クレーン ゲーム コツ。 UFOキャッチャー・クレーンゲームのフィギュア取り方・コツ・攻略!

クレーンゲームでぬいぐるみを上手取る事ができるコツについて

クレーン ゲーム コツ

これだけ覚えればクレーンゲームの投資額は減らせる! 少ない投資で景品をゲットしてこそ、クレーンゲームは面白い。 ただ漠然とクレーンゲームをプレーして、コインを無駄に投入していませんか? ある程度のコツさえ知っておけば、投資額もいつもより少なく抑えられるはず。 そこで、そんな最低限知っておきたいポイントをプレー前に予習しておこう。 まずは台選びから。 クレーンゲームといってもその種類は色々。 台によっては、制限時間内であれば、自由にクレーンを縦・横とレバーで操作できるものもある。 だが、ここで予習しておくクレーンゲームは、広く流通しているクレーンを縦・横のボタンで移動させるタイプ。 そして狙うはぬいぐるみタイプの景品。 ここで最低限覚えておきたいポイントはたった1つ。 「引っかける部分を見つける」ということ。 一見、当たり前のことのように思えるが、よく理解した上で実践すれば、景品獲得率はグンとアップする。 景品ゲットは「引っかけて獲る」が基本 お座りポーズの足を利用して引っかけてみる。 胴に回るアームとぬいぐるみの足で安定したキャッチが可能になる。 クレーンの形にも色々あるが、基本的にはクレーン本体にアームと呼ばれる景品を掴む腕があって、その先に爪が付いている。 だがこのアームが曲者で、見た目ほどがっちり景品を掴んでくれない。 そこで重要になるのが、「引っかける部分を見つける」こと。 景品に爪がかかるような部分があれば、アームの力が弱くても上げることはできるし、持ち上げなくても、引きずりながら景品を落とし口に誘導することもできる。 人形であれば、たすきのように首元から反対の脇口にアームを差し込めば、バランスもとれるし、手足が引っかかって落ちにくい。 また大きいぬいぐるみなら、2本のアームに加えて、クレーン本体で押さえつけるようにしてキャッチする方法も有効だ。 獲れない景品は計画的に…… 重い頭部分をアームで持ち上げてみた。 後は景品落とし口目指して転がして行くのみ。 そのほかの方法として、複数回にわけて獲得を狙う方法もある。 どうしても獲りたい景品を、何度も正攻法で狙う。 これではコインの無駄。 であれば、計画的に段階を踏んで最小限のコインで獲得するのがベスト。 例えば、アームが開いた際に景品を押し出す方法や、ぬいぐるみの頭などアームで起こし、転がすなどの方法がある。 この方法なら、景品落とし口が近ければ、数回で獲得することもできるだろう。 ただ、どちらの方法もアームが開く範囲をあらかじめ確認しておくことが重要で、アームの動きの特性をよく見極めなければならない。 アームが開く範囲、アームの形状、爪の大きさや形などをできるだけチェックしておこう。 どうしても獲れない景品はあきらめろ? 基本だが横からの確認も重要。 クレーン移動時の確認だけでなく、獲れる景品か確認するためにも事前に横からチェックしておこう。 以上、これらが基本的なクレーンゲームの基本的な景品獲得方法だ。 景品によって、こうした方法を組み合わせれば、ある程度の景品はとれるようになるはず。 ただし、どうやっても獲れない景品もある。 それは物理的にクレーンが届かない場所にあるものだったり、景品同士が干渉、つまり邪魔になって獲れないなどのケース。 こうなってはもうお手上げ。 潔くあきらめるのも肝心。 ただ、店舗によっては、上記のような状況になれば、景品が取りやすいよう再配置してくれるところもあるので、積極的に活用してみよう。 クレーン物とはいえ、そこはゲーム。 少ない投資に有効な攻略法でチャレンジするクレーンゲームは、漠然とプレーするよりも面白いし、挑戦意欲も湧いてくるというもの。 どれも難しいことじゃないので、是非一度お試しを! <関連サイト>.

次の

クレーンゲームが上手い人と そうでない人の差:2020年6月30日|TBSテレビ:この差って何ですか?

クレーン ゲーム コツ

あくどいお店では、これ以上狭くしか開かないように意図的に設定されていることがありますが、逆にこれ以上開くように設定されていることはほぼありません。 これを知っているといないとではミスする回数に確実に差が出るので、知らなかった方はしっかりと頭に入れておきましょう。 お店が設定できる「アーム」のあれこれ アームに関してお店側で設定を変えられるものの中で一般的なのはこの3つ。 ツメの種類• ツメの角度• アームの強さ まぁ私はゲームセンターで働いたことはないので厳密にはもっとあるのかもしれないですが、少なくともこの3つは確実に意のままにお店側が変更できる箇所だと思っておきましょう。 お店が設定できるその他の設定 アームの部分以外でお店が変更できるのはこんな感じです。 縦・横移動の限界• 下降の限界位置 そして下降の限界位置に付随して「押しの強さ」も変わってきます。 知っていたからと言ってどうすることもできない設定の部分ですが、知っていると確実に「そのお店がどんな店なのか」は分かるようになるので、覚えておいて損することはありません。 みなまで言いませんが、単純にここで挙げたお店の変更できる箇所をいじっていればいるほどク〇なお店だということになってきます。 何故か。 案外持ち上がったりするからデス! 例えばこんな設置です。 ごくフツーの橋渡しですが、これは『徐々に斜めにして落とす』という方法が何故か常識として植え付けられていますよね。 お店側ももちろんそれを想定してアームなどの設定をしているでしょうが、それが逆に穴だったりもします。 というのも、お店側も『斜めにして取るのが当たり前』という頭になって、他の獲り方をする人がいると考えずに設定していることが意外にあったりするからです。 実際このときは、景品のど真ん中にアームを降ろすようにやってみると持ち上がってがら空きの手前にそのまま落ちてきました。 このことについては他記事でより詳しく書いているので、併せて読んでいただけると嬉しいです。 何で落ちないわけ!? とツッコミたくなるくらいギリギリですが、これでもアームの設定具合によってはこの後何回やっても落ちなかったりします。 結局この景品は無事にゲットできましたが、どうやって獲ったのかを書くとこれです。 頭で押した。 絶対にアームを使って取らなければならないルールなんてどこにもないので、使えるものすべてを使って獲るという考え方も大切です。 付いてるんだからとりあえず押しとこ。 そう考えてしまいがちですが、押して状況がよくなる場面なんてほんの一握りです。 少なくとも私の知っている腕の立つ人達を見ていると、上手い人ほどこの第3のボタンは使っていないですし、それを見た私もこのボタンは一切使わなくなりました。 厳しいなら諦めて初期位置から再スタート 「あと少しで獲れそう…」「この引っかかりさえ外せれば…」そんな風になるのがクレーンゲームの面白いところ。 でも、これこそがクレーンゲームの罠でもあります。 クレーンゲーム機が横並びで引っ付いている状態だと、縦方向の移動を横からチェックすることもできませんよね? そんなときこそこの方法が役立ちます。 音さえ記憶できていれば微調整も可能なので、ぜひ一度使ってみてもらいたいテクニックです。 クレーンゲーム究極のコツ とにかく見て盗む 欲しい景品があり、その台をプレイしている人がいればその人物が上手かろうが下手だろうがとりあえず見ましょう。 上手い(ゲットした)なら同じようにするだけで間違いなくゲット率は大幅に上昇します。 そして下手(ゲットできなかった)なら下手で、その人がやっていた方法では獲れないという情報を得ることが可能です。 つい上手い人のプレイだけに目がいきがちですが、案外獲れていないパターンの情報を得るのも大事で、少なくとも自分が同じ轍を踏むことはなくなります。 ムキにならない めっちゃ大事なことです。 店員さんを見方につける 何回やっても獲れなかったりするとついイライラして店員さんに喧嘩腰に文句を言いたくもなりますが、厄介者認定されていいことなんて何ひとつないです。 そんなことをするより、グッと堪えてどうしたら味方に付けられるか考えて話しかけたほうが絶対に得する可能性は上がります。 アシスト• 助言 などが禁止されているようなお店もありますが、そんなお店でないかぎり積極的に店員さんに話しかけていくのも安値で景品を持って帰る大事なコツのひとつですよ! 誰にでも通じる方法ではないでしょうが、私がよく使う方法をひとつ書いておくと、『 初期位置に戻してください』をまず1回。 そしてまたプレイし、同じ状況になってしまったときには『 初期位置に戻してください』をもう1度。 この時点で何回もプレイしていて2度もどうにもできない状態になっているアピールができているので、付け加えて『 どうやったらこうならないですかねぇ?』あるいは『 ここからなら初期位置のほうが早いですよね?』みたいなワードをさりげなく。 すると、やさしい店員さんならこのタイミングで助言、あるいはアシストが高確率でゲットできます。 せこいですけど、文句いうより絶対にこの類いのワードで問いかけたほうが良い結果が得られます!笑 クレーンゲームのコツをまとめると… 長々と書きましたが、結局大事なのはこれです。 情報量(どれだけ知識があるか) 上手い人は決して『腕前がスゴイ』のではなく、獲るためにどうするのが最善かの情報を持っているんです。 テクニック2割:情報量8割 で考えていても良いくらいかと思います。 そして、そんな情報はネット上にもたくさん落ちていますし、ゲームセンターに行って他人がやっているのを見るだけでも手に入りますので、積極的に吸収していきましょう。 実際私もそれだけで景品ゲット率は見違えるほどに上がってきましたよ! では今回はこの辺で!.

次の

クレーンゲーム(UFOキャッチャー)の取り方攻略法!基本とコツを紹介

クレーン ゲーム コツ

クレーンゲームのコツ基礎講座 アームの握力・爪の角度 クレーンゲームは、 台の見極めがマストです。 台の見極めはアームの開き具合で分かる! アームの幅が 狭い方が握力が強いです。 あとは、爪の角度が 90度に近ければ近いほど取りやすいです。 見極めは楽勝ですね。 肌感覚では、人気景品ほど幅が広くて難易度高め設定です。 これが高いと難易度が高く。 低いと難易度も低い。 と言えます。 何も無いと見栄えは悪くなりますが、難易度は下がるのでチャンスです。 三本爪・三本アームの見極め 一部では、確率機も言われる三本爪・三本アーム・トリプルキャッチャーと言われる大人気のこの機種も簡単に見極めが出来ちゃいます。 爪の先端に何もついていないです。 これは難しそう。。 これは 一個だけ先端にシリコンのゴムが着いてます。 シリコンのゴムは滑り止めになるので何もついてないよりは断然有利になります。 どう使うか?ここが決め手になります。 これは 二箇所についています。 さらに取れる確率が上がります。 これは、現在放送されているHUGっと!プリキュアのはぐたんのぬいぐるみです。 もうすぐHUGっと!プリキュアも終わって、新しいプリキュアに変わるタイミングなので取れやすい景品になっているんですねw番組終了しちゃうと商品価値もかなり下がりますもんね。 栄枯盛衰をこんなところで垣間見せられるとは。。 世知辛い世の中です。 これは裏技ですね。 子供ができるクレーンゲームで人気のスクイズ。 アームをグルグル揺らしながら降下させて雪崩を起こす。 これは勉強になりました!! クレーンゲームのコツ7 タグ 王道中の王道です!! タグを狙ってアームを引っ掛けて取れたときって本当に嬉しいですよね? タグを使えば、確率が来ていなくてもトリプルキャッチャーでゲットできます。 タグを使ってぬいぐるみをゲットする条件は3つあります。 アームの爪の部分にシリコンの滑り止めがついていること。 このシリコンのゴムとアームの境目にタグが引っかかります。 タグが見えていること 言わずもがな、タグが見えていないと狙えません。 筐体を完全に知り尽くしている方なら見えない場所にタグがあっても想像できるかもしれませんね。 降下時にアームの回転が少ないもの 多くのトリプルキャッチャーは降下時にアームが回転します。 ランダムに動くものもあれば、一定に動くものも、なるべく回転が少ない筐体に当たるとチャンスは広がります。 スキルを身に付けたら転売でお小遣いを稼ぐのも楽しいかもですねー! クレーンゲームは人生だ。 クレーンゲームでは、取り方を教えてもらったり。 取れやすいように移動してもらえたりできるらしいですが。。 どんなメンタルで店員さんに話しかればいいのか?って考察です。 愛されるより 恐れられよ 引用: マキャベリの君主論での有名な一節です。 人心掌握をするには良い人でいるよりも恐れられる方が良い。 ということです。 なので、クレーンゲームをする時はできるだけ、オラついて店員さんに話かける方法。 これなら、店員さんに煙たがられて早めにどこかに行って欲しいからすぐに取れやすくしてもらえるかもしれません。 でもね。 これは人として最低だし。 全然面白くないので。 もう一つは。 どこまでも腰を低く、謙虚にお願いする方法。 まーこれが クレーンゲームの最大のコツです。 まとめ 結局。 僕の感覚では、クレーンゲームも人生も謙虚に清々しくやりたいですね。 かっこよくないし。 誰にでもペコペコしちゃうパパですけど。 娘たちには、誰にでも優しくみんなに愛される子供に育ってもらいたいので、 マキャベリの思想とは真逆を進んでもらいたいと思っています。 なので、皆さんもクレーンゲームをする際は、マキャベリの思想を捨ててから臨んでくださいw これがクレーンゲームで哲学した結果ですw そして、僕がこのクレーンゲームのコツを知らない時に、かなりの金額をかけてゲットした景品です。 可愛い。。。 娘たちは取った時こそ喜んでくれましたが、今はもう。。 子供部屋に転がっているだけですwww 世知辛い。 クレーンゲームの確率機に関する情報を実際にSEGAさんにインタビューしました。 その結果とは?? 合わせて読んでいただきたいです。

次の