伊豆 半島 フィリピン。 伊豆半島の火山とテクトニクス

伊豆半島における異常隆起の推移とフィリピン海プレート最北端部の曲がり

伊豆 半島 フィリピン

「世界ジオパーク」は、地球や大地の営みを記録する地質遺産を保全し、教育やツーリズムに活用することで地域社会の活性化を図ろうとする国際的なプログラムだ。 地球上で最も活発な「変動帯」である日本列島では、2009年に洞爺湖有珠山(北海道)、糸魚川(新潟県)、島原半島(長崎県)、10年に山陰海岸(京都府・兵庫県・鳥取県)、11年に室戸(高知県)、13年に隠岐(島根県)、14年に阿蘇(熊本県)、そして15年にアポイ岳(北海道)が世界ジオパークに認定されている。 伊豆半島は15年に初挑戦したが「保留」の結論が出され、今回再挑戦していた。 伊豆半島と言えば、富士、箱根、天城連山などの火山と駿河湾、駿河湾が生み出すダイナミックな絶景や温泉、それに豊かな食材が魅力だが、これらは、伊豆諸島が本州へ突き刺さるように衝突するという大変動が生み出したものである。 へこむ地質構造、盛り上がる丹沢山地:伊豆衝突帯 今後30年の発生確率が80%を超えた「南海トラフ巨大地震」は、フィリピン海プレートが南海トラフ(「トラフ」は海溝の一種でやや浅いもの)から沈み込むことが原因で起きる。 震源となる南海トラフは四国沖ではほぼ東西に延びているのだが、中部・関東沖では大きく曲がって駿河湾から上陸し、再び相模トラフから海底へ続いている(図)。 同様に、西南日本を走る大断層「中央構造線」も湾曲している。 それだけではない。 このあたりでは地質構造も大きく「へこんで」いる。 例えば、数千万年前にプレート運動によって日本列島に付け加わった「四万十帯」。 この地質帯は九州から紀伊半島までは列島に沿うように東西に分布するが、伊豆半島の周辺では大きく屈曲する(図)。 伊豆衝突帯の地質構造と断面図。 伊豆諸島の海底火山が次々と本州へと衝突して、南海トラフや地質帯が湾曲した。 筆者作成。 この大屈曲の謎をとく鍵は、伊豆半島とその北部地域の地質(図の緑色)にある。 この地域には海底に噴出した溶岩やマグマの破片が大量に分布し、かつては海底火山であったことが分かる。 さらにその周辺には、サンゴの化石も見つかる。 したがってこれらの地層は、現在よりもずっと南に位置した海底火山とサンゴ礁が、この地域に「くさび状」に打ち込まれたものと考えられる。 この海底火山はどこからやってきたのだろうか? 現在の伊豆半島から南へ伸びる伊豆・小笠原諸島にも数多くの海底火山が並ぶ。 伊豆大島や三宅島はその頭の部分が海面上へ顔を出したものだ。 中には富士山を凌ぐ高さ4000メートルを超える巨大火山もある。 このような海底火山列と先に述べた伊豆半島北側の地層の特徴を考えると、南海トラフや地層の屈曲は、伊豆諸島が北上して本州にぶつかったために生じたと考えられる。 だからこのあたりは「伊豆衝突帯」と呼ばれる。 この衝突の原動力は、フィリピン海プレートにある。 伊豆諸島の火山列を乗せたこのプレートが、年間4~5センチメートルの速さで北西方向に移動して南海トラフから沈み込んでいるのだ。 プレート自体は沈み込んでしまうのだが、その表面の「突起物」である海底火山は剥ぎ取られて本州の地盤へ突き刺さる。 海底火山が次々と衝突すると、本州側では地盤が圧縮されて盛り上がることになる。 神奈川県北西部に広がり、尾根と谷が急峻な地形をなす壮年期の丹沢山地は、伊豆諸島の衝突が原因で激しく隆起しているのだ。 大きくなる日本列島:大陸成長の再現 伊豆諸島の衝突による日本列島の「拡大」は今後も続く。 単純に計算すると、あと1000万年もすると、長野県1つ分の陸地が広がることになる。 な~んだ、そんなにゆっくり! ほとんどの人はがっかりするに違いない。 でもこのような陸地の拡大は、地球にとってはとても重要な出来事だ。 なぜならば、太陽系惑星の中で「大陸」、すなわち高地が存在するのは地球だけなのだ。 そしてこの大陸は、おおよそ40億年前に始まったプレートの運動によって、火山列島同士が衝突して生まれた。 今、伊豆衝突帯で起きている地質現象は、地球創世期に起きたダイナミックなドラマを再現していると言えよう。 伊豆衝突の恩恵と試練 伊豆諸島が本州に衝突することで、南海トラフや相模トラフなどの海底の窪みが陸に向かって屈曲する。 実は駿河湾や相模湾は、地球上でも珍しい「陸に近い深海」なのだ。 だから、これらの海域は深海魚の宝庫である。 昆布締めの刺身や煮物が絶品の金目鯛はその代表格だろう。 また、毎年日本人を楽しませてくれる桜(ソメイヨシノ)も伊豆衝突の恩恵である。 もともと本州に分布したエドヒガンと伊豆諸島の固有種であったオオシマザクラが、伊豆諸島の北上と衝突によって交配して誕生したのがソメイヨシノなのだ。 さらには、富士山ができたのも伊豆衝突のおかげだ。 先に述べたように伊豆・小笠原諸島には巨大火山が並んでいる。 本州の火山に比べると数倍~数十倍も大きい火山になるのは、この地域の地盤が本州に比べると若くて薄く、マグマが地表に噴出しやすいからだ。 伊豆衝突によってこのような地盤が本州に突き刺さったために、衝突帯のど真ん中にある富士山(図)は日本一の大きさ(ただし、陸上の火山では)になったのである。 しかし伊豆衝突ほどの大変動は、当然私たちに大きな試練も与える。 衝突帯には、南海トラフの延長をはじめとする活断層が密集する。 これらの断層はいつ直下型地震を引き起こしてもおかしくない。 このような地震は過去に富士山の山体崩壊を引き起こしてきた()。 また陸に近い相模トラフでは、フィリピン海プレートの沈み込みよって幾度も海溝型巨大地震が発生してきた。 例えば、1703年の元禄関東地震、それに10万人以上の死者・行方不明者を出した1923年の大正関東地震(関東大震災)などである。 ぜひ伊豆半島ジオパークを訪ねて、「変動帯」日本列島を実感いただきたい。

次の

伊豆半島の誕生

伊豆 半島 フィリピン

大陸からの分離-日本列島の形成- 伊豆半島が特殊な成り立ちをしていることを知るために、まずは日本列島がどのようにできたか見てみましょう。 日本列島は、まるでブーメランのような形をしていますね。 関東付近がその中心でしょうか。 なぜ日本列島は「曲がった」のでしょう? 日本は、恐竜がまだ生きていた白亜紀と呼ばれる時代には、ユーラシア大陸の東端にくっついていました。 約2500万年前頃になると、プレートの沈み込みの影響で火山噴火などの活動が激しくなり、大陸の縁が割れ始めます。 割れたところに海が入り込み、やがてそれは日本海になり、大陸から離れてく大地が日本列島を形成していきます。 この際、陸地は観音扉を外から中に押し開くかのように、現在の西南日本は時計回りに、東北日本は反対周りに動いていきました。 現在の位置にほぼ落ち着いたのは、約1400万年前頃です。 実はまだこの頃、伊豆は日本列島の仲間入りを果たしていません。 押し開かれた二つの日本の間には、海がありました。 南方からやってきた風来坊-伊豆半島の成り立ち- 伊豆半島の歴史は地層などの証拠などによって約2000万年前までたどることができます。 約2000万年前、伊豆は本州から数百km南、現在の硫黄島付近の緯度にありました。 この頃の伊豆は深い海の底で活動する火山の集合体(海底火山群)でした。 2011年3月の東日本大震災の原因となった「太平洋プレート」。 この巨大なプレートは、伊豆半島が乗っている「フィリピン海プレート」の下にも沈み込んでいて、将来、伊豆半島になる大地の源、マグマを供給していました。 一方、フィリピン海プレートは、本州がのっている「ユーラシアプレート」の下に沈み込みます。 フィリピン海プレートの上にできた海底火山や火山島はプレートとともに北に移動しました。 100万年ほど前に本州に衝突。 陸地同士が海を埋め、現在のような半島の形になりました。 これが約60 万年前のできごとです。 半島となってから約20万年前までは、陸上のあちらこちらで噴火が起き、天城山や達磨山といった現在の伊豆の骨格を形づくる大型の火山ができました。 これらの大型火山の活動が終わると、日本には数少ない独立単成火山群の活動がはじまり、現在は「伊豆東部火山群」として活火山のひとつとなっています。 また、プレートの動きは現在も伊豆の大地を本州に押し込み続けていて、地殻変動によりさまざまな地形を作っています。 こうした二重三重の地質学的特異性が、多くの美しい景観や温泉を有する現在の伊豆半島を形成しています。 伊豆半島は、世界のどこを探しても同種の例を見ない、地球上の特異点とも言える場所となっているのです。

次の

伊豆半島誕生の秘密がここに!!フィリピン海プレートの移動で本州に衝突した伊豆半島!!その結果富士山もできた?!

伊豆 半島 フィリピン

大陸からの分離-日本列島の形成- 伊豆半島が特殊な成り立ちをしていることを知るために、まずは日本列島がどのようにできたか見てみましょう。 日本列島は、まるでブーメランのような形をしていますね。 関東付近がその中心でしょうか。 なぜ日本列島は「曲がった」のでしょう? 日本は、恐竜がまだ生きていた白亜紀と呼ばれる時代には、ユーラシア大陸の東端にくっついていました。 約2500万年前頃になると、プレートの沈み込みの影響で火山噴火などの活動が激しくなり、大陸の縁が割れ始めます。 割れたところに海が入り込み、やがてそれは日本海になり、大陸から離れてく大地が日本列島を形成していきます。 この際、陸地は観音扉を外から中に押し開くかのように、現在の西南日本は時計回りに、東北日本は反対周りに動いていきました。 現在の位置にほぼ落ち着いたのは、約1400万年前頃です。 実はまだこの頃、伊豆は日本列島の仲間入りを果たしていません。 押し開かれた二つの日本の間には、海がありました。 南方からやってきた風来坊-伊豆半島の成り立ち- 伊豆半島の歴史は地層などの証拠などによって約2000万年前までたどることができます。 約2000万年前、伊豆は本州から数百km南、現在の硫黄島付近の緯度にありました。 この頃の伊豆は深い海の底で活動する火山の集合体(海底火山群)でした。 2011年3月の東日本大震災の原因となった「太平洋プレート」。 この巨大なプレートは、伊豆半島が乗っている「フィリピン海プレート」の下にも沈み込んでいて、将来、伊豆半島になる大地の源、マグマを供給していました。 一方、フィリピン海プレートは、本州がのっている「ユーラシアプレート」の下に沈み込みます。 フィリピン海プレートの上にできた海底火山や火山島はプレートとともに北に移動しました。 100万年ほど前に本州に衝突。 陸地同士が海を埋め、現在のような半島の形になりました。 これが約60 万年前のできごとです。 半島となってから約20万年前までは、陸上のあちらこちらで噴火が起き、天城山や達磨山といった現在の伊豆の骨格を形づくる大型の火山ができました。 これらの大型火山の活動が終わると、日本には数少ない独立単成火山群の活動がはじまり、現在は「伊豆東部火山群」として活火山のひとつとなっています。 また、プレートの動きは現在も伊豆の大地を本州に押し込み続けていて、地殻変動によりさまざまな地形を作っています。 こうした二重三重の地質学的特異性が、多くの美しい景観や温泉を有する現在の伊豆半島を形成しています。 伊豆半島は、世界のどこを探しても同種の例を見ない、地球上の特異点とも言える場所となっているのです。

次の