お 風呂 掃除 頻度。 お風呂の天井掃除の頻度はたった〇回 3つの道具でできる簡単掃除とカビ予防

お風呂掃除の頻度を減らせる、毎日の入浴後5分間ルーティン

お 風呂 掃除 頻度

風呂は、毎日使ううえに、衛生面が気になる場所ですので、常に清潔な状態を保っておきたいものです。 浴槽に関しては、毎日掃除をされる方も多くいらっしゃると思いますが、壁や床、天井にまではどうしても手が回らないですよね。 今回は、一般的な風呂の掃除頻度と掃除のポイントについてご紹介したいと思います。 多くの方は、大体一週間に一度のペースで風呂掃除をしているようです。 風呂掃除においては、どうしても天井や床を掃除する頻度が低くなってしまいます。 しかし、天井や床は、水垢がたまりやすいため、細菌が繁殖しやすい場所です。 最近では、風呂の天井用ブラシも販売されているので、使用してみることをおすすめします。 さらに、床に付着した水分が気になる方は、水切り用のゴムはけを使用してみてはいかがでしょうか。 また、カビや水垢を防ぐ働きがある洗剤等も数多く販売されていますので、使用してみることをお勧めします。 みなさんも、毎日素敵なバスルームを使用できるように、ぜひ参考にしてみてください。

次の

お風呂掃除の頻度を減らせる、毎日の入浴後5分間ルーティン

お 風呂 掃除 頻度

お風呂掃除は、 いつも週に何回の頻度でしていますか? 一人暮らしでも共働きの家庭でも、お風呂掃除って面倒なものですよね。 そして、 できれば簡単に短い時間で、ピカピカに掃除したいもの。 お風呂掃除の頻度は? 一般的な家庭が、お風呂掃除を 週にどれくらいの頻度でしているか、いろいろな情報を調べてまとめました。 こちらをご覧ください。 順位 頻度 毎日 2日に1回 3日に1回 お風呂掃除は毎日している人が一番多くて、 全体の60%近くにのぼります。 ひと昔前は、お風呂掃除を毎日している人は30%前後でした。 以前は浴室の壁もタイルが多く、デコボコしていて掃除がやりにくかったようです。 ですが、今の浴槽や壁はフラットで掃除がしやすいのも影響しているかもしれませんね。 2日に1回でしたら、浴槽や床はそこまで汚れないかもしれませんね。 ただ、梅雨の時期や夏場など、 カビが生えやすい時期は注意が必要でしょう。 なぜなら、掃除を毎日することで、 汚れが蓄積しないですし、清潔に保つことで カビや細菌の繁殖を防ぐことができるからです。 水垢や石鹸カスなどは、1日くらい掃除をサボってもそこまで汚れは目立たないように感じるかもしれません。 しかし、実際は確実に汚れが付着しています。 「面倒だし、1日くらい掃除しなくていいや」 そう思って、そのまま3日も4日も掃除しなくなったら、どんどん汚れが溜まっていってしまいます。 掃除をサボる癖がつくと、気づいた時には頑固な汚れがたくさん付着して、素人では落ちなくなってしまう可能性もあります。 特に、浴槽の蓋やコーキングにカビが繁殖したまま放置すると、ゴムの部分に入り込んで汚れが落ちなくなってしまいます。 コーキングや浴槽の蓋のゴムにカビが入り込むと、 カビが完全には除去できないので要注意です! こうなった場合、水道屋さんにお願いしてコーキングを新しく打ってもらわなければならず出費が増えてしまいます。 コーキングにカビが入ってしまったら、こちらの商品を使ってみてください。 これをコーキングなどのゴム部分に塗って放置すると、ある程度カビを除去できます。 すると、梅雨の時期や夏場は細菌が増殖して、 病気の原因になることもあるでしょう。 このように、面倒だからといってお風呂掃除をする頻度を減らすと、浴室内がカビや細菌の増殖で不潔になり、 健康にも悪影響を及ぼす可能性もあります。 そして、汚れが溜まって落ちなくなったら、プロに頼んで掃除してもらったり、コーキングの打ち直しなど、 余計な出費が増えてしまいます。 ですから、 お風呂掃除はできれば毎日おこなうことをおすすめします! ただ、そうはいっても、共働きの家庭や、仕事や育児が忙しくて時間がない人も多いですよね。 自分の身長の高さから床まで、360度まんべんなくスプレーを吹きかける• スポンジを使って、スプレーを吹きかけた浴室の壁から床を磨く• 排水口の蓋を外し、スプレーをかけて歯ブラシで目皿を磨く• スポンジで磨いた部分を冷水シャワーで洗い流して完了 この手順でお風呂掃除をすれば、毎日たったの5分でキレイに保てます! それでは、実際のお掃除を詳しく見ていきましょう。 自分の身長の高さから床に洗剤を吹きかける はじめに、ビニール手袋をはめて、アルカリ性洗剤が入ったスプレーボトルとスポンジを手に持ちます。 スプレーを自分の身長の高さから、床まで まんべんなく吹きかけましょう。 なぜ自分の身長かというと、お湯やシャンプーなどが跳ねるのは、自分の身長くらいの高さまでだからです。 天井まで洗剤をかけるとなると、一苦労で時間がかかってしまいますよね! 天井が汚れるとしたら、カビの繁殖がメインです。 カビの繁殖は後で紹介する方法で、かなり防げますし、毎日のお掃除以外でおこなう、1か月に1回くらいの念入り掃除の日に一緒に掃除すれば十分なのですよ。 女性がお風呂掃除をする時で、家族の中で身長が大きい人がいる場合は、その身長の高さまで洗いましょう。 スポンジで全体的に磨いていく スプレーを吹きかけた部分をスポンジで磨いていきます。 洗剤を節約したい人は、スポンジにスプレーを吹きかけて壁や浴槽を磨くと良いです。 掃除の基本は、上から下に順番に掃除をしていくこと。 ですから、壁から徐々に下に磨いていきましょう。 さらに、浴室のドアも凹凸部分にカビが繁殖しやすいので、一緒に磨きます。 浴槽にお湯をはった後、浴槽の蓋をしめる習慣のある人は、浴槽の蓋を一緒に洗いましょう。 浴室の床面は滑らないように凹凸になっている場合が多いです。 そのため、凹凸部分に汚れが付きやすいのですが、凹凸の溝が深いとスポンジが凹凸部分に入っていきません。 その場合は、スポンジではなく たわしを使って磨きましょう。 排水口の蓋を外して、目皿を掃除する 床まで磨いたら、今度は排水口の掃除です。 排水口の蓋を取ったら、髪の毛などの ゴミを取り除きます。 その後、スプレーをかけて、歯ブラシで目皿を掃除しましょう。 排水口はジメジメしていて、 カビが発生しやすい場所。 もし、排水口にカビが発生していたら、カビキラーなどの塩素系洗剤を吹きかけて15分程度放置した後で磨きましょう。 スポンジで磨いた部分を冷水で洗い流す 最後に冷水のシャワーできれいに洗い流していきます。 冷水というのもポイントです。 なぜなら、温かいお湯のシャワーで洗い流すと、 カビや細菌が繁殖してしまう可能性がありますので注意しましょう。 冬場は寒いので、ついついお湯で流してしまいがちですが、せめてぬるま湯くらいの温度で洗い流してください。 スポンサーリンク 1ヵ月に1回は掃除したい場所は? ここから紹介するのは、毎日のお掃除までは必要がないけれど、1か月に1回は掃除をして欲しい場所について紹介します。 今回紹介するのは何か所かありますが、掃除をするのは汚れが気になってからでも大丈夫ですよ。 一度に全部掃除するのは大変なので、分けて掃除することをおすすめします。 蛇口 蛇口は、いつの間にか 石鹸カスや水垢で白っぽく汚れがついてしまうもの。 蛇口はステンレス製が多いので、まずはアルカリ性の洗剤で磨いて石鹸カスや脂垢の汚れを落とします。 ただ、アルカリ性の洗剤では水垢は取れません。 そんな時に効果的なのが、 弱酸性の洗剤です。 ただ、注意点は強い酸性の洗剤ではなく、 弱酸性の洗剤を使用すること。 なぜなら、強い酸性の洗剤は、 サビや腐食の原因になるからです。 そして、優しく傷をつけないように磨きましょう。 1か月に1度は、念入りに掃除をすることをおすすめします。 歯ブラシで溝の汚れをかきだしましょう。 この部分はアルミ製の場合が多いです。 アルミ製の場合は、酸性の洗剤をしようすると 腐食やサビの原因になりますので使用しないでくださいね! 浴室の窓 浴室の窓は、湿気が溜まりやすいので カビが発生しやすくなります。 カビが発生した場所には、カビ取り洗剤を吹きかけて10分ほど放置しましょう。 また、溝の部分にゴミも溜まるので、歯ブラシでかきだして取り除いてください。 浴室内の天井 浴室の天井はカビが発生しやすい場所です。 ですから、1ヵ月に1回は掃除をしていただきたいです。 カビにはカビ取り洗剤が効果的なのですが、上を向いて作業をするので、スプレーを吹きかけると滴り落ちてきて危険です。 ですから、カビ取り剤を布巾に吹きかけて、 布巾で天井をこするようにして掃除しましょう。 カビ取り剤は強い洗剤ですので、心配な人はクエン酸も効果があっておすすめです。 3ヵ月に1回は掃除して欲しい場所は? 続いて、 3か月に1回で良いので掃除していただきたい場所を紹介します。 普段はあまり汚れないので、たまに掃除をするという感覚でO. ですよ。 時間に余裕がある時に、いつものお風呂掃除のついでに行いましょう。 浴室内の照明 浴室内の照明は、特に夏場などは内側に虫の死骸などが増えます。 気になりましたら、照明の蓋を外して内側を掃除しましょう。 最後にお風呂に入った人が浴槽のお湯を抜いて換気扇をつける• お風呂をあがる前に、冷水シャワーを浴室全体にかける この2つを毎日するだけで、カビの発生をかなり抑えることができます。 カビが発生するのは、浴室内に湿気がこもりやすいからです。 ですから、浴室内の湿気を取り除くことで、 カビが発生しない環境を作ることが大切なのですね。 浴槽のお湯を抜かずに、浴槽の蓋をしたまま一晩放置するだけで、細菌が増えてカビが発生しやすくなってしまいます。 また、お風呂をあがる時にお湯のシャワーをかけたままにすると、同じくカビが発生しやすくなります。 湿気を取り除くためには、浴槽のお湯を全部抜いて、換気扇をつけ、浴室を冷水で冷やしましょう。 これをするだけで、天井のカビも発生しやすくなります。 まとめ 今回は、一般的にお風呂掃除を週にどれくらいの頻度でおこなっているか、また簡単で短時間でキレイにできるお風呂掃除の仕方とコツを紹介してきました。 お風呂掃除は、 毎日している人が多いことが分かりましたね! 確かにお風呂掃除は毎日した方が、清潔で気持ちよくお風呂に入れます。 ただ、毎日掃除をするなら、 短い時間で効率よく終わらせたいのが本音だと思います。 そこで、経験豊富な掃除のプロが簡単でキレイにできる掃除の仕方を紹介しました。 毎日掃除する場所やコツ、また1ヵ月に1回、3ヵ月に1回で良い場所なども説明しましたね。 カビが発生しないためのコツも、毎日意識して行うだけで効果は抜群ですよ! お風呂に家族全員が入り終わったら、お湯を抜いたり、冷水シャワーを浴室全体にかけるのは凄く効果的です。

次の

お風呂掃除の頻度はどれくらいがベスト?排水溝や換気扇は毎日?

お 風呂 掃除 頻度

風呂釜掃除はどれくらいの頻度でするべきか 風呂釜掃除は1ヶ月に一度、汚れが少ない場合は、少なくとも2~3か月に一度くらいの頻度が良いようです。 風呂釜の汚れの原因は、湯垢や皮脂が原因です。 風呂釜が汚れてくると、お湯を張ったときに白や茶色の湯垢が浮いてくることがあります。 これは風呂釜に汚れがたまってきているサインです。 衛生的にも良くありませんし、熱効率も悪くなる原因となりますので早めに風呂釜掃除をしましょう。 また、入浴剤を使用していたり、小さなお子さんがいる家庭などで泥汚れがひどかったりといった場合は汚れがたまりやすくなります。 普段の使い方次第で風呂釜掃除の回数も変わってきます。 風呂釜掃除に効果的な洗剤と洗浄方法は 風呂釜掃除に効果的な洗剤は、酸素系漂白剤、といった漂白や除菌ができる種類の洗剤が適しています。 発泡力があるため、皮脂汚れの分解に効果的です。 一般的な洗浄方法をご紹介しますと、まずバスタブにお湯をはり、洗剤をぬるま湯に溶かして放置します。 その後、一度お湯を抜き、またバスタブにお湯を張って流しを繰り返して洗剤がなくなるまで洗浄します。 洗浄方法は風呂釜が1つ穴、2つ穴と形状が異なる場合、使用方法が違ってきます。 洗浄するときにはそれぞれに合った洗剤と方法を調べてから始めましょう。 毎日のお手入れも忘れずに 汚れをためすぎないためにも、毎日のお掃除は欠かせません。 日常のお手入れには、給湯機に備えてある汚れを落とすためのクリーニング機能や自動配管洗浄機能を使ってみましょう。 また風呂釜カバー付近の汚れであれば、カバーを外して強めのシャワーで汚れを流すなどしても湯垢はある程度落とすことができます。 風呂釜掃除の負担を減らすために、毎日のお風呂掃除の最後に風呂釜掃除もいれてみてはいかがでしょうか。 汚れがひどいときにはプロにお任せしよう 以前は洗剤を使って洗浄したら風呂釜が痛む、と言われていましたが、今は掃除をしないとかえって汚れがたまり、故障の原因になるので、定期的な洗浄をすすめているメーカーも多くなってきています。 もし、汚れがひどくて上手に掃除ができない場合は無理をせず、プロにお願いしてみてはいかがでしょうか。 くらしのマーケットではを明確な料金表と口コミで比較し、予約することができます。 お風呂は大切なリラクゼーションの場所。 清潔で快適な空間にしたいものです。

次の