カッシン。 еле├е╖еєд╬╛▄║┘бж╔╛▓┴бжеке╣е╣ес┴ї╚ў

2007 マーカッシン ピノ・ノワール マーカッシン・ヴィンヤード マーカッシン 勝田商店 公式通販サイト KATSUDA本店

カッシン

曖昧さ回避• が建造したの1番艦(DD-43)。 アメリカ海軍が建造した駆逐艦の9番艦(DD-372)。 カッシン級駆逐艦「カッシン」 艦名はアメリカ海軍大佐(1783年2月16日~1857年8月29日)に因む。 1912年5月1日起工、1913年5月20日進水、1913年8月9日就役。 12月5日、に到着。 で活動。 1917年4月6日、アメリカがに参戦。 5月17日、()に到着。 10月15日、「」を追跡するが雷撃を受け損傷。 とで修理を受ける。 1918年11月11日、ドイツと連合軍との休戦協定が調印された。 12月12日、に向かうアメリカ合衆国大統領を乗せた「」の警護に当たる。 1919年6月18日、予備役となる。 1920年1月16日、修正第18条が施行され、アメリカで時代が始まる。 1921年2月14日、再就役。 1922年6月7日、退役。 1924年4月28日、に移管される。 に移籍し、酒類の密輸摘発任務に就く。 1933年6月30日、海軍に返還される。 1934年8月22日、売却された。 マハン級駆逐艦「カッシン」 艦名はアメリカ海軍大佐ステファン・カッシンに因む。 1934年10月1日起工、1935年10月28日進水、1936年8月21日就役。 1940年4月1日、に配属。 1941年12月7日、の。 「」、駆逐艦「」と共にに中に日本海軍機の爆撃を受け、「ダウンズ」の誘爆により大破。 除籍される。 12月29日、港に到着。 で修理を受ける。 1943年11月15日、再就役。 1944年10月9日、を艦砲射撃。 10月20日、(司令官:海軍中将)に加わり、島上陸を支援。 10月24日、に参加。 11月11日、を艦砲射撃。 1945年1月24日、硫黄島を艦砲射撃。 3月中旬、硫黄島周辺で任務に当たる。 7月20日、を艦砲射撃。 8月15日、日本がを受諾し降伏。 11月1日、港に到着。 12月17日、退役。 1947年11月25日、スクラップとして売却。 関連記事 親記事.

次の

マーカッシン

カッシン

艦歴 発注 起工 進水 就役 (海軍) (沿岸警備隊) 退役 (海軍) (沿岸警備隊) その後 に売却 除籍 性能諸元 1,020 全長 305 ft 3 in 93 m 全幅 30 ft 4 in 9. 2 m 吃水 10 ft 3 in 3. の1隻。 艦名は同海軍士官のに因む。 艦歴 [ ] カッシンは1912年5月1日にので起工した。 1913年5月20日にH・C・カルシーによって命名、進水し、1913年8月9日に艦長ハリス・ラニング少佐の指揮下就役した。 就役後は大西洋水雷小艦隊に配属される。 1913年12月5日にに到着し、1914年6月16日までカッシンは第6分艦隊と共に、で艦隊演習および訓練に従事した。 1914年5月19日に、タンピコ浅瀬において破損したアトランティス SS Atlantis の救助に向かう。 負傷した船の乗客を乗艦させ、カッシンは彼らをのに上陸させた。 の後、カッシンは10月21日から191年1月27日まで東海岸沿いでの作戦活動に従事、その後カリブ海に戻って冬季艦隊演習に参加した。 カッシンは1917年4月まで東海岸沿いの中立パトロールおよび訓練と、カリブ海での監視パトロールに従事し、その後直ちに海外配備の準備に入った。 5月17日にの(旧称クイーンズタウン)に到着し、アメリカ兵を乗せた輸送船と海上で合流しそれらをおよびの港まで護衛する任務を開始した。 10月15日にカッシンは U-61 をマインドヘッド南方20マイルの海域で確認し、追跡を始めた。 13:30にカッシンは左舷および後部にの直撃を受ける。 砲手の一等海曹が戦死し、9名が負傷した。 カッシンの舵は吹き飛び、船尾部分は大きく損傷し、その航跡は円を描き始めた。 しかしながらカッシンは14:30に潜水艦の司令塔を発見し、4度の一斉射撃を行った。 潜水艦はこの攻撃により潜航し、その後攻撃を行ってはこなかった。 夜を通してカッシンは駆逐艦ポーター USS Porter, DD-59 およびジェサマイン HMS Jessamine 、タマリスク HMS Tamarisk によって保護され、また大佐指揮する艤装帆船からの護衛も受けた。 翌朝スノードロップ HMS Snowdrop によって牽引されたカッシンはクイーンズタウンに向かった。 クイーンズタウンとので修理を受けた後、カッシンは1918年7月2日に護衛任務に復帰した。 カッシンは1918年12月12日および13日に名誉ある任務を与えられた。 カッシンはので開催されるに向かうを乗せた輸送船 SS George Washington を護衛する艦の1隻に選ばれる。 任務後カッシンは1919年1月3日にに帰還した。 カリブ海での冬季演習後、カッシンは1919年5月1日にを出航しに向かう。 ここでカッシンは海軍の歴史的な大西洋横断飛行を行う NC-4 の飛行ルートで、その保護任務のためのステーション艦となる。 その後修理のためボストンに帰還し、続いてに向かい同地で1919年6月18日に予備役となり、広範囲な修理が行われた。 1921年2月14日にで再就役し、カッシンは第5駆逐小艦隊に合流、沿岸での作戦活動を1921年10月11日まで続け、チャールストンに帰還した。 1922年3月29日にフィラデルフィアに戻り、6月7日に同地で退役する。 カッシンは1924年4月28日にに移管され、での任務に就く。 沿岸警備隊では CG-1 の艦番号で、の1隻としてを母港に活動した。 カッシンは1933年6月30日に海軍に返還され、1934年8月22日に売却された。 外部リンク [ ]• この記事はであるに由来する文章を含んでいます。

次の

『アズレン』本日実装のカッシン、ダウンズを含む19体の近代化改修後の姿を一挙公開

カッシン

アメリカではGDPの2%以上にのぼる費用が裁判関連に費やされているそうです。 当然、その中には呆れるものがたくさんあります。 ファストフード店で買ったコーヒーをこぼしてやけどをして大金を得た裁判以降、日本でもそのことが広く知られるようになってきました。 本書はそのような奇妙な裁判を勝手に表彰する「ステラ賞」にノミネートされたものを集めています。 なかなか凄いです。 ジョン・ケージの「4分33秒」(何も演奏されない沈黙だけの曲)を茶化して自身のアルバムに1分間の空白を入れてタイトルを付けたロックミュージシャンが著作権侵害で訴えられた話とか、目を丸くする裁判が目白押しです。 残念なのは、それぞれの裁判の説明における著者の見解が所々冗長なこと。 そのため、少し読みにくさを感じました。 原題は"THE TRUE STELLA AWARDS"…邦題はちょっとした雑学系娯楽本のそれだが、中身は「訴訟社会アメリカ」の歪を検証し、正常な司法の場を取り返すための運動を訴えている実に真面目な本。 著者は、StellaAwards. comというサイトの運営者で、ステラとは米国で最も馬鹿げた民事訴訟として有名になった「マクドナルドのコーヒーを 自分で こぼして火傷してマクドナルドを訴え、陪審が290万ドルもの損害賠償を認めた」という事件の主人公のおばあさんの名前だ。 米国にはこの手の噂がたくさんあるけれど、「本当の話」だけを厳選し、読者が告訴・判決の妥当性を検討できるように資料を整理しているのがこのサイトだとのこと。 とにかく、米国の訴訟コストがGDPに占める割合は、1980年の1. GDPの2. 陪審員は、「大企業は余った金を持っているから」「自分のお金ではない」「もしかすると、自分ももらう側になる日が来るかもしれない」という理由で、これらの賠償金を簡単に認めてしまう、という害を抱えている。 しかし、社会的責任を名目にした「懲罰的賠償金」が訴えた個人の懐に入ることはおかしいし、数千人規模の集団訴訟などでは、弁護士だけが大金の弁護料を手にして原告一人一人には商品券程度しか渡らないなどの現実も有る。 そればかりか、「宝くじ」でも買うような気持ちで、 診断書の偽造などの 嘘を付いても原告団に加わろうとする一般人もかなりの数に登る。 例えば「アスベスト集団訴訟」では、便乗した健康な人々までが保証金目当てに群がった為に被告企業が倒産してしまい、発病した人が本来の補償を受けられなくなってしまったなど。 そして、こうした過大な訴訟のコストが回りまわって、保険料の値上げや、商品価格の値上げ、医師の不足、企業の海外流出、本来迅速に取り上げられなければならないマトモな裁判の遅延など、米国に様々な損失を与えている。 ただで一生楽しようという一般人と、訴訟費用でボロ儲けしようという悪徳弁護士は増え続けているというわけだ。 注目しておきたいのは、陪審制度が悪用されていること。 「どうせ企業の金だ」「自分が貰える番が来るかも」と思っている陪審員が安易な判決を出しているのも問題だが、弁護士は、取り上げる問題に一番良い結果を出してくれる陪審員がいそうな州で訴訟を起こす、という自由まで持っている。 たとえば、日本企業トップのセクハラ事件なら、もっとも日本企業が嫌われている州に訴える。 日本はチマチマした法律がたくさんあるので、米国ほど酷いことは起きにくい法体系だと思うが、陪審制度が正しく機能しない事がかなりの場合で起こることをこの本は報告しているわけで見過ごせない。 また、日本で小児科と産婦人科の医師が不足している原因に「訴訟リスクが高まっているから」という現実があるらしい。 重症の患者ほど死亡しやすいのは当たり前だが、患者の重症度と医師の「訴訟リスク」が連動するなら、緊急医療の現場で「たらいまわし」が起きるリスクもまた高まる。 そして助かるものも助からないリスクが上がる。 避けたい悪循環だ。 どうすればいい? 1992年,当時79歳のステラ・リーベックは,マクドナルドで買ったコーヒーを自分の膝にこぼして,完治に2年を要する火傷を負った。 ステラは,マクドナルドが「不当に危険」な商品を売ったとして損害賠償を求める訴えを提起した。 陪審員は,ステラ自身の過失を20パーセント認めたが,懲罰的損害賠償も含め,290万ドルの支払をマクドナルドに命じた。 上記のマクドナルド訴訟は有名であるが,本質的に同じような馬鹿げた訴訟が数多くある。 例えば,シーザー・バーバー(56歳)。 身長175センチ,体重122キロの彼がここまで太ったのは,週に4・5回,様々な全国チェーンのレストランでファストフードを食べた結果だという。 バーバーは2回の心臓発作を起こし,糖尿病にかかりながらも,ファストフードの危険性に気付かなかった。 レストランがバーバーにその危険性を説明しなかったのがいけないのだというのである。 アメリカでは商品の警告表示が不十分だったという理由で訴訟が提起されるので,馬鹿げた警告表示が少なくないという。 大企業が「被害者」に支払う賠償金は,その分だけ商品の価格に跳ね返る。 保険から賠償金が支払われるとしても,馬鹿な訴訟の頻発(及び非常識な金額の支払命令)は保険料の高騰を招き,それは結局価格転嫁によって各消費者の負担となるのである。 一笑いした後は,損害賠償訴訟の持つ本質的な問題点(馬鹿も馬鹿げた訴えを提起できるということ)について真剣に考えさせられる,優れた本である。 熱いコーヒーを(どう考えても自己責任で)膝にこぼし、大やけどを負ったとしてマクドナルドを訴えたステラおばあちゃんにちなんで、本当にあった仰天裁判を紹介している。 なんともはちゃめちゃな屁理屈で、数多くの人々が簡単に訴訟を起こしていることがわかる。 そこに群がるのは弁護士であり、一攫千金を狙う被害者集団でもある。 一見まるで無関係と思われる人や企業を相手どって民事訴訟を起こす人々の心の中には「むしれるところからむしり取ろう。 ダメもとなんだし」という意識が見え見えだ。 もちろん本書は仰天裁判をあげつらって笑っておしまい、という意図のもとに書かれたわけではない。 こんな下らない、バカげた裁判に費やされる時間と公金、判決が下ったあとに原告に支払われる賠償金はまわりまわって普通の国民にはね返ってくる。 医師は訴えられたときのために不必要な検査や治療をし、企業は訴訟にそなえて保険をかけて商品を値上げする。 そして本当に裁判が必要とされる事例を滞らせて混乱させていることも大きな問題だ。 アメリカに「自己責任」という言葉はないのか?被害者意識を正義にすりかえてふりかざすことに何も感じないのか?誰もが簡単に訴訟を起こせるということは、ひるがえればいつどこで自分が訴えられるかわからないということなのだ。 嘘でしょう?と訴訟例を笑いつつもアメリカが抱える大きな問題を考えることができる。 しかし、アメリカ人は訴える。 さすが、訴訟大国アメリカである。 中にはその影響を考えると笑えない事例もあるが、おバカな訴訟が満載である。 しかも裁判所に受理されて裁判にまで至っている。 訴えられた方はたまらない。 著者はアメリカにおいて「訴訟」は一つの産業だと述べているが、73の事例を読めば頷くしかない。 訴訟自体が、ある人やある団体のある目的(金銭や売名)のためのビジネスになっているのは明らかである。 国民性の違いもあるためか日本はここまでなっていないので、対岸の火事ということで笑っていられるが、いつか日本もこんな風になってしまうのかと考えると若干不安になる。 それにしても、こういうおバカな訴訟を調べて賞を与えてしまうユーモアはさすがアメリカ人である。 笑える本だが、問題の抱える深刻さと著者のかなり真面目な姿勢を考えると笑って申し訳なくも思ってしまう。

次の