーチが揃っているためサッカーが日に日に上達していますし、息子も 「楽しい」と言いながら通っていましたので満足しています。 不満なところ 不満に思っていたのは、やっぱり経済面的でいう 料金のことです。 通わせる時に料金のことを聞いたら、「こんなにかかるの!」というぐらいでしたので、ちょっと料金が大きくかかっていたのは、 家計が苦しくなり不満でしたね。 それでも、子どもの「通いたい!」という気持ちを優先させてよかったと思っています。 入ろうか迷っている方に一言 料金は高くなっているのですが、それでも サッカーを上達させるには良いスクールだと思っています。 まずは無料体験をしてみて、子どもが「やりたい!」というなら通わせても全く損はないと思います。 月謝はいくら? 口コミでは、「料金が高い!」という声がけっこうありました。 では、月謝はどのくらいなのでしょうか? 我が家の近くのスクールの月謝はこんな感じでした。 クラス 週1コース 週2コース U-6 5,400円 8,100円 U-8 7,560円 11,340円 U-9 7,560円 11,340円 U-10 7,560円 11,340円 U-12 8,100円 11,880円 月謝は スクールごとに多少の違いがあるようです。 週2回で1万円を超えてくるので、 少し高めという印象ですね。 我が家はいろんなスクールに通ってきましたが、料金は高いところから安いところまでいろいろ。 「高いから良い!」というわけではないので、しっかりと吟味したいですね! クーバー出身のプロ選手はいるの? クーバー出身のプロ選手は現在で5名います。 南野 拓実選手(FCレッドブル・ザルツブルク) 矢島 慎也選手(浦和レッズ) 中島 翔哉選手(ポルティモネンセSC) 遠藤 航選手(浦和レッズ) 室屋 成選手(FC東京) 結構、有名人いますね! 小学生時代はクーバーや他のスクール、チームで頑張っていたんでしょうね! クーバー出身のプロ選手はいますが、クーバーに入ったからプロに近づけるわけではありません(当たり前) まずは無料体験に参加しよう クーバースクールってどうなんだろう? と思っているなら、思い切って無料体験に参加してみましょう。 各スクールで、レベルも違いますし、コーチによっても指導方法が若干違ってきます。 スクールに通うメンバーのレベルが合っているのか? コーチと我が子との相性はどうなのか? ということも結構大事で、体験に行ってみないとわからないですから! 我が家は体験に行ってみて、入らないことに決めました。 基本テクニックは自主練でもできるし、対人トレーニングなら、レベルが同じもしくは上の子がいるスクールのほうが良いと判断しました。 先程も言ったように、サッカーをはじめたばかりや基礎を固めたい方にはオススメのスクールですよ。

次の