アイ クラウド。 クラウドとは?を分かりやすく解説

無料クラウド型グループウェアiQube

アイ クラウド

クラウドとは、雲、大群、集団などの意味を持つ英単語。 全体像の不明確なもやもやした塊・集まりを比喩的に表すことが多い。 ソフトウェアやハードウェアの利用権などをネットワーク越しにサービスとして利用者に提供する方式を「」(cloud computing)と呼び、や、その中で運用されているサーバ群のことをクラウドという。 IT業界ではシステム構成図でネットワークの向こう側を雲(cloud)のマークで表す慣習があることから、このように呼ばれる。 インターネットから誰でも利用できるようなサービスやシステムを「」、大企業などが自社ネットワーク上で社員などが利用するために構築・運用するものを「」という。 また、Webサイトなどにおける情報の分類法で、利用者がその情報に関連して思いついた単語や短いフレーズを好きに付けていく方式を「」(tag cloud)という。 Webサイトやネットワークサービスなどにおける「不特定多数の利用者の集団」などといった意味合いで用いられることが多い。 相互につながりのない(あるいは薄い)利用者が少しずつ情報を出し合って全体として有益な知見を生み出したり、労力や資金を出し合って大きなを形成するといった文脈で用いられるが多い。 他の辞典の解説 (外部サイト)• 〜 『 日経 xTECH きたみとまなめのIT用語集』 による解説• 〜 『 IDCフロンティア クラウド・データセンター用語集』 による解説• 〜 『 マイナビ スグ使えるビジネス用語集』 による解説• 〜 『 SMMLab 今さら人に聞けないマーケティング用語』 による解説• 〜 『 ネットワークエンジニアとして』 による解説• 〜 『 エリートネットワーク ビジネス用語集』 による解説• 〜 『 graffe用語集』 による解説• 〜 『 OPEN DATA HANDBOOK 用語集』 による解説• 〜 『 リセマム ひとことで言うと?教育ICT用語』 による解説• 〜 『 SynergyMarketing マーケティング用語集』 による解説 最近の関連ニュース記事 (外部サイト)• コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 株 インセプトが制作・運営しています。 お問い合わせは まで。

次の

iCloudって何ができるの?今さら聞けないバックアップと復元方法をおさらい

アイ クラウド

最近では、見積書や請求書など様々な書類がクラウドシステムから作成できる「クラウド見積システム」が数多く販売されています。 従来ならパソコンにインストールして利用する「インストール型」の見積ソフトが主流でしたが、多くの企業がクラウド型への乗り換えを始めたようです。 クラウド見積システムは誰でも使える汎用的なものから、特定業種に特化した専門的なものまで様々です。 お客様先への訪問時に使えるシンプルな概算見積書を作るシステム、多段階層を用いた複雑な見積書を作るシステムなど、自社のニーズに合わせてシステムを選ぶのは骨の折れる作業かもしれません。 本記事では、見積システムにおける「クラウド型」と「インストール型」の違い・利点を紹介しながら、様々な見積システムを紹介します。 機能や特徴、料金プラン、無料トライアル版の有無などの情報を参考に、ぜひ最適なシステムを見つけてください。 「クラウド型」見積システムと「インストール型」見積システムの違いは? クラウド型とインストール型、どのような違いがあるのでしょうか?まずはそれぞれの違いを見ていきましょう。 クラウド型見積システムの特徴• 簡易見積に適している• パソコンやスマートフォン、タブレットなどどんなデバイスでも利用できる• パソコンが壊れても、新しいパソコンを用意すればデータを引き継いで見積書の続きが作成できる• データの紛失を心配する必要が無い• 同僚や上司との情報共有が簡単• 月額費用が発生する 外出先や複数拠点で気軽に情報共有できる クラウドシステム最大の特徴は、インターネットを経由して情報を閲覧・入力するという点です。 ネットが繋がる環境であれば時間や場所に囚われずいつでもどこでも利用できます。 データ自体は外部のサーバー管理会社に守られた外部サーバーに保存されているので、万が一パソコンが故障したり事務所が被災してもデータが損失するリスクは回避できます。 ただし、外部サーバーの保守等の理由から毎月の利用料を支払う必要がある事には注意が必要です。 インストール型見積システムの特徴• データ量の多い見積でも処理速度が落ちにくい• システムのカスタマイズをしやすい• CADシステムなど、連携できる外部システムが豊富なケースがある• 月額費用が発生しない(買い切り) ネット環境に影響を受けることなく利用できる パソコンにインストールすることで利用できるインストール型は、クラウド型のような情報共有はできません。 ただしインターネットなど回線の影響を受けないので、パソコンのスペックを満たしていれば膨大なデータ量であっても常に快適な動作環境で利用できます。 インターネット環境から切断すれば外部攻撃のリスクから身を守れる可能性も上がるので、セキュリティ保護が必要な重要情報を管理する場合に適しています。 逆にネット環境に接続されていれば、様々なリスク(マルウェアや標的型攻撃メールなど)に晒されるのはクラウド型もインストール型も同じです。 「データを自社管理できるんだからインストール型のほうが安全」と妄信するのは大変危険です。 インストール型利用者がクラウド型への乗り換えを検討する理由とは? クラウド型・インストール型にはそれぞれのメリットがあります。 ところが多くの企業は最近「クラウド型」への乗り換えを始めています。 乗り換えを始める企業の多くは、以下のような課題を抱えているようです。 担当者によってフォーマット(見積書の書式)や単価が違うので統一したい• 見積書の内容を同僚や上司とスムーズに共有したい• 見積書の作成に時間がかかるので、効率化して時間を短縮したい• 外出先から戻ってから見積書の作成するために長時間労働になりがち。 労働環境を改善したい いずれも、 インストール型では非効率になりがちな「共有」「時短」「属人化解消」の改善がクラウド型への乗り換えを検討するきっかけになるようです。 インストール型の非効率を解消するクラウド見積システム クラウド型の見積システムが、どのように非効率を解消するのでしょうか?ここでは「業務管理システム アイピア」の見積機能を例に改善ノウハウを紹介します。 アイピアは、顧客・案件進捗・見積・原価・受発注・入出金などあらゆる業務を1つのシステムで管理できる一元管理システム。 ニーズに合わせて必要な機能だけを利用することもできる汎用性の高さも特徴です。 詳しくは「」をご覧ください Excelからの乗り換えもスムーズな見積明細の入力 アイピアの明細入力はエンターキーで次の項目に移動します。 マウス不要の入力手順でExcelなような使用感を実現し、クラウドシステムに不慣れな方でもすぐ利用を始められます。 入力スピードを劇的に向上させる一括編集 作成した明細を、すべて編集可能な「一括編集」状態に切り替えることができます。 これによって手間がかかりがちな明細編集が行ごとではなく明細全体で行えるようになり、見積書作成~完了の時間を大幅に短縮することが可能です。 価格単価表やパッケージプランなどの見積テンプレートを引き込んで微調整する際にも非常な便利な機能です。 原価からの引込で重複情報を何度も入力させない 取引業者から見積を取ってからお客様への見積書を作成する企業のために、入力した予算をもとに掛け率を設定して見積書を作成できます。 取引先業者からの見積情報を入力して、それをお客様用の見積書に流用できるので重複する内容を何度も入力する手間は発生しません。 見積マスタからの引込 価格単価表やパッケージ見積などをあらかじめ作成しておくことで、任意の見積書に引き込むことができます。 見積書を作成する担当者によって価格や利益率が変わってしまうのを防ぐとともに、新人担当者でもベテランと同じような見積書がすぐ作成できる仕組みです。 過去に作成した見積情報を流用して二度手間を防ぐ アイピアで作成した見積書の情報は自動的にデータベースとして蓄積されていきます。 過去に作成した見積書はいつでも再利用することができ、当時の案件名や顧客名など様々な要素で検索して引き込むことが可能です。 その他オススメ見積ソフト比較12選 見積機能のみでも、様々な業種や場面に特化した様々なシステムが販売されています。 特徴・価格・環境(インストール型・クラウド型)・体験版の有無の項目で比較しながら紹介します。

次の

無料クラウド型グループウェアiQube

アイ クラウド

「アマゾン ウェブ サービス(AWS)」やマイクロソフトの「Azure」に代表されるクラウドプラットフォームは、従来のデータストレージに比べてセキュリティや柔軟性、アクセス性が格段に向上している上に、コストも安い。 また、データセンターの処理能力も、一般的なワークステーションより圧倒的に高い。 クラウドプラットフォーム間の競争が激化する中、企業向けサービス最大手のグーグルは、新たな機能の提供を明らかにした。 これは、クラウドサービスの新時代の到来を告げるといっても過言ではない出来事だ。 個々のTPUの処理能力は180テラFlops(1秒間に180兆回の演算が可能)で、64個のTPUを相互接続した「TPUポッド」は11. 5ペタFlopsの処理能力を発揮する。 つまり、グーグルのクラウドTPUは、現在市場に出回っている最高品質の機械学習チップの12倍を超える処理能力を誇ることになる。 「クラウドの歴史はまだ浅いが、既に巨大なプラットフォームが形成され、あらゆる分野で活用されている。 AIのパワーが加わることにより、クラウドがさらにパワフルなコンピューティング・プラットフォームになることは間違いない。 我々のようにクラウド上でアプリケーションを提供する企業にとっては、非常に明るいニュースだ」とHRソフトウェアのCEO、Jeff Klemは述べている。 MSは「リアルタイムAI」を目指す 一方でマイクロソフトもクラウドにおけるAIの強化に取り組んでいる。 マイクロソフトは現在、画像認識や言語認識をはじめとする20種類ものAIサービスをAzureの利用者に提供している。 同社は、「Project Brainwave」というプロジェクトを立ち上げ、再プログラミングが可能なFPGA(field-programmable gate arrays)チップを用いることで、データセンターにおける「リアルタイムAI」の実現を目指している。 このプラットフォームは、グーグルのAIサービスよりもさらにパワフルで応用範囲も広いとされる。

次の