リング フィット 攻略。 攻略!「World 19 ロボの国」途中で行き詰まって、一旦ミッションやりに戻った【#リングフィットアドベンチャー】

【毎日更新!在庫情報】リングフィットアドベンチャー 定価販売あり!抽選情報

リング フィット 攻略

1ヶ月やった感想 1ヶ月休まずに運動を続けられているのはほんとに驚きです。 が!ゲーム内容がちょっと単調なのが気になってきました。 というのも、敵の種類やステージの背景のパターンがかなり少ないんですよね。 色違いや強化版といったマイナーチェンジを除けば敵は6種類ぐらい、背景は3種類ぐらいしかなく、ワールドの最後にはほぼ必ずドラゴと戦うことになります。 ドラゴ戦では、ドラゴが投げてくる物をリングコンで照準を合わせて壊すというのがありますが、他のバリエーションも欲しかったかな。 ゲーマーとしてはバトルがシンプルすぎて物足りなくなってきました。 一定確率で追撃(ラッシュ)が発動して、筋肉をさらに追い込むことが出来るようになってるのはかなりいい感じなので、ラッシュを能動的に狙って発動できる仕組みがあったら良かったかもしれないです(弱点攻撃でシールドを削って、ブレイクしたらラッシュ発動とかね)。 また、アイテムを使えばターン消費なしで回復できるので、わざわざ1ターン消費して回復技を使う必要性がないというのもなんかなあ。 という感じ。 まあ本格的なRPGではないので、そこに文句を言うのはお門違いというのは分かっているのですが。 戦闘は単調ですが、コースの作りはバリエーションに富んでいていい感じです。 ただ走る動作を続けるだけではなく、リングコンをお腹に押し込みながらお腹をひねり続けたり、スクワットをめっちゃやらされたり、障害物をジャンプでよけたり、途中でルートが別れていたりと、飽きさせない作りになってます。 自分で走ってる感も相まって気持ちがよく、かなりよくできてると思います。 かなりよくできているがゆえに、 バトル無しでコースを走るだけのモードがないのは非常にもったいないです! 走る時間もしくは距離を決めて、自動生成されるコースをひたすら走るというモードを是非とも追加していただきたいです。 有料DLCでもいいので。 運動負荷が30段階で細かく設定できるのはいいのですが、部位ごとに設定できないのでちょっと困っています。 体幹やヨガは余裕があるからちょっと負荷を上げたいけど、脚は限界なのでこれ以上は上げられないむしろ下げたい、という状況になる人は僕だけじゃないはず。 4つのカテゴリでそれぞれ運動負荷を個別に決められたら良かったなと。 あと細かいところでは、左右を片方ずつ順番に鍛えるスキルを使うときに途中で敵を倒してしまうと、左右のバランスが悪くなってしまうところ。 「スキルの途中で敵を倒した場合は、残りの回数分だけ別の敵に対して攻撃できる」というシステムにしていればよかったんじゃないかな、と思いました。 おすすめのプレイ方法 これは上述の運動負荷に関する不満を解消するために編み出したプレイ方法です。 といっても、「曜日ごとに鍛える部位を変える」という筋トレの基本に従うだけですが。 1ヶ月もプレイしてやっと気づいたの?と言われそうですね。 スキルをセットするとき、属性が均等になるようにして、単体・範囲攻撃も均等になるようにして、とりあえず攻撃力の高いスキルをセットしてと、とにかく敵を効率よく倒せるようスキルを組んでしまいがち。 ですが、この際効率というものは度外視して、月曜日は腕、火曜日は脚、水曜日は腹筋、というふうに、鍛える部位を絞ってスキルを組んでいきます。 当然、腕の日は赤スキルばかり、脚の日は青スキルばかりになってしまいますが、ペルソナじゃあるまいし、弱点攻撃をしなくても負けることはほぼありません。 こうすることによって、部位をきっちり追い込むことができますし、部位ごとにあった運動負荷を決められます(運動負荷とスキルセットをその都度変えるという手間は生じてしまいますが)。 このプレイ方法に変えてからは、30分続けるのがかなりキツく、早めに切り上げて複数回に分けてプレイすることも増えました。 そんな感じで頑張ってます。 ではまた!.

次の

攻略!「World 03 よろず屋と光る玉」 負けるほどトレーニング【#リングフィットアドベンチャー】

リング フィット 攻略

リングフィットアドベンチャー、面白そうなので手を出してみました。 現在4日目。 一日平均1時間くらいやってますが、ゲームとして面白いことは否定しないです。 が、一言物申したいことが、、、 このゲーム全体的に評判は非常に良いようですが、Twitter上などで、いろんなレビューを見ると、『これは有酸素運動ではなく、筋トレゲームだ』というレビューが主流となっているようだが、それは違うという主張エントリ。 そもそも有酸素運動とは 運動を通じて心肺機能やスタミナをアップさせ、より長時間動くことができる身体を作ることを狙った運動。 初心者のジョギングとかだったらほぼ歩く速度まで下げてもOK。 マラソンランナーとかすごい速度で走ってるじゃないか?と思われるかもしれないですが、彼らはその速度で2時間以上、42. 195kmを走り続けることができるのでその速度で走ってるわけです。 なので、後述する筋トレに出てくるようなオールアウトという状態を作ってはいけない。 一方で筋トレとは 筋肉を鍛えることで、筋肥大や筋力アップをさせることを中心に狙った運動。 その負荷調節として、ダンベルなどの重量を調整したり、自重トレーニングの場合は運動の速度を調整したりします。 基本的には毎回対象となる筋肉のオールアウト(これ以上もう一回も動かせない状態)になるまで繰り返します。 初心者、中級者の筋トレにおいて必要なメンタルは、短時間でどれだけ対象の筋肉に負荷をかけてオールアウトさせるか。 例えば大ヒットしたあの『みんなの筋肉体操』「たった5分で筋肉を追い込むことができます。 」という触れ込みですが、実際に運動しているのはそのうち2-3分程度です。 その時間を集中して追い込むことが重要。 リングフィットアドベンチャーはどうか? リングフィットアドベンチャーにも負荷調節機能があります。 ただ、この機能を使うと、敵が固くなって運動回数を増やさないといけなくなるだけなんですよね。 それも、負荷が低いときには4回くらいでOKだった運動を40回とか繰り返さないと同じダメージを与えることができなくなる。 この回数を増やすという行為はまさに筋トレではなく、有酸素運動に入ってくる運動となります。 また、このゲームは、敵を倒して進むというストーリーがあるために、 ・より長時間プレイすることが攻略の鍵となる。 ・プレイヤー本人の疲労をためないヨガ系の楽な運動を選んでしまう。 ・攻撃力の高い運動を選んでしまう。 ・敵の弱点をついたり、全体攻撃での効率化を考えてしまう。 ・より良いギアを購入して攻撃力、防御力を上げてしまう。 ・素材を集めていいスムージーを作って攻略に使う。 ・レベルを上げて死ににくい身体を作って挑んでしまう。 などの、ゲームを愉しむための、ゲームとして当たり前のことを選択してしまうんです。 しかしこれは先程の筋トレにおいて必要な基本的なメンタルであるところの、『短時間でどれだけ対象の筋肉に負荷をかけてオールアウトさせるか。 』の完全に逆で、いかにして自分が楽をするべき選択を続けるかというのがゲームのキモとなり、筋トレとしてのあるべき論と逆の選択をしなければならないわけです。 そしてこれこそが本来の意味での筋トレを目的にする人にとってはストレスになってしまいます。 つまり、楽しくゲームをしながら筋トレも出来る!って言ってる人たちは筋トレしてるつもりになってるだけじゃないのかと。 筋トレを目的にするなら、ゲームデザインとして、自重で負荷の調整をしやすい運動をさせながら、より短時間で追い込みをさせる。 時間を区切るデザインで有るべきなんです。 ではリングフィットアドベンチャーは何なのか? これはまごうことなき有酸素運動ゲームです。 (一部サーキットトレーニングも入っていますが、ガチの筋トレではない。 ) ちなみに、このゲームの良いところを上げると ・ゲームデザインが、有酸素運動ゲームとして非常に優秀。 ・キャラのモデリングがすごく良くて、理想的な筋肉の付き方をしているのでモチベーションが上がる。 ・ゲームとしても十分楽しいので長続きしやすい。 ・ヨガのポーズや、負荷の低い運動が多く、四十肩の調子が非常に良くなった。 ・普段全く筋トレしていない人には筋トレにもなるかも? ・女性、子供でも楽しくできる。 ・汗もむっちゃかく といった評価です。 最近お子さんが産まれた友人宅に、なかなか外出が難しくなって運動不足にもなりがちだからとプレゼントしたところ上のお子さんにも喜んでもらえたようです。 結論 リングフィットアドベンチャーは有酸素運動として面白いが筋トレではないので、筋トレをメインで考えている人は注意が必要。

次の

攻略!「World 03 よろず屋と光る玉」 負けるほどトレーニング【#リングフィットアドベンチャー】

リング フィット 攻略

色バトルの効果 同じ色の敵に対して、1. 5倍のダメージを与えることができます。 動物を吸い込もうとすると ステージ途中に現れる動物を吸い込もうとすると、ハートを手に入れることができます。 バトルが多いステージでは重宝するテクニックです。 ジャンプしても届かないところがある 序盤では、上に進める道があるにも関わらずどうやってもいけない場所が存在します。 ゲーム中盤で、2段ジャンプを手に入れることで行けるようになるので、まずはストーリーを進めてみましょう。 W9のジョー・ワンを倒すと、2段ジャンプができるようになります。 W03よろずやと光る玉が達成率100%にならない 特定のワールドやタウンミッションをクリアすることで開放されるタウンミッションが存在します。 W03の最後のタウンミッションは、W21のハシリナのタウンミッションクリア、もしくはW21クリアが条件となって開放されるようです。 (どちらが正式な条件かは細かい検証ができていません。 申し訳ありません。 ) マウンテンクライマーができない このゲーム内でも屈指のキツさをほこるマウンテンクライマー どうしてもできないという方は、左のJOYコンを手に持ってみましょう。 準備段階では、腕をおろして、JOYコンのスティックがある面を下に向けて、地面とJOYコンが平行になるようにかまえてください。 始まったらJOYコンのスティックがある面を上に向けて、リズムに合わせて前後に腕をブラブラさせましょう。 するとマウンテンクライマーをやっているものとしてカウントされるはずです。 プランクができない 単純にキツイ場合や、スペースが取れなくてプランクができない、そんなときもあると思います。 そういう場合は次の方法を試してみてください。 お手本通りでなくとも、判定される方法があるので、苦手な方は試してみてください。 以降繰り返し EXPメダルをすべて集めると 各ステージ内のEXPメダルは、1枚取るごとに、次のメダルのEXPが増加します。 1枚目は50、2枚めは150、3枚目は300という具合です。 メインストーリーの全ステージでEXPメダルをすべて集めてみましたが、こちらは何も恩恵がありませんでした。 あくまでも、取れれば経験値がたくさん入る、というだけのもののようです。

次の